まち歩きレポート

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

メイン

2007.06.14

お城山

お天気が良くて
良すぎて北国出身の私には暑く感じるぐらいの日。
お外に出て遊びたがる息子さんを連れて
てくてくと三春町の観光名所の一つ、
三春城跡へ。


(上記写真は去年の桜が咲いた時期の写真です)

「お城山」と言われる城跡は
ほんっとうに、急な坂道を上る山そのもの。
途中で引き返そうかと思えど、
息子が許してくれるはずもなく。
ずんずんと進んでゆくのですよ。息子は。
坂道もそんなに慣れていないはずなんだけど。
慣れていないからこそ、楽しいのかもしれないなあ。

母の体力が少ないので
本丸まで上るのはあきらめて児童公園で遊ぶことに。
草ぼーぼーですけど。
管理者ってだれ?
と思うくらい、草ぼーぼー。
そんな中、むりやりに近い程度に息子を児童公園の中へ。
遊具や不思議な動物オブジェを
物珍しげに見たり触ったりする息子。

・・ちょっとひいてる?(笑
まあ、結構楽しめてたみたいです。

来た道を戻ることなく、
三春小学校の裏に出る道を行き、帰宅。
その途中に私だけが蚊に刺されてたみたい。
右の眉毛と右上腕部がかゆーい。
残念ながら我が家にはキンカンもなく。
かゆいのに耐えていました。
山に入る時は蚊対策、ちゃんとしないとね。
子供用の腕にはめる虫よけリングはあるんだけど。
効くかどうかは未だ試してません。
その前に、息子は蚊に刺されてなかったな。
なぜ私だけ・・・?

2007.07.08

お出かけ日和にムシムシランド。

今日は久しぶりにおでかけ。
天気予報では週末は天気が悪い
なんて言っていたのにも関わらず、
昨日も今日も、晴れ。
今日は昨日よりも日差しが強くない分、
おでかけ日和。

殿上牧場へいこうか?

という夫の誘いに乗って
午後から常葉町の殿上牧場へ出発。
うちからは約30分ぐらい。
もうちょっとかかってるかな。
そんなに遠くない場所です。

国道288号線をひたすら、
船引方面へ。
常葉町に入ってからは雰囲気が変わってきます。
なんていうのか、
夕張っぽいw
そう、懐かしく感じたのはそのせい。
町の感じが夕張なんだな。
古くさくて。廃れてきている感じが。。。
山間だし、
ていうか山だし、
くねくねしてたりなんだりと、
似通うところが多々。
違うのは、山の新緑の色の加減とか空の感じとか。

288号をそれて、県道へ入ります。
その県道がまた。
山の中をぐんぐん上っていく道。
ほんとに、ど、どこいくんだ???
とハテナがついてしまう、道。
そして、看板に従い、左折。
この先に本当に牧場なんてあるのだろうか?
まあ、殿上ってぐらいだから
高見の所にはありそうだと思っていたけど
それにしてもとんでもなく見晴らしの良い場所へ
上っていこうとしてる。

ムシムシランド
とか
カブトムシ自然王国
とかいう看板が見えて一安心。
とりあえず車で上れそうなところまで上ってみる。
コテージみたいなのがあるところまできた。
そこの駐車場。
石碑があって「故郷の丘」と書かれているのと
なにやら詩が書いてある石碑もある。
丘と言うだけあって、見晴らしが良い。
マップの看板を見ると
移ヶ岳が見える・・・らしかった。
あれかな・・・程度にしか見れなかった。
息子がやっと車からでたと言わんばかりに
はしゃぎ回り歩き回り大喜び。
こっちに来いと呼ばれる。

それにしても天気が良くて景色がよい。
少し息子を歩き回らせてから
再び車に乗って少し下って遊具施設の近くの駐車場。
車をおいて遊具施設の方へ。
ジャングルジムらしき物、
シーソーらしき物、
大きめの色々遊具が合体してる物、等々。
その先は、坂。
左手にポニーが居る。
息子はちょっとびびるものの、
すぐになれて、手をこまねいて
おいでおいでと言っているようだった。
ポニーさんはしらぬふり、なのか
動じずに草を食べたり舌を出したり。

坂を登り切ると、
目の前には滑り台。
もうちょっと上ったところに出発地点。
あの高さから滑って来るとなると・・・
と思ってびびる。
眼下の光景にも、びびる。IMG_2020
思いの外、高いところに居るみたいだ。

IMG_2025

滑り台入り口からのぞき見るも、怖い。

階段ぽくなっているところを降りていくのだが、
やっぱりちょっとこわい。
息子はもちろん夫に抱っこしてもらう。
滑り台はもっと大きくならないとできないなあ。
有料みたいだし。

IMG_2028

ポニーに乗ることもできる。
先ほどの高いところから連れてきて
試乗させてくれるところで乗れるみたい。
まあ、息子が小さくて、無理。

こういうところで色々体験したり遊んだりするのは
実はすごく好きなんだけどねぇ。

リフトに乗って先ほどの高い場所に戻ることもできるけど
やっぱり息子が小さすぎるので危なすぎるから
徒歩で戻る。

VFTS0015.JPG
公園程度の遊具でも
遊べるかどうかあやしい年齢の息子。
長い滑り台よりかはましだろうと、遊ぶことに。
これは入ってすぐにある遊具。
とんぼっぽい。
羽根や尾っぽ?部分の端っこに座るところがついていて
そこに座ってびよんびよんと小刻みにはねる。
息子は目玉をたたいて遊ぶ。

VFTS0011.JPG

歩き回ってはしゃぎながら、草むらの中に自ずから突入。
草むらの中に座り込み、草をちぎっては私に渡す。
石ころも渡してくれる。色々渡してくれる。
とりあえず、口にはしてないから安心しておくことに。
手は泥だらけ。
汚れることも大事さ。子供だし。

大量に水分摂取で元気も取り戻したところで
車に乗って出発。
高低差の激しい坂を登ったり降りたり
息子を追いかけ回したり、で
結構疲れてましたが
このまま帰るのももったいないので
公園のはしご。

