イベントレポート

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

メイン

2007.06.23

喜多方レトロ横町

070620 Kitakata 0000

先日、郡山駅のコンコースを歩いていたら面白そうなポスター発見。

その名もなんと「喜多方レトロ横町」。
しかも第3回とキタもんだ。去年も福島に住んでたケド、第2回の存在を知らなかった・・・。
ますますSUNDALSで取り上げようと思ってしまう。

その、喜多方レトロ横町の開催は次の通り。

070620 Kitakata 0001

第3回喜多方レトロ横町
(日時)
7月28日(土)正午〜午後9時
7月29日(日)午前9時〜午後5時
(場所)
ふれあい通り商店街

夏休みに入ってからの開催なので、東京近郊に住んでいる方もデートに子どもに小旅行プレゼントに、ぜひ行ってみてはいかがだろうか?

もちろん、自分は行くつもりです(笑)

2007.06.25

ドラリオン仙台公演

家族でドラリオン仙台公演を見に行くことになっていた。
が。
息子は数日前から発熱、微熱が続き、
熱も治まったかと思ったら
ドラリオン仙台公演の見る日の前日の夜、
胸と背中に発疹が。
下痢も治まっていないし
発疹は出てくるし。
もしかしたら・・・
と思いつつ、翌日。
そう、ドラリオン仙台公演の日。
朝から医者へ。
思っていたとおり、突発性発疹で
とりあえず整腸剤を飲んで様子を見ることに。

その間に、
手配ができていない最大の問題、
駐車場の券の事でダンナにチケットセンターに電話をしてもらう。
私も電話してみたけど
全然つながらないの。なんじゃこりゃ。状態。
ダンナの運の良さでつながって
聞くところによると、
空きがあればその場でお金を払って入ることができる、
らしい。
ほっと一安心。
はしたものの、
突発性発疹で発疹が出ていてげりぴーな
息子はどうしたものか。
ダンナの実家に急遽預けるか、
もう行くのを辞めるか、
むりやり連れて行ってみるか。
整腸剤ももらってるし、薬を飲んでいれば下痢は治まるだろう。
でも、2時間半、座ってみてられるはずもなければ、
具合が悪いのに変わりないのだから
機嫌も相当悪くなるだろう。
あーだこーだ話していたが、
実家に預けるのは無理だろう。
行くだけ行ってみよう
と言う話になる。

そうこうして、仙台へ向けて出発。

高速に乗ってから、車の中では息子は寝ていた。
とりあえず、ちょっとお休みして
体力回復しておいて欲しかったから安心。
到着したのは開場よりも早い時間だった。
思いの外、すんなりと駐車場にも入れる。
話を聞く限りでは
駐車場の開場は開演の1時間30分前ぐらいからで
結構早くからあいていたようだったが
さほど車が止まってる様子もなく。

時間があるので
会場に入ってからでは買いづらいであろう
食料と飲料を調達しに
地元のコンビニへ。
と、途中の開店セールをやってる紳士服の青木にも
立ち寄ってしまう。しかも購入してるし。

いろいろと調達して時間をつぶし、
外を歩きたがる息子を
駐車場で遊ばせるわけにもいかないので
会場内に入る。
開演までは30分とか1時間とかいったところ、だったろう。
人が多い。
グッズ販売やファーストフード販売に
人が並んでいる。
入ると同時にあまくてあまくて、
息を吸った鼻の奥まで焼けただれるのではと思うほどの
甘い香り。
チュロスを販売しているようだった。
その香りから逃げるように販売テントから外へ。
トイレや喫煙コーナーのある屋外。
やっぱり女子の方がトイレ数は多い。
ちゃんと車椅子用トイレとオムツ替え用ベビーベッドが
備わっているトイレを一つ発見。
演目があるステージのテントの両サイドに一つずつある。
調べてなかったから知らなかっただけだけど、
それでもちゃんと、わかりやすい場所にあるのは
子連れとして嬉しい。
そして、そのトイレなどがある屋外空間が功を奏す。

開演時間が迫ってきたので
ステージのテントへ。
まあ、じっと見ていることは無理だろう。
と思ってたら案の定、泣き出す息子。
2部構成なので
1部はダンナが、2部は私が息子の子守。
子守をしていても販売コーナーがあるテント内に
多くのモニターがあって、
中の演目を見ることができる。
これを見ている子連れの方もいらっしゃった。
思いの外、子連れが多い。
しかも、うちの子のような1歳ぐらいの子から
もっとちいさくて生後何ヶ月だろう?と思う子もいた。
外に出て子守をしている際にお話しをした方は
生後11ヶ月だった。
やっぱりずっと見ているのは無理ですよねー
なんて、ちょっとした子連れ井戸端話。
大きな音でびっくりするし、
周りにいっぱい知らない人はいるし、
暗いし、
小さな子が泣き出さないわけがない。

演目を誰より見ていなかったうちの息子は
超ごきげんで
夫に与えて貰ったチュロスを一人で一本食べたそうな。
その後は歩き回りはしゃぎ回り
時折水分補給に近寄ってきたり、
相当楽しかった模様。
数日間熱が出たりして具合が悪くて
遊び回れなかった反動なのかな、と思った。
相変わらず、色んな人に愛想を振りまいていたし、ね。

帰りの車では
すっかりぐっすり眠りにつく息子さん。
夕飯時も、ぐっすり。
帰宅して、車から降ろしたら少しぐずるが
ちょっと抱っこしていたら、ぐっすり眠りにつきました。

子連れで大きなイベントを見に行くのは初めてで
どうなることやら・・・
と思ってたけど、トイレなどの施設もしっかりしていたし
行ってから特別、不便なことはありませんでした。
しかし、子連れでイベント見るのは大変だと
痛感はしましたよ。
これからの方がもっと大変そうだけど。

2007.07.11

アートマーケットとは・・・

去年の8月末頃に、郡山の駅前などを歩いていたら
アートな匂いのするイベントが終わって撤収作業をしてました。
夫の仕事+自分の好きなベクトル
てのが、アートっぽいので
なんだか知らなくて損しちゃったかもなあ
と思ったのですよ。
たとえ学生さん主催だったり、学校主催だったとしても、
アートはアート。
色んな人が色んな事やるから
その中から自分の好みの物を見つけ出せたりするんだと思えるし。
インターネットによって情報が氾濫してるとはいえ
自分にあった情報を取り入れられなくちゃ、損。
今年こそはそのイベントの情報に出会えると良いなあ
と思ってたら。
夫がどこからか見つけたようで、
今年もある、らしいよ
と教えてくれました。
早速情報収集。
結構すぐに見つけられました。
国際アート&デザイン専門学校 - 進路ナビ!
この、国際アート&デザイン専門学校という学校が主催。
引用させていただくと、

イベント内容
なかまち夢通りを一本借り切ってアートマーケットを開催します。P.A.Fという名称で昨年より、学生はもちろん、市民の方も一緒になって楽しめるイベントです。P.A.FとはParty of Art Fellow(アート仲間のパーティーという意味があります)の略で、在校生の作品の展示、販売はもちろん、高校生や一般の方、卒業生や卒業生がお世話になる企業の方などのブースもあり、みんなが楽しめるイベントです。

ということでして、
色々な人が参加している、ようです。

LOVELOG:夏のイベントP.A.Fに向けて~ポスター展示~A&D体験!国際アート&デザイン専門学校体験入学実施中!]

これは、その学校の在校生によるブログ。
ポスター制作したりと着々と準備している模様。

しかしちゃんとどういう企業が参加してるとか
よくわからないのも実情。
会場に行ってみるしかないのかなあ。

アートマーケット
7月22日(日) 11:00〜16:00
福島県郡山市中町夢通り(うすい百貨店前)
アクセス:JR郡山駅西口より徒歩10分
問い合わせ:024-956-0040(入学相談係)

2007.07.16

情報遅し。

今朝、何気なく実家でとっている新聞を読んでいたら「郡山駅120周年記念イベント」が7月16日に開催されることが記事になっていた。そんなイベント、一つも知りませんでしたよ。なんとなくがっかりする。郡山駅はよく夫が使っていたり、駅前に買い物に行ったりと、慣れ親しんできている場所であるにもかかわらず、120周年を迎えることも、イベントが開催されることも知らなかったからだ。
とにかく、天気が良くて起床することができればイベントを見に行きたい。色々と企画が展開されているようなので。

以下はKFB福島放送のWEBの福島ニュースから引用。

16日に120周年イベント/JR郡山駅
2007年07月15日 13時58分
郡山市のJR郡山駅(小関英敏駅長)は開業120周年を迎える16日、駅構内や駅前西口広場で120周年記念イベントを開催する。

SL広場の開設や構内探検隊、駅ナカスタンプラリーなど駅に親しんでもらう企画を展開する。

オープニングセレモニーは午前10時から1階コンコースで行われる。

駅前に生まれ育ち、駅や駅前の変遷を見つめてきた浜尾伍郎さん(93)を一日駅長に、120周年を記念して重さ120キロの「鉄道饅頭(まんじゅう)」開きを行う。

また在来線改札前に展示されているミニSLを移設し、SL広場を開設する。

イベントは午前10時から午後3時まで。

同駅では「多くの市民らに鉄道を理解してもらい、駅に親しんでもらいたい」として多くの来場を呼び掛けている。

郡山駅は明治20年7月16日、東北線の郡山―黒磯間の開通により誕生した。

16日に120周年イベント/JR郡山駅ー福島県内ニュースーKFB福島放送

JR郡山駅120周年記念イベント

朝の十時からJR郡山駅の西口駅前広場及び駅構内にて郡山駅の120周年記念イベントが開催されました。
そのせいなのか、祝日だからか、駅近辺の駐車場は満車が多かったような気がします。いつも止めているところは満車なので、少し離れた駐車場に車を止めて、歩いて駅へ。

駅前の広場には一本の短い線路と、白い煙を上げるミニSL。小さな子供達がミニSLに乗って、楽しそうです。ちゃんと、踏切の信号もあります。

DSCF0471

DSCF0470

初めてお目にかかるミニSL。思いの外、しっかりとした作り。息子も興味津々に見入っていました。

DSCF0469

息子一人じゃ危ないので、私も一緒にミニSLに乗ることに。走り出すと、見ていたよりもスピードが出ているように感じ、これは面白い。短い短い、ミニSLの旅でした。
ミニSLから降りて、駅構内へ。何かやってるかなあ、と見渡すと郡山駅の歴史を写真でおっている展示がありました。あとは、スタンプラリーの受付がありましたが、スタンプラリーの受付はもう終了していました。とりあえず、プログラムの書いてある紙を貰い、2階のびゅうプラザ前でプラレールを見れることがわかったので、プラレールを見に2階へ。息子はまたもや真剣に見入っていました。こういう姿を見ると、男の子っぽいなあ、と思います。
他には特別見るところもないだろう、と駅構内から出て、ヨドバシカメラによったり、スーパー寄ったりドラッグストアに寄ったりして、普通に帰宅。
帰宅後に、よくよくプログラムを見てみると、
「改札口を通る場合はこの用紙を駅係員にお見せ下さい。」
と書かれていました。駅の中に入ってホームにある列車を見たり、なつかしの立ち売りを見たりできたみたいです。よく見なかったのが悔やまれます。

2007.07.21

新幹線の車両基地

今日、福島県で放送されている「サタふく」という地元番組で、
「新幹線の車両基地」を見学してました。
正式には、「東日本旅客鉄道株式会社 新幹線総合車両センター」というそうです。
新幹線と言えば、私のふるさと北海道にはもちろん走っていません。本州の主要交通機関の一つだと思っています。適度な長距離を早く移動できる手段、と勝手に想像したり。
なんてったって、東京と福島を1時間30分ぐらいでつないじゃうんですから。
でも、私はこちらに来てから、一度も乗ったことがありません。
そんな、勝手な想像や好奇心や好意を持っているので、「新幹線の車両基地」だなんて言われると、とても興味がわきます。
その基地を見学できたり、基地でお祭りが開かれていることも番組内で紹介していました。この、お祭り、行くしかないだろう!と思ったらば、日時を見て愕然。
7月28日。
そう、この日は「喜多方レトロ横町」の日です。残念です。
はやてやMAXやまびこに体験乗車できたり、運転シミュレーターで運転体験できたり、ミニ新幹線に乗れたり、車両展示を見たり、高速試験車両 Fastech360S のパネルや資料を見れたり、台車交換などの作業を見ることができたり、スタンプラリーがあったり、とてもとても、気になるイベント目白押しなんですが、残念の一言です。
来年もあれば、息子ももっと楽しむことができるし、来年まで楽しみに待つことにします。
JR東日本新幹線総合車両センター
所内の見学
基地まつり情報

2007.07.22

郡山アートマーケット

今日は天気が悪いという天気予報だったのに、大はずれでした。
雨の一つも降らず、そのかわりに蒸し暑い一日。
事前に調べてあった郡山アートマーケットをのぞきに行くことにしました。

DSCF0492
うすい百貨店のある中町通りで開催されていました。
全体的に、学校祭の出店の雰囲気です。
手前の所で選挙活動をしてて、なんだかかわいそうに思えました。

DSCF0494
アートっぽいです。スプレー絵を描いています。
横にはDJブースが設けられていました。

DSCF0495
これが、そのDJさん。

DSCF0496
ステージも小さいながらありました。4回ライブがある模様です。

DSCF0502
こっちでも、ペインティング。
二カ所で、このようにペインティングしてました。

DSCF0501
気になったのは、このガンダムっぽい着ぐるみ(?)。これから装着するところだったのでしょうか?
ゴスロリの衣装を展示・販売したり、同人誌系のマーケットがあったり、とてつもなくオタクな雰囲気。

ポストカードやイラストや似顔絵描き、映像と音楽を流してるブースなんて言うのもありました。
やっぱり、オタクな雰囲気がかいま見えるのです。
全体を見て感じたのは、学園祭の延長線上にあるコミケみたいなオタク色のあるフリーマーケットでした。
頑張れ!国際アート&デザイン専門学校の学生さん。

2007.07.29

喜多方レトロ横町へ行ってきます。

今日は「喜多方レトロ横町」を見に行ってきます。久々に早起きしました。

喜多方レトロ横町

浴衣を着ていくと写真撮影を無料でしてもらえるみたいです。 ・・・あいにく、浴衣を紛失中なので残念。
それよりも「あいづデスティネーションキャンペーン」と言うのが気になります。このページの一番下にリンクが貼ってありますが見ることができません。
検索してみると、平成17年度の会津の観光キャンペーン名だったみたいです。
で、その時にできたイベント「喜多方レトロ横町」なのです。
とにもかくにも、レトロな雰囲気が好きなので、楽しみです。
もちろん、喜多方ラーメンも食べてきます!

喜多方レトロ横町は広かった(1)

以前から調べてあった、「喜多方レトロ横町」というイベントを見に行くため、喜多方市へ向けて出発。
郡山東インターから会津若松インターまで高速道路を40分ぐらい走り、その後は国道121号線をひたすら北へ30分ほど行くと、喜多方市街地に入ります。
町の中心部あたりに、イベント会場となる「ふれあい通り商店街」があって、到着すると既に通行止めになっていました。
駐車場について事前に調べていなくて、車を少し走らせていると、小学校のグラウンドが臨時駐車場となっていました。ほっと一安心。

_MG_2074

開場入り口にはイベントタイトルの行灯がおいてありました。夜になって点灯したら雰囲気出るんだろうなあ、と思いながら通過。

_MG_2075

すぐに、レトロカーが並ぶコーナーへ入ります。
古くてかっこいい、クラシックカーがずらりと並んでいます。夫が好きなトヨタ2000GTや、ルパンが乗ってる車もありました。

_MG_2076

息子はクラシックカーよりも、路上で販売されてたレトロなおもちゃのバスが気に入ったようでしたが。

_MG_2087

スロットカーという昭和のおもちゃが体験できる場所もありました。息子はもちろん、釘付けになりました。レールに電流が走っていてコントローラーで車を動かせるみたいです。私のお父さんかそれよりも上の年の人が知ってる遊びなのかな?夫はスロットカーの存在は知っていたようですが遊んだことはなかったようです。

_MG_2101

出店がある空間に、お化け屋敷がありました!でも、あれ?看板をよく見てみると、「お笑いお化け大会」と書かれています。お笑いの上に、大会です。気になります。入場料が大人700円子供500円で少々お高めかな、と思ってスルーしてしまいましたが、やっぱり思い切って入れば良かった。まだ気になってます。
このころぐらいから早くも息子は歩かなくなり、歩かせてもすぐにどこかに座って石ころを拾って渡してくれる、と言う状況に。仕方なく抱っこして歩きます。殆ど抱っこしていたような気が・・・。歩くと思ってベビーカー持ってこなかったのが手痛いです。しかし、まだまだ、レトロ横町は続きます。

喜多方レトロ横町は広かった(2)

喜多方レトロ横町、続きです。

息子を抱っこして歩き回ります。見ていて面白いところ、体験できる場所、色々とありました。

_MG_2104
生菓子の体験コーナー。その通り、和菓子職人さんが丁寧に作り方を教えてくれます。

_MG_2105
こんな感じで、生菓子を作っています。

_MG_2106
すぐそばで売られていた物です。なんだと思いますか?
答えは、ところてんです。これを型に入れて押し出すと、にゅるにゅるっとところてんが出てきます。2本で100円でした。

_MG_2109
お祭りらしい、山車もありました。

_MG_2110
広いお屋敷のような敷地に入ると、「シネマ広場」への道が記されていました。この建物をくぐっていくようです。何屋さんなのでしょう。大きな煙突があります。

_MG_2115
中に入ると、何とも言えない匂いがしました。味噌みたいな、麹みたいな、発酵した感じ。ふとあたりを見ると醤油の瓶がありました。家に帰って欲地図を見てみると、そこは「中の越後屋醤油店」という醤油屋さんでした。

_MG_2117

中の越後屋醤油店を通り抜けて、シネマ広場に出ました。
映画を上映してる小屋があったり、沢山の昔の映画の看板が並べられていたりします。

_MG_2119
座頭市の看板、かっこいいです。その奥には昭和の部屋を再現した場所がありました。

_MG_2122
こんな感じで再現されていました。青い羽根の扇風機が懐かしいですね。なんか見覚えがあるような鏡台だと思ったら、その鏡台に似た物が、うちの2階にあります。おばあちゃんが使っていた物。

_MG_2123
かっこいい!といって激写されていた一枚。キリンの生ビールの看板。昔は色んな所にあったのだろうなあ。
シネマ広場をくぐり抜け、おみやげ屋さんをちらっと通り抜けながら見て、横町の道路に戻りました。

_MG_2126

「道路に落書き」よりも目に飛び込んできたのが、このきれいな七夕飾り。
長く続いています。その下に、ミニSLが走っていました。奥側に乗り場があるようで、手前は折り返し地点となっていました。

_MG_2128

ミニSL乗り場まで歩く途中に見つけた「頑固親父の遊び塾」。
その入り口の横にあるのは、懐かしの巨大ゲームボーイ。店頭展示用にお店においてあったのを思い出します。ボタン操作して遊ぶことができた気がします。

_MG_2129

そして。待ってましたミニSL!先日、郡山駅のイベントで乗りましたが、それ以来ちょっと楽しく感じてしまい、息子を抱えて乗るのがやみつきです。今回、そのミニSLに乗れるとは思っても見ず、ちょっと興奮。息子も大喜びでした。なんてったって、トーマスのミニSLですから。

トーマスを堪能した後、歩いているとなにやら懐かしい物を発見!
と、またまた長くなってきたので、続く。とします。

2007.07.31

喜多方レトロ横町は広かった(3)

まだまだ続く、喜多方レトロ横町。

満足する物はミニSLだけじゃなかったのです。
私個人の懐かしく感じるものがありました。

_MG_2144
そろばんです。はじいてる手は私。
小学校4年生から中学校を卒業するまでずーっと、そろばんを習ってました。
持っている資格は、2級。1級も受けたんだけど落ちたんですよ。
まあ、そろばんを習っていて一番使える技は暗算です。
暗算検定なんて言うのもあるのですが、受けたことはありませんでした。
暗算が苦手なので・・・。
そんな、あまり役に立っていないようなそろばんの腕を、ここで披露することになろうとは思いもしませんでした。

_MG_2151
案の定、かけ算・割り算の仕方を忘れていて、教えて貰っている所。
息子も真剣に聞いているようです。・・・息子さんは数字もかけないでしょうが。
つい、真剣にやってしまいました。簡単な見取り算とかけ算と割り算。答え合わせをしていないので、正解率は知りません。

_MG_2152
そろばんに真剣になってる間に、こんなきれいな人たちが通りすぎて居たようです。大道芸?かなにか、なのでしょう。

_MG_2157
そろばんに満足した後は、喜多方の伝統工芸の一つ、漆器に加工する蒔絵の商品が並ぶテントを見ました。
これは、ストラップ。かわいらしい蒔絵ですね。

_MG_2158
風鈴も鳴っていて、涼しげでした。夏のお祭りの音、ですね。

色んな音にお祭りの風情を感じながら歩いていると、「浴衣で歩きまshow」という看板を発見。
浴衣を貸し出ししていて、浴衣を着て記念撮影ができるようでした。
もっと早くに知っていたらば、早めに来て借りて着ていたかもしれません。
まあ、息子を抱っこして歩いていたので、着ていなかったのが正解なのだと思いますが。
そろそろおなかがすいたねー、と言う話になり、すぐそばに観光雑誌に載っているラーメン屋さんがあるのを、夫が見つけました。
初、喜多方ラーメンです。

_MG_2162
「老舗上海」というラーメン屋さん。これはチャーシュー麺。普通のラーメンは550円、チャーシュー麺は800円というリーズナブルさ。

_MG_2164
もちもちぷりぷりした太い麺に、醤油味のスープがよく合います。食べ応えがあって、美味しいです。息子もつるつると勢いよく食べていました。

しっかりと、ラーメンを食べた!という感覚を残して、ラーメン屋さんを後にしました。
来た道を戻ります。抱っこしているうちに、満腹になった息子はお昼寝タイムに突入。
この時は、ベビーカーを持ってこなかったことを悔やみました。殆どを抱っこして歩くこと、お昼ご飯を食べ終わってから寝てしまうことは想像していなかったのです。遠出にはベビーカーが必須だと痛感。
帰り道はすたすたと素通りするかのように来た道を戻りました。

レトロな町並みも堪能し、喜多方ラーメンも食べて、喜多方を満喫できました。反省点は、ベビーカーを持ってこなかった事と、もっと下調べをしておくべきだった事でしょうか。
会場を歩いている中で、「蔵のまち散策図鑑」という喜多方市街地ガイドマップを発見しました。その中には、魅力的な蔵や、昔の雰囲気を残している町並みをかいま見ました。見所も沢山あるようです。次回の参考にしたいと思います。

2007.08.15

盆踊り

私がお盆・盆踊り、というと思い出すのは「子ども盆踊り」だけだった。「ちゃちゃんこ ちゃんこちゃんこ ちゃちゃんこちゃん 手拍子あわせて ちゃちゃんこちゃん」というやつ。北海道限定の盆踊りの歌。一昨年ぐらいからはそれに「三春盆踊り」が加わった。

三春盆踊り大会は、自宅のすぐそばで行われている。音が聞こえてくるほどの近さ。行かないわけがない。息子に甚兵衛を着せて、祭らしくなったところで、出発。

_MG_2394

やぐらの赤が、鮮やかで華やかで、お祭りらしさがぷんぷん匂い立つようだ。ここ最近聞こえてきた太鼓の練習の成果が見える、太鼓の音。なめらかな手さばきと、気持ちよく響くリズム。ついつい見入ってしまう。

_MG_2402

やぐらを折り返し地点にして、踊る人々。しっかり見ていると、簡単にできそうな気もする。年季の入った踊りのおばあちゃんが印象深かった。

_MG_2412

祭と言えば、はずせないのが屋台。かき氷やクレープには長蛇の列。たこ焼き屋はぼちぼち。かき氷の列に並ぶことにして、たこ焼きを夫に買って貰う。

_MG_2426

きれいな色に、子どものように目を奪われてしまう。子どもが欲しいと騒ぎそうだったので、購入断念。サイダーは1歳児には早すぎます。

この後、購入したたこ焼きとかき氷とブドウ飴をちょっと食べてから、絵灯籠まつりを見ることに。そのお話はまた別のエントリーにて。

2007.08.16

絵灯籠まつりと三春のおよばれ・百杯宴

絵灯籠まつりは、送り火の意味を込めて、桜川沿いの道を子ども達が作った絵灯籠で幻想的に彩られていました。百杯宴が開かれている場所も絵灯籠が置かれています。

_MG_2449

三春の滝桜の近くにアトリエがある蛙文字。その蛙文字で「百杯宴」と書かれています。これは、百杯宴の石碑の前におかれていて、振る舞われたお酒を飲み終えたらば、素焼きの杯を置く場所。

_MG_2471

この石碑の内容や、百杯宴の由来をまとめた紙も頂きました。家に帰って読んでみると、この宴のことがよくわかります。時代は幕末。学者であり、有名な酒豪でもあった川前紫渓と言う人物が、色々な人から頂いた盃が100を数えたことを記念して、不動堂の前で花見の宴を催した。酒はつきることなく振る舞われ、それはそれはにぎやかな宴だったそうな。しかし、乱れる者はなく、書画を愛で、芸術談義に花を咲かせつつ、杯を重ねていった。紫渓さんはこの宴が忘れがたく、良友のひとり、安積ごん斎さんに「あの宴のことを書き残しておきたい」と手紙を書く。快く引き受けて書かれたのが、この石碑の碑文だと言います。(頂いた紙の内容を少々引用させて貰いつつまとめました)

_MG_2459

大きめの蛙文字の灯籠もありました(写真右の方)。お座敷、と言うほどでもないけど、ござを敷いて座ってお話を聞いたりお話ししたりするスペースもありました(写真左の方)。

_MG_2453

明かりがほのかに照らすぐらいの薄暗さの中で、お話し。今回の百杯宴のために地酒三春駒の蛙文字のラベルも作ったそうです。

_MG_2456

三春町郷土人形館の脇の小道にも、絵灯籠。

_MG_2469

児童館・役場の裏にある桜川。川のカーブに沿っておいてある絵灯籠が、また幻想的。

今日は二日目最終日。また、いろいろな人が集うことでしょう。

※追記
「三春の春、みぃーつけた!」さんで、このお祭りの記事を見つけました。
こちらも素敵な写真が載っていますよ。

三春の春、みぃーつけた!

