花山のお宅でよくみかけるシャクナゲの花

 アズマシャクナゲは旧花山村のシンボルでした。シャクナゲは元々高山地帯に育つ花とのことです。花山地区の御嶽山のあたりにあるアズマシャクナゲの自生北限地帯の場所も納得です。
 よく花山地区のお宅で石楠花をみかけるのですが、アズマシャクナゲの方が花の色が薄いピンク色です。咲き始めは若干濃いピンク、そこから白っぽく変化していくのですが、ふわふわしてかわいらしい色のアズマシャクナゲをみるのも花山らしい春の訪れの感じ方なのではないかなと思います。

Leave a Reply