は、
長くなったから次のエントリーで。

今日行った所は↓

こどもの国ムシムシランド

お出かけ日和の締めは公園。

なんだかんだと寄り道をして、
辿り着いた片曽根山。

林間広場、というアスレチックが沢山ある遊具施設があります。
そこの坂を息子が今だとばかりに
登る登る登る。
両親の手を引っ張って、ぐいぐいぐい。
すごい急な坂だって登っていくんだから
さあ大変。
遊具なんてそっちのけ。
登り切ったところにある
休憩所のような所で
手をあげてひらひらひら。
ああ、ばんざいですか。
達成感があるみたいです。
ばんざいしてたと思ったら
また歩き始めます。
もう少し、登れると思ったみたいです。
登れるとこまで登ったら、
石を拾ったり、枝を拾ったり。
枝を両手に持って地面をたたきます。
大喜びです。
さすがに危ないので
他のことに気を取らせて、下っていくことに。
最後は実力行使で
抱っこして降りました。一苦労。

児童公園、のような
シーソーやブランコや滑り台などの遊具のあるところへ。
息子を抱っこして滑り台。
やみつきになったみたいで
降りたその場から、登ろうとします。
危なすぎ。ローラーのついてる滑り台だからなおさら。
引きはがして歩かせると
階段に目をつけて
階段をはいはいで上ります。
どこまで元気があるんだかわかりません。
階段の方が興味があるみたいで
遊具に興味を示さなくなる上に、
階段に落ちている小枝を口に!!!!
危うく入れてしまうところでした。
おなかがすいてきているのかもしれないので
とりあえず帰宅しようか
ということに。

福祉センターをのぞいてから。

入浴施設もあるようで、
入浴料は200円。

SBSH0003
安いね。
多分公衆浴場とか銭湯とか
そういう雰囲気です。
食堂もあります。

SBSH0006

安い。

_MG_2049

地元の名産品も取り扱っています。
けやきの森発見!
ダンナのmixi友達・katsuoさんのお仕事を目にしました。

_MG_2051
趣のある、遊具。
コンセント入ってなかったけど。
車の後ろのおさるさんがなんともいえないかわいらしさ。

ここでも息子はぺたぺた歩き回ります。
そしてやっぱり階段に向かっていくので
あせります。階段の先は有料ゾーン。
入浴する人や施設を使う人々が入っていくところ。
私たちは入浴する予定もなかったので・・・。

歩き回り、元気のなくならない息子を
外に連れ出して車へ。

帰りはおなかがすいてるっぽい息子がいるので
丸信ラーメンで夕食。
すごい勢いでラーメンを食べる息子。

帰宅後は、お風呂汲んでる間に眠ってしまう。
うーん、汗だくだと思うんだけど
今日は疲れただろうし、そのまま朝までおやすみなさい。

2007.09.03

近所を散歩

私の実家の周りは、ほんっとうに、なにもないです。目印になる建物は、ゼロ。田んぼと畑ばかりが目の前に広がります。そんな、だだっぴろい風景が物珍しいのか、なんなのか、夫が散歩をしようと言い出しました。息子をベビーカーに乗せて、てくてくと数日後にお祭り会場になる場所まで散歩することになりました。

20070903144447 09

ちょっと道を入るとずうっと田んぼがあったり、畑があったり。本当に農村地帯。そして、道はひたすらまっすぐに伸びる。

20070903144435 05

タマネギの収穫も最盛期。コンテナの量が半端じゃありません。

20070903144455 01-1

酪農の名残か、サイロがありました。この狭い地域内では、今酪農をやっているのは1軒のみ。私の実家も昔は酪農をやっていたみたいです。

20070903144459 04

初めて見る、クルミの実。私の母に聞くまで、判りませんでした。ビワか何かだと思ってた・・・。農家の娘ですが、作物については知らないことの方が多いです。

20070903144506 02

やっと到着。鳥居だけは立派にありますが、ほこらはありません。集会所の奥に何か祭壇のようなものがあったような気もしますが・・・。

20070903144528 06

「畜護神之祀」と書かれた石碑、というのでしょうか。神社らしいものはこれぐらいでしょうかね。農村地帯らしい感じもします。

20070903144531 04-1

この、大きなポプラの木、だったかな、こちらの方が印象深かったです。あいかわらず大きくて。

2007.11.21

アレルギー体質改善対策会議

またまた、だんなの実家にて、猫ちゃんの毛に過剰反応を示して気管支炎喘息の発作を起こしていました。以前から話し合いは何度かもたれていたものの、決定的な行動を起こすことなく今に至った罰です。多分。

そんなわけで、対策会議。
基本的に、体力が低下しているのは明らか。喘息には呼吸器系を強くする運動が効果的です。以下のサイトに記述してある通り。

私の予防法:ぜんそく110

となると、もちろん運動の内容は「ウォーキング」が選択されます。息子を背負ってランニングはきついし、息子をベビーカーに乗せてランニングもきつい。だんなに朝の数時間だけ任せるのも、一緒に運動をしたいだんなを置いていくのは悪いかなあ、と。ウォーキングならば、息子を背負ってでも、ベビーカーに乗せてでも、だんなと一緒でも、実行できる運動なのです。ついでに、タダだし。

そして、アレルゲンに近寄らないと言うのも重要。アレルゲンに過剰反応して発作が起き、発作が起きる状態が続いていくことで、気管支の炎症が慢性化して、喘息が起きやすくなるということなので、なるべく近寄らず、反応させず、発作を起こさずに過ごすのは重要だそうです。かかっているお医者さんの話でも、そうでした。

だんなとの話で持ち上がった「口呼吸」も、防いでいく必要があるみたい。鼻が詰まることが多い幼少期を過ごしていたせいなのか、
気がつくと口がぽかーんと開いているちょっとまぬけな私。「鼻にはなぜ鼻毛があるのか?」と。赤ちゃんは鼻でしか呼吸はできないし。ようは、呼吸時に異物を混入しないようにしている、のだろうという話。