2007.08.19

郡山モデラーズ倶楽部 略してGUNMO。

郡山駅前の大きなビル、ビッグアイの6階でとあるサークル(?)のプラモデル展が行われていました。その名も「郡山モデラーズ倶楽部」です。略して「GUNMO(グンモ)」。がんも?と聞き違えてしまいそうなナイスネーミング。夫の友人が参加していることもあって、第1回目から覗かせていただいています。今回は、3回目。

プラモデルは、戦艦だけではなく、世間一般的によく知られるガンダムのプラモデル、戦闘機のプラモデル、車のプラモデル、フィギュアのプラモデルもありました。あきらかに、プラモデルの数が増えていました。しかも、軍艦が増えています。今回の見所は「戦艦大和」だそうです。3カ所ぐらい、動かす事ができてました。あんなに小さいのに、あんなに細かいのに、動く場所があるだなんて驚きです。

ビッグアイの上の階には、夏休み中の子どもが集うプラネタリウムや科学館の施設があり、そのせいなのか、男の子がめざとくこの会場を発見して入場していました。小学生の子から高校生ぐらい、中年のおじさんも入場。どの世代も、やっぱりプラモデルというものに興味を持つのだなあ、と感じました。

展示会は、本日の午後5時までです。ビッグアイ6階にて、開催されています。
郡山モデラーズ倶楽部

2007.08.22

県民の日in三春町歴史民俗資料館

_MG_2637

毎年8月21日は福島県民の日。今年は制定されてから10周年になるそうです。毎年この日の前後1ヶ月の間に、県内各地で施設の無料開放やイベントが開催されているそうですが、去年のことは知りませんでした。今年は、しっかりとイベント情報をチェックしているので、三春の広報で知りました。三春町歴史民俗資料館の無料開放です。他にも郷土人形館・町営体育施設などが無料開放の対象となる施設でした。
_MG_2642

歴史民俗資料館の無料開放と併せて、協賛事業として「ばあちゃんのわらぞうり編みを見よう」と「昔語りを聞こう」がありました。館内2階「きのうの三春(民俗)」の農家のいろりばたでおばあちゃんがすわってわらぞうりをあみ、その横で昔語りをなさっていました。おばあちゃんは、本当に見るからにお年を召しているおばあちゃんなのですが、そのわらぞうりを編む手さばきが年を感じさせません。もくもくと、編み進めています。そんな中、昔語りは始まりました。午前に1部・2部とあって、大体1時間で終わるような感じで、3人語り部が居て、1人2つの話をしていました。午後からも昔語りは行われていたようです。私が見始めたのは2部。6つのお話しは「腹切り梅」「三枚のお札」「胡瓜天王」「ごぜん滝の話」「食わず女房」「大黒様の罰」。三春にゆかりのあるお話しが殆どでした。覚えているのは「腹切梅」が紫雲寺のお話し。これは夫も知っていました。このお話が書かれた石碑が紫雲寺にあるそうです。話の内容はうろ覚えだから、石碑を読みに行こうかな、と思いました。うろ覚え、よりも、方言が聞き取れないのと意味がわからないのがあったので、内容を覚えきれなかった、のかもしれません。周りのおばあちゃん達は、口々に農家のいろり端のおいてあるものを見て「これはうちにあった」とか「なつかしい」などとおっしゃっていました。お話を聞いている最中も「知っている」とおっしゃっていたので、地域で本当に受け継がれているお話しなのだなあと実感。風情も歴史も薄い北の島に住んでいたので、実際に風情あるものや歴史あるものに触れると、痛く感動してしまいます。来年の県民の日に関連した無料開放やイベントが楽しみです。その頃にはきっともっと、方言が理解できるようになっていることでしょう。

2007.09.04

祭【1】巣鴨神社祭

私が住んでいた実家の地域は、地元のつながりが強いような場所。農家ばかりで親戚が多数なのもあるだろうけれど、それよりも戸数が少ないというのも関係していそうな気がします。

農家ばかりのこの地域、ご多分に漏れずうちもまぎれもない米農家です。周りは米農家ばかりではなくて、野菜を作っていたり、色々。そんな農家地域なので、この時期は収穫が始まる時期となります。「収穫が豊作となりますように」か「豊作をありがとう」とかいう意味で、お祭りが催される時期でもあります。

223951 04

夕暮れ時から始まるお祭り。お祭りと言っても、本州のお祭りのように神楽があったり、獅子舞が舞ったりするわけではなく、みんながそれぞれで作った野菜やおにぎりを持ち寄って、焼き肉をするだけのような催しです。もぎたて新鮮野菜と、やわらかくておいしい羊の肉で、ジンギスカン。ほっけやさんまも焼いていました。
090000 01-1

周りは殆どが畑。夕暮れが綺麗に見える、天気の良い日。薄暗くなるにつれて、お酒も入ってテンションは上がり、話も盛り上がります。本当に、狭い地域の小さなお祭りなので、顔見知りばかりなのです。まさに「アットホーム」という言葉が似合う雰囲気。わいわいがやがやと、昔のなじみの人とおしゃべり。懐かしい話に花が咲きます。

日が暮れて、焼き肉も一段落したら、子ども達が花火を出してきて、ガスバーナーから出る火で花火をし始めました。この光景も、すごく懐かしい。私も小さな頃、混じって花火をやっていたことを思い出します。お目付役には隣の家のお兄ちゃん。いや、年齢から言って「おじさん」の分類に入ってしまうのかもしれません。見守る姿に、子ども達のにぎやかさに、月日を感じました。

ふとみ銘泉 万葉の湯

お祭りという名の焼き肉大会から脱出後、臭う体のまま温泉へ行くことになりました。すっきりさっぱりするために。当初の予定では「南幌温泉」だったのですが、喋って飲んでってやっていたら、あっという間に時間が過ぎていて、遅い時間になっていたので、南幌町よりも近い当別にある温泉に行くことになりました。それが「ふとみ銘泉 万葉の湯」です。

19040101090000 02-3

しっかりと見えると思いますが、玄関には「23時間営業中」とあるように、深夜営業をしている温泉です。さすがに時間が時間なので、人気がありませんでした。

靴をロッカーに入れて、フロントへ。料金を前払いで支払って、ロッカーの鍵と浴衣とタオルセットを借ります。やっぱり、温泉は浴衣ですね。風呂上がりの過ごしやすいの何のって。ま、それはおいといて。
20070910112040 01

中に入ってから、この張り紙を見つけました。宿泊、と言うよりも仮眠が取れる場所がある、という感じなのでしょうか。それにしても、お得なお値段。温泉入って、仮眠が取れて、朝食も付いて3000円を超えないのであればいいですよね。場所が町はずれなので、ビジネスホテル代わりに、とまではいけないですが。

ロッカールームも広々しているし、温泉も内風呂が2つとサウナルームに、広い露天風呂が1つで、本当に広々。洗い場も広めに作られています。息子は温泉初体験。少し熱く設定されている内風呂には入れませんでしたが、露天風呂はちょうどよかったのか楽しそうに入ってくれました。どうなるのかな・・・と内心不安に思っていましたが、特にお風呂場で走り回ることもなくて一安心。一人ではなく、自分の母もいたのでそれも心強くて良かった、かな。

お風呂上がりにジュースを飲みながら、温泉にはつきもののマッサージ器で癒されていた、私の母。それを横目に、走り回りながら息子と追いかけっこ。広い場所で興奮しているのか、体力が尽きることもなく走り回っている息子でした。

夫も来たところで、飲食ができる休憩場へ移動。パフェを頼んで、息子に与えれば少しは落ち着くかな・・・と思ったらば、そんなこともなく、ますますパワーアップして休憩場内やエレベーターの前あたりで暴れ回っていました。いいんです、私の母と夫にゆっくりくつろいでいただければそれだけで。ずいぶんとくつろぐ二人は、焼き肉が足りなかったのか、そばとラーメンを頼んで食べていました。

色々食べ終えて、一息ついてから、帰宅。車の中で眠った息子と夫を起こさないように、慎重に運転して帰りました。なかなか、良い道ばかりで、スピードを出すとはねるんですね。周りは田畑ばかりなので、致し方ないことなんですが。慣れない道と、真っ暗だった事から、多少道に迷いながら、本当にゆっくりと帰宅しました。

2007.09.05

祭【2】篠津神社祭

前日に引き続いて、お祭り。うちからは少し離れた場所にある神社のお祭りです。ここは、ちゃんと祭壇があって、ほこらもあります。

090000 01-2

一応、祭壇と、左はステージ。カラオケしたり、ビンゴ大会したり、という用途で使われていました。まあ、カラオケはあまり聞いてる人は居ません。
19040101090000 02-2

「篠津神社」の看板(と言うのでしょうか?)が、とてつもなく素人の手がき・・・しばし時が止まりました。自分の目を疑いました。2004年に作成されたようです。

19040101090000 03

中の様子です。収穫された野菜等、色々なものが供物としてあげられています。一応「水天宮」なんですね。・・・実は知りませんでした。こうやって、ちゃんと見るまでは、ここの中をまじまじと見ることもないし、お祭りに来ても焼き肉して飲んで食べてビンゴ大会をしたら終了、という感じだったのです。

19040101090000 01-2

お参りを済ませて、焼き肉の輪の中へ入ります。そういえば、このお祭りでの焼き肉などの参加費用はどうなっているのか知りません・・・。各戸で徴収しているのかもしれないけれど・・・本当に知りません。この場で徴収することもしていません。まあ、子どもな時代にしか行っていないので判らないのは当然なのですが。なぜかふとわいわい食べていて気になりました。いや、ほとんど息子の後を追いかけていたので全然お肉食べていないんでした。どこの祭に行っても息子は絶好調に機嫌が良くて、走り回っていたのです。ベビーカーにおとなしく乗っているときは、決まってご飯を食べているときだけでした。網などに手を出さないので、それはそれでいいのですが。

焼き肉も、カラオケも、一段落付いてきたところでビンゴ大会。ステージ付近に子どもが集まります。ビンゴのカードを配る人にも、老若男女問わず群がります。景品はボックスティッシュやトイレットペーパー、お菓子などが殆どですが、最初の方にビンゴするとちょっと良い重めのお中元のような箱をもらえます。何かの詰め合わせが入ってた気がしますが、くじ運が悪い人間なので当たったことが無くて判りません。

たいした何も当たらなくとも、懐かしい人とおしゃべりしたり、息子が楽しく遊んでいたりして、ずいぶん久しぶりに地元のお祭りを楽しむことができました。

2007.09.28

ふくしまユニバーサルデザインフェア2007

19040101090000 09-1

昨年もビッグパレット福島で開催された「ふくしまユニバーサルデザインフェア2007」は、今年は3日間開催されました。初日の9月28日金曜日にお邪魔してきました。

19040101090000 11

平日にもかかわらず、大盛況。その理由は、小学生らしき子ども達が見学に来ていたからでした。試食ができるブースには子どもがむらがります。写真は山羊チーズの試食をしていたブース。私も試食をしました。しょっぱさと苦さが、ワインに合いそうなお酒のおつまみでした。子ども達からも口々に「しょっぱい」という声が。子どもや日本人の口には合いにくいのかもしれません。味が濃いですからねー。健康には良さそうな食品のようですが。多分、栄養たっぷり凝縮されているのでしょう。

19040101090000 04-2

食べ物つながり。お昼ご飯を食べていない息子さんのために、お昼ご飯を調達。昨年も食べ物ブースはありましてそこで昼食を取ったのです。今年の目玉はきっと「佐世保バーガー」のはず。佐世保スペシャルバーガーのみですが、そのお値段は「1000円」。高いです。気になります。こんな機会でもない限り、買わないので、購入することになりました。
19040101090000 06-4

マスターが丁寧に一枚一枚、じゅうじゅうとハンバーグを焼いています。このハンバーグは牛肉100%で、とってもジューシーで柔らかくて、こんなに美味しいハンバーグをハンバーガーに入れちゃうの!?と言うぐらい、美味しかったです。

19040101090000 01-7

鉄板の上で焼いたパンの間には、ぎっしりと具が詰まっています。ハンバーグは二枚入っている上に、トマト、ベーコン、卵、レタス、と言う具合に重ねられています。塗られているマヨネーズとケチャップソースもまた、美味。1000円の価値が見いだせるハンバーガーになっていました。

出店していた「佐世保バーガー JOY」さんは東京にお店があるそうで、福島のイベントにはよく出店しているとマスターが話していました。

他にも沢山の企業や学校が出展していて、「ユニバーサルデザイン」というものに対する企業の姿勢が見えるようでした。大学や専門学校のブースが昨年よりも多かった気がします。

佐世保バーガー JOYの情報
東京都八王子市小比企町1309−2
042−649−2526

NPO法人ふくしまユニバーサルデザイン

2007.10.16

クラシックカー来町

クラシックカーが沢山来町するイベント「La Festa Mille Miglia」が今年も開催されました。去年と同じぐらいの時刻に三春町役場をチェックポイントとして通過。少しだけ時間はおしていたのかもしれませんが。夕暮れ時の良い時間帯。

あいにくの曇り空で、夕暮れ時の雰囲気が写る写真はありませんが、車自体がもう、かっこよさがにじみ出ていて文句もありません。

19040101090000 02-6

人が立っていて、三春町役場前へと誘導して居るぐらいで、特別に交通規制はありませんでした。

19040101090000 03-5

沿道には一眼レフカメラを持った大人や「頑張れー」応援する子ども達。本当に、寒さが厳しくなってきていて、ただそこに居るだけなのに鼻水が垂れてくる感じ。そんな中をゆるゆるとクラシックカーが通り過ぎてゆきます。

190401010900001 04

高速移動してるかのようですが、薄暗くなってきてる為、こんな写真。でもなんだかかっこよく見えるのはパンチェッタ・ジローラモさんが運転しているからでしょうか。


190401010900002 01-1

暗い中でもかっこいい。そのライトの丸さがまた、かっこいい。なんでしょうね、古い車なのに、その形からは近未来的なものを感じたりするのは。

暗くなってからは寒さに耐えきることができず、全ての車を見届けることができませんでした。後ほど、育児サロンで得た情報によると、近藤真彦さんは翌日からの参加だったため、三春には来なかったそうな。そういや、堺正章さんもみなかったなあ。助手席に乗る西田ひかるさんは、隣にいた人が「ひかるさんだー」って言ったのを聞いてわかったけれども。そんなミーハー根性もちょっぴりだしつつ、クラシックカーレースを楽しんだのでした。

2007.11.07

三春秋祭り2007 食生活改善推進協議会

三春交流館まほら内では様々なブースが展示を展開していた。毎月2回の保健センターの開放日に「食改さんのおやつやさん」というおやつを食べられるときがあり、そのおやつを作っている会が「食生活改善推進協議会」と言うことを初めて知った。

20071103131700

食生活改善推進協議会は、地域の食生活改善を効果的に促進し、実践を通じて地域の食改善に寄与することを目的に協議会を設置して活動しているらしい。

主な活動としては、
・毎月1回の定例会で、食の勉強会
・保健センター開放日に来られた親子に手作りおやつの提供
・学校において、食育事業の実施
・高齢者学級において、調理実習会
等があげられていた。

20071107092922

ブースには手作りおやつのレシピも置いてあり、そのレシピはしっかりと栄養表示や、おやつについてのちょっとしたおはなしが書かれていた。

レシピの他にも、試供品や血管健康学の冊子や体脂肪に関して書かれている冊子など色々と置いてあった。「食生活」を考える人たちの活動が見えてくるようだった。

2007.11.08

三春秋祭り2007 スタンプラリー

今回も三春交流館まほらを中心として、秋祭り会場ではスタンプラリーが開催。秋晴れの気持ちいい天気の中、三春の秋の紅葉も楽しみつつ、町の雰囲気を満喫。

20071103114800

旧公民館前にあるチェックポイントの脇では、三春おやこ劇場によるバザー。段ボールで作った様々な遊び道具で子ども達が遊んでいました。

三春おやこ劇場は旧公民館内の2階にあって、わらべうたのサークル「ぼちぼちいこ会」や、読み聞かせなど、色々と活動をしています。

20071103133800

次のチェックポイントは三春郷土人形館。昔ながらの蔵の中で郷土民芸の人形等を展示したりしています。この日は祭のため無料開放されていました。

20071103133201

三春町文化伝承館もチェックポイント。

20071103133300

中に入っていくと、趣深い石畳と清め水に風情を感じます。

スタンプラリーのチェックポイントを回るだけで、三春の文化に触れることができたり、紅葉を楽しめたりと、秋の三春を満喫できるイベントの一つとなっていました。

三春秋祭り2007 マグロ解体ショー

「マグロの解体」と聞くと、本当にどこか特別な場所でしか見られないような、それこそテレビでしか見たこと無いような感じのイベント性を感じるし、見る機会なんてめぐってこないだろうと思っちゃう。
そんな現実味がないことだけれども、見る機会が巡ってきた。それは、三春秋祭りに関連して開催されることになった。

20071103150903

沢山の人だかり。老若男女問わず、集まる。

大町商店街のお店で500円以上の買い物をするとスタンプを押してもらって、それを二つ集めるとマグロ解体ショーで解体されたマグロを無料でもらえる。それ目当ての人も結構な数で居たはず。

20071103150301

のこぎりのように見える大きな包丁で、豪快に切り開いていく。これぞまさに男の仕事。

20071103150500

綺麗に二つに分かれた赤身を切り分けていく。

20071103151100

大量。大きなマグロから、配るための赤身部分を切り分ける。

20071103170232

頂いた赤身はパックに詰められていた。

20071103181601

半分は刺身に。

20071103182700

もう半分はフライ。

諸事情により、私はフライのみ試食。しかも一口。久しぶりに火の通ったマグロを口にする。懐かしい味。だけど、フライは初めて食べた。しかも、ヘルシオで作ったマグロフライ。中が少しだけ赤身が残っているところが憎らしい演出のように見えるなあ。

刺身もフライも、一番食べていたのは我が息子。おいしそうにぱくぱく食べていましたよ。

2007.11.10

門鹿秋祭礼

20071104110228

秋も深まり、紅葉も綺麗な季節。秋祭りの時期がやってきた。

20071104110526

門鹿地区の秋祭り。午前中は子ども御輿が町内を練り歩き、御神酒とお花を配っていく。

20071104154259

午後は王子神社にて、その年に産まれた子供と家族がお払いをしてもらい餅をまく。

焼き鳥があったり、ポップコーンを配っていたり、おもちゃを売っていたりとお祭りの屋台と言い切れないなりの販売もあり。

20071104153428

舞台では神楽。雅な衣装で身を包み、笛と太鼓が鳴り響く。

20071104153808

神社への参道も、何か神秘的に感じる。

去年は、息子が生まれた年でお払いをして餅をまく側だったけれど、今年は餅をとりに行く側。

20071104154404

例年は2〜3組の家族が餅をまいているけれど、今年は9組もいた。餅取り合戦もヒートアップ。

20071104154740

子ども達の「ちょうだいちょうだい」コールが騒がしく響く。こうして福が配られ、活気がついていくのだなあ。

20071104155107

うちももれなく10個ゲット。

2007.11.17

寒い秋の嬉しい収穫市

今日は磐州収穫市。会場はまほら交流広場で、午前11時から午後1時まで行われる様子。大町町内のお店が出店していたり、個人の方の手作りのお総菜や漬け物、新鮮野菜などが販売されています。うちから近い「ライスレイクの家」も出店するようで、気になります。

食を扱うお店だけではなく、お花屋さんや、呉服店も出店しています。

今年は磐州収穫市も10周年。お客様に感謝を込めて、記念イベントを開催。12時より「振る舞い豚汁・つきたておもち」とチラシにありました。「なくなり次第終了」ということなので、お昼間近にはまほらに人だかりができちゃうかも。

でもでも、今日は格別寒いからどうなることやら・・・寒くてちゃんちゃんこを着始めた私です。

磐州収穫市
11月17日(土)午前11時〜午後1時
会場:まほら交流広場

2007.11.23

おおはたや3周年感謝フェア

風が少々強くて寒い中、おおはたやに行ってきました。というのも、おおはたやでは1周年感謝フェアを開催中。できたて豆腐の食べ放題や、500円以上お買い上げで味付き三春三角油揚げがついてきたりするわけです。もちろん、豆腐大好き息子さんを引き連れて、できたて豆腐を頂いちゃおう、と言う魂胆。

三春ダムの近く、三春の里のお向かいさんにおおはたやはあります。白くて、それこそ豆腐のようなイメージの建物。
建物に「TO-FU cafe」とあるように、カフェコーナーも併設されています。11時から開店とのことで、到着時にはcloseしていました。

20071123102902

入り口は行ってすぐには手書きのボード。cafeの今日のプレートランチが書かれていました。「豆腐のコロッケ〜デミソース」ふむふむ、おいしそう。

直販店コーナーでは、お豆腐その物から、いろいろと加工された物まで幅広い種類の商品が並んでいます。

20071123103453-1

お総菜もあります。おいなりさん、おいしそう・・・。

20071123102929-1

店内を見ていたときに出来上がってきた「お豆腐の酢豚似」は、香りと見た目にそそられてお買い上げ。お肉の代わりにお豆腐が入っていました。食べたらうまみがじゅわーで、豆腐とは思えませんでした。

20071123103351-1

スイーツコーナーも充実。豆乳寒天が気になった夫を差し置いて、ラッピングに惹かれた「野菜の豆乳クッキー」を購入。卵を使用していない、アレルギーとカロリーを配慮されたクッキー。

20071123113400-1

長くなりそうなのでこの辺で。つづきは、お外での出来事です。

おおはたや3周年感謝フェア
11月23日・24日・25日9:00〜17:00

2008.01.20

寒風吹きすさぶ新春だるま市

20080120101204

午前10時になり、「ドン・ドン・ドン」という花火の音で開始が告げられた三春だるま市。青空も綺麗な晴れの日ですが、風が冷たく寒いです。午後になれば少しは暖かくだるま市日和となるかもしれませんが。

20080120101425

寒い中、始まったばかりにも関わらず多くの人がだるま市に訪れています。だるま売り場は人だかり。

20080120102537

露店も美味しそうな香りを漂わせています。ああ、焼き鳥美味しそう・・・

20080120103101

今年も餅つき大会があるようです。お昼頃にちょうどの時間めがけていただきに行こうっと。

堂々たるツアーバス。

町役場の駐車場に大きな観光バスが止まっていました。目をひいたその出で立ち。

20080120101019-2

ツアーバスのようです。三春は桜の時期になると観光バスが多いのですが、だるま市にも観光ツアーがあるとは知りませんでした。

検索してみると花かごのブログにて、東京駅発着のツアーがあり、その中で三春だるま市も組み込まれていたそうです。

どおりで午後も大盛況な上に、関西弁らしき声が聞こえてきたわけだ。

みはる壱番館「花かご」です!:だるま市ツアー

だんごより、ポストン。

20080120103101-1

餅つき大会は三春郵便局の行うチャリティイベントです。チャリティと言うことで、100円以上の募金と引き替えにお餅をいただきます。

20080120115244

会場に着いたときには配布が終了していましたが、そこには見慣れないマスコットキャラクターが。「ポストン」という郵便局のキャラクターのようです。

下記は郵政マスコットキャラクターより引用しました。

ポストンについて
ポストンは、平成10(1998)年2月から実施した7けたの郵便番号制をお客様に広く知っていただき、7けたの郵便番号に親しみを持って記入に協力していただくことを目的に誕生しました。
キャラクター及び愛称は、全国から募集し、キャラクターの部約8千点、愛称の部約2万5千点の応募作品の中から選ばれました。

七桁の郵便番号が始まったときに作られたキャラクターだったんですね。目が微妙に透けていて中が見える気がして、不思議な感覚を覚えました。見ちゃいけないよな・・と思いながらも興味がわいてしまうという感じで。

縁起担ぎの収穫品。

20080120143900

今回のだるま市での収穫品。左の白だるまは購入しました。右の金ぴかだるまは頂き物。夫の友人がデコ屋敷でだるまを作ったりしている方なのです。今回のだるま市にも出店していて、お会いした際にいただいたのでした。目が大きめでかわいらしい金ぴかだるまに、ひげとげじまゆがりりしい白だるま。今年も良いことありますようにと、縁起担ぎをしてしまうのでした。

だるまについて調べていたらこんなサイトを発見。

http://www.amie.or.jp/daruma/

管理者の方が「達磨」と書いて「たつま」と読む名前だそうです。なんだか笑えてしまいますね。

2008.01.26

おやこでリトミック

今日は「おやこでリトミック」に参加してきました。10時から12時までで、親子で参加するリズム遊び、という内容。

先生がキーボードで弾いた音楽に合わせて動きを変えたりしながら歩く、というような事から始まりました。リズミカルで軽快な音楽の時はリスさんの動き、ゆっくりのしのしと歩く感じの音楽の時はくまさんの動き、音楽が止まったら座る、という風に簡単なもの。

半紙をびりびり破いて、くしゃくしゃにまとめたり、投げたり。「おもちをぺったん」とかいう手遊び歌も入ったり。ボールを扱う遊びもありました。

「リトミック」と聞くとなんだかダンスをするようなイメージが浮かんでしまうけれども、対象年齢が1〜2歳児だったからなのか、ダンスというよりはお遊戯に近いようなお遊び感覚で楽しめる内容でした。

色々とお話を伺いたかったのですが、人がいっぱい居るのと、ボールで遊んで楽しすぎたのか、息子さんが大はしゃぎ。走り回るのを追いかけるのに手一杯でお話し伺うことができず、残念無念。

ちらりと聞こえた、定期的に開催するかもというお話しだけを楽しみとするのみです。5人以上だと開けるとか何とかって、言っていたような・・・本当にちょっと小耳に挟んだ程度で話に参加できなかったのが悔やまれます。

20080126112101

最後にはお菓子を配っていました。ジュースやお茶も用意されており、暴れていた息子を沈めるのにちょっとだけ効果有り。

20080126112100

でも、お菓子を配ってる人には目もくれず、お友達と遊ぶ息子の図。このカラフルな壁も大好きで、ばしばし叩いておりました。

2008.01.27

ふくしまうまいものフェスタ

20080127115200

ビックパレット福島にて開催されていた「ふくしまうまいものフェスタ」に行ってきました。予想以上に人が沢山集まっていてびっくり。入場するのに長蛇の列に並びました。

20080127120400

会場内も人がたっくさん。行列のあるところもあれば、そうでないところもあり。

夫の両親+弟+私たち家族で行ったので、分散して買い物行列に並ぶことにしました。私と夫はドネルケバブ。

20080127120501

お肉が美味しそう・・・そしてお店の人の手さばきもお見事。イベントやお祭りで出店しているそうです。名刺交換していただきました。会社は船引町にあるそうです。って、実家がめちゃ近い。家に帰ってきてから名刺をじっくり見たので、渡していただいたときは気づきませんでした。・・すみません。

20080127122122

ケバブのお肉がビーフとチキンの2種類。ビーフは600円でチキンは500円でした。この写真はビーフ。文句なしに旨い!!チキンの味見もさせていただきましたが、チキンはサッパリした感じ。「どちらがおすすめですか?」との問いにはビーフは「おいしい」で、チキンは「うまい」とのお答え。どちらも美味ってことですね、うまいなぁ。やっぱりお祭りで見かけるとケバブサンド、食べたくなりますし。

その他の収穫品は、札幌ラーメン・奥飛騨ラーメン・豚まん・佐世保バーガー・ドネルケバブサンド・チヂミ・たこやき・アイス。

20080127123700

この中でも、奥飛騨ラーメンはダントツ一位のおいしさでした。なんといってもスープが美味しい。この甘さやうまみやしょっぱさのハーモニー。スープだけを飲み干してしまおうとする人が居るくらい。とろとろっとしているお肉もうまみがたっぷり。これで700円ならば文句なし。量も少ないと思わなかったし。

20080127122734

佐世保バーガーは相変わらずのボリューム。大きなバーガーには相応のお値段というべき1000円。佐世保バーガーは一番人が並んでいたんじゃないかなあ。すんごい行列でした。

こういううまいもの市みたいなイベントは数人で行くと、色々なものをちょこちょこと味わうことができていいですね。おみやげに豚まんとドネルケバブを携えて帰宅しました。

2008.06.28

CSS Nite in FUKUSHIMAに参加しました(1)

20080628140000

何ともベタなタイトル・・・は、さておき。

CSS Nite in FUKUSHIMA

というwebのイベントが行われるということで、これは参加しないわけにはいかないなあって事で参加してきました。

アップルストア銀座で行われているCSS Niteの地方版です。CSSって言っても何がなにやらが多いと思われますが、ようはwebのお勉強会みたいなことです。多分。

内容としては(以下敬称略。)

・これから求められるCSSデザイン(株式会社サイバーガーデン 益子 貴寛)
・Adobe Creative Suite 3 Web Premiumで行こう!+Adobe AIRでいよいよデスクトップに上陸(アドビシステムズ 西村 真里子・轟 啓介)
・マイクロソフトのWebへの取り組み(マイクロソフト株式会社 春日井 良隆)
・制作者と発注者にやさしいWebディレクション(フリーランス みどりかわ えみこ)
・デスマーチ vs ハッピークリエイティブ(株式会社ロフトワークス 林 千晶)

と言う5つのセッションでして、これが時間が長いこと。一つのセッションが約40分で(みどりかわさんのセッションは約20分)、でもそんな時間も気にすることなくあっという間に過ぎていった気がします。それだけ面白くて興味深い内容だったと言うことでしょう。

余り下調べをせずに行ったもので、ちんぷんかんぷんになりそうな場面もありつつ、それでも興味深い話を聞けた、と言う充実感でいっぱいです。

長いので、(2)に続きます。

20080628135100

ちなみに、始まる前のプロジェクター画面。右手にはセッティング中の1番手、株式会社サイバーガーデン益子さんの図。

2008.07.29

三春の里花火大会

雨と雷がひどい夕方でしたが、電話で確認すると「花火大会します」とのことだったのでおでかけ。

職場でいただいた特別観覧席券を使うべく、三春の里へ。20時30分から開始すると思われる花火大会のためなのか、多くの車が行き交います。駐車場も三春の里の方は満車。臨時駐車場となっているJAの駐車場に止めて徒歩数分。雨の中、少しぬかるんだどろどろ駐車場を抜け出して向かいます。

20080727201628

出店もいくつかあってお祭りムード一色。ふんわりとたこ焼きやお好み焼きの香りが漂います。お祭りらしく学生などの若者多数。

いつもは温泉の休憩所になっている2階休憩所が特別観覧席となっていました。オードブルにお酒にジュースが振る舞われます。

20080727202857

さすが特別観覧席。見栄えの良いポジションに花火が上がります。電気を消せばもっとキレイに見えただろうな、と思いつつも小さなお子様連れや色々な方がいらっしゃったので配慮されたのかな。

花火が上がる度に食べる手が止まる息子が面白かったです。

2008.08.06

田村市船引町の灯籠流しと大花火大会

どうも、お久しぶりのダンナです。

所用で船引駅に行ったら、「第59回灯籠流しと大花火大会」のノボリを発見。
もう59年目なのか!とビックリ。

さて、そんな灯籠流しと大花火大会の日程。

2008年8月24日(日)
16時から21時
場所は、船引町市街地の大滝根川周辺です。

ご家族そろってどうぞ!

20080803114900

2008.09.08

まるごと湖南まつり

20080906110435

9月6日・7日、郡山の駅前の中町夢どおりで「まるごと湖南まつり」が開催されました。

20080906110646

なんだか天ぷらの匂いがする・・と思ったら揚げていたのは「おまんじゅう」。天ぷらまんじゅうでした。この辺の田舎ではよくやるという天ぷらまんじゅうに初めて出会いました。お葬式で出た饅頭をあげたりする、らしいんですが。食べてみるとそのまんまのお味。てんぷらよりも若干かりっと揚げられた衣と中のまんじゅうのあんこが絶妙なバランス。

20080906110754

天ぷらまんじゅうを扱っていたお店は「太田屋」というところで、赤はらという魚の天ぷらもありました。赤はらとはハヤなのですが産卵の時期にメスの腹が赤くなるから「赤はら」と呼ばれるそうです。

20080906111059

おそば屋さんもありました。湖南町は昔からおそばが有名だと商工会の方がおっしゃっていました。打ちたてのおそばを食べられるだけではなく、先着限定でそば打ち体験コーナーもありました。時間の都合で参加も見ることも出来ませんでしたが、職人の技はしっかり見てきました。おそばの幅が細い!!さすがです。

20080906114137

2割そばかな?俗に言う更級そばだと思われます。暑い日差しの中、つるつるっといけるざるそばがおいしかったです。

20080906111438

お豆腐屋さんには凍み豆腐が3本360円で売っていました。水に浸したり流水で戻して煮物にすると美味しいんだよ〜、と売り子のおばちゃんが言ってました。普通のお豆腐もしっかりしてて美味しかったですよ。

20080906113440

風が強いという湖南町は風車の有名な場所だそうで、商工会のコーナーには小さな風車の模型がありました。ちゃんとソーラー電池で動いていた模様。手で電池を隠すと動きが止まりました。息子さんは手がちっちゃくて止まらなかったけど。

湖南町には猪苗代湖の港があり、遊覧船で猪苗代湖の長浜港を出発して湖南町の港に行く、なんていうのが含まれたツアーがあるみたいです。「うまいものまつり」が開催されるのに合わせたツアーで、湖南町の美味しいモノを満喫するには最適かも。紅葉の始まる頃かもしれませんね、と湖南町商工会の方がおっしゃってたので紅葉も楽しむことができるかもしれません。

まるごと湖南バスツアー
主催:湖南町商工会
平成20年9月28日(日)
定員90名
参加料3000円(1人)
申込期間:9月6日(土)〜9月19日(金)
申し込み・お問い合わせは湖南町商工会
〒963ー1633
郡山市湖南町福良字台畠8492番の内
電話:024-983-2117
FAX:024-983-2990
e-mail:konan1@coral.ocn.ne.jp

2008.09.18

三春大神宮祭礼

三春大神宮のお祭りがあります。

20080916121400

10月11日(土)・12日(日)の予定だそうで、荒獅子の舞を見ることが出来そう。毎年少年剣士の奉納は見られていないのですが、今年はどうなるやら。そもそも、ただ剣道の試合をやるってだけなのかな?私の地元の秋祭りではちびっこ相撲の試合があるけど、それと同じ感じなのかな?

なんだかんだいってますが私が気になるのは屋台の有無と荒獅子だけだったりします(苦笑)

2008.10.24

日大工学部の北桜祭が明日からのようです

20081024061836

こんにちは、ダンナの方です。
日本大学工学部の学校祭「北桜祭」が明日25日〜26日までのようです。

思えば、一度も行った事無いので行ってみたいかもなぁ。
近くに住んでいる方で時間のある方はぜひ行ってみてください〜!

2009.01.07

お正月が終わったら、だるま市。

7日というとお正月も明けて七草がゆを食べる日ですが、そろそろだるま市の季節だなあ、とも思います。毎年大きなダルマから小さなかわいらしいダルマまで沢山のダルマが並びます。見ているだけでも福が来そうなダルマ達。今年もかわいいダルマに出会えるのでしょうか。

まあ、私が期待するのはダルマだけじゃなくて屋台のおいしいものと毎年恒例の郵便局チャリティー餅つき&餅配りなのです。餅つきはチャリティーと言うことでいくらかの寄付をしてお餅をいただきます。餅つきを見る機会も少なくなってきた今日この頃ですからよりいっそう楽しみ。なによりつきたてのお餅は格別です。

三春だるま市
1月18日(日)午前10時〜午後7時
おまつり道路(三春町字大町地内)
当日は交通規制があります。
交通規制時間:午前9時〜午後8時
交通規制の種類:車両通行止め
交通規制区間:主要地方道三春石川線・大町四つ角〜旧三春町公民館前、町道北町大町線・字北町225番地〜大町192番地まで

詳細はこちら↓
http://www.town.miharu.fukushima.jp/01ivent/08ivent/01_01daruma.htm

2009.01.19

三春だるま市

 Mg 7671

今年も三春のだるま市に行ってきました。例年通りにぎわいを見せるダルマ売りの屋台に、焼きそば・たこ焼き・お好み焼き等々の食べ物屋台。今年も七味唐辛子を調合して売ってくれる屋台、しっかりとありました。

 Mg 7693

いつも通り小さなダルマ一つと屋台の食べ物を買って帰宅。小さなダルマに今年一年の福を祈るばかり。屋台の食べ物を満喫して祭気分を満喫。

今年も三春郵便局の駐車場ではチャリティー餅つき大会が行われ、木でできた臼と杵でぺったんぺったんとお餅つき。つきたてのお餅はきなこ餅として一皿100円以上の募金で100皿配られました。

Sbsh0005-3

芋の煮っ転がしやたくあん、白菜のおひたしも無料で振る舞われ、おいしいひととき。つきたてのお餅は2才の息子でもぱくぱくと食べられる柔らかさ。やっぱりお餅はつきたてが一番おいしいのです。

2009.02.02

節分と言えば真照寺の豆まき。

Sbsh0011

2月3日は節分です。豆をまいて「鬼は外 福は内」と鬼を退治して厄よけをする日です。

三春の豆まきと言えば真照寺の豆まき。真っ暗な中で炊きあげる火を囲んだ儀式の後に繰り広げられる壮絶な戦い。豆まきなのに戦いと言ってしまいたくなるのは、まかれる物が豆だけじゃないからです。特賞は温泉一泊二名様ご招待。そう、いろいろと景品のような物も含んだ豆まきなのです。ミカンやお菓子もばらまかれます。ミカンは当たると痛いので要注意。

今年もミカンだけなのか、ミカンすら取ることができないのか、ちょっとした運試しのような豆まき。今は雪がしっかりと溶けて足場が良くなることを祈るばかりです。

豆まき(景品付き)
2月3日(火)午後7時30分より
真照寺(三春町新町)

2009.03.24

occur 2009「交差 The moment a vector crosses.」

宮城県は仙台市にある宮城県立美術館でアートイベントがあるので見に行きました。

えーと、タイトルが「交差 The moment a vector crosses.」です。「occur2009」というのは仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアムが行う研究事業の総称のようです。で、展示作品の名前が「工場と遊園地 Factory and Fantasy」となります。・・・わけわかんなくなりますね。もう少し分かりやすく表示してくれると嬉しいなあ・・・(宮城県立美術館様&仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアム様)

インタラクティブ系のアートイベントで久しぶりの雰囲気を体感。札幌にいる頃はちょくちょく見に行ってたなあ・・・などと思い出すのでした。

来ているお客様の層が札幌とは違ってて、普通のお父さんお母さんがきてるのにびっくり。大体こういうイベントって言うのはアート系の大学生とかアート系の人が多い感じなので、驚きが隠せませんでした。仙台という場所がらなのでしょうか。思ったよりも多くの人が見に来ていたことも印象的でした。こちらも仙台っていう都会だからなせるのかなあ、と。

普通に子連れの家族やアート系の大学生が入り交じっていて、子ども達はインタラクティブに触れて無邪気に遊んでいるし、あまり見たことのない様な風景を見ることができました。

仙台の街中で見る人たちもちょっとおしゃれ感があったりして、福島とはまた違う魅力があります。歴史のある場所、と言う点では似ているのかもしれないけれども文化の発展の仕方が違うような・・・歴史と一言に言っても色々あるので、その環境の中で育まれた何かがあるのでしょう。

特別展 occur 2009「交差 The moment a vector crosses.
3月20日(金)〜29日(日)
入場無料
場所:宮城県立美術館
休館日:月曜日
3月29日(日)はライブパフォーマンスが行われます。
詳しい内容はこちら

【追記。】
写真や内容詳細に分かりやすいブログ。
って、夫のブログですがな。

2009.05.20

法蔵寺「おいしいコーヒーの点て方の講習会」

三春町商工会の入り口付近に張り紙がありました。

20090520144323

おいしいコーヒーの点て方、だそうです。興味津々になったものの、連絡先が分かりませんでした。商工会の方に聞くと隣のむらかみ亭のおかみさんが知っているとのこと。早速むらかみ亭さんにお邪魔しました。

おかみさんに話を伺うと、締切は18日月曜と書いてあるけど寺は広いし前日までに連絡をくれればOKとのこと。子連れでもOKと言っていただいたのでお言葉に甘えて子連れで参加してみたいと思います。住職の奥様が保育士をなさっていた方で子どもの扱いには慣れているそうです。ちょっと安心しながら、コーヒーの点て方学んできたいと思います。

「おいしいコーヒーの点て方の講習会」
日時:5月23日(土)午後2時
場所:法蔵寺書院
人数:約20人程度
会費:1000円(講習会費、コーヒー、ケーキつき)
講師:仙台市スリーズコーヒー店(店主鎌倉弘氏)

お寺ではツツジの花が見頃だそうです。花を愛でながらおいしい珈琲とケーキで一服なんて贅沢。


大きな地図で見る

2009.05.21

オカリナ無料体験会

大自然のサウンド「オカリナ」ですが、我が家にもあります。夫が買った物らしく、今では息子が私に「ととろー」といってトトロのうたを吹くようにせがむのでリクエストに応えて吹いてるくらいです。独学、というよりか勘で音を出してます。所詮は笛ですから。難しいことはありませんが、ほんとにこれであってるのか?と思うことはしばしば。

20090521060943

今朝の新聞広告に挟まれていたチラシです。オカリナの無料体験会を開催するとのこと。いちおうライリッシュ・オカリナ連盟というのを検索してみたのですが、全国展開しているオカリナの連盟だそうです。

無料だし、どうせならばちょこっと教えて貰ってちゃんと演奏ができるようになってこようかなと思いました。うちにあるオカリナはプラスチック製のものですが、これでも大丈夫なのかな・・・?一応持参するだけしてみようと思います。

オカリナ無料体験会
開催日:5月28日(木)・29日(金)13:30〜14:30
場所:三春交流館「まほら」内 楽屋B
(田村郡三春町大字191)
連絡先:ライリッシュオカリナ連盟認定講師阿久津恵子
TEL(024)959-3988

2009.05.23

おいしいコーヒーの点て方講習会in法蔵寺

おいしいコーヒーの点て方の講習会が法蔵寺で行われました。参加者は20数名程度と小規模。※後日法蔵寺ブログにて33名の参加だと知りました。

法蔵寺の書院が会場でした。玄関までの道は蓮の鉢が並び金魚が泳いでいます。風情がありきっちりと管理されてる印象を受けました。

息子と一緒でも大丈夫とのことで連れて行きました。予想通り、走ったり椅子に座ったり面白い位遊び回ります。初めての場所だと、どうしても好奇心がわくので暴れないわけがないのです。お寺の方のお言葉に甘えて面倒を見ていただきました。

講師の鎌倉さんはスリーズコーヒーという自家焙煎の卸屋をなさっている方です。法蔵寺のご住職のいとこにあたる方だそうで、その縁あって今回の運びとなりました。

2つの冊子を元に講習会が進みました。コーヒーの起源の話から、「新鮮」なコーヒーを選ぶコツなど教えていただきました。新鮮なコーヒーが一番おいしいとおっしゃっていました。この内容は別記事にします。

鎌倉さんが入れたコーヒーを味見した後、自分たちでコーヒーを入れてケーキタイムに突入。自分でお湯注いでドリップさせるなんてて、どきどき。鎌倉さんに手伝ってもらい、他の方とも協力しながらコーヒー入れ終了。

おいしいコーヒーの香りとしっかりとした濃い味をブラックで味わいました。ケーキと共にいただくとなおさら美味しく感じました。

町の方と交流しながらアットホームなムードでコーヒーのことが学べて楽しいひとときでした。気づいた時には終了してることが多い町内のイベント。参加できてよかったです。

参考リンク先

法蔵寺
法蔵寺ブログ記事
スリーズコーヒー

2009.05.24

おいしいコーヒーの点て方

法蔵寺で行われたおいしいコーヒーの点て方講習会でおいしいコーヒーの点て方を学んできました。

ペーパードリップで入れることになり、粉の分量や湯の入れ方など細かく教えていただきました。

最初のお湯を入れてから30秒蒸してまたお湯をまわし入れていきます。大体落ちたらまた注いでいきます。真ん中に注ぐと間違いがありません。できればのの字に注ぐと美味しく入れられるそうです。ポットの口は細いものは1~2杯入れるときに使うとよいでしょう。3~4杯入れるときは細いよりも少し太いぐらいで入れると美味しいそうです。

粉に湯を注いだときの泡の色でちゃんと抽出されているかがわかるそうです。泡の立ち方もぶくぶくと勢いがある方がしっかり活動していると言うことでよく出てることになるそうです。

お湯が完全に落ちるまで抽出しない方がよいとのことでした。完全に出してしまうと雑味が出てしまうためです。味見をして濃くなってしまったらお湯を直接入れて薄める方がおいしくいただけるということでした。

最初のお湯を入れてから30秒蒸してまたお湯をまわし入れていきます。大体落ちたらまた注いでいきます。真ん中に注ぐと間違いがありません。できればのの字に注ぐと美味しく入れられるそうです。ポットの口は細いものは1〜2杯入れるときに使うとよいでしょう。3〜4杯入れるときは細いよりも少し太いぐらいで入れると美味しいそうです。

2009.06.25

フリマボックスとカフェの店 めえぷる ハンドメイド展

以前、花かごで購入した手作りシュシュを作っている方も参加するというイベントを発見。

郡山駅前のイオンタウン郡山店パブリックスペースにて、フリマボックスとカフェの店めえぷるのハンドメイド展が開催されます。

以前から気になってはいたんだけど、なかなかお店に行けなかった「めえぷる」さん。イオンタウンならば私でもすいすい行けちゃうのでちょっと楽しみ。

イベントは土日の2日間で、開催中にはワークショップもあります。予約をしなくとも参加できちゃうので、やってみたい!と思ったら行動あるのみ。

手作りって難しそうだけども、やってみると意外に楽しかったりするのでワークショップは興味津々。不器用だから、うまくいくかどうかは怪しいところでありますが。

フリマボックスとカフェの店 めえぷる ハンドメイド展

町民大学講座「養老孟司講演会」

著作「バカの壁」で有名な養老孟司さんが、三春町民大学講座にて講演会をします。

養老孟司さんは執筆者として有名ですが、解剖学者として東京大学名誉教授もなさっています。 自然環境や生物全般の中でも昆虫に詳しく、福島県須賀川市にあるムシテックワールドの館長を務めるなど、福島県にゆかりのある方です。