口呼吸に関しては、気になる本もあります。口呼吸を改善する方法も載っていそう。

結論として、
・朝、ウォーキングをする
・なるべくならば実家に長期滞在しない
・猫に近づかない
・口呼吸禁止
を、実行していこうと言うことになったんだと思います。

なか市デー

20071120103500

今日も秋晴れ。空が一段と高く見えます。紅葉も見頃を過ぎて、だいぶ散り始めました。残っている紅葉の色が少し褪せてきたように思えます。

20071121102401

久しぶりに水曜日に徒歩で外出していたので、「なか市」という、毎週水曜日の9時から12時まで開いている野菜直売所に行きました。

20071121102400

入り口。バス停があるからか、ベンチが二つ三つ、設置されています。

20071121103700

新鮮野菜が盛りだくさん。そんな中で、葉っぱが付いたにんじんを発見。すごく久しぶりに葉っぱが付いているニンジンを見たような気がするなあ。にんじん自体もこぶりでかわいらしいです。

他に、ついたお餅や・・・

20071121103701

きんぴらごぼうにしやすくカットされたごぼうとにんじんなどもありました。

20071121103702

今回でなすが最後だったり、大根やネギが多く出荷されていたり、秋の終わりを感じずにはいられません。11月も半分過ぎたしねぇ・・・

なか市は三春まちづくり公社さんが運営をしているそうで、通りでシールに名前が記入されているわけでした。なか市をやっている場所と公社のある場所は目と鼻の先ですし。下の地図のピンクの印が公社、緑の印がなか市の場所です。


拡大地図を表示

2007.12.10

かりんかかりんかかりんかりんか

20071121105300

紫雲寺のおうちの庭に花梨の木がありました。・・庭先につっこんでく息子の頭が見切れてますね。自由奔放に散歩してるとこんな事もたまにあります。

花梨の大きな実がなっている様を見るのは初めてで、最初は何の実かわからなかったです。福島に来るまでは花梨自体を見ることもなかったですし。

花梨は焼酎漬けにして花梨酒を作ったり、砂糖で煮詰めてジャムを作ったりできます。花梨酒は風邪を引いたときに飲むと、暖まるし喉に良いとされています。

夜間は喉が過敏になり、乾燥がひどくなったり炎症を起こしたりするので、寝る前に花梨酒を飲んで寝ると良いでしょう。

というのは、夫のお母さんに教わったこと。

ネットで調べてみると

カリンの果実に含まれる成分は咳や痰など喉の炎症に効くとされ、のど飴に配合されていることが多い。渋く石細胞が多く堅いため生食には適さず、砂糖漬けや果実酒に加工される。加熱すると渋みは消える。

と、ウィキペディアにありました。

ふむふむ、良く思い出せば、「かりんのど飴」なんてのは、のど飴の中で一番良く効いているかもしれません。

「かりん」と聞くと、どうも私の頭の中ではこの歌が流れてきます。

カリンカ(ロシアの民謡)

2008.05.01

開成山公園のこい

こどもの日が近づいてきた今日この頃ですが、我が家には鯉のぼりは存在しません。鎧かぶとは夫の実家においたままだし。唯一うちにあるのは親戚の方が5円玉で作った鎧かぶとの人形というすごい作品。

天気も良いし、時間もあると言うことで開成山公園をお散歩。子連れママや家族が公園で遊んでいたりピクニックしていたり。すっと開けた場所に行くと目の前に広がった光景は、沢山の鯉のぼり。

風も気持ちよく吹いていて、鯉のぼり達も楽しそう。しかし、これだけ沢山の親子鯉のぼりは初めて見ました。

20080430153301

2009.04.13

朝のお花見散歩@田村大元神社

今日は息子も早起きしたので朝5時半から早朝散歩。すこーしもやがかかって曇り空でしたが空気も冷たく澄んでいて良い感じ。

三春の桜は満開の場所が多くなりました。この田村大元神社もその一つ。階段の前の鳥居と桜のバランスがとても素敵な神社です。

Sbsh0041

階段を上り終えてから見下した桜もまたきれいです。桜をくぐるようにして階段をのぼるのも気持ちが良いです。

境内に入る前には阿吽像がぎらっと目を光らせて立っています。早朝のしーんと静まりかえる中の阿吽像というのもなかなかカッコイイものです。阿吽像も桜に囲まれていてすっかり春の三春の観光名所。

Sbsh0043

境内も桜で彩られて良い雰囲気です。立派なしだれ桜があります。本殿にお参りをして桜の写真を撮って、走って暴れ回る息子も写真に撮りつつ。

このまま帰るのもなんだから、と神社から続く東館散策路を歩きました。東館散策路からお城山の道に出て三春小学校を抜けて帰宅。

Sbsh0044

東館の広い原っぱには沢山の桜。しだれ桜もあるし多分八重桜もあれば、桃の木も赤の強いピンクのつぼみを膨らませていました。

Sbsh0054

お城山の桜もきれいだったけど、やはり三春小学校の桜もすてき。沢山の桜が咲き誇っていてキレイでした。

日中になると人が多くなりますが、やっぱり早朝は静けさの中にたたずむ桜を愛でることができて早朝散歩がやみつきになりそうです。

2009.04.16

お昼にお花見散歩@紫雲閣

お天気も良くなり散歩日和だったのでぷらぷらと三春町内を歩き回っていました。

大町のおまつり道路からちょっと入ると紫雲寺というお寺に続く道の途中にあるのが三春文化伝承館です。

養蚕などで財をなした吉田さんの住宅で、数寄屋造りの住居は見応えのある部屋ばかりです。横浜・東京を行き来して商いを行っていた方だけに様々な技術や趣味趣向が取り込まれていて、桜の咲く時期でなくとも楽しめる場所だと思います。