演題は「バカなおとなにならない『脳』のつくりかた」ということで、有名な著作にも結びつくような講演内容が期待されます。

入場料無料、客席自由ということなので気軽に足を運ぶことができそうです。予習のために一回「バカの壁」を読んでみるのも良いかもしれません。

2009.07.19

本日は「田村高校学校祭&田村大元神社祭」のお祭り二本立て。

田村高校の学校祭と田村大元神社でお祭りがあるようです。どちらも、昨日から始まったのですが。

昨日はあいにくの雨模様でした。雨の中、田村高校の生徒さんが町を練り歩く「仮装行列」をしていました。最初は小降りだったのに、だんだんと土砂降りに・・・なんだかかわいそうになりましたが、面白い仮装に心和みました。息子はトトロの扮装に恐れおののいていましたが。

今日の田村高校の学校祭は一般公開日。校内で展示や出店を行うらしいです。

2009.08.13

今週末は三春盆踊り

世間は大体が今日からお盆休みに入ったと思われます。息子が通う保育所も今日・明日とおやすみです。

それもそのはずだなあ、と感じるのが町のいたるところに貼られた
「三春盆踊り」のポスターと、通行止めを指示する看板。8月14・15日は三春盆踊りのため、大町のおまつり道路周辺が通行止めとなります。

迎えるための盆踊り、送るための盆踊りも各地で行われる模様。ここ数日間はいろんなところで盆踊りのお囃子と踊る人々で賑わうことでしょう。(参照過去記事:盆踊り

そうそう、今年も「百杯宴」が開催されるようです。絵灯籠でいろどられ風情たっぷりの百杯宴、三春盆踊りついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。(参照過去記事:絵灯籠まつりと三春のおよばれ・百杯宴

2009.08.15

本日は盆踊り。

今日と明日は三春盆踊り。それにあわせて絵灯籠まつりも開催中です。天気が良くてお祭り日和の今日は、三春のまちなかはちょっとしたにぎわいを見せています。大きなやぐらも見応えたっぷり。絵灯籠が並ぶまちなかは風情たっぷり。

私は明日、楽しんでこようかな。

参考サイト

sundals過去記事:今週末は三春

三春盆踊り/三春町HP

2009.08.17

アブラクサスの祭、出演者オーディション

オーディションちらし。

玄侑宗久氏原作の映画「アブラクサスの祭」出演者オーディションin福島が開催されます。

9月5日(土)は三春町のまほらでオーディションが行われるようです。募集する出演者は4〜8歳の男の子(主人公の息子役・幼稚園のお友達役)、16〜20歳の高校生の男女、20代後半〜70歳の男女(町の人・警官・高校の先生・商店街の店主・多恵が働くスーパーの買い物客など)です。

撮影期間は11月中の25〜30日間を予定。平日撮影の時もあるそうな。

高校生や高校の先生が出てくると言うことは、学校で撮影とかもあるのかな・・・とにもかくにも興味のある方はお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、翌日9月6日は国見町にてオーディションが行われるそうな。

問い合わせ先:三春町・映画「アブラクサスの祭」の制作を支援する会
0247-62-3690(三春町観光協会内)

2009.08.20

船引町の灯籠流し・花火大会

灯籠流し

今年もお盆が終わり、灯籠流しの時期がやってきました。今年は60周年ということで、記念イベントも開催されます。

暗闇につつまれた川面を、ゆらゆらと沢山の灯籠が流れ幻想的です。企業などで作った大きな灯籠には流すための人も居て「がんばれー!!」と声援を送ってしまいたくなります。一般の方の灯籠参加も受け付けているそうです。

灯籠流しが終わると、花火大会が始まります。華やかな花火が夏の夜空を彩ります。毎年、親戚のおうちで見ていますが、打ち上げ場所から近い場所で迫力があるんですよねぇ。

週末はお天気も良さそうなので、ぜひぜひおでかけしてみてはいかがでしょうか。

灯籠流しと花火大会(詳細URL:田村市
日時:平成21年8月23日(日)
60周年記念イベント12:30〜、灯籠流し18:30〜、花火大会20:00〜
場所:記念イベントは旧JT跡地、灯籠流しは大滝根川河畔、花火大会はJR船引駅前・旧JT跡地周辺

2009.08.21

本日は福島県、県民の日です。

明治9年8月21日、若松県・旧福島県・磐前県の3県が合併してほぼ現在のかたちとなった福島県。合併した日を記念して県民の日と制定されました。

福島県内のいたるところで施設の無料開放や、割引が行われます。私が住む三春町近辺で気になるのは以下の通り。

田村市の船引総合福祉センターが無料。銭湯があるんですよ。9:00〜18:00まで。

三春町の町民体育館、貝山プール、運動場、ボート場が無料。ボート場って、ボートに乗れるのかなあ・・・?

8月22日土曜日に無料開放が行われる、三春町歴史民俗資料館、三春郷土人形館。歴史民俗資料館では水引のストラップづくり・たたき初めでエコバックづくりといった体験や、昔話を聞くことが出来ます。体験は申し込み不要ですが、お金が必要になります。(詳細はこちらから

参考サイト福島県ホームページ

2009.09.07

加賀百万石展にてエビの押し寿司。

うすい百貨店で開催されている加賀百万石展は9月7日(月)今日までの開催です。週末に笹寿司目当てでうすい百貨店に行ってきました。残念ながら完売の文字。がっかりしつつも、10階展示場で新鮮な海産物をいただいてきました。

「廻る近江町市場寿司」さんでは飲食コーナーを設けてあり、その場で食べられます。もちろん、店頭にも販売コーナーがあります。

飲食コーナーのメニューには私が苦手とするお魚づくし。これは食べられるものがないかも・・・と思って店頭に並べられた商品を見ていると、エビの押し寿司を発見。エビならば食べられるし、蒸しエビと甘エビの3個ずつのセットがあったので購入しました。

エビの押し寿司

※左3個が甘エビ、右3個が蒸しエビ。

この甘エビのピンク色。すごくキレイで美味しそうなんです。実際にぷりぷりしてて甘くておいしい押し寿司でしたよ。蒸し海老の押し寿司にはマヨネーズが挟まれていて、蒸し海老とぴったりな味に仕上がっていました。

今日まで、というどっちかというと新鮮じゃない情報ですが、今日うすい百貨店にいけば新鮮な海産物や加賀の伝統の品に出会うことができます。ぜひぜひおでかけしてみてはいかがでしょうか。

2009.10.16

THE FUKUSHIMA FESTA開催。

10月24/25日にビッグパレットふくしまで開催されるTHE FUKUSHIMA FESTA。映画・音楽・食といった3種のジャンルのおまつりを総合してビッグパレットふくしまにて盛大に開催されます。

芸術の秋、食欲の秋を満たしてくれるような、そんな感じを受ける
おまつりさわぎ。子供も大人もみんなが楽しめそうなイメージです。

映画と言えば、三春町がロケ舞台となる「アブラクサスの祭」も制作発表というてんで映画祭に参加中。沢山の映画も上映され、ショートフィルムもあり、無声映画上映もありと言うことで盛りだくさんです。

参考サイト:THE FUKUSHIMA FESTA

2009.11.29

企画展「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」

今日 11月29日(日)までの新潟県立万代島美術館で催されている企画展「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」に行ってきました。ジブリの作品で有名な「となりのトトロ」など多くの作品の美術監督をなさっている男鹿和雄さんの作品が展示されています。「はだしのゲン」の背景画があったり、こういうお仕事もなさっていたんだと初めて知る部分もあり、ジブリだけではない男鹿さんの世界が見える展示になっていると思います。

とはいえ、やはりジブリ作品、しかもトトロで有名なので、展示室内のトトロのコーナーには人だかりが。行列をなしてじっくりと見入っている人が多かったです。

細やかな背景画と、その世界観に圧倒されつつ、子供をだっこして汗だくになりながらささっと見終えた先には、トトロの折り紙を折るコーナーがありました。


totorokami.jpg

オレンジ色の折り紙には折る場所が印刷されていて、折り方が書かれた紙を見ながら折ることが出来ます。なかなか複雑なので折り方が無いと折れそうにありません。目と口は息子が書きました。鼻とヒゲは私が加えたもの。

参考サイト:企画展「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」(新潟県立万代島美術館)

2010.01.16

明日は三春だるま市。

すっかり忘れていましたが、明日は三春だるま市です。恒例となりつつあるデコ屋敷さんによるひょっとこ踊りもあるようですし、今年こそは見たいところです。

今年は新たな催しとして、三春町の名誉町民である福聚寺の住職・玄侑宗久さんが1年の希望の一文字を書き入れた、特大だるまのお披露目があるそうです。


三春だるまの特徴|三春町

三春町のHPをみていると、三春だるまの特徴について発見しました。頭が平たく、赤みを帯びた顔つきが特徴で、胴体には「宝珠」というほしいものは全ておもいのままに出せるといわれる玉の中に、「福」の字が描かれています。

だるまは本来「にらめっこしましょ」などの言葉があるように、怖い目玉が入っているだるまを魔除けとして置いていました。縁起物としても有名なだるまですが、その中でも三春だるまは、金目→白目→黒目→目の淵→艶出し、と目玉ひとつでも非常に手の込んだだるまで、民芸品として貴重なものとなっています。

毎年、ちいさなだるまを購入するのですが、今年はどうしようかな。たまには、商売繁盛を願って大きなだるまでもどどーんと購入、するかどうかは考えておきます。だるまを購入したところで、置き場所に困るのが落ちのような気がするのですが。

なお、会場近辺は交通止めの箇所があるので、お越しの際は注意下さいませ。

過去記事:三春だるま市 (2009年)

過去記事:寒風吹きすさぶ新春だるま市 (2008年)

関連HP:三春だるま市|三春町

2010.01.19

三春だるま市

drm01173.jpg

1月17日(日)に開催された三春だるま市、もちろん今年も行ってきました。晴れていたのですが風が強く、寒さが厳しく感じました。出店の通りを一通り見てきました。

drm01172.jpg

しかし、だるま市に来たのにだるまを購入することを忘れる始末。何をしにいったんだ!とお叱りを受けても当然だと思います。本当に申し訳ないです。

drm01171.jpg購入した物は、たい焼き・たこ焼き・お好み焼き・イチゴあめ・ポテトフライといった食べ物ばかりでした。お昼時だったのでそちらにばかり気を取られていたようです。

郵便局駐車場では恒例餅つき大会があったようで、駐車場入り口にはマスコットキャラクターのポストンくんがいました。息子は例年通り近づきもせず、なんとなく遠目に見るのみ。怖いのかもしれませんね・・・

旧公民館横ではデコ屋敷の方によるひょっとこ踊り。こちらも今年も見ませんでした。強風と寒さに負けない強靱な精神力が欲しいところです。

玄侑さんの一筆が入っただるまがあったようですが、まほらの中のところまで行かなかったので、結局見ることができず、mixiのマイミクさんの日記で見ました。おそらく玄侑さんの一筆による「発」という1文字が書かれていました。なかなか力強くてだるまに合っていたと思います。

来年は寒さにくじけずにだるま市を見ることができるよう、精進したいです。だるまは・・・気が向いたらデコ屋敷さんで購入しようかな?

2010.02.03

真照寺の節分会

今日、三春町の新町にある真照寺さんで節分会が開催されます。 この節分会、単なる豆まきではありません。おもち、みかん、おかし、そして景品番号がまかれるのです。一番良い景品が「温泉宿泊券」。なんだかすごいお寺さんです。

19時30分から豆まき開始予定で、その時間めがけてたくさんの子供や大人が集まります。一度だけ参加したことがあるのですが、あの壮絶な戦いは忘れられません。息子が1歳の時だったかな、こわくて後ずさりした記憶があります。

昨日、雪が降った三春町。日中の日差しの暖かさで雪のほとんどは溶けたと思います。けれどももしかしたら凍っていたり、雪が残っている部分もあるかも知れないので、節分会へお出かけの際はご注意下さい。あと、防寒対策もしっかりとしていかないと、とっても寒いです。帽子・マフラー・手袋は必須かと思います。

昨年は、昭進堂さんであたたかくておいしいおしるこを振る舞っていました。今年もそのサービスがあるのかは、さだかじゃありませんが、あれは本当に、戦いの後(?)のほっとするひとときです。

過去記事:節分と言えば真照寺の豆まき


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

昭進堂のおしるこサービス

sbs100203.jpg

毎年、2月3日節分の日に真照寺で節分会が開かれるのに合わせて、昭進堂さんでおしるこのサービスがあります。

いつも何時からふるまわれてるのかな?と気になっていたので、昭進堂さんで聞いてきました。おしるこのサービスは15時から行っているそうです。

真照寺の節分会は、景品付きの豆まきで有名です。その景品も沢山あるそうで、温泉宿泊券や商品券、福まさるやだるまなどさまざま。その景品の当選番号付き豆をめぐって、壮絶な戦いが繰り広げられます。

昭進堂さんでおしるこをいただいて英気を養い、戦いに挑み、戦いを終えたらばその凍えた身体を昭進堂さんであたためる。というようなことも、できるのではないでしょうか。

dfk100203.jpg

たとえ、戦いで負けて戦利品が無くとも、節分と言うことで豆大福をおみやげにするのもいいですね。


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2010.02.04

2/3「真照寺の節分会&昭進堂のおしるこ」楽しんできました。

ogt100203.jpg

寒い寒い、といいながらも2月3日は真照寺の節分会に出かけました。帽子にマフラー、手袋にフリースジャージで防寒対策ばっちり。と言いたいところですが、足が冷たくて大変なことになりました。来年行くときは長靴を履くか、靴の中底に貼るタイプのカイロをつけたいくらいです。足が冷えると身体も心底冷えます。

19時30分頃に真照寺手前の道路に到着。なぜか救急車が横切ります。何かあったのかと思いながらも、真照寺への階段を上ります。この石段がごつごつとしていてあぶないし、暗いことも手伝ってさらに危険。足下を見ながら、炎が燃えさかる真照寺へ進みます。

炎にあたりながら、真照寺のお坊さんが唱えるお経を聞いていると、何とも言えずありがたい気分になります。ふっと寒さも忘れてしまいそう。

お経が終わり法螺貝が吹かれ、お坊さん達が本堂へと戻っていきます。すると、ここからは戦いの時間。豆まきが始まります。いつもながらに壮絶な戦いです。どんどん本堂に向かって人が集まります。

一回目の豆まきの後だったかな、次の瞬間うしろの方から雄叫びが。何かと思ったら赤鬼・青鬼さんじゃありませんか。こん棒をふりかざして本堂へと向かっていきます。息子はというと、あっけにとられて出遅れたものの、ウルトラマンタロウになりきって「ビーム!!」と言ってました。やっつける気はまんまんの様子。

鬼さん達はお坊さんが良い鬼さんに変えてくれたようです。どういう経緯か聞き取れませんでしたが、「帰り際に鬼さんをいじめないようにね」とお坊さんが言っていたのが印象的です。

そんな一幕もあり、とても盛り上がった豆まき。帰りはもちろん昭進堂でおしるこをいただきました。あまくてあったかくてほっとする味のおしるこです。じっくりと味わってあったまってから帰宅しました。

2010.02.15

3/20(土)・3/21(日)地酒と食の祭典 ふくしま春の陣 in ビックパレットふくしま

CMで気になるイベントを発見しました。「地酒と食の祭典 ふくしま春の陣」というイベントです。3月20日(土)・21日(日)にビックパレットふくしまで開催されます。

このイベントは福島県酒造協同組合とテレビユー福島、福島民報車で組織する実行委員会が主催ということです。今年が初の開催ということで、webサイトもCMもなにか気合いが入っているような雰囲気を感じます。

福島県酒造協同組合に加盟している46の蔵元さんブースを展開し、約200種類の地酒を試飲できるコーナーもあるそうです。清酒三春駒で有名な三春町の酒造「佐藤酒造」も参加します。大七で有名な「大七酒造」も参加と言うことで、蔵元名を見ているだけで楽しくなってきました。

ふるさとの食を取り扱うコーナーでは「ご当地グルメと地産地消」と題して、地鶏・餃子・蕎麦・ご当地バーガー等といった県内の美味しいモノが集まります。「ふくしまの食」の出店詳細をみていると「燻製工房 木香」を発見。福島市に行った際に通りかかって、気になっていたのです。これはまた楽しみが増えました。

入場料がかかりますが、特典として春の陣特製ぐい呑みが先着1万名様にプレゼント。そしてすべての来場者はソフトドリンク飲み放題となります。

お酒を飲むとなると交通機関での移動となりますね。なんて、結構本気で「参戦」することを考えてしまうのでした。

地酒と食の祭典 ふくしま春の陣

日時:3月20日(土)10:00〜17:00、3月21日(日)10:00〜17:00

場所:ビッグパレットふくしま

入場料:前売券・当日券があります。

一般大人(20歳以上)

【前売券】試飲あり:1500円 なし:700円

【当日券】試飲あり:2000円 なし:700円

高校生以上20歳未満:400円(前売・当日同料金)

中学生以下は無料。※詳細は公式サイトにてご確認下さい。

特典:春の陣特製ぐい呑み、仕込み水500mlプレゼント※先着(会期中2日間)合計1万名様。すべての来場者はソフトドリンク飲み放題。

イベント公式サイト:ふくしま春の陣

2010.07.06

7月は「遊部」が楽しそう。

tr.jpg

夏ですねー。とはいえ、梅雨明けも発表されない7月第1週が終わりじめじめとした暑さが続く日々に嫌気がさしそうです。そんな気分も遊んで楽しく吹っ飛んでしまいそうなイベントをご紹介。

福島県界隈のクリエイターが集まって勉強会や交流会を開いている「遊部」。7月は活発に動きがあるようです。参加してみたいなーと思いつつ、なかなか参加できていません。

ママチャリレース、ustream、ビール祭りと、なんだか楽しそうな内容が続きます。twitter上でのやりとりをみていると、まじめにお勉強!というよりもゆるく集まって楽しんでいるという印象があります。

どこかの機会に参加して、ゆるんとたのしめたらいいなあ。

遊部

2010.07.08

こおりやまグリーンカレー応援フェスタ!

「こおりやまグリーンカレー応援フェスタ!」うすい百貨店にて開催決定!!|こおりやま名物グリーンカレー愛好会のブログ

7月9日(金)・10日(土)・11日(日)にうすい百貨店10F催事場にて、こおりやまグリーンカレー応援フェスタが開催されます。

その後の展開をいっさい聞く事のなかった、ご当地グルメのこおりやまグリーンカレー。ここにきてやっと展開がありました。イベント内容はグリーンカレーを提供している5店のグリーンカレーを一皿300円で販売。グリーンカレー愛好会さんも夏バージョンのグリーンカレーを提供との事です。新鮮野菜の直売やトークイベントもあるようで、楽しそうなイベントになりそうです。

個人的には、グリーンカレーパン(参照:おまけ!これもグリーンカレー!?|こおりやま名物グリーンカレー愛好会のブログ )が食べたかったなあと思ったり。この、割ったときの色合いはどう見ても抹茶と小豆にしか見えないのですが、なぜだか挑戦したくなる見た目です。

2010.07.28

遊部Vol.7「Ustreamであそぶ」に参加しました。

asob.jpg

「遊部」という勉強会を開いている集まりに参加してきました。今回はUstreamで遊んじゃおうというテーマ。Ustreamとはwebによる無料のライブ動画配信です。どっきどきで初Ustreamしました。

アカウント作成や使うソフトのことなど、とにかく楽にUstreamは始められるんだなということがわかりました。とはいえ、ノートpcのwebカメラでustしたら、一番前に座ったため照明が暗く自分の顔が真っ暗。環境には注意しないといけません。

今気がつきましたが、時間がずれてますねぇ・・・理由聞きそびれた。言語はokなんですが。

2010.08.16

三春盆踊り、はじまりました。

20100816083725.jpg

8月15日・16日と開催される三春盆踊り。毎年天気が悪く、今年も雨が降るという天気予報だったのですが見事に大当たり。開催の花火があがってから、雨が降り始めてしまいました。踊り流しが始まる19時ごろには雨も上がり、人でにぎわう盆踊り。太鼓の音と盆踊りの歌をきけば、自然と覚えた踊り方を思い出します。

出店やビアガーデンもにぎやかでした。毎年のことながらこの光景を見ると、祭りの季節がやってきたなあと感じます。お盆、夏の終わり、秋口にかけて三春町周辺ではお祭りが続きます。町中もお囃子や人でにぎやかになり楽しい季節です。

2010.08.17

MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010が開催されます。

20100817124936.jpg

MTDDCとはMovabletTypeの勉強会の略称です。MTを提供しているシックス・アパート社の協力の下で開催されます。MTDDCの地方版第一弾が福島県で開催されます。

商用での普及も広がっているMTは、関連書籍が多くネットの検索ではなかなか情報がつかめなかったりします。こうした勉強会の場で直に情報を得ることが出来るのは滅多にないチャンスです。

cssniteの福島版実行委員会の方がMTDDC実行委員会となって活動を進めているそうです。これは応援せずにいられない!ということで、MTDDCに参加決定と共にこれからの活動を応援していきたいです。

まずは11月6日の予定を「MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010」でうめるところからはじめます。


MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010開催決定!|世界中の1%の人々へ

2010.08.22

三春ARTS&CRAFTS2010に行ってきました。

20100822132735.jpg

さくら湖自然観察ステーションにて開催される「三春ARTS&CRAFTS(アーツ&クラフツ)2010」は8月21日・22日の2日間です。21日の午後に行ってきました。暑すぎるぐらいの天気のよさと休日のせいか、たくさんの人でにぎわっていました。

20100822132927.jpg

出展されている多くは陶芸品で、それぞれ味がある作品が並びます。もちろん三春の郷土人形「三春人形」を制作している方も出展していました。

20100822133008.jpg

これはさくら湖でみつけたという流木。よくみると龍の形をしています。ひとつも手を加えていない、自然な形です。こちらで出展なさっている方が拾ってきたそうです。自然な形を展示するのも一つのアート作品になるのだなあ、と思いました。

会場では出展者の作品をオークションで購入するイベントも行われていました。三春町や近隣のアーティストがこんなにも活発に活動している様を目にするのは初めてです。そういう意味でも面白いイベントでした。今後も続くことを期待しています。

三春ARTS&CRAFTS2010は本日も開催しています。17時まで開催しているので、お時間のある方はぜひさくら湖自然観察ステーションへ行ってみてはいかがでしょうか。

三春ARTS&CRAFTS2010


さくら湖自然観察ステーション


大きな地図で見る

2010.08.23

田村市船引町の灯籠流し&花火大会に行ってきました。

20100823093801.jpg

田村市船引町の灯籠流し&花火大会に行ってきました。大滝根川に灯籠を流す灯籠流しと、毎年花火を1000発打ち上げる、なかなか見応えのある花火大会です。毎年第3日曜日あたりに開催しています。

20100823093845.jpg

灯籠は大小様々で、大きいものは大人の男達数名で川に入って灯籠を引きます。写真の灯籠は冠婚葬祭関連の会社のものです。お坊さんが先頭にいて手を動かしています。お経も流していました。

20100823094027.jpg

灯籠流しを見終え、出店をみながら帰路につく途中に花火大会が始まりました。踏切のあたりは高い建物も少なく見晴らしが良くて、多くの人が立ち止まって花火に見入っていました。

今年は駅の向こう側で花火をあげていました。例年はグラウンドからあげるので高い位置に花火が上がって見やすいのですが、今年はすこし低い位置から花火の打ち上げをしていたため見づらいと思う人もいたでしょう。ふねひきパークの屋上駐車場あたりは絶好の見物場所だったと思います。

さて、来年はどこから花火を打ち上げるのか楽しみです。

2010.08.26

山下達郎のコンサートに行ってきました。

昨日、郡山文化センターで行われた山下達郎のコンサートに行ってきました。この手のレポート的な文章を書くのは久しぶりですが、手短にぎゅぎゅっと詰め込んだ内容でお伝えしたいと思います。

私が感じたのは、そこにいる等身大の山下達郎でした。思い違いかも知れないけれど、他にも色んな部分があるのだろうけど、そこにいるのは間違いなく、ミュージシャンとしてデビューして35周年の山下達郎。昔の曲も歌うし、最近出したばかりの曲も歌っていました。

思い入れがとてもあるわけではないですが、なんとはなしに聞いてしまうのが山下達郎の作る音楽。目の前で演奏し歌う様を見ると冗談ぬきで「ああ、この人はここで生きているんだ」と思ってしまいます。

演奏、構成、演出、すべてにおいてプロのなせる面白いエンターテイメントショーになっていました。また郡山に来てくれると信じて、その日を楽しみにしています。

2010.09.01

MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010 特設サイトがオープンしました。

mixiやtwitterにて告知されていた「MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010」の特設サイトがオープンしました。同時に、参加申し込みも始まったようです。さっそく申し込みをしてしまう、前のめり気味な私。

特設サイトをみると、セッション内容や出演者の情報が確認できます。出演者の写真がトップページにあるのですが、赤井さんの写真はアイコンと同じ「たけのこ姫」で笑ってしまいました。

個人的に楽しみにしているセッションは「Session 3 - 2(40分)「MTプラグインを活用した実践 Tips・LT(ライトニングトーク)」です。MTプラグインは自分で選ぶ事が少なく、もともと入ってるものや夫が使っている物をそっくりそのまま使っています。これを機に他の人がどんなプラグインを使用しているのか、実践的な内容を知れればなあと楽しみにしています。

もうひとつの楽しみは名刺交換です。cssniteの時には緊張しまくって、後半にスパートかけたら渡せない人がいたりと苦労しましたが。あんまり緊張しないようにこころがけます。11月6日(土)は福島県のビッグパレットふくしまでお会いしましょう!(結構先だけど)

MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010 ビッグパレットふくしまにて、2010年11月6日(土)開催

2010.09.09

映画「アブラクサスの祭」スネオヘアーさんのインタビュー映像を発見。

三春町のお坊さんが主人公の映画「アブラクサスの祭」が公開を控えています。それにともないプロモーション活動も盛んになってきているようです。そのひとつがこのインタビュー映像。

アブラクサスの祭インタビュー|alltamura.tv

浄念役のスネオヘアーさんのインタビューです。スネオヘアーさんの人柄がにじみでるインタビュー映像となっています。もちろん、映画のことについても語っています。「アブラクサスの祭」見る前に、気持ちが高まる内容となっていました。

映画の公開プロモーションとともに、スネオヘアーさんのライブが三春であるとの告知もありました。9月22日(水)に開催されます。映画「アブラクサスの祭」の劇中に登場するバンドでライブをするとのことです。映画を見る前にこのバンドを見て映画の雰囲気を味わうこともできるかもしれません。

ライブと映画についてのお問い合わせ先:三春観光協会


ライブについて:スネオヘアー live in 三春|三春町観光協会


映画について:三春町ロードショー日程|三春町観光協会

2010.09.14

第3回おのまちかえっこバザールinおのタウン・コムコムが9月19日(日)に開催されます。

20100914101153.jpg

「かえっこバザール」というイベントが、小野町のおのタウン・コムコムで9月19日(日)に開催されます。息子が通う保育所においてあったチラシで知りました。

かえっこバザールは遊ばなくなったおもちゃを持ち寄ってポイントと交換して、そのポイントで欲しい物と交換するイベント。使わなくなったおもちゃが誰かの手に渡り、欲しいおもちゃをポイントで探して手に入れるという仕組みです。かえっこ以外にもいろいろなゲームやクイズがあるようです。なかなか盛りだくさんな内容だと感じました。

その会場でもらえるカエルカードで三春町の若松屋旅館の温泉が半額になるというのを「ぐるっといわき」で発見しました。勾玉先着100名プレゼントなどサービスたっぷりで、ますます気になるイベントです。

8月に郡山で開催されたり、おのまちでの開催は3回目だったり、イベントは広まりつつあるように思えます。私は参加したことがないので、天気が良ければぜひ参加したいです。

かえっこ:福島県小野町からの開催情報

かえっこ|全国の「かえっこ」開催情報

2010.09.16

9月15日〜21日は「第10回はなまるマーケット おめざフェア」がうすい百貨店で開催。

昨日からうすい百貨店で始まった「おめざフェア」は、はなまるマーケットのおめざのコーナーで登場した商品が出店する催事です。

私が注目したのは牛タンで有名な仙台の「利休」。イートインコーナーで牛タン定食が食べられます。分厚い牛タンがおいしい利休の牛タン定食。この機会に食べに行きたいけれど、息子の体調が悪いので無理そうです。残念。

おみやげを買ってきてもらうぐらいならできるかな、と思ったのでちょっと物色。チラシを見て選べるので、おみやげ選びもラクラクです。長野県軽井沢にあるアトリエ・ド・フロマージュのシュークリームが美味しそう。


第10回はなまるマーケット おめざフェア|うすい百貨店


第10回はなまるマーケット おめざフェアちらしPDF

2010.09.18

磐州秋祭り市に行ってきました。

三春町交流館まほらの駐車場で開催している「磐州秋祭り市」に行ってきました。お昼時とあって、多くの人で賑わっていました。

磐州秋祭り市は、三春町磐州市実行委員会が主催している直売の出店が軒を連ねる市です。出店は個人の方や、商工会に入っているお店など様々。旬のおいしくて新鮮な野菜や手作りの食べ物が並びます。

今回、買ってきた品物はやきとり、ドーナツ、チャーシュー弁当の3品。お店でスタンプをおしてもらい、3つ集まると抽選ができるので3品になりました。抽選で当たったのは住宅研究会賞。住宅研究会さんのところで売っていたなすをいただきました。

いろいろな品物があっておもしろい市になっています。本日13時まで、ということでもう終わっていますが、定期的に磐州市は開催されています。広告をチェックして行ってみるのも楽しいと思います。

磐州秋祭り市

9/18(土)11:00~13:00

場所:三春町交流館まほら駐車場

雨天開催

主催:三春磐州市実行委員会

電話:0247-62-2256(会長宅)

2010.09.26

映画「アブラクサスの祭」完成披露試写会


maeuri.jpg

三春町交流館まほらにて、映画「アブラクサスの祭」完成披露試写会があります。今日の午後6時開場となります。

私は先週、三春町観光協会に電話して前売り券を予約しておきました。その前売り券は今日26日の9:00~17:00までに三春町観光協会で引き替えてください、とのことでした。午前中に散歩がてら三春町観光協会さんへ行きました。

郡山駅前でビラ配りをしていた佐久間さんが受け付けて下さいました。実は子供の保育所で顔見知りのお方。ちょっとだけ世間話をして名刺をお渡しして、散歩の続きに戻りました。

当日券もあるとのことですので、行ってみたいなと思った方は三春町観光協会(電話番号0247-62-3690)にお電話してみてください。

出演者と監督が登場する舞台挨拶もあるので、この機会に三春町へ来てみてはいかがでしょうか。

三春町観光協会


映画「アブラクサスの祭」完成披露試写会チラシ(PDFファイル)

映画「アブラクサスの祭」完成披露試写会in三春町

映画「アブラクサスの祭」完成披露試写会に行ってきました。監督・出演者の舞台挨拶と映画上映という内容でした。

舞台挨拶もそれぞれの個性が出ている感じで面白かったです。監督のたんたんとした言い方、スネオヘアーさんの楽しそうな雰囲気、ともさかさんのかわいい表情、小林さんの一番まとをえている宣伝文句。どれも、これから見る映画を期待させる内容となっていました。

肝心の映画の感想です。

もう、簡潔に述べます。みてくださいっ!!なにかしら、感じる人は感じるし、感じない人は感じない。そんな、あるがまま、なすがまま、ないがままの映画となっています。多分見たら分かります。先入観に左右されず、そのままを受け止めるのが一番だな、と感じました。

映画を見て、私はスネオヘアーさんが三春で開いたライブに行かなかったことを後悔しました。と同時に、ライブを見たくてしょうがなくなりました。そのへんののっぱらでもいいからやってくんないかなーと、無責任にもほどがある事を思ってしまうぐらい。

どうにか、三春町観光協会さんで!と今日打ち解けた観光協会のtwitterの中の人にお願いしてみました。もちろん、「予算や協賛が付けば…」と大まじめな回答を頂きました。丁寧に答えてもらい、有り難い気持ちでいっぱいです。

信心深い訳じゃないのですが、なにかこう解放されたような、すべてが有り難く思えてくる作品です。今後は、まほらでの先行上映や、全国各地で目にすることが出来る、映画「アブラクサスの祭」。みることをおすすめしちゃいます!

※三春町のまほらで10月9日〜10月28日の期間、先行上映があります!前売り券は一律1100円とお得になってます!
映画「アブラクサスの祭」先行上映日程in三春町まほら

2010.10.03

福島空港をゾフィーとパトロール!


20101003124024.jpg

秋は天気が良いと空気が気持ちいいので、ふいにでかけたくなります。ふとみつけたイベント情報は、息子がとてもよろこびそうな内容でした。

10月17日(日)に福島空港で開催される「ゾフィーの福島空港パトロール。」は、福島空港内をウルトラマンのゾフィーと共にパトロールするそうです。1日に3回あります。そのほかに、ウルトラマンコスモスと記念撮影のイベントもあります。

イベントのある10月17日は、福島空港がウルトラマン好きの子供達でいっぱいになりそうです。

イベント情報「ゾフィーの福島空港パトロール」|福島空港

2010.10.13

第3回「解析しないと!」の感想レポート。

twitterやみどりかわえみこさん(第1回CSS Niteにて出演者だった福島県出身の方)とのつながりで、一方的に見知っているankさん。ブログ「diG iT」や、ankさん主催の「解析しないと!」のスライドを見て、web解析の勉強をする足しにしています。

ankさんが主催する「解析しないと」の第3回目が9月17日に開催されました。ankさんのブログ記事にもその模様が掲載されていて、そこでの補足も含めとてもためになったし、面白い内容でした。

テーマは「セグメントしないと!」。「セグメント」という、なかなか耳慣れない言葉を元に展開されるwebアクセス解析の話は、難しいのかな?とドキドキしながら聞き始めました。ですが、内容は至ってシンプルに展開し、セグメントについての理解も深まったと思います。

「解析する」ということは、なにかしらの「ものさし」があって始まるものだと思ってます。多くの中の一つのものさしが「セグメント」なのだなぁ、とankさんの記事を読んで感じました。

それと、ankさんの記事で、今回のセグメンテーションにおいて最も大事と思われる箇所が3つ書かれていました。以下抜粋です。

  • ギャップを見つける
  • 適切に誘導する
  • シンプルに考える

ギャップを見つけすぎて細かくなってもシンプルにはほど遠くなりがちだな、と自分の事例を考えると思い当たる場面がたくさんありました。こんがらがりな方向に行かないように、適切に糸口を見つけていくことは、自分が求める情報に行き着く方法なのでしょう。

ankさんの「解析しないと」に参加してみたいなぁとUstreamを見て、スライドショーを見て思ってしまいました。実現できるように、日々精進してゆく所存です。


第3回解析しないと!やりました。|diG iT

2010.10.15

10月13日(水)に開催された第3回IT交流プラザ「福島の事例で取り組む Google Analytics」

20101015034352.jpg

10月13日(水)に開催されたweb解析セミナー「第3回IT交流プラザ 福島の事例で取り組む GoogleAnalytics」に行ってきました。講師は株式会社アユダンテの大内範行さんです。昨年もGoogleAnalyticsを用いたweb解析セミナーがあり、その時に続いて2回目となります。

内容は実際の事例を使ってGoogleAnalyticsで解析した資料をもとに、web解析のお勉強をするという感じ。最初はGoogleAnalyticsのブラウザ画面などで簡単に解説して、徐々に深い部分の説明に入っていました。

9月にankさんが開催したweb解析のお勉強会「解析しないと」で、セグメントがテーマとなっていました。今回のセミナーの第2部でもセグメントについて取り上げられていて、また違った視点でのセグメントの解説を聞き、大変勉強になりました。特に記憶に残っているのは月次報告の撲滅運動ですかね…(苦笑)

それはおいといて、ankさんの勉強会での内容とリンクする部分も多く、セグメントはweb解析をする上で、グループ分けしたり比較することで見つけた課題を改善していく為に必要なんだなと感じました。そうやって課題を割り出すことでユーザーの気持ちを読み取り、よりよいwebサイト作りに役立てたいです。そのための道具がGoogleAnalyticsやweb解析ツールなのだと思います。

来年も大内さんの勉強会があることを期待しています。よろしくお願いします!郡山地域ニューメディア・コミュニティさん!(今回のセミナー主催)

第3回IT交流プラザ 「福島の事例で取り組む Google Analytics」 ~サイト分析の基礎から応用まで~ 参加者募集!|(公財)テクノポリス推進機構 ニューメディアコミュニティ

2010.10.16

10月29日(金)から来年1月までうすい百貨店8Fに東急ハンズ「トラック・マーケット」開店!

10月29日(金)から来年の1月までの期間限定で、うすい百貨店8Fにて東急ハンズの出張販売(?)ともいえる「トラック・マーケット」がオープンします。

東急ハンズは北海道に住んでいる頃、札幌にある東急ハンズでお世話になっていました。全階をぐるぐるぐるぐる歩き回って見ているだけでも楽しいんです。

お買い物でも役立っています。突然、雨が降ってきて困ったときに機能的でコンパクトな傘をみつけて購入しました。

日常生活でも役立つ品がたくさんの東急ハンズ。福島県には東急ハンズが無いので、ずいぶんとごぶさたしております。そのせいか、この知らせをツイッターで見たときには踊り出さんばかりに喜びました。

期間限定ですが、これを機会に福島県での東急ハンズオープンも期待したいです!東急ハンズさん(twitterアカウント: @TokyuHands ※通称手羽さん)、よろしくお願いします!

うすい百貨店イベント情報


東急ハンズ

020.jpg

※写真は東急ハンズ札幌店です。

2010.10.17

秋季検閲式に参加しました。

20101017201628.jpg

保育所と幼稚園のこどもたちが参加した秋季検閲式。子供の頑張る姿をおさめるために夫はカメラ、私は携帯電話のビデオカメラで撮影しました。

こどもたちは防災の呼びかけをしながら行進をして、最後に防災の誓いをしていました。「住宅用火災警報機」を付けましょうという呼びかけと、火の用心の呼びかけです。防災の誓いもはきはきと元気な声が響きます。

「住宅用火災警報機(じゅうたくようかさいけいほうき)」という、覚えにくい単語もしっかりと言っている姿にはちょっと胸を打たれました。

このあと、ラッパ隊の演奏を見てから、記念撮影をして体育館に戻り、ごほうびのおもちゃ・おかし・おにぎり・ふうせんをもらってごきげんだったこどもたち。よくがんばったねーと、みんなをむぎゅっと抱きしめてあげたくなりました。

2010.10.28

11月7日(日)「2010三春ウォーク」が開催されます。

20101028104538.jpg

11月7日(日)に2010三春ウォークが開催されます。三春のまちなかをおよそ10キロ歩くウォーキングイベントです。今年は映画「アブラクサスの祭」にちなんで、ロケ場所巡りもかねたウォーキングコースのようです。

普段はなかなか歩かない場所もあるでしょうから、意外な三春の一面をウォーキングしながら楽しむのもいいかもしれません。紅葉も進んできているので、ウォーキングにはぴったりの時期になっています。

また、映画「アブラクサスの祭」に登場するロケ場所を巡ることで映画を見た人が楽しめるのはもちろんのことです。映画を見たことがない人はこんな場所が登場するんだなぁ、と映画を見るキッカケになると三春町民として嬉しいです。

イベントは受付が8時半〜9時半まで、開会式は9時半、スタートが10時となかなか早いですが、途中で休憩もあるようなのでゆっくり歩くのに良い時間帯でしょう。秋の三春を楽しんでみてはいかがでしょうか。


「2010三春ウォーク」チラシ(PDFファイル)|三春街観光協会

2010.11.04

11月6日(土)MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010開催されます。

今週末の11月6日(土)にMTDDCの地方版第壱弾の「MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010」が開催されます。

2度ほど、sundalsの記事でもとりあげています。もちろん、私も参加させていただきます。このsundals.netのブログもMTで構築されているのです。これを機会に、リニューアルするときに役立てたいと思います。

twitter上ではMTDDCに関連する面白い話題や、くだらないことまで盛りだくさんに展開されています。ハッシュタグは#mtddcfksです。MTDDC福島版のサイトでもハッシュタグのついたツイートの流れをチェックできます。よろしければご覧になって、MTDDCに参加してみて下さい。会場に来られる方はその場を楽しむも良し、会場に来られない方はハッシュタグを追うも良し、楽しみ方は色々あると思います。

過去記事

MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010 特設サイトがオープンしました。


MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010が開催されます。

2010.11.08

11/6(土)MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010に行きました。

11月6日(土)にビックパレットふくしま開催された「MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010」に行きました。

MTDDCとは、ブログツールとして有名なMovableType(以下MTと省略)のお勉強会です。今回はMTDDCの地方版第一弾として福島県で開催されました。MTを制作するシックスアパート社にまつわるお話しやすぐに使えるMTのtipsなど、内容は盛りだくさんでした。

そんな中でも、一番最後のセッションを担当された野田さんのお話しが印象深く残っています。

野田さんはMTのプラグインセット商品としても有名な「PowerCMS」の制作会社「アルファサード」の社長さんです。実際にデモをしたり、社内のお話しから自身の今に至るまでの経緯などを絡めてビジネスとしてのMTについて語っていました。

お話を聞いていて感じたのは、MTはいじればいじるほど可能性が広がる道具だということです。自分が面白いなと思う部分を追求してMTをいじり続けていきたいです。そうすることで、やりたいことをやるためにMT使っていけるのだと思います。

到着するのが遅くなり、聞けなかったセッションもありましたが、楽しく聞けたりタメになるお話しがたくさん聞けました。次回開催も期待しております。

20101108110208.jpg

※参加者及びスピーカーの方のレポート記事のリンクがあります。是非ご覧下さい。

開催レポート|MTDDC Meetup FUKUSHIMA 2010

2011.05.10

5月28日(土)「ちんじゅの森へ遊びにおいでよ!」三春交流館まほらホールで開催します。

5月28日(土)に三春交流館まほらホールで開催される「ちんじゅの森へ遊びにおいでよ!」というイベントがあります。5月28日(土)、14時30分開場、15時開演です。入場無料の全席自由ですが、入場には整理券が必要です。その整理券の配布が本日5月10日(火)10:00よりはじまりました。

このイベントの出演者はTeam励風(劇団)、あべ弘士(絵本作家)、おおたか静流(シンガー&ボイスアーティスト)の3組です。あべ弘士さんは絵本「あらしのよるに」で有名な方だし、おおたか静流さんはNHK教育「にほんごであそぼ」での音楽も記憶に新しい方です。

これは行かない手はない!というわけで、整理券を頂いてきました。配布開始の10時の5分前に到着する気合いの入りっぷりです。おかげさまで整理券番号1番を獲得しました。整理券といえど、立派に印刷されたチケットでした。

整理券は高校生以上と中学生以下でチェックされます。整理券の配布は三春交流館まほらで行っています。窓口でイベントの整理券をもらいにきた旨を伝えれば整理券をもらえます。来場者が多い場合には、ホワイエでテレビ画面でのモニター鑑賞となるそうです。

「ちんじゅの森へ遊びにおいでよ!」

日時:5/28(土)14時30分開場、15時開演

場所:三春交流館まほら(福島県田村郡三春町字大町116-1)

電話:0247-62-3837

2011.05.29

5/28「ちんじゅの森へ遊びにいこうよ!」見てきました。

昨日、5/28(土)15時から開催された「ちんじゅの森へ遊びにいこうよ!」を見てきました。3組の出演者によるおはなし・おえかき・うたは子供達も大喜びで楽しんでいたようです。

20110529094511.jpg

休憩時間にホワイエにいくと、NHK教育「にほんごであそぼ」でおなじみの歌「ぴっとんへべへべ」の踊りの説明が描かれた横断幕が飾られていました。入場時は気がつかなかっただけかも知れませんが・・・。この横断幕は「にほんごであそぼ」でうたをうたっているおおたか静流さんが書いた物だそうです。横断幕には説明の他に、様々なイベントの日付や場所が記入されていました。

20110529094320.jpg  

終演後、ホワイエにはあべひろしさんがおえかきを教えながら書いた絵が飾られていました。このゾウと猿のほかにウサギも書いてたんですよ。

終演後のホワイエは写真撮影会といわんばかり。ぴっとんへべへべの横断幕を写真に撮っていたり、おおたかさんが写真撮影に答えたり、かざられた絵を写真に撮ったり、様々でした。

2011.06.20

カート&ブルース ゴーイングホームツアーin三春町法蔵寺を見てきました。

20110626152641.jpg

カート、と聞くとどうしてもカート・コバーンが出てくるわけですが、今回聞いてきたライブの出演者は「カート&ブルース」さんです。

つい数日前に町のところどころでみかけた張り紙に書いてあったライブに行ってきました。場所は三春町の法蔵寺。最近ではNHK「つるべにかんぱい」で出てきた三春町のお寺です。お代は無料!といっても、震災復興支援のようなものなので募金箱が設置してありました。

カートさんとブルースさんのおふたりで「カート&ブルース」。なぜか「はじめにきよし」を思い出したのは多分ワタシだけですね。すみません。カートさんが箏、ブルースさんが尺八を吹くという、外人さんでありながら和楽器の奏者であるお二人。そのカート&ブルースさんと東京で俳優をなさっている金子あいさんのお三方が出演者です。金子さんは歌と朗読での出演でした。

特別事前に情報を得ないで行ったので、一曲目にジョン・コルトレーンの曲がきてびっくり。箏がギターやハープの音色のように聞こえ、尺八はサックスさながらの色気をかもしだします。曲が終わり、自己紹介の中でブルースさんがフルートやサックスを習っていたと言うことを聞いて納得。

しかし、おどろくのはこれだけじゃありませんよ。普通に和楽器ならではの曲もありました。「みだれ」やお正月の音楽としておなじみになっている曲も演奏していました。ちゃんと日本の楽器として親しんでいることを肌身に感じ、福島で作曲したといわれる曲で福島への愛を感じました。

そして、忘れてはいけない金子あいさんの歌と朗読。俳優さんというだけあって響きの良い声と、歌と、朗読でした。最初に住職からのリクエストでの浄瑠璃は本当にすばらしかったし、朗読の時の豊かな表現には、情景が目に浮かぶよう。最後の最後、アンコールで披露した英語詞のAmazing Graceも心に響く歌声でした。

最後に皆で故郷をうたい、記念撮影をし、終了。箏をながめたり、来ていたお客さんとお話ししたり、ブルースさんとお話ししたり・・・ほんとうに終わってからも楽しい時間でした。

また、こんな機会があったらいいなと思えるひとときでした。三春町にきてくれてありがとうございました。また、何かの機会にいらしてくれるといいな、と思いながら帰宅しました。


カート&ブルース福島ゴーイングホームツアー

20110626151855.jpg

2011.07.09

今年もやるようですよ、三春盆踊り。

20110709223949.jpg

三春町観光協会が関わっている三春町観光ボランティアガイドの会で発行している「歩き愛です」というフリーペーパー(みはる 歩き愛す 第7号(夏号)|三春町観光ボランティアガイドの会 )に、三春盆踊りの事が書かれています。最後のページには今年も開催される旨がありました。

今年は8月15・16日の二日間です。いつものように牛乳パックの絵灯籠づくりも行うようです。子供たちがつくる絵灯籠は幻想的で、三春盆踊りで華やぐまちなかをより美しく彩ります。

2011.07.20

リサとガスパール&ペネロペ展|郡山市立美術館

7月16日(土)〜8月28日(日)まで郡山市立美術館で開催される「リサとガスパール&ペネロペ展」。関連していろいろと催しがあるようです。催しは土日に集中してるので、夏休み中の親子でのおでかけにぴったり。

ペネロペはNHK教育で放送していて有名だし、リサとガスパールは絵本で有名だと思います。どちらもほんわかとした絵のタッチが特徴的です。内容もほんわかしていて、みているとくすっとなったりにっこりしちゃいます。

8月20日(土)の「西洋美術史に見るリサとガスパール」という美術講座はなかなか面白そうです。参加無料で、14:00から始まります。会場は講義室、講師は郡山市立美術館の学芸員の方です。美術の文化的な話を絡めて、絵本「リサとガスパール」にせまる内容になりそうなので、これは必見。

ギャラリートークは要観覧券となっていますが、こういった解説を聞きながら絵本を見ると、違った視点が開けて面白そうです。


リサとガスパール&ペネロペ展|郡山市立美術館

日時:7月16日(土)〜8月28日(日)