Sbsh0028

障子を開けて見ることができる桜は、本当に一つの絵を描くように美しく切り取られています。

Sbsh0027

風が吹くと舞い散る花びらが部屋に入ってくるため、鑑賞したら障子を閉めるようにと注意書きもありました。

紫雲閣というのは三春文化伝承館の別館とも言える建物で、蔵の中に数寄屋造りの部屋が埋め込まれたような蔵座敷となっています。床柱などに龍の彫刻がそこかしこにあり、発見する面白みもあります。

Sbsh0030

紫雲閣の2階からは隣にある王子神社の立派な桜を見ることができます。本当に沢山の立派な桜があり、桜の時期は町の観光名所の見どころの一つだと思います。

竹炭のはいった竹炭うどん

桜の時期になると役場の隣の駐車場の一角に出店があります。「桜工房」さんという福祉施設で作られた竹炭うどんやきび・黒米のお餅なんかを販売されています。去年は食べ損ねたので今年こそはと意気込んで行きました。

竹炭うどん、お餅、おこわ、ふかし、マドレーヌ、甘酒、じゅうねん味噌をつけた田楽、ところてん、などなどおいしそうなものばかり。

Sbsh0021

先に竹炭うどんを頂きました。300円というリーズナブルなお値段。けれどもしっかりとしたこしのあるうどんとおいしいおつゆでした。つゆは出汁から取るという本格派。にぼし・さば・かつお・こんぶ、という4種類から取る出汁で作ったつゆは本当においしくて飲み干してしまいました。

Sbsh0024

気になっていた「じゅうねん味噌」をつけた田楽も1本いただきました。甘酒と一緒に味わうことに。じゅうねんとはエゴマのことをいいます。エゴマは「ごま」と名前にありますがシソ科の植物です。そのエゴマをすり込んだのがじゅうねん味噌です。

おこわとふかしが並んでおいてあったようで、何か違うのかな?とお店にいる方に聞くと、おこわは餅米でふかしはうるち米(普通のお米)だそうです。

Sbsh0023

カワイイお二人さんの中身は珈琲です。ポットをそのまま置いておくと冷えてしまうのでタオルをまいておいてと言われたそうですが、それでは味気ないし大変だと言うことでボランティアの方から頂いたベビー服を着せてあげたそうです。ちゃんとベストも着てるところがまたかわいらしい。なんだかこの様子を見てるとうちの子もこんなちっちゃい時期があったんだよなー・・・となつかしくかんじてしまいます。

桜工房さんは5月から飲食の営業を開始するそうです。そこでもうどんをたべることができるとのこと。なかなか、家から近すぎて行く機会を見失うのですが、なんとか一回でもお邪魔してみたいと思います。

桜工房
住所:福島県田村郡三春町字小滝170
TEL: 0247-62-0201
5月から営業開始予定。

「やまさん」さんの桜の写真展

ブログでたびたびトラックバックさせていただいてる「やまさん」さんに桜の写真展を見に行ってきました。ブログを書いている方にもお会いしてお話しさせていただきました。

やっぱりSUNDALSを何処の人が書いてるのか気にしていただいてたようで、そこはスッキリになったのかな?(笑)

写真はA特派員さんと郡山の写真家さんの写真が飾られています。どれも素敵な桜の写真ばかりで思わず見入ってしまいました。

ブログでも取り上げていたデジタルフレームを見ることもできてなんだか感激してました。写真が1000枚ほど入っていてランダムに表示されると言うことです。同じものは滅多に見ないというお話しでした。

お茶も頂いてなんかちょっと小話に花も咲き、少し長居してしまったのですが、お仕事のお邪魔になってなかったかな・・・?ちょっと不安。

記念にブログの名刺を写真に納めさせていただいて帰りました。

Sbsh0037

三春の春、みぃーつけた!

早朝の滝桜

Sbsh0021

滝桜、今年も早朝に見に行くことにしました。早朝のすがすがしい空気の中、大きく立派な滝桜を見ることができました。

去年よりも人が多く感じます。到着したのは6時15分ごろだったのですが、すでに路肩に車を止めて観光に来てる方が多数。一応看板があり駐停車禁止と書かれてるのですが・・・

早朝に滝桜を見に来るというのが主流になってきているらしく、そのため人が多かったと言うことでした。夫の言っていたことですが。

Sbsh0020

やはり満開の滝桜は見応えがあります。人も沢山来るはずです。息子も大きな桜と沢山の人に大興奮してはしゃいでいました。写真は夫に手を引かれる息子の図。手をつないでないと走り回って人にぶつかっていきそうで危ないのです・・・。

2009.04.17

お昼にお花見散歩@王子神社

Sbsh0035

紫雲閣からも見えた王子神社にもお邪魔してきました。桜が満開で見事にぷりっぷりの桜が咲いています。

Sbsh0034

この神社、階段を上ると広がる桜の見え方がキレイでなんとも良い被写体の桜なのです。

Sbsh0036

本殿にかかるようにして広がっている桜もキレイだし、公園になっている広場にも桜が沢山。

桜が満開の見頃に来ると、日本に生まれて良かったなあって本当に思います。こんなにキレイな景色を愛でることができるのですから。

花見だんご(ミックス)@昭進堂

お花見の季節と言えば花見だんごです。花見だんごと言えば私の中では昭進堂と決まっています。・・なんでだろ?(苦笑)

Sbsh0043
あんことしょうゆの2種類があり、その2種類が少し小さな箱に入ってセットになった「ミックス」という商品もありました。せっかくなのでどちらも味わいたい私はミックスを購入しました。

Sbsh0044
あんこのあまさが上品で気がついたらなくなってしまうほどおいしいあんだんご。といってもほとんどを食べたのは息子でした。

Sbsh0045
しょうゆだんごはあんこの後に食べるとしょっぱく感じますが、たぶんしょうゆだけで食べるととってもおいしいと感じるでしょう。・・・あんこから食べ始めちゃったんです。スミマセン。

昭進堂
福島県田村郡三春町新町160-4

2009.04.18

町のあちこちに咲く桜。

三春町は桜が有名な観光地となりましたが、本当に沢山の立派な桜がある町だと思います。民家に咲く桜も立派なモノが多いし、城下町だったことから神社や寺が多いので自然と桜も多くなるのかもしれません。

Sbsh0040

息子が通う保育所に行く途中にも沢山の桜が咲いています。それは見事な桜並木といった感じ。並木と言うよりもトンネルに近い感覚です。天気がよいともっとキレイに見えるのですが・・・撮影した日は曇りでした。

Sbsh0059

化粧坂と呼ばれる坂の中ほどにはこれまた立派な桜があります。磐州街道の入り口と言われるその場所には祠も設置されていてなんだか歴史を感じる素敵な場所です。桜の時期はその桜を撮影されたり見に来られる観光客でちょっとしたにぎわいを見せます。

三春町文化伝承館にて桜いなり食べました。

いつもは見学のみの三春町文化伝承館がちょっとした休憩&喫茶スペースになっていました。

Sbsh0031

桜いなりと三春のお菓子屋「昭進堂」の桜餅とくきたち菜のおひたしがついて400円。お茶はお代わり自由です。

去年の秋頃から試作を重ねた桜稲荷。三春の三角あげをおいなりにしたそうです。桜の塩漬けがのっていて桜の時期にはぴったりの一品。味もしっかりしていておいしいおいなりさんでした。

Sbsh0033

お茶の味もこだわりがあるそうで、歩いてお疲れのお客様には少し濃いめの味がよいだろうと言うことで番茶が濃いめに出されています。

器も三春の陶芸家さんが作られたもので一つ一つが風合いがちがって来る陶芸品。器を愛でながら食べるのもこれまた良い感じです。

食べるものからうつわまで三春町のこだわりがぎっしりとつまった桜いなりセットとなっています。

いつまでやっているのかお話を聞くのを忘れてきましたが、明日の日曜もきっとやっていることでしょう。ぜひぜひ三春町文化伝承館に行ってみてください。紫雲閣からの桜の眺めもおすすめです(当ブログでアップ済み)。

Sbsh0036

窓側から眺める日本庭園もステキで癒されますよ〜。


より大きな地図で SUNDALS を表示

2009.04.20

蛇盛塚の桜@田村市船引

夫の実家からすごく近くにある蛇盛塚の桜を見てきました。夜桜と朝桜と昼桜、という朝昼晩みてきたのです。蛇盛塚の由来は丘の部分に退治した大蛇の頭を埋めてあるということから。蛇盛稲葉(じゃもりいなば)から蛇盛塚となったそうで。地元の人は「じゃんぼりーいなば」と言って親しんでいるようです。じゃもりいなばがなまったらしいですよ。

ライトアップされた夜桜を見に、暗い夜道を歩いて行きました。結構街頭が少なくて暗い上に少し肌寒く感じました。

20090418192700

近づいてゆくとキレイにライトアップされた蛇盛塚の桜。結構大きな桜の木で、斜面の微妙な位置に立っています。

ちょっと急な斜面の丘を登って頂上にてお花見。暗い上に斜面が滑りやすいことになっていて怖く感じながら登りました。大きな桜の木を間近にして息子は大興奮。はしゃぎながら持参したチョコレートをほおばってお花見してました。

翌朝、天気も良く気持ちが良かったので朝の桜を見に行きました。やはり誰もいません。そりゃそうだ。朝の7時からお花見には来ないよね・・・。

20090419065700

日が昇ってから見るのはまた違う桜の景色があります。菜の花が咲いていてピンクの桜と菜の花のコントラストがきれい。

20090419134700

またまた息子ははしゃいで木に抱きついたり、「ととろー」と言って芽がのびろーのポーズをしたり楽しんでいたようです。

帰る頃にはちらほらと人が来ていました。千葉ナンバーの車が止まっていたりと、結構有名な桜なんだなあと実感。

お昼になり、お昼寝もせずに元気な息子と夫と夫の兄弟と彼女の総勢6名で撮影散歩。息子以外はみんながカメラを手にしているという異様な光景(笑)

20090419134701

朝よりもくっきりとした晴れのお天気でこれまた桜と菜の花がキレイ。息子はみんなの被写体として、蛇盛塚の桜を後ろに菜の花の中に立ってもらってました。この写真は寝転がって撮ってみた写真。気持ちよかったーお昼寝してしまいたいぐらい(笑)

2009.05.06

稚児行列に遭遇。

Sbsh0008

息子が1歳児の時に参加したことがある稚児行列。何の気もなく散歩していたら、稚児行列の準備をしているところに遭遇しました。

男の子も女の子も参加できる稚児行列は、子ども達が着物を着て冠を付け、少しだけ化粧をして高乾院というお寺まで町を歩くという行事です。参加費3000円で集合写真と子どもにはお菓子をもらうことができます。

あいかわらず、女の子はかわいいな〜と思いながら見てました。着飾って喜ぶのは女の子。着る本人も周りの見る人も。男の子はそれはそれでりりしくて良い感じになるのですが。

Sbsh0011

Sbsh0012-1

甘茶の接待もしていました。小さなお釈迦様にお茶をかけてお参りをしたら甘茶をいただくことができます。息子には少し濃かったようで残していました。甘茶はぜんそくにも効果がある甜茶です。砂糖を入れなくともお茶本来の味が甘いので子どもも飲みやすいと思うのですが・・・。

2009.05.20

手作りシュシュ@花かご

みはる壱番館さんにある美容室で髪を切ったついでに花かごさんに寄り道してきました。花かごさんはおみやげ以外にもハンドメイド小物や下駄なんかも置いてあるお店なのです。かわいらしいハンドメイドのシュシュを発見。ほかにも手作りの小物があって、目移りしそうになりましたが。