場所:郡山市立美術館

料金:一般500円、高校・大学生300円、中学生以下、65才以上、障害者手帳をお持ちの方は無料

時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)

休館日:毎週月曜日。7月18日は開館、翌日休館

2011.08.27

8/27(土)・28(日)「福島GameJam in 南相馬」開催。

本日 8/27(土)と明日8/28(日)、「福島GameJam in 南相馬」が南相馬市で開催されます。さっき調べたら結構すごいイベントなんだと気づきました。

会場は福島県南相馬市です。東京電力の福島第一原発から30キロぐらいの距離にある、海沿いの町です。そこで開催される福島GameJamは、東北の学生たちやクリエイターが集まって、ランダムにチーム分けをし、30時間という制限時間でビデオゲームを制作するというイベントです。福岡、札幌、東京のサテライト会場を設け、そこでもゲーム開発をするそうです。

今回はustreamでの配信があるので、会場の様子を色々な場所で見る事が出来そうです。番組パーソナリティーはクリエイター/プロデューサーの水口哲也さんです。え、水口さんustreamのパーソナリティーなんですね。今、知りました。水口さんと言えばゲームクリエイター・ゲームプロデューサーとして有名ですが、代表作品としては「スペースチャンネル5」や「Rez」でしょうか。Rez、うちにあって、夫が時折やってるんですが、見てると楽しいんですよね。なんといっても音が気持ちよくて、すごく好きな作品の一つです。・・・自分がやる訳じゃないんですが。

そんなこんなで、会場に行けない方はぜひustreamで、「福島GameJam in 南相馬」の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。


ustream配信スケジュール|東北ITコンセプト 福島GameJam in 南相馬

2011.08.29

2011年の「福島GameJam in 南相馬」が終了しました。

もうはや、来年も南相馬で開催!なんていう話がtwitterであがっている、「福島GameJam in 南相馬」が8/27・28に開催され、無事終了しました。

とはいえ、昨日の作品発表場面など全く見る事が出来なかったのが残念です。イベントのまとめは夫が書いてるので、読んでみて下さい。(こちら→福島GameJam in 南相馬|Creatiblog:310326 )公式サイトには南相馬市会場や各会場で作成されたゲームの事など、色々と掲載されています。(公式サイト→東北ITコンセプト 福島GameJam in 南相馬

ふたをあければ、夫が運営スタッフ(とブログに書いてあるからそうに違いない)だったというこのイベント。ちょこちょことustreamで見ていましたが面白いイベントでした。夜中もぶっ通しでゲーム開発という結構大変な中で頑張ってる姿に、イベントの醍醐味を感じました。目標に向かって、まとまったり意見ぶつけ合ったりしてたんだろうなあ・・・と、夫のブログ記事を読んで想像。良いイベントとなったからこそ、次回の話がすでに出てきてるのでしょう。

なんだかうまく言えませんが、ちゃんと未来につながるイベントがまた生まれたような気がします。今後も期待してます。私がゲーム開発できるわけでも、ゲーム大好きって言う人間でもないのですが、なにかを作り出す場というのが好きなので、応援していきたいです。

2011.09.01

9月13日(火)にまほらでjazzライブがあります。

9月13日(火)にまほらでjazzのライブがあるようです。アコーディニストのtacaさんとギタリストの菊池啓介さんが出演します。開場が18時半、開演が19時からで、料金は1000円です。

近所の酒屋「宇野沢酒店」さんがチラシを配っていたり、三春のまちなかにチラシが貼られていて知りました。宇野沢さんにお話を聞くと、ギタリストの菊池さんはおじいさんが三春出身で、三春に縁があり、なにか三春町や東北の元気につながるような事をしたい、と企画してくれたそうです。

アコーディニストのtacaさんは9才からアコーディオンを始めて、世界や日本各地で音楽活動をしているようです。ホームページtwitterfacebookからその様子がうかがえます。youtubeにて動画が配信されているので見てみたのですが、なかなか熱い演奏でした。

jazzになじみのない方でも楽しめるようにと演奏内容をお願いしているそうなので、色々な方に見に来て貰いたいなと思います。

TACA JAPAN TOUR 2011 SUMMER 日本ツアー追加公演 in 三春

9月13日(火)

場所:三春町交流館まほら(福島県田村郡三春町大町191)

時間:開場18:30、開演19:00

料金:1000円

出演:アコーディオン:TACA、ギター:菊池啓介(アハナウタ)

お問い合わせ:0247-62-3837(まほら)

チケット予約:0247−73−8435(ツムラヤ) 024−956-2741(サトウ)

※宇野沢酒店さんでもチケットが少しあるそうです。お問い合わせしてみて下さい。

2011.09.23

三春アーツ&クラフツ2011開催中です。

9月23日(金)・24日(土)・25日(日)は三春町の中町・大町のあたりで「三春アーツ&クラフツ2011」が開催中です。

おみやげ&喫茶の花かごも中村邦夫さんの写真展示会場となっています。花かごがあるみはる壱番館の中庭では、作家さんたちの作品や、花かごの珈琲やジュースを作家さんの作品で楽しめる「外カフェ」も開催しております。みどりの屋根さんのサンドイッチもあるので、お天気の良い昼下がりに珈琲とサンドイッチなんていいかも。

東邦銀行さん横の本陣さんやその横の蔵も会場となっていて、デコ屋敷の橋本さんによるダルマの絵付けコーナーもあります。そのほかの会場も楽しそうなので、ぜひぜひ今週末の土日は三春のまちなかへどうぞ。

2012.05.26

三春ARTS&CRAFTSのちょっくらペーパー

三春ARTS&CRAFTSのちょっくらペーパーというのを松葉屋さんで発見。「その2」となってるので2つめの発行なのですね。お持ち帰りして、じっくり読ませて頂きました。内容は本陣さんの店先を借りて開催されている「ちょっくら市」の次回開催、歴史民俗資料館と郷土人形館でコラボ展示、三春ARTS&CRAFTS2012の開催時期など盛りだくさんです。

「ちょっくら市」は5月も開催されていたようで見に行けなくて残念でした。次回は6月15日(金)16日(土)の2日間です。時間は10時〜17時まで。「作り手さんたちが交代で店番してます」とのことなので、作り手さんのお話しも聞けるかも知れません。

そして注目なのは、三春ARTS&CRAFTSさん初企画の「歴史民俗資料館と郷土人形館でコラボ展示」です。この展示の中心メンバーは三春人形の小沢宙さん(小沢民芸の4代目)と上舞木の陶芸家の金山忍さんということです。れきみんと人形館での展示、どんな風になるのか楽しみです。

最後に、今年も町なかで開催予定の「三春ART&CRAFTS2012」。日程は9月15日(土)〜17日(月・祝日)です。去年、初めて町なかで開催されました。今年も町なかと言うことでどんな場所でどんな展示が見られるのか楽しみです。

今後もちょっくらペーパー、見かける機会がありそうで楽しみです。

2012.06.01

6月17日(日)マウイ太鼓フェスティバル開催

6月17日(日)の18時から三春交流館まほらでマウイ太鼓フェスティバルが開催されます。マウイ太鼓は、福島からハワイに渡った移民から受け継いだ福島太鼓を継承しようと16年前にはじまったようです。

ハワイのマウイ太鼓による「ボン・ダンス」と三春の盆太鼓が聞けるイベントです。ドキュメンタリー映画「100年の鼓動 ハワイに渡った福島太鼓」も上映されるので、その歴史に触れてから聞く太鼓の音楽は味わい深いものになりそうです。

日時:6月17日(日)

時間:開場18:00、開演18:30

入場料:無料

お問い合せ先:三春町観光協会(0247-62-3690)

マウイ太鼓フェスティバルー三春町

2012.06.07

6月16日(土)ヨークベニマル三春店で父の日イベント開催

6月16日(土)にヨークベニマル三春店で父の日のイベントがあります。父の日のプレゼントに手作り入浴剤を作るそうです。前回は母の日のプレゼント作りでした。この時にもらったスタンプラリーをもっていけば、二つ目のスタンプが集まります。

今回も休憩コーナーの一角で開催されると思います。時間は15:00〜16:00です。「サービスカウンターまでお申し込みください」とあるので、前回のように飛び入りでは出来ないのかな…?今度、ベニマルに行ったときに聞いてみたいと思います。

20120607152000.jpg

2012.06.15

6月15日・16日はちょっくら市@本陣本店

20120615100800.jpg

6月15日(金)・16日(土)の二日間、本陣本店さんで「ちょっくら市」が開催されます。これは陶芸や芸術関連のあつまり「三春ARTS&CRAFTS」さんの企画したイベントです。

twitterでデコ屋敷の橋本正司さんがツイートしてましたが、正司さんのところのものもあるようです。時間は10時〜17時までとなっております。作り手さんも店番してるようなので、作り手さんのお話しを聞きつつ作品を見るのも楽しいと思います。ぜひ「ちょっくら市」、ちょっくら寄ってみる感覚でお立ち寄り下さい。

三春ARTS&CRAFTSのちょっくらペーパー - sundals.net

本陣さんの店先でちょっくら市

20120615210200.jpg

今日と明日開催の「ちょっくら市」へ行ってきました。本陣さんの店先の土間には渡辺安里さん・あずささん姉妹の作品と、デコ屋敷の張子人形と、陶芸作品が並んでいました。


20120615210800.jpg

店内右手のすみにあったあずささんの作品。Tシャツは子供用と大人用でサイズがあるようです。トカゲのしっぽのTシャツは背中に頭が来るように描かれていて、子供がもうちょっと小さければ買っていたかも。コースターの絵はあたたかみとかわいらしさがあります。

20120615210600.jpg

安里さんの作品は、手頃なサイズのマグカップや湯飲み、足つき小鉢などなど色々ありました。

20120615210400.jpg

デコ屋敷の橋本正司さんの作品。青梅豆ダルマのデザインは正司さんによるものです。梅の花のがらがかわいい、ミニダルマ。

20120615210500.jpg

ちょっくら市は毎月第3金・土曜日に開催予定のようです。明日は息子とのぞきに行こうかな。

2012.06.19

日立市かみね動物園の動物たち

先週の日曜日、日立市かみね動物園に行ってきました。その内容は前回の記事に書いたのですが写真を載せるのを忘れていたので、今回は写真と共に動物たちを紹介したいと思います。


20120619103027.jpg

かわいい小動物代表と言っても良いくらいの「プレーリードッグ」。全部で10匹くらい居て、土をくんくんしてたり、立ち上がって一方向を眺めていたりと様々な姿を見せてくれました。写真のように右のガラスにべったりくっついてサービスしてくれる子もいました。写真を撮ったとき、ちょうどガラスの前に夫と子供が居てなにかアピールしてたのかな?


20120619102620.jpg

カピバラのふたりはフェンスの所でしずかーにしていました。黒い方がメスで白い方がオスです。通りを走る車をじいっと見つめる姿が印象的でした。

20120619104210.jpg

カンガルーは暑さでだれているのか、食後で休憩してるのか、寝転がってる子達ばかり。カメラを向けるとこちらを見てくれたのでカメラ目線。暑くなってきた日差しにまどろんでいました。

20120619103252.jpg

涼しげに泳ぐフンボルトペンギンたち。右はね(?うで?)にカラーリングをつけてあり、それぞれ名前が付いています。赤はあーちゃん、オレンジはおーちゃん、黒はろくちゃん、あとは緑となんだったかな・・・忘れてしまいました。それぞれがカラーリングにちなんだ名前になってます。

20120619103332.jpg

リスザルの島、というリスザルが自由に放し飼いされた場所がありました。ほんとうに自由気ままなので、うっかりしてると物をかすめとられたりします。この時は、前を歩いていた赤ちゃん連れの荷物からおしりふきをとって、自分たちのねぐらに持っていってました。リスザルはすばしっこくて、木の上に移動してみたり、すぐ近くまで降りてきたりとすごかったです。小さな体に大きな目がかわいくてたまりません。

20120619103402.jpg

ヒグマがプールで一泳ぎして出てきたところ。クマって結構すいすい泳ぐんですよね。北海道の旭山動物園で見たホッキョクグマもスイスイ泳いでいたことを思い出しました。鮭を捕るのに川に入ったりするんだから泳げるのも当たり前ですね。

20120619103432.jpg

暑さのピーク、14時ごろのサイ。寝転がって、びくともしません。隣にオリで仕切られているところにいるサイはゆっくりと歩いていました。

20120619103750.jpg

14時から園内をまわりながら飼育員さんによる説明がありました。殆ど見終わった頃だったので、キリンのえさやりをちらっとみる程度でしたが、ほんと、キリンって大きい。むしゃむしゃと飼育員さんのもつエサを食べていました。

また今度、行ったときはゆっくり沢山写真を撮りたいと思います。息子もカメラがあるともっとゆっくり回ってくれるかなぁ…

2012.07.07

第2回IT交流プラザのセミナーに参加

20120707204250.jpg 

 今日、7月7日の14時から開催された「第2回IT交流プラザ Webマーケティング思考トレーニング+ワークショップ」に参加しました。 講師は(株)KDDIウェブコミュニケーションズ SMB事業本部長 高畑哲平さんです。内容はWebマーケティング思考のお話しとそれを元にしたワークショップです。

 参加して良かったです。「Webマーケティング」と名は付いていますが、Webだけではなく様々な職種でもあてはめることができる内容でした。マーケティングの4P(product/price/place/promotion)というフレームワークを軸に話は進みます。

 お話しの中で印象に残ったのは、「なぜ?」を答えて本質を捉えることで相手に何を伝えたいかを明確にすることが出来るといった内容。伝えたい、やりたい、やる、という気持ちや行動が重要だと感じました。何度も試行錯誤して不安を乗り越えて行動していくことで結果は後からついてくるんです。

 ワークショップでは「福島県に観光客を誘致する」と言うお題で、4人程度のグループになり話し合って発表しました。私のグループでは、じゃんけんを勝ち進んだ人が発表者になる!という決め方で、私が勝ったので発表者になりました。むりむりむり!と思いながらも3番目に発表。途中で「あとなにをいうんだっけ?」と頭の中が真っ白になり、最終的にしどろもどろの大変お見苦しい発表となりましたことをお詫びします。内容はよかったのに、50%も伝えられたのか怪しいです。結果的に発表者になったことで体験できた事や学べる事がありました。こういう緊張感を体験することはなかなか無いので、発表者になれて良かったです。またワークショップ体験したいと思いました。恥ずかしさと緊張感と自信のなさをかなぐりすてて、伝えたいことを伝えるという気持ちを強く持ちたかったです。

 ほかにもたーっくさん、おお!これは良い考え!すてき!と思った部分があり、良い内容のセミナーだったと感じます。1000円は安い!と思わせた郡山地域ニューコメさん、講師の高畑さん、さすがです。今回の内容で経験したことは、今後の仕事やなにかをやりたい・やろう!となった時に活かしていきたいと思います。久々にセミナーに参加したのですが、反芻すればするほど楽しく実践していきたい内容でした。

※余談というかおまけというか。

今回のセミナー内容を聞きながらまとめたレポートを、帰ってきてからまとめた物をpdfでおいときます。興味のある方はどうぞ見てください。感想を頂けると嬉しいかも(twitter@sundals宛でmentionやDM下さい)。


120707_webマーケティングセミナー

※togetterでまとめてみました。
第2回IT交流プラザ「Webマーケティング思考トレーニング+ワークショップ」ー togetter

2012.08.02

北海道行きのフェリーでビンゴ大会とジャグリングショー

20120802222031.jpg

今回の北海道帰省、行きは新潟港発苫小牧東港着のフェリーでした。夏休み期間にフェリーに乗るのは初めてです。夏休みの親子連れ向けのようなイベントが開催されていました。ビンゴ大会とジャグリングショーの二本立てです。

ビンゴ大会は今年就航したフェリーの記念の品やフェリー内で使える商品券が景品となっていました。旦那と息子がビンゴ当たって、私は当たらず。・・・いつもそんな感じです。まあ息子が楽しんでいたのでいいんです。

20120802222253.jpg

ジャグリングショーで登場したのは大道芸人のジーニーさん。ふくよかなわりに機敏な動きで、こどもたちを楽しませていました。風船の犬をもらって喜んでいた息子。帰りの車で眠ってるときも離さないほど気に入っていたようです。

20120802222409.jpg

種明かしマジックがわからなくて、ジーニーさんを船の中で探し、降りる時間ぎりぎりのところで見つけてマジックを教えてときにもらった風船。黄色と水色があざやかなお花の風船でした。ジーニーさん、ありがとうございました。

船の中でtwitterをしてるときに夫がジーニーさんのアカウント( @daidougei4ziini )発見してました。今後のご活躍、こっそり応援してます♪

2012.08.20

船引町の灯籠流しと花火大会@2012

20120820192306.jpg

今年も船引町の灯籠流しと花火大会を見てきました。去年に比べて人が多くて、混雑した中を大滝根川へ向いました。終わりの方だったので、3つぐらいしか大きな灯籠を見なかったのですが、やはりキレイ。川の中を威勢良く男の人たちが灯籠を引っ張っていきます。

花火も盛大に上がっていました。去年もすごいなーと思ったのですが、今年も大迫力。クライマックスに近づくにつれて打ち上げ数が上がっていたように感じました。人出が多かったこともあり、混雑に巻き込まれないように早めに帰ってきました。

新潟県の津川にある麒麟山温泉「富久住」

7月末、北海道へ行くために新潟港からフェリーに乗ったわけですが、その前に温泉に立ち寄りました。磐越道を新潟県に入ってすぐの津川インターを降りて少し行ったところにある麒麟山温泉の「富久住」です。食事をすると入浴料が無料との情報をネットで得て、行くことに決めました。

20120820205738.jpg

女湯は一人もお客さまが居なかったので撮影してしまいました。雄大な阿賀野川が見える、すてきなお風呂です。露天風呂もあるのですが…

20120820205858.jpg

露天風呂にはお湯がなく、扉の鍵も閉められていました。お店の方に聞くと、大雨による川の増水でボイラーが壊れてしまったそうです。そういえば、只見川の橋も流されていたような…災害の爪痕が残りつつも、気丈に温泉を運営している感じがしました。露天風呂に入れなかったのは残念でしたが、内湯だけでも大満足の温泉でした。

温泉に入る前に食事の注文をしていたので、温泉を上がって少し経つと早速料理が運ばれてきました。夫は特上のお寿司、私は生ちらし寿司、息子は巻き寿司セットです。これがおいしくておいしくて、本当に新潟県で温泉に入ったり食事をする時間を作って良かったと思いました。海鮮も新鮮でぷりっぷりしていておいしいし、ご飯のお米も甘みがあってさすがは米処の新潟です。麒麟山温泉のあるあたりは雰囲気のある温泉宿が並ぶ感じで、またゆっくり行きたいなと思いました。

20120820211107.jpg

夫の頼んだ特上お寿司。高級感ただようウニが印象的です。

20120820210912.jpg

私が頼んだ生ちらし寿司。こちらは並。甘エビがぷりっぷりでおいしかったです。

20120820211151.jpg

海老の頭で出汁を取った吸い物が付いてきました。しっかり甘みと旨みがでている美味しい吸い物。富久住さんは看板に「割烹」と書いてあったり、2階には座敷があるようで、お料理もおいしいところなんだと思います。

20120820211003.jpg

息子が頼んだ巻き寿司セット。かんぴょう巻きをカッパ巻きに変えて出してもらいました。ちょろちょろする息子にも快く対応して下さって嬉しかったです。

2012.08.22

ハワイアンフェスタin大通公園

7月の終わり、北海道へ行った際に大通公園で開催されていたハワイアンフェスタを見てきました。北海道に住んでいた頃にスマロケ祭というイベントに関わっていたのですが、その時のスタッフさんがそこでお仕事していて、「ぜひあそびにきてー」という事なので行ってみることにしました。

北海道にいるのに、本州と違わない暑さと北海道らしい痛いようなくらいの厳しい日差しの中、大通公園へ向かいます。大通公園は夏のビアガーデンも開催されていて大賑わいでした。

ハワイアンフェスタのステージではフラダンスが披露されていてまさにハワイアンでした。ハワイに関連したグッズ・服等や、お酒や食べ物のコーナーもありました。

20120822111931.jpg

お酒販売コーナーにこのイベントを教えてくれた方がお仕事してたので、いろいろ迷った末、夕張メロンのカクテルを作ってもらいました。メロン!という味わいのおいしいカクテルでした。


20120822112107.jpg

さすが酒豪の手さばきは違います。懐かしい話もちらほらできて楽しかったです。ありがとうございました!

2012.08.23

ハワイアンフェスタで出会ったカウ・コーヒー

7月末、北海道の大通公園で開催されたハワイアンフェスタで出会ったカウコーヒーがおいしかったのでご紹介します。

20120823082842.jpg

ワタショウさんのお酒販売コーナー隣にあったAIKANE PLANTATION(アイカネプランテーション)さんのブースでカウコーヒーは販売されていました。ハワイのカウ地方で栽培されたカウコーヒーは国内での取り扱いが少ないということです。貴重なカウコーヒーを試飲させてもらうと、まろやかで香りも良くておいしいコーヒーでした。

20120823082908.jpg

にこやかに対応してくれたのはAIKANE PLANTATION(アイカネプランテーション)のscott(スコット)さん。笑顔が素敵で、このあと小さな男の子を抱っこして遊んでました。

カウコーヒーはインターネット通販で購入できます。良いお値段がしますが(焙煎挽豆8オンス約227gで2980円!)おいしいですよ♪

Ka'u Cafe:カウ・カフェ

林さんと本明さんの「H2ギャラリー」

7月末、北海道の電車通り沿いにある林啓一さんと本明ゆうじさんのギャラリー「H2ギャラリー」にお邪魔しました。

20120823084744.jpg

林さんはペーパークラフトを作る方。見た目がかわいらしいだけではなく、細かくて細かくて見てるとすごすぎて恐れ多くなる作品ばかりです。この麦わら帽子の男の子が下げてるものも、ただの虫かごではなく、標本を作る時に使う三角缶というものだそうな。詳しく調べると、蝶を採取したとき等に使うパラフィン紙が入ってるらしいです。

参考( 昆虫採集の季節がやってきた!ー昆虫探しに行こう )

20120823084812.jpg

本明(ほんめい)さんはイラストレーターさん。お邪魔したときはうちわ展をやっていて、ステキなうちわと扇子が展示されていました。写真は本明さんが作り出したキャラクター「きもこ」。きもちわるいなかにも不思議なかわいらしさがあります。

20120823084905.jpg

ポストカードや、額入りの絵、Tシャツも販売されていました。

20120823085230.jpg

「かにねことボク」は本明さんと林さんのコラボ作品。ボクの入ってるマッチ箱の方は、ちいさな勉強道具が後ろにあってかわいくて細かくて、作業を想像して卒倒しそうになりました。かにねこのまゆげがかわいくてかわいくて、そのどやっとした顔もいい感じ。右手前のマッチ箱は非売品ですが、マッチ棒の先の赤い部分に顔が描いてあって、これまた細かいネタに感動。かわいいです。細かいです。すごいです。

ながながとお邪魔して、つらつらと近況とか昔のこととか色々と林さんとお話しさせていただきました。来年も帰省時に遊びに行こうと思います。

H2ギャラリー

住所:北海道札幌市中央区南1畳西12丁目(北向き)

営業日時:毎週金・土・日 13:00〜19:00

基本常駐者:金曜日・本明/土曜日・林/日曜日・運営代表

※駐車場はありません(近隣にコインパーキング多数有り)

2012.08.29

WHOOPSさん企画ライブ「移動遊園地」

7月末、北海道の札幌をぷらぷらして歩いていたこの日のメインイベント、WHOOPSさん企画のライブを見てきました。WHOOPSさんは、私が札幌に住んでいた時代に関わっていたイベント「スマロケ祭」の出演アーティストで、メロディカとアコーディオンの二人組です。ひょんなことからtwitterとFacebookでやりとりが再開して、帰省とライブのタイミングがあったので見に行くことにしました。飲みに行くと若干のウソをふくみつつ見に行ったドキドキライブ。まあ、ライブをみつつ沢山飲んだので飲みにいったようなもんです。ライブ終了後も飲みながら出演者さん達としゃべったり、楽しかったです。