よーくみてみると裏のシールにアドレスが書いてありました。

http://miumion.365blog.jp/

365ブログでブログを書いている方が作ったようです。ブログを見てても本当にハンドメイドが好きなお方なんだろうなあ・・・と想像。

Sbsh0013-2

シュシュは3種類あって、400円の茶色のレースが付いたモノを購入。なんだか素朴でかわいらしいのでひとめぼれしちゃいました。

自分ではハンドメイドなんてできっこない不器用人間なので、ハンドメイドされる方を尊敬してしまいます。つい先日、お昼寝布団入れ作りで四苦八苦してたもので・・・。

花かご
場所:福島県田村郡三春町大町みはる壱番館内

2009.11.17

早朝の三春町。

miharuasa2.jpg早朝の三春町を散歩しました。紅葉が見頃の三春町なので散歩にはもってこいです。

miharuasa3.jpg朝焼けの中、三春町役場の駐車場にある大きな銀杏はとてもきれい。一番大きな銀杏はほとんどの葉を落としていましたが、落ち葉でできたじゅうたんもこれまたきれい。

miharuasa5.jpg役場の裏の道を歩いていくと、なんだか昔懐かしい風景が広がります。桜川ぞいにひろがる町並みは昭和の香りを残しているかのようです。

miharuasa4.jpgぬるゆ旅館の建物も古めかしくて良い味を出しています。ちょうど向側に赤と黄色にほどよく紅葉した木がありました。

miharuasa1.jpg桜川の河川改修工事を行うため、桜川沿いの何軒かの家が取り壊されていました。スッキリと見通しは良くなったものの、風情のある町並みが消えていくのは寂しい気持ちです。

2009.12.13

冬の朝焼け


asayake.jpg

ふと、窓の外を見ると朝焼けがすごくきれいでした。思わず写真を撮りたくなるくらい。夜の残りと、朝日の赤がきれいな紫色を生み出しています。

こうしてみると、近所のまちなみも昭和の香りが残っていて捨てたもんじゃないなあと思うわけです。うちの隣の区画までは道路と歩道の整理のため立て替えをしたりと街の風景も昔とは様変わり。

この辺も区画整理があるそうで、それまで立て替えをしないおうちが多いとのこと。この風景もいつかなくなってしまうかと思うと、なんだか寂しくなります。

2010.06.23

桜川沿いの建物が壊されてゆく。

skg100620.jpg

三春町の壱番館の裏手、桜川沿いで建物が取り壊されていました。何の建物かはわかりませんが、以前武道館があった横の建物です。

三春町の桜川沿いは河川改修工事が行われています。そのせいか、桜川沿いにある建物が次々と壊されています。住んでいなかったり、老朽化のため別の場所へ移住する人が多いのでしょう。

桜川沿いは昭和のにおいを感じる古い町並みが残っていて、散歩すると情緒を感じる場所です。次々と取り壊されてすっきりした見た目になっていく桜川沿いに、やはり寂しさを感じてしまいます。

過去記事:早朝の三春町。

2010.06.30

空の写真

srr.jpg

空の写真は見るのも、撮るのも好き。これは数年前に撮った写真。ふと見上げると鱗のような雲と空の水色がきれいだけど、時折気持ち悪くも見えて不思議な気分になったのを思い出します。

空の写真は自分が思ったように撮れている事は少ないです。思ったよりもきれいなときもあるし、様々。だからこそ、心が動かされるような写真に出会えたときはうれしいし楽しいのです。

2010.10.23

紙屋商店のご先祖様。

閉店することが決まった「紙屋商店」さんに、ちょくちょくお邪魔しています。次から次へと掘り出し物が出てくるので、昭和の香りを感じたい人にはオススメの場所です。

20101023150322.jpg

さて、この写真は紙屋商店のご先祖様のものです。名前が書かれていて「渡邊弥右○(もん)殿」とあります。「わたなべやえもん」さんは三春藩を統治していた秋田氏の家臣として三春町にやってきたそうです。

紙屋商店さんは長屋の地主で、今ある商店の隣などに長屋が広がっていたそうです。江戸屋民芸さんの隣の建物を見ると、続いて長屋だったのかもなぁ、という予測がたつ建物になっています。

江戸時代の三春藩の話しも紐解いていくと面白そうだなあ、と思いました。

2010.10.24

10月19日(火)「守城稲荷神社秋まつり」に行きました。

201010240740342.jpg

神社の前に掲示板があり、そこにチラシがありました。「守城稲荷神社秋まつり」があるという内容とともに、一口メモとして「約370年前に三春の殿様と一緒に茨城から移ってきた神社だよ」と書いてあります。

三春にやってきたお殿様の名前は「秋田氏」だと思うのです。その秋田氏の家臣としてやってきた紙屋商店さんのご先祖様「渡辺弥右門」さんが、この神社に関わっているという話を聞いたばかりの時にこのチラシを目にしました。

201010240736452.jpg

お祭りの当日、せっかくなのでお参りに行きました。総代の中には知り合いの名前も含まれています。

神社でお参りをし、御神酒を頂きました。本殿には宇野沢酒店のおじいちゃんや顔を見知る人がいて、少しだけお話しをしたり。お菓子も頂いたので、息子にと持って帰ることにしました。

今回、秋まつりということで守城稲荷神社のお参りをして思ったのは、神社への信仰が本当にその土地に根付いてるものなんだな、と言うことです。

およそ370年前に、三春藩を統治するためにやってきた秋田氏と共にやってきた神社ということで、そう考えると色々なご縁を感じて、感慨深くなりました。

2010.10.25

秋晴れの空と銀杏。

icho20101025.jpg

三春の街中でも少しずつ紅葉が始まっているようです。銀杏もほんの少しですが、黄色に染まりはじめています。

自由民権運動で有名な河野さんの銅像がある広場の入り口に大きく育った銀杏の木。ちょうど三春町役場の駐車場の奥にあり、その姿は雄々しく美しいです。

これが真っ黄色に染まる頃には、街中の紅葉も進んで、散歩が楽しくなります。

2010.11.16

ReebokのEASYTONEがほしい。

20101116094314.jpg

イオンタウン郡山にある靴屋さんで見つけた「[リーボック] Reebok EASYTONE GO OUTSIDE 2 SE」 と言う靴です。twitterで有名なスポーツ店「SuperSportXEBIO( @XEBIO_Co_Ltd)」さんが履いていた事で知りました。ヒップアップにもオススメの靴ということで、早速試しに履いてみました。