写真撮影の許可を主催のWHOOPSのりえさんと他出演者様に頂いたので、ばしばしとデジタル一眼レフカメラで撮影させていただきました。音にノリながらシャッター切るのってこんな楽しいんだ!と実感。しかし暗めの室内に耐えきることが出来ない普通レンズのため、後日確認した写真の中で使えるものがごくわずかでした。

お会いするのも10年近くぶり、音楽聞くのも狭いところでのライブも久々で、どきどきわくわくしながら見てました。WHOOPSのりえさんとしょーこさんのかわらなさっぷりにびっくり。10年近くというタイムラグを感じないかのようなライブパフォーマンス。パワフルな動きとMC中の天然っぷりのギャップが相変わらずなしょーこさん、のりえさんのきれきれのつっこみありのおもしろMCとステキな歌声。そこに、ドラムのジェニー藤田さんが加わってなんだかかっこよさのますWHOOPSさん。見に行けた奇跡に感謝したいぐらいでした。

WHOOPS企画、ということでWHOOPSのりえさんが好きなアーティストを呼んだライブとなっていました。瀬戸奏ちゃん、WHOOPSさん、木霊さんという順番での出演。

奏ちゃんのファンキーであたたかな音楽とりこちゃん(演劇をやってるらしい)のトロンボーンに若さと元気を感じました。弾き語り+トロンボーンてのはかなり面白い組み合わせだなあと思いながら聞いてました。若いなあ、と思ってたんですが、ライブ終了後に私と奏ちゃんは同じ世代ということが判明。女性の年齢は想像しちゃいけないんだと思います。

お仕事のため、はっちさんの居ない木霊さんはなんとなしに新鮮さを感じました。多分、私が木霊さんをはっちさんと本田さんの組み合わせでしか見たことがないからでしょう。その記憶すらもあやふやなわけですが。バンドな木霊さんもいいな!という結論になりました。

本当に、あっという間に時間が過ぎました。それぐらい、楽しい時間だったということでしょう。帰り際、名残惜しくて、「なごりおしい」と口に出してしまうぐらい、何度も振り返りそうになるぐらいでした。また来年、帰省に合わせてライブが見る機会があるといいなあ、と来年のライブご催促までして帰ってきました。ライブ終了後の飲んだり喋ったりがメインになりそうですが。年に一度ぐらい、そういう日もあっていいんじゃないかなと。

【写真紹介】

20120829120843.jpg

トップバッターかなでちゃん(左)とりこちゃん(右)。おふたりともすらっとした美人さんでした。

20120829120944.jpg

2番手、WHOOPSさん。のりえさん(左)としょーこさん(右)。のりえさんの左にはジェニー藤田さん。写真撮ってるときに、しょーこさんが立ってる姿を見て「しょーこさんちいさくなった!!」と気づきました。自炊で痩せたそうです。うらやましい。

20120829121045.jpg

のりえさんの左にいたジェニー藤田さん。3ショットがとれなくて残念。

20120829121122.jpg

3番手、トリは木霊さん。ベース井田さん(左)、ギターボーカル本田さん(右)。これまたベース井田さんの左にドラムのぶっちさんがいます。

20120829121222.jpg

ベース井田さんの左にいるドラムぶっちさん。ジェニー藤田さんもかっこよかったけどぶっちさんのドラムもかっこよかったです。

20120829121144.jpg

ゲスト出演にWHOOPSしょーこさん(右)。

2012.08.31

動物たちとふれあえる、トンデンファームのガーデンセール

7月末、北海道江別市にあるトンデンファームのガーデンセールに行きました。

20120831164517.jpg

鮎釣りのできる釣り堀があったので早速お父さんと挑戦する息子。何回もエサをとられては、付け直してました。なかなか難しそう。

20120831164629.jpg

ようやく釣れた鮎。息子、ちょっとおっかなびっくりのようで、腰が引けてるようにも見えます。

20120831164736.jpg

釣った鮎はその場で炭火焼きにして食べられます。じっくり20分ぐらいは焼いたと思います。スタッフの方が火加減を見てお世話してくれます。

20120831164945.jpg

待ってる間は動物たちにエサをあげたりと、ふれあうことが出来るコーナーで遊びました。かわいいポニーちゃん、エサを持ってる息子にすり寄ってきます。

20120831165003.jpg

別のポニーもやってきました。エサのあるバケツがわかるのか、顔を突き出して催促してる?ポニーの他にウサギやヤギ、ダチョウやブタなどがいました。

この日は天気が良かったこともあり、大盛況。トンデンファームのソーセージやハムももちろん売ってます。パンやコロッケやメンチカツといった食べ物も売っていました。

2012.09.09

文章表現力を体得するワークショップ

今日、郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会(ニューコメ)さん主催の文章表現力ワークショップに参加しました。ビッグアイの7階会議室という、いつもとは少し違った場所での開催です。講師には山田ズーニーさん。進研ゼミの小論文の先生をしてた方で、今は全国各地で文章表現についてのワークショップをしたり大学で教えています。

2時間程度の講義の後、実践するワークショップを行いました。ワークショップ内容はインタビューと自己紹介を小グループで発表すること。50分のインタビューでは二人一組となり、インタビュー内容の書かれた書類の通りにインタビュー。そのインタビューを踏まえて、自己紹介内容を考えて小グループで自己紹介という流れでした。これがなかなかの冷や汗もの。なるべく初対面の人で、男女で組むというしばりがあったので、人見知りをする小心者な私は緊張していました。

緊張の中でもなんとかうまく切り抜けられたなあ、と思ったのはズーニーさんの講義内容にあったコツを踏まえての実践だったからでしょう。ただ単にインタビューして自己紹介して、みたいなことだと間違いなく前回参加したセミナーで発表した時のように頭真っ白で何言うんだったっけ?状態になっています。そんな状態にもならず、簡素に言いたいことをまとめて自己紹介が出来ました。

「自己紹介した内容を自分でほめられれば、それが今日のゴール」というようなズーニーさんの言葉の一押しもあって、発表後の落ち込み度合いも低かったです。ほめられたり、じぶんがんばった!というような満足度もあって、楽しいセミナーでした。

※togetterでまとめました。→郡山地域ニューコメ主催 第3回IT交流プラザ「文章表現力ワークショップ」まとめ

2012.09.16

三春アーツ&クラフツ2012は9月15・16・17日の三日間

三春の町中でアートイベントが開催されてます。「三春アーツ&クラフツ2012」は9月15・16・17日の3日間です。10時から17時まで開催しています。みはる壱番館花かごも会場として、オープンカフェを開催中です。三春の新名物「グルメンチ」を使ったグルメンチバーガーや都路の自家焙煎珈琲「亜久里」さんの珈琲もオープンカフェで味わうことが出来ます。花かご店内では三春アーツ&クラフツの参加作家の作品も販売しているので、こちらも見に来てみてください。


SBSH0129.jpg

グルメンチバーガーです。グルメンチは八文字屋さん、パンは松葉屋さんのものを使っています。ボリュームたっぷりで食べ応えのあるグルメンチバーガーです。

SBSH0130.jpg

三春アーツ&クラフツの参加作家の作品で亜久里の珈琲を飲むことが出来ます。手作りで味わい深い陶芸作品で珈琲を飲むのもいいですよ。

SBSH0131.jpg

こちらは渡辺安里さんの作品。好きなカップで飲むことが出来ます。

SBSH0132.jpg

グルメンチバーガードリンクセットの時に使用するお皿。こちらも、お客さんの好きなのを選ぶことができます。

花かご

三春町大町32-1 みはる壱番館


大きな地図で見る

2012.09.17

石橋千絵子さんのかんざしと和小物は必見

三春アーツ&クラフツ2012のフローリアン2階の展示にあった石橋千絵子さんのかんざしと和小物がすっごくかわいいです。明日までの開催なので、見に行ける方はぜひぜひ見に行って下さい。

20120917032651.jpg

鳥かごが真ん中にのっているかんざし。細やかな職人芸です。お団子にした髪の毛にささっていたらさぞかし和服に似合うだろうなあ…と思いました。あまりのかわいさに興奮しすぎてぶれてます。

20120917032826.jpg

こちらは髪飾り。和服にも洋服にも合う感じで、飾りのキラキラ感がこれまたかわいいです。

他にもうさぎや花びらの形に切り抜いた銀板の根付けや髪留めなど、様々な作品がありました。どれもこれもかわいくておうちに連れて帰りたくなりました。連れて帰ったところで、髪留めにするのもとどまってしまうようなお値段がずらりだったので、気合いを入れてここぞというときに使うぞ!と思い切らないと私は手を出せそうにありません。その思いの丈を石橋さんに伝えたところ、「見て頂けるだけでもありがたいです」というような言葉をいただきました。目に留めてもらい、愛でてもらうだけでも作り手としては嬉しいことなのでしょう。

作品には人柄が出る、という話もあります。石橋さんと世間話や職人を志すきっかけの話などを聞いた印象と作品のかわいらしさや細やかさが一致しているなあ、という印象を受けました。東京に生まれ育ち、京都の学校へ行きかんざしや和小物を作る勉強をした後、東京の浅草の職人さんに弟子入りした石橋さん。かわいらしさのなかに、職人らしい熱いものを感じました。

三春アーツ&クラフツ2012

日時:9月15・16・17日 10時〜17時

場所:福島県田村郡三春町内(主に大町・中町)

※今回紹介した場所は蔵のカフェフローリアン2階(三春町大町77−4)です


大きな地図で見る

2012.09.18

蛙文字の渡辺弥七さん@三春アーツ&クラフツ2012

20120918051010.jpg

9月15・16・17日に開催された三春アーツ&クラフツ2012の本陣さん横の蔵会場に蛙文字の渡辺弥七さんの展示がありました。お伺いしたとき、弥七さんはその場で蛙文字を書いて色づけをしている最中でした。

20120918051217.jpg

蛙文字とは、その名の通り蛙の絵で文字を描きます。大きな幕に翔という文字が描かれていました。沢山の蛙に驚きです。一匹一匹をよく見てみると、ポーズや表情が違っていて面白いです。

このほかにも大きな幕にアルファベットが書かれてるものやハガキサイズのものまで様々な蛙文字が展示されていました。

陶芸作品の展示@三春アーツ&クラフツ2012

9月15・16・17日に開催された三春アーツ&クラフツ2012の本陣横の蔵会場の外の展示は陶芸作品が主でした。

20120918051602.jpg

こちらは主催の三春アーツ&クラフツ実行委員会の委員長渡辺安里さんの作品。

20120918051531.jpg

お皿やコーヒーカップ、花瓶など種類は様々です。重厚感のある陶器で、手に取ると手作りならではのあたたかさのようなものを感じます。

20120918051543.jpg

左は渡辺安里さん、右は郡山から来た月十窯の片岡さん。

20120918051427.jpg

月十窯の片岡さんの作品も陶芸です。ろくろで作ってるとのこと。

20120918051459.jpg

コーヒーカップの持ち手が独特で面白いなと感じました。持ちにくそうですが、持ってみるとそうでもなくて、ちょっとしたひっかかりのようなものがあるのでしっかり持つことが出来ます。

20120918051518.jpg

安里さんと片岡さんの作品に挟まれていた、こちらの作品も素敵でした。安里さんのお友達だったような・・・あとで詳細調べて掲載します。

建築板金の佐藤正太郎さん@三春アーツ&クラフツ2012

20120918050715.jpg

陶芸作品の奥には建築板金の佐藤正太郎さんがいました。ひたすら板を叩いています。先が細いので細かな作業になるのだろうなと想像。

20120918050956.jpg

こういうものが東京の浅草の仲見世のお店の上にのっかっているらしいです。鬼の顔は厳しいようだけど、どこかやさしく見つめているような感じに見えました。作品の隣にはフォトブックが置いてあり、佐藤さんがやってきたお仕事の内容がわかります。会場からも近い福聚寺さんもありました。

20120918050855.jpg

暑い中、参加者さん達に冷たいお茶を配っていました。外国で購入したもので、約4リットル入る保温瓶だそうです。私もごちそうになりました。

2013.05.08

かんざしと和小物に再会しました

2012年9月に開催されたアーツ&クラフツ2012で出会ったかんざしと和小物に再会しました。(その時のsundals記事→石橋千絵子さんのかんざしと和小物は必見 − sundals過去記事

20130427105807.jpg

4月27日〜29日に開催されていた手づくりちょっくら市にかんざしと和小物を作っている石橋さんも参加されるとチラシで見てから、これは行かなきゃ!と思っていました。今回もステキなかんざしと和小物の数々。

20130427105200.jpg

小さなストラップやアクセサリーがかわいくて仕方がありません。

20130427105344.jpg

スカーフとめはしっかりとスカーフをとめてくれる優れもの。風が強い日に一枚羽織ってる物を止めるのに便利です。シンプルにまとめてくれるのでいいなと感じました。

20130427105425.jpg

髪留め・帯留めもかわいいです。どちらにも使えるのもいいですね。

20130427105126.jpg

桜シーズンを意識して作ってきたと言っていたバッグチャーム。桜の花の形とかざりがかわいいです。

本当はどれか小さい物を一つでも連れて帰ろうとしたのですが、色々見て回ってから戻ってきてもう一回考えようと思ってたらすっかり時間が無くなり、もういちど立ち寄ることができませんでした。また何かの機会に出会えたら、その時は連れ帰る商品を決めたいです。

2013.05.09

三春春祭りで郷土芸能の競演

20130505093054.jpg

5月5日(日)に三春町のおまつり道路で三春春祭りが開催されました。時代行列や演舞、郷土芸能の競演など様々な催しがありました。沢山の人で三春の町中が賑わって楽しいイベントとなりました。

20130505093136.jpg

時代行列に登場する馬たちもスタンバイ。風が強い日だったので、暴れないか心配になりました。この時点ではまだ落ち着いていましたが。

20130505103441.jpg

時代行列を見ようと沢山の人がおまつり道路の歩道に集まります。有料席があって、座ってみることも出来ました。

20130505104252.jpg

商店街のお店は店先でお弁当などの販売をして盛り上げていました。ここはむらかみ亭さん。

20130505110155.jpg

時代行列は平安・幕末・明治時代などの三春町に関連する人物の衣装をまとい、所作をしながら行列をします。主要人物は三春町町長・葛尾村村長・富岡町町長が衣装を着て馬に乗っていました。

20130505110207.jpg

20130505110220.jpg

20130505122843.jpg

お昼すぎからは郷土芸能競演会。富岡町、葛尾村、三春町の順で郷土芸能が披露されました。三春町は大町・中町・新町がお祭りの山車です。

20130509092325.jpg

大町の山車では披露する場所までの間を子ども達が太鼓を叩いて、披露の場は若連の大人達が叩きました。

20130505145146.jpg

新町の山車では昭進堂さんのおもちをまいていました。すかさずむらがる子ども達。

20130505145811.jpg

中町の山車は一番新しく、くるくるとまわる派手な山車です。屋根の上に人が乗るのも中町の山車の見どころ。

20130505150513.jpg

最後は三春町・富岡町・葛尾村の各長と大町・中町・新町の各若連代表が壇上に上がり、三本締めで終了しました。

2013.05.17

毎月本陣さんでやってる「ちょっくら市」

20130517131506.jpg

毎月第3金・土曜日に三春町の本陣さんで開催している「ちょっくら市」を見てきました。毎度並ぶ商品が変わっているので、今回はどんな作品が並んでいるのかな?と楽しみになります。


20130517131550.jpg

渡辺あずささんの作ったマスコット「ちょっくらくん」がお出迎え。


20130517132222.jpg

恵比寿屋さんの橋本正司さんが作ったかわいいミニだるまがありました。新商品の「花ダルマ」は前日まで頑張って作っていたそうです。まわりになにかかざりを作ろうと思いついて花びらを作ったら、それを入れる物が欲しくなり小さな器を作り、フタがないと無くしてしまうかも知れないと少し大きめの花びらのフタを作ったそうです。


20130517132234.jpg

花ダルマ桜冠(おうかん)。桜の花がきれいな桜冠(おうかん)とそれを置く台にもなりそうな王冠がセットで付いてきます。これまた細かな作業で、かわいらしいだるまさんになっています。

20130517131717.jpg

渡辺あずささんのTシャツに描かれたキャラクターはどれも個性的でかわいいのですが、これまた個性的なキャラクター発見。お祭りに登場するお獅子さんです。子どもが祭の時にきてたらかわいいかもしれない。

20130517131627.jpg

今回はあずささんはTシャツに絵を描きながら店番してるそうです。その場で注文もできるので、じっくり相談して、なんならその場で描いてもらうこともできるかも。

今月のちょっくら市は5月17日(金)・18日(土)の2日間。明日もやっているので、お時間ある方はぜひ行ってみてください。

ちょっくら市
場所|本陣(福島県田村郡三春町中町 東邦銀行三春支店となり)
時間|10:00〜17:00

2013.05.20

コンテンツ戦略ワークショップレポート

5月18日(土)郡山ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会主催ワークショップ「コンテンツ三部作・二部編 マルチデバイス化のためのコンテンツ戦略」の参加レポートです。講師は長谷川恭久さん。

初心に返ってみよう

20130518132358.jpg


 今回のワークショップに参加する前に、私はひとつだけ決めていたことがあります。それは「事前に講師・ワークショップ内容に関する情報を仕入れないこと」。講師の名前から内容に至るまで、facebookやインターネットのそこらじゅうに散らばって居るであろう情報を掘り下げて調べることをしませんでした。その方が新鮮な感じでワークショップに取り組める気がしたからです。結果、わくわくしながら当日を迎え、うきうきとスライドをみて、どきどきしつつワークショップに取り組みました。新鮮だし、好奇心の塊になれたし、全体を俯瞰してみることが出来た気がします。なんだか初めてCSS Niteに参加した時を思い出しました。あのイベントに参加したときは、登壇者について全くの無知で、かぶりつきのごとく興味を持って聞いていたものです。
 

スライドがステキ

20130518133410.jpg

 始まった瞬間から目が離せなくなったのは、スライドのきれいさが目を惹いたからです。色遣い、レイアウト、内容、どれもが細やかな気配りの元に作られている感じで、シンプルでわかりやすいスライドでした。画像やアイコンの使い方もうまくて、本当にわかりやすく構成されていました。このスライド好き!と思ったのは久しぶりでした。

細やかな気配りがステキ

20130518145140.jpg

 スライドを使った説明中に地震が起きました。会場が4階で建物の構造上揺れやすかったため、震度はさほどではなかったにしろ参加者も動揺してしまいました。かくいう私もかなり焦りました。説明途中でしたが、そこで一端休憩に入ることに。セミナー講師になれているのか、長谷川さんの休憩への運び方も、休憩中の対応もそつがない感じで、その細かな部分の気配りがステキだなと感じました。それ以外にもワークショップ中にこまめに各テーブルをまわり、助言したり観察したりしている様でした。その助言もこれまた的確な感じで、当たり前なのですがうまいなーと思ってしまうものでした。

褒めて伸ばすその姿勢がステキ

20130518160747.jpg

 ワークショップは制作時間が40分、発表は各班5分です。1班の発表が終えてすぐに長谷川さんによるその班への評価、という形式で発表と評価が行われました。良い部分を褒める、他の班との比較でもそれぞれの良い部分を褒める、そうすることでそれぞれののばせる部分を見いだせる感じの評価の仕方でした。違いを知ることでより良くする、というのは基本的なことです。それをしっかり評価の中で具体的に示すことで、理解が深まりました。

意外と気さくでノリが良い人柄がステキ

20130518132407.jpg

 ワークショップが終わり、感想を書き終え、名刺交換をしてもらおうと長谷川さんに話しかけると意外と長く話が続きました。長谷川さんは名刺を切らしていたのでそんなことになったのかもしれませんが、お話ししてる時に感じたのは意外と気さくでノリの良い人だということでした。

20130518182955.jpg

 その後、懇親会に参加し、目の前に座って観察してたのですが、ノリもいいけど的確な事も言ってて、久々に遭遇した面白い方でした。ぜひ次の機会は一緒に盃を酌み交わしたいぐらいです。(今回は車の運転があったのでお酒は飲んでなかった)村上さん(郡山ニューコミの人)が「長谷川さんは講演内容だけじゃなく、懇親会も楽しんで欲しい」というようなことを言っていた意味が理解できました。

 次回は7月20日(土)のコンテンツ三部作・完結編「コンテンツを活かすためのUI設計」です。こちらも今回同様、身になる内容が盛りだくさんだと思います。興味を持った方はぜひ郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会さんのホームページから申し込みをして下さい。損はしないです!


今回のワークショップのtwitterや講師詳細

twitter
togetter→http://togetter.com/li/504962
講師詳細
長谷川恭久

20130518133323.jpg

(デザインやコンサルティングを通じてウェブの仕事に携わる活動家※websiteより抜粋)
twitter @yhassy
facebook https://www.facebook.com/yhassy
website http://www.yasuhisa.com

2013.05.30

ICCオープニングイベント開催の様子をUSTREAMで!