2カ所にヒールがある感覚で、歩くとその部分がクッションとなってはずむように歩けるなあというのが第一印象。長時間履き続けるとまた違うのでしょうが、なかなか歩きやすいと思います。ちょっとしたウォーキングやジョギングにぴったりです。デザインや色もおしゃれで、光沢のある素材と色合いが気に入りました。

お値段が1万円ちょっとするので、気合いを入れて購入する日を決めたいです。もしくはお誕生日プレゼントになるのを心待ちにしようかな。



2012.04.19

三春滝桜開花しました。

まだかまだかと思っていたら、今日の陽気で滝桜が開花したという話をtwitterでみかけました。歴史民俗資料館の桜も開花したようです。町内の桜もやっとつぼみが色づいてきたところです。

今日はお天気も良くて、散歩日和。ちらほらと観光客の方が歩いているようです。この陽気に乗ってどんどん開花して桜の花で色づくといいなあと思います。

三春滝桜開花しましたー滝桜.com

三春滝桜ー滝桜.com@facebook

2013.05.11

みはる壱番館の裏まで進んだ桜川河川改修

20130511153326.jpg

桜川は今、河川改修工事が進んでいます。4月の桜シーズンはお休みをしていたのですが、5月に入り再開しました。工事は三春町の大町商店街にあるみはる壱番館の裏手の所まで進んでいます。

20130511153455.jpg

あっという間に掘り進んできたなあ、と言う印象があります。そこにあった武道館や家や時計台、対岸の家に渡るための小さな橋、そして石垣もあっという間になくなってしまいました。どんどん工事が進み、きれいな川に整備されるのでしょう。今まであったものが無くなるのは寂しいですが、住む人々や観光客に歩きやすく、かつ風情があるような裏路地になるといいなと思います。

2013.06.17

ひとつずつ失われゆくまちの景色「旧公民館」

今、三春町では様々な場所で取り壊しが行われています。理由は、遺跡調査・老朽化・耐震工事など色々とあります。三春町に住み始めてから良く散歩をしていたコースのあちらこちらで取り壊しが始まり、これからどうなるのかという期待とは裏腹に、見慣れた景色が無くなってゆく寂しさがあります。

その中でも、本当に毎日のように目にしていた旧公民館の取り壊しが始まりました。通りかかる度にiPhoneで写真を撮っています。

20130617212708.jpg

20130617212749.jpg

20130617212822.jpg

20130617212836.jpg

20130617212857.jpg

20130617212940.jpg


旧公民館は老朽化のため8月いっぱいかけて取り壊されると言うことです。私自身は確定申告や親子劇場のバザーや震災後は被災証明書の受取に行ったぐらいでそんなに思い入れはありません。ですが、これだけ大きくて目立つ建物が取り壊しとなると注目してしまいます。

取り壊しが始まった頃は立ち止まって見ている人もちらほらいましたが、最近ではあまり見かけなくなりました。こうして古いモノは壊され、新しいモノが作られていくのでしょう。

2013.07.07

朝露のきれいな法蔵寺の蓮の花

20130707055126.jpg

蓮の花は早朝に咲くというので、久々に早朝散歩をしました。法蔵寺は蓮の花で有名なお寺です。蓮の花が咲き始めていました。

20130707055237.jpg

20130707055519.jpg


7月28日(日)に蓮祭りを開催する法蔵寺。蓮の花が咲く時間に合わせ、朝6時と早い時間から始まります。早朝の澄んだ空気と綺麗な蓮の花を愛でながらのお茶会は、夏の風情たっぷりでオススメです。

20130707055041.jpg

20130707055106.jpg

法蔵寺の片隅にいた木の犬と石の亀。法蔵寺はこんな遊び心も楽しいお寺です。

20130707055339.jpg

法蔵寺ホームページ


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2013.12.07

三春町交流館まほら大ホールの緞帳

20131207172120.jpg

今日は息子の小学校の学習発表会でした。毎年三春町交流館まほらの大ホールで開催されています。開演までの間に下りている緞帳をみて「雪村書」と書かれていることに気づきました。帰ってきてWebで検索すると、まほらの大ホールの緞帳は晩年を三春町で過ごした水墨画家「雪村」の「奔馬図(ほんばず)」をモチーフにしているとのことです。馬の産地として有名だった三春らしいものが選ばれています。

2013.12.10

冬の街なかイルミネーションがはじまりました

今年も三春町で「冬の街なかイルミネーション」がはじまりました。三春町役場・まほら・大町商店街などキレイなイルミネーションで彩られています。

20131210154436.jpg

三春町役場入り口のイルミネーションです。滝桜の写真にLEDライトが付く看板もあります。

20131210154505.jpg

20131210154426.jpg

三春交流館まほらのイルミネーション。ピンク色が桜のように見えるきれいなイルミネーションです。

20131210155524.jpg

三春町福祉会館のイルミネーションは、今年も昨年に引き続き、富岡町の夜ノ森地区の店舗で飾られていたものです。熊耳の応急仮設住宅等のボランティアの方々が飾りました。音が出るサンタクロースもいてにぎやかです。

20131210155901.jpg

磐州通りの個人宅のイルミネーションです。2軒のおうちで豪華にやっています。

冬の街なかイルミネーション開催|三春町

みはる冬の街なかイルミネーションまっぷ表面 [PDFファイル/6.52MB]

みはる冬の街なかイルミネーションまっぷ裏面 [PDFファイル/3.2MB]

グルメンチバーガー情報訂正 [PDFファイル/200KB]

2014.01.10

八幡神社のどんど焼き

20140110071951.jpg

1月8日、八幡神社のどんど焼きに参加しました。八幡神社境内の下の遊園地で行われました。どんど焼きとはお正月飾りやお札を集めて焼きます。その火で青竹にはさんだお餅やするめを焼いて食べます。かなり火の回りが早く怖いぐらいでしたが、消防団の見守りのもと、安全にとり行われていました。