北海道札幌市のクリエイティブに特化したインキュベーション施設「Inter Cross Creaitive center(ICC)」が移転・再オープンと言うことで、オープニングイベントが本日開催されています。イベントは USTREAM で配信されています。

札幌のクリエイティブ界隈の面白い人たちが集まるICC。札幌に住んでいた頃、遊びに行っていました。音楽イベントを見たり卓球したり焼肉したり花火大会みたりカレーパーティーしたり、ICCと聞いただけで色々な記憶が蘇ります。場所が変わり、それが良い影響となって、ますますの活躍が期待できると感じます。

19時30分頃からライブパフォーマンスもあります。出演者の「AURA!」は札幌に住んでいたころにお世話になっていた塚原さんも参加とのことで、USTREAMごしの塚原さんのパフォーマンスも、AURA!の音楽も楽しみで仕方がありません。お時間あるかたは是非、札幌の音楽シーン・クリエイティブシーンを垣間見ることが出来ると思うので、USTREAMご覧になってみて下さい。

20130530191951.jpg

ICCの写真無かったかな、と思って探していたら懐かしい写真を出てきました。旧ICCの事務所で打ち上げをした時のもの。画像はぼやけてますが、私の中でのICCのイメージはいろんなひとがいて、よくわかんないけどなんだか楽しい空気が流れているイメージです。

USTREAM
http://www.ustream.tv/channel/inter-x-cross-creative-center

ICC Website
http://www.icc-jp.com/ja/

2013.06.02

Web業界の未来にわくわくできたCSS Nite in AIZU

20130601115330.jpg

6月1日(土)に会津大学で開催された「CSS Nite in AIZU」に参加しました。Web制作勉強会ということでHTML5とCSS3を中心としたWebアプリのセミナー内容でした。

20130601175143.jpg

個人的に関心が高かったのは、マイクロソフト社のプレゼンテーション。Windows8、Windowsアプリ、Windowsアプリストア、InternetExproler10の話を聞いていたら、以前のWindowsやマイクロソフト社へのイメージが少し変わりました。色々とやれる時代に来てるんだな、そこに追いつけ追い越せで良い物を作ろうとしてるんだなと感じます。

20130601152941.jpg


もう一つ興味深く聞かせていただいたのは、Webアナリストの皆元千奈さんのお話し。Webアナリストとは、ホームページの色んな情報を集めて解析して問題解決をしたりする仕事です。Web解析でのユーザー視点から分析するお話しは、どんな仕事でも応用できるんじゃないかなと思わせる内容でした。誰がどこでいつ何をどうするのか、という5W1Hをユーザー視点だったりクライアントだったり上司の目線で考えて分析して企画・提案していくと良いのかなと感じました。新しい技術として注目されているHTML5を導入するにしても、結果が出なければ意味がないと思う人も沢山います。その意味づけをするためにも、結果を見えやすいようにするためにも、分析することは大事なんだと再認識しました。

全体的に話を聞いていて、Webアプリの可能性がHTML5によって広がっていることを感じ、これはやるしかないでしょ!という気持ちになりました。何をするにしても興味や関心を持って取り組むのは大事です。未来を考えてわくわくしながら、あーだこーだとやり続けるモチベーションもそこから生まれると考えています。Webもまだまだ捨てたもんじゃないし、まだまだこれからやれることが沢山あって楽しみになる、そんな勉強会でした。

2013.06.10

6/8(土) 「Webクリエイターに足りない 本当のSEOスキル」参加レポート

20130608132532.jpg

 6/8(土) にビッグアイで開催された郡山ニューコメさん主催のセミナー「Webクリエイターに足りない 本当のSEOスキル」に参加しました。


前日まで参加に悩みました

 今回のセミナーは前日に参加を決めました。当日は仕事もあったし、時間に間に合わない可能性もあったので参加するのを尻込みしていました。でも、セミナーを聞いた人の感想やFacebookなどSNSでの評判を見て、どうしても参加したくなりました。自分が実現できていない事の理由を、このセミナーで聞くことが出来るんじゃないかと思ったからです。

聞いてスッキリ

20130608141149.jpg

 タイトルをみると、なんかSEOとか専門用語だし小難しい話するの?みたいに思いがちなんですが、そんな小難しい話はほんの少しだけでした。Web制作をしてる人ならわかることばかり。

 「Webクリエイターに足りない本当のSEOスキル」とは、自分自身のWebクリエイターとしてのコンテンツをしっかり積み重ねて、そのコンテンツを買ってくれるお客さんに売り込むこと。売り込む方法はいろいろあれど、魅力的だと思ってもらったり信頼してもらえる情報を提供することで、ひっかかりを作っていけるのです。

やればできる

20130608162531.jpg

 話を聞いてたら、考えて手を止めてる時間よりも身体を動かして次につながるように行動したくなりました。やれることからやり始めれば、大抵のことは気づけばやり遂げてるのです。そんな気持ちを忘れずに、やり続けていきたいです。sundals.netでもやりたいことが沢山あるし、そういう風に気づくことが出来る良い機会をもらえました。とりあえずは定期更新(週一ぐらい)を止めないようにします。


twitterまとめ
http://togetter.com/li/515514
講師 住太陽(すみもとはる)さん
twitter ( @motoharusumi)
Facebook( @motoharu.sumi)
http://www.motoharusumi.com/

2013.06.24

6/23花しょうぶ祭inいわえファームパークで写真撮影会

初体験!モデルさんを撮影

20130623133632.jpg

 いわえファームパークにモデルさんが来て花しょうぶの中で撮影大会をし、写真コンテストをするということで参加してきました。写真を撮るのは好きなのですが、モデルさんを前に撮影する催しに参加するのは初めて。まわりの人々は一眼レフカメラを構えて本格的な雰囲気でした。

20130623134901.jpg

 最初は気恥ずかしくて遠慮がちに撮っていましたが、暑くてかなわなくなってきて、さっさときちんと撮ってしまおう!と思い、近づいて本気出しました。「こっちこっちー」といって目線をもらってるそばでも撮影。息子も後半調子に乗って近づいてiPhoneで撮影していました。なんだか楽しそうでした。

20130623135243.jpg

 お天気もよく、レフ板もとい車のサンシェードで光を返さなくても良いぐらいの好条件だったと思います。意外と沢山シャッター切っていたので、これから選ぶ作業をして良いモノを「ファームパークいわえ第3回花しょうぶ祭写真コンテスト」に応募します。なにか賞がもらえるといいなぁ。


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2013.06.26

6/22ちょっくら市in本陣でみつけたかわいらしいものたち

20130626161021.jpg

毎月第3金・土曜日に開催している三春アーツ&クラフツさんの「ちょっくら市」。今回はかわいらしいものを発見しました。

しずくちゃんコースター

20130626160640.jpg
20130626160928.jpg


渡辺あずささんの作品です。その名の通り、しずくの形をしたコースターです。表情がなんともいえずかわいらしいです。宙ぶらりんしているしずくちゃんにはそっぽむかれまくってうまく撮影できませんでした。あまのじゃくさんなのでしょうか。

たぬきの絵皿

20130626160510.jpg

こちらも渡辺あずささんの作品です。おとぼけ感まんさいのたぬきの絵皿。このとぼけた表情がかわいらしいです。


シルバーアクセサリー

20130626160823.jpg

ちょっくら市で初お目見えのシルバーアクセサリーです。華奢な感じがかわいくてたまりません。ピアスやネックレスがありました。

次回7月開催は7/19(金)・20(土)の予定です。


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2013.07.08

スーパーカーとご当地ヒーローと綱引きと蕎麦in郡山わくわくフェスタ

7月7日(日)に郡山駅前で開催された「郡山わくわくフェスタ」というイベントに行きました。3回に分けて見てきたモノを紹介します。

20130708150039.jpg

なかまち夢通り会場ではスーパーカーが集合。ピンクのフェラーリや王道のレッドのフェラーリもいました。

20130707103416.jpg

郡山駅東口の方にあるWIZ専門学校さんのロゴが入った車も発見。オレンジのレーシングカー仕様の横にいた焦げ茶色がかわいい車にひとめぼれ。多分クーパーだと思うのですが。

20130707104030.jpg

20130707103447.jpg

スーパーカーの横では綱引合戦。5人1組で参加できる仕組みです。郡山のスポーツ少年達がつどっている中にご当地ヒーロー「商店ガイレンジャー」(商店ガイレンジャーのぼり − 商店街きらめき21研究会)が混じって頑張っていました。黄色の人はカメラ目線で手を振ってファンサービス。

20130707104147.jpg

20130707104312.jpg

湖南高原そば振興組合さんがその場でそばうちをしていました。真剣なそばうち姿です。

ユラックス熱海の足湯とがくとくんのふわふわin郡山わくわくフェスタ

7月7日(日)に郡山駅前で開催された「郡山わくわくフェスタ」の様子を3回に分けてお送りしています。(スーパーカーとご当地ヒーローと綱引きと蕎麦in郡山わくわくフェスタ)2回目は足湯とふわふわ。

20130707104646.jpg

磐梯熱海にある郡山ユラックス熱海さんが足湯コーナーを設けていました。小雨の降るなか、雨宿りがてら足湯に浸かることにしました。

20130707104605.jpg

息子は両足、私は片手だけ湯船にいれましたが、あったかくて最高でした。

20130707104806.jpg

遠目から見ても大きながくとくん。これはふわふわという子供用遊具で、空気で膨らませて跳んだりはねたりして遊ぶものです。

20130707105229.jpg

もちろん息子が飛びつき、結構な時間をこのふわふわの中で遊んでいました。他にも数人子供がやってきて楽しそうです。

20130707105249.jpg

20130707105331.jpg

外から中の様子がなんとなく見えます。跳んだりはねたり寝そべったり。雨が降っていても、ふわふわの中では関係なく自由に遊べるのでちょうど良かったです。

アカペラライブとゲーム体験コーナーin郡山わくわくフェスタ

7月7日(日)に郡山駅前で開催された「郡山わくわくフェスタ」の模様を3回に分けてお送りしています。3回目はライブと展示や体験コーナー。

20130707111005.jpg

JR郡山駅西口駅前広場はアカペラライブと展示体験コーナーでした。「まちなかうたふく SONG AID KORIYAMA2013」と題し、アカペラのライブが開催されてました。小雨が降ったり止んだりしながらも、アカペラのきれいなハーモニーと楽しいビートが響きました。

20130707110739.jpg

国際アート&デザイン専門学校国際ゲーム開発者協会東北(IGDA東北)のゲーム体験コーナーでは息子がひたすら絵を描いていました。とても楽しそうです。画伯と呼ばれ、確実に調子に乗ってました。

20130707110901.jpg

描いた絵はその場でパソコンに画像として取り込まれ、ゲームのキャラクターになります。

20130707110759.jpg

「スカイダイブ」というゲームで、ふってくるキャラクターとキャラクターの手をつなげて得点する仕組み。シンプルでわかりやすいし、その場で描いた絵がキャラクターになるのもおもしろいゲームでした。

2013.07.16

7/14(日)田村大元神社例大祭レポート

7月13日(土)・14日(日)に田村大元神社例大祭が行われました。14日の夜の長獅子舞・三匹獅子舞・子供御輿の奉納を見てきた様子を写真と共に紹介します。

20130716130615.jpg

午後8時を過ぎた頃に田村大元神社の方へ行くと、ちょうど長獅子舞が始まったところでした。威勢良く右へ左へぶつかっていく長獅子。迫力満点です。

20130716130627.jpg

笛の音に操られるかのような長獅子の舞いは、町の無形指定文化財になっています。

20130716130602.jpg

続いて子供御輿。地元の子供達が描いた灯籠を持って御輿に続いていました。

20130716130528.jpg

新町の真照寺のあたりから田村大元神社へ行き、境内で奉納が行われます。

20130716130401.jpg

三匹獅子舞の奉納。長獅子とは打って変わって、三匹の獅子が腹に抱えた太鼓を叩きながら舞います。この三匹の獅子は子供が演じます。花笠を被りささらを演奏する大人は四方に立ち、三匹の獅子を見守るかのようです。

今回初めて神社境内の奉納を見ました。笛の音と舞う姿に伝統を感じました。高齢化や過疎化が進んでいく今、伝統も受け継がれることが少なくなっています。そんな中で受け継がれゆく伝統の祭りや舞いの奉納をみて、この先も続くといいなと思いました。

2013.07.23

7/20(土)コンテンツ三部作・完結編「コンテンツを活かすためのUI設計」参加レポート

20130723043334.jpg

7月20日(土)に開催された郡山ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会主催 コンテンツ三部作・完結編 「コンテンツを活かすためのUI設計」に参加しました。講師は長谷川恭久さんです。ワークショップ形式を体験するのは3度目です。(前回の様子はこちらでどうぞ→コンテンツ戦略ワークショップレポート|sundals.net

ワークショップではグループ分けし、コンテンツを活かしたUI設計をしました。お題は「飲食店情報サイトの店舗情報のUI」。今回は発表者を担当しました。結果としてはコンテンツのUI設計のゴールに至らず失敗しました。コンテンツを活かしたUI設計をまとめたり、どんな画面の動かし方でコンテンツをみせていくかという内容を模造紙に書き出すことができずに失敗したため、講師の長谷川さんから「どんな点でつまづいたのか」など質問いただき、フォローもあって発表を終わりました。

今回のワークショップで良い経験ができました。ワークショップでのやりとりや失敗経験を振り返り、どんな点が失敗の原因だったか知ることで対策を考え、次の場で実践していけるからです。失敗した・・・という嫌な思いもしましたが、そんな思いもひっくるめて次に活かしていきます。ワークショップという貴重な場を提供して下さった郡山ニューコメさん、ありがとうございました。


twitterまとめ→togetter
Facebookアルバム(写真)→2013年7月20日「コンテンツを活かすためのUI設計」|Facebook

2013.08.19

8月15日(木)・16日(金)三春盆踊り

20130816181625.jpg

8月15日・16日は三春盆踊りが開催されました。午後6時から子供の太鼓、午後7時からは大人の若連による太鼓と踊り流しでした。

20130816183218.jpg

今年も恵比寿さんに扮した踊り子さん登場。まわりの子供に声を掛けて踊っていました。

20130816174649.jpg


16日のみ、阿波踊りが披露されました。郡山で阿波踊りをしている団体さんです。三春盆踊りとは違った魅力で観客を楽しませていました。

2014.01.22

1月19日(日)三春だるま市のひょっとこ踊り

20140122095926.jpg


三春だるま市で披露される高柴デコ屋敷のひょっとこ踊りを見ました。すでに始まっていたのでステージ前は沢山の人。大町の方が太鼓を叩き、デコ屋敷の方がひょっとこ踊りを披露していました。

20140122095914.jpg

楽しいひょっとこ踊りで心が満たされたら、次は屋台のたこやきでお腹を満たしました。お祭りと言えば屋台のたこやき。寒さも吹き飛びます。

1/19(日)〜1/26(日)冬のおくりもの ハンドメイド作品展in花かご

20140122100833.jpg

1/19〜1/26の1週間、「冬のおくりもの ハンドメイド作品展」が花かごにて開催されています。和小物、スイーツの小物、アクセサリー、エプロンなど様々な手作りの作品が並んでいます。
20140122101034.jpg

作品展の期間中に対象商品(作品展参加テナントの商品)を1000円以上購入の方にくじで抽選をしています。プレゼントする手作り作品ははずれなしのステキなものばかりです。

20140122100918.jpg

期間中はワークショップも同時開催されます。今日1月22日はちりめん細工の笑福さんの教室です。かわいらしい人形や小物を作っています。見学も出来るので作品展と共に実際に作っている場も見ることができます。


「冬のおくりもの ハンドメイド作品展」
場所:花かご(福島県田村郡三春町大町32-1)
期間:1/19(日)〜1/26(日)

2014.04.11

4/11(金) 遊の丘で開催の四人展を見てきました

20140411205131.jpg

今日、自家焙煎珈琲 遊の丘さんで開催している「四人展」を見てきました。明日4/12(土)までなのですが、ぶどう蔓細工・木工・染織・陶芸の4作家による展示です。


20140411205305.jpg

田村市の今泉弘義さんの使い込むほどに味の出るぶどう蔓のカゴは、いいものにふさわしい値段。しっかりとした作品は長く大事に使いたくなる物です。

20140411205252.jpg

二本松の木工作家鈴木潤一さんのボールペンや箸は様々な材木で作られてました。

三春町の染め織り作家田仲スイ子さんのやわらかで落ち着いた色合いの染め織り品。

20140411205319.jpg

20140411205331.jpg

三春町の陶芸作家吉田富雄さんの青くキレイな色の陶器や、桜柄が味のある花器もすてきでした。

20140411205223.jpg

遊の丘さんの珈琲やアップルパイもおいしくておすすめです。週末の土曜日、手仕事とおいしいものでのんびりしたひとときを過ごすのもいいですよ。

遊の丘さんは、その名の通り丘の上にある見晴らしのいい喫茶店です。場所がわかりにくいですが、細かく小さな看板が立っています。

遊の丘
福島県郡山市西田町三町目大明116−10


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2014.05.06

三春春まつり「時代行列」

20140505104340.jpg

5月5日は三春春まつりの時代行列が開催されました。平成24年から始まった時代行列ですが、今年で3回目となります。三春藩の藩主田村氏や伊達政宗へ嫁いだ愛姫(めご)の格好をした人々が町を練り歩きます。

20140505110005.jpg

20140505110500.jpg

馬に乗ってやってくると武士の格好と相まって雰囲気が出ます。今年のお馬さんは比較的素直でおとなしかったようです。最後の馬はちょっと嫌がっていましたが。

20140505110037.jpg

女性役は田村高校生など若い方が多かったようです。

20140505110345.jpg

伊達政宗と愛姫は大きな車に乗って登場です。

20140505131015.jpg

20140505135156.jpg

行列の後、演舞など披露され、最後に三匹獅子が披露されました。葛尾村・田村大元神社・高木神社のそれぞれの三匹獅子はお囃子も踊りも異なるのですが、見た目や構成は大体似てるように感じました。

2014.05.29

ジュピアランドひらた芝桜まつり最終日

20140517133900.jpg

平田村にある「ジュピアランドひらた」にて芝桜まつりが開催されていました。最終日に間に合いました。といっても、なにかイベントがあったわけでもなく、そこではゆったりと時が流れていました。

20140517134625.jpg

風が強いもののお天気が良く、大滝根山横の風力発電がきれいに見えました。

20140517135821.jpg

展望デッキの標高は634mで、東京スカイツリーと同じ高さ。

20140517140116.jpg

芝桜もきれいでしたが、ツツジもきれいに咲いていました。青い空にピンク色が映えます。

20140517140103.jpg

もみじの青々とした新緑もきれいでした。

20140517141045.jpg


2014.07.26

ファームパークいわえの花しょうぶ祭

20140629141338.jpg

6月29日に開催されたファームパークいわえの花しょうぶ祭に行きました。この日は朝から雨模様。開催されるのか心配していましたが、お昼過ぎには雨が上がりました。

20140629141348.jpg

雨に濡れた菖蒲もキレイです。

20140629141415.jpg

20140629142639.jpg

20140629142653.jpg

20140629142707.jpg

菖蒲の向こうには紫陽花が満開でした。

20140629142328.jpg

20140629142338.jpg

20140629142401.jpg

蜂も寄ってきました。

20140629143343.jpg

蓮の花も咲いていました。

20140629143117.jpg

雨水がたまってキレイな蓮の葉。

20140629143435.jpg

自然の手洗い場となっていました。

6月14日(土)JR磐越東線三春-郡山駅間の開業100周年記念イベント

20140614090325.jpg

6月14日(土)に三春駅で開催されたJR磐越東線三春-郡山駅間の開業100周年記念イベントに行きました。まずはポケモントレイン。本当は乗りたかった、ポケモントレイン。ラッピングがポケモン仕様でとてもかわいらしいです。

20140614102256.jpg

三春駅の駅舎玄関付近では出店とミニチュアフード作りの体験コーナーがありました。

20140614102626.jpg

駅事務所を開放して、新幹線のペーパークラフト作り体験。

20140614103239.jpg

息子はあさま、私はスーパー小町を作りました。意外ときちんと作れたので嬉しかったです。

20140614105351.jpg

郡山市のキャラクター「がくとくん・おんぷちゃん」と三春町のキャラクター「こまりん」がきていました。こまりんが一番大きかったです。

20140614105547.jpg

ミニSLとミニ新幹線に乗れるコーナーがありました。

20140614105552.jpg

車掌さん、サングラスが似合っててかっこよかったです。

20140614110014.jpg

給水中に教えてくれた、5つのボタン。押すと新幹線の発車時の音楽が流れます。聞いたこと無いものもありました。

20140614105719.jpg

特設ステージでは三春駅長さんとじゃんけん大会。三春のものや、電車関連のグッズが景品となっていました。

20140614111535.jpg

帰りも高架橋から線路を眺める息子とお友達。

2014.09.05

2014年8月28日(木)谷本光郡山ソロライブatザラストワルツ

9月に入り、すっかり秋の空気が心地よい季節となりました。先週、夏の終わりにギターの音色を聞いて頂こう!と初めて企画・主催した「谷本光郡山ソロライブ」。共催としてonionflyというユーストリーム放送番組などを制作する映像団体の方達に協力して頂きました。

ブログでのお知らせを失念するぐらい、短い期間で準備・チケット販売・当日を迎えたこのイベント。ソロギタリスト谷本光君を迎えて、郡山ザラストワルツにて開催しました。ギター一本からシタール・三線・三味線・スティールパンなど世界各国の様々な音色を繰り出す奏法で活動している谷本君。あっと驚きの演奏と海外でのエピソードトークで、会場のお客様に谷本光のギターを楽しんで頂けたと感じています。

会場のザラストワルツさんのお食事もおいしくて・・・こちらはまた別の記事でご紹介します。本当に、ワルツさんで開催できたことが光栄でした。お店の雰囲気も良く、ライブを食べ飲みしながら楽しめます。

また11月にお呼びする機会をもうけて、今度は大人も子供も一緒に楽しめる内容をお届けできたらなと企画中です。お楽しみに!

2014.11.03

三春街かど写真展〜1991-1999 櫻川〜

IMG_5831.jpg
10月24・25・26日の三日間、三春町の桜川ぞいの土壁で写真展がありました。

IMG_5828.jpg

1991年から1999年に中村邦夫さんが撮影した桜川沿いの風景です。

IMG_5838.jpg

河川改修工事ですっかり様変わりした今と昔の様子を見比べて思いを馳せる人もいたでしょうね。

2014.11.16

11月15日(土)谷本光ギターコンサート

2014年11月15日(土)に谷本光ギターコンサートを開催しました。

20141115160207.jpg

オープニングには劇団赤いトマトさんによる人形劇「はらぺこガズラー」。ご夫婦お二人による人形劇です。

20141115162616.jpg

谷本光さんのギター。色々なモノを駆使して演奏する姿に驚き。ギター一本から繰り出される様々な音色と即興の音楽を楽しませていただきました。

20141115163757.jpg

20141115163900.jpg

20141115182309.jpg

終演後に三春町福聚寺の住職玄侑宗久氏による一文字がこめられたダルマと記念撮影。

2014.11.22

2014年11月22日(土)第一回三春町ふるさと検定

20141122195645.jpg

2014年11月22日(土)に第一回三春町ふるさと検定を受検しました。三春町観光ボランティアガイドの会が主催です。無料で受験することが出来ました。三春町の事を広く知ってもらう機会として、また三春町の歴史に触れてもらう機会として催されたようです。

参加賞として三春町のキャラクター「こまりん」が描かれたバッヂをもらいました。そのほかに三春町のまちめぐりマップや三春城跡のパンフレットや町内の桜マップをもらいました。

肝心の検定ですが、「三春・城下町を歩こう」と「三春の歴史」という本から出題されており、この本を参考に回答することが出来ました。全部で60問の3択です。事前に読み込んでいれば、難なく答えられる内容でしたよ。三春の歴史や町内の神社仏閣についても深く知ることができる内容となっていました。

2015.09.24

「第3回スペシャリスト女子会〜みんなのキラキラ個性を見つけよう〜」で自己分析

2015年9月24日に開催された「第3回スペシャリスト女子会〜みんなのキラキラ個性を見つけよう〜」に参加しました。

スペシャリスト女子会とは、特別な資格や能力があるかどうかは関係なく、自分の得意なことや好きなことを世の中のために生かしたいと考えている”スペシャリスト女子”の”スペシャリスト女子”によるセミナーです。会社や組織の中で働く方も、フリーランスで働く方も、起業家も、専業主婦も、学生も、“スペシャリスト女子”という言葉にピンときた方なら、女性も男性も年齢も関係なく参加できます。

Facebookのイベント招待で見かけたこのイベントに参加した理由は、「コミュニケーションカードで仲間づくり♪~みんなのキラキラ個性を見つけよう!~」というお題のコミュニケーションカードが気になったから。どんなツールなのか、そしてそのツールを使ったセミナーに興味津々で参加したわけです。

「コミュニケーションカードは、自己理解、他者理解、相互理解をゲーム感覚で深めるためのカードです。」と、Facebookのイベントページの文中にあります。内容としては、参加者の自己紹介からはじまり、コミュニケーションカードを使った自己分析、そしてペアになった方の分析をします。そして自分自身とペアの相手を評価をして、評価に対しての分析も行う、といったのが大体の流れです。講師の先生からのフォローが入りつつ、進みます。私は到着時間が遅かったため、主催の方に超特急でフォローして頂きながら自己分析しました。なるほど!と、おどろき!がやってくる新鮮な体験をしました。そして終了後の名刺交換・ご歓談タイムは久々に様々な方とお話しさせていただいたり、久しぶりに会う方とお話ししたり、楽しいひとときでした。

IMG_6889.jpg

IMG_6891.jpg

2015.09.28

9/26「プロのカメラマンに教えてもらおう プロのカメラで撮影してみよう」

カメラマンのケニア・ドイさんがキレイな写真の撮り方を教えてくれる、そしてケニア・ドイさんのカメラで撮影できる特別な写真教室に参加しました。

ケニア・ドイさんは、多くの芸能人や、犬・猫を撮影するカメラマンです。(ケニア・ドイの仕事場)動物保護団体のふくしまプロジェクトさんとはじまりの美術館の共催で開催され、実際に撮影する時にふくしまプロジェクトさんで保護した犬がモデルさんになってくれました。(ふくしまプロジェクト)開催場所はふくしまプロジェクト いなワシラ村です。中ノ沢温泉街の中でした。

20150926114322.jpg

20150926114959.jpg

ドイさんの進行の元、カメラや撮影時の問題ごとを参加者それぞれが出していきます。撮影するときに大事にしていることや、気にすると良いと思う事をあげていき、それぞれの問題を解決する糸口を見つけていきます。

20150926121953.jpg

参加者の問題の解決策が出そろったところで、実際に撮影。ドイさんのカメラを使っても良し、自分のカメラでも良しという状況で撮影会が開始されました。最長300mmのレンズは迫力満点で、息子も興味津々。

20150926121624.jpg

ナナコちゃん、だったかな。とてもかわいかったです。

20150926123113.jpg

20150926123333.jpg

上記2枚はドイさんのカメラで撮影したデータ。設定もドイさんがしてくださってたようで、そのまま使いました。色味が全然違う。

20150926124258.jpg

最後はケニア・ドイさんのブログが本になったということで、販売&サイン&記念撮影会になりました。

20150926162317.jpg

帰りに午前中の雨が嘘のように晴れた磐梯山を撮影しました。カメラや写真に関する問題ごとも解決したし、これから精進するのみです。

2015.10.06

10/4 仁井田本家 蔵・収穫祭2015秋

福島県郡山市の酒造「仁井田本家」さんの「蔵・収穫祭2015秋」に行ってきました。

仁井田本家さんは日本酒の金寳自然酒醸造元です。自然米(農薬、化学肥料を一切使わず栽培)100%使用「金寳自然酒」・自然酒の純米料理酒「旬味」の醸造元で、その酒