2014.04.12

福島県郡山市西田町の天神川沿いの梅並木

先日、遊の丘の帰りに見つけたすてきな場所を紹介します。郡山市西田町の天神川沿いの梅並木です。

20140412200114.jpg

細い小川のような天神川の川沿いに立派な梅並木があります。梅は紅梅と白梅が並んでいます。その下に咲いている菜の花も春らしい景色です。

郡山市の桜も3部咲きくらいになっているので、桜見物ルートのひとつにもおすすめな場所です。


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2014.04.16

ライスレイクの家のイエローカレー

ライスレイクの家のそばのお城坂の浪岡邸の桜も咲いてきました。まちなかの桜も咲き始め、週末は見頃の桜も多くなりそうです。

20140416075105.jpg

三春町のまちなかには「ライスレイクの家」という国際交流の為に作られた場所があるのですが、毎年桜シーズンになるとランチメニューが出ます。今年は「イエローカレー」です。飲み物とセットで700円です。数量限定で無くなり次第終了となります。

ライスレイクの家
住所|福島県田村郡三春町南町84
電話|0247-62-5800
営業時間|10:00〜17:00
休館日|月曜日


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2014.04.17

滝桜が満開で見頃を迎えました。

三春町の滝桜が満開を迎えました。三春町観光協会の入り口横に滝桜の状況を示すボードがあるのですが、満開となっていました。

20140416-takizakuracom.jpg

滝桜.comさんの4月16日(水)の写真を見ると、ここ数日の陽気で花開いた印象を受けます。観光客も増えてきて賑わっていますね。

今年は2月に大雪が降り、滝桜への影響も心配されました。幸にも2月に枝の補修作業のため足場を組んでいた事で雪の被害が少なくすんだそうです。枝を支える支柱が増えた滝桜、今年も立派に咲いてくれています。

※今回写真を使用させていただいた滝桜.comさんは滝桜周辺情報や滝桜の写真が掲載されているサイトです。滝桜観光の情報集めにぜひご覧下さい。

2014.04.19

三春町「王子神社」の桜

20140416162004.jpg

地元の人に「おっしゃま」と呼ばれ親しまれている王子神社の桜を撮ってきました。鳥居をくぐり、階段をのぼっていくと満開の桜。見事に咲いています。

20140416162154.jpg

王子神社は桜の木が多いです。本殿の目の前の桜も満開できれいでした。

20140416162659.jpg

境内の広場から散策路に続く道があります。その階段をのぼると小さめの水仙が咲いていました。鮮やかな黄色に春を感じます。

20140416162449.jpg

この散策路は見晴らしが良く、荒町のお寺の桜が見えました。町を見渡すとあちこちで桜が咲いています。滝桜もいいですが、三春町内の桜見物もおすすめです。

2014.04.21

三春町「三春小学校」の桜


20140416163927.jpg

三春小学校の桜です。正門は明徳門という藩校所の門を複製したもので、そこの桜も見事なのですが、撮影時はあまり咲いていませんでした。裏門の桜が満開になっていました。

20140419073332.jpg

校庭の桜も満開。耐震工事中のため児童は別の場所にある仮校舎で授業を行っています。桜が満開でも子供達が居なくて少し寂しい風景。

20140416164000.jpg

校庭は町役場の臨時駐車場として利用されています。

20140416164056.jpg

桃の花は咲ききったのか、夕暮れ時だったからか、しぼんだ感じ。

20140419073232.jpg

体育館の裏側にあるしだれ桜。満開できれいです。観光客の臨時駐車場としても利用されているため、ここまで車であがってくる方もいました。

20140419073159.jpg

体育館の裏側に鳥居があり、その奥には小さな神社があります。その先にお城坂へ続く散策路があります。けっこう急で細い山道です。

2014.04.22

三春町「田村大元神社」の桜

20140419070837.jpg

田村大元神社の鳥居の目の前にある桜です。隣の民家の桜なのですが、立派なしだれ桜です。

20140419070915.jpg

鳥居をくぐり、階段を上ります。階段沿いにも立派なしだれ桜が満開です。

20140419071001.jpg

満開の桜を撮影中。朝日の中、照らされる桜がとてもキレイでした。

20140419071314.jpg

境内にもしだれ桜があります。こちらも趣があり歴史のありそうな桜です。

2014.04.28

三春町「滝桜」ライトアップ最終日

20140423184851.jpg

滝桜のライトアップをライトアップ最終日に見に行きました。息子は3DS、私はデジタル一眼レフカメラで撮影です。日中暖かくても、日が落ちると一気に気温が下がるので冬用ジャンバーで防寒対策をしていきました。

ライトアップ最終日なので混むのかな?と思ったのですが、さほど混雑もなくスムーズに滝桜へ到着。滝桜の目の前は記念撮影をする人や三脚たててばっちり撮影する人で賑わっていました。

20140423190138.jpg

混雑から離れて、滝桜の上の桜と行灯を写真に撮ってみました。行灯と桜のピンクが良い雰囲気を出してました。しかし、夜の撮影は難しいですね。

2014.04.29

小野町「夏井川千本桜」


20140426164210.jpg

田村郡小野町の夏井川沿いに「夏井川千本桜」はあります。川沿いに続く桜は満開になると見事な景色です。

20140426163542.jpg

天気が良かったので河原で石投げをする子供や家族連れで賑わっていました。

20140426164522.jpg

夕焼けに照らされる桜もきれいでした。

20140426165012.jpg

鯉のぼりも元気に泳いでいます。もうゴールデンウィークなんですね。夏井川千本桜は少し葉が出始めてますが、まだまだ楽しめそうな咲き方でした。


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About まち歩きレポート

ブログ「SUNDALS - 田舎暮らし & 子育て + 郡山界隈の情報」のカテゴリ「まち歩きレポート」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリはレシピ集です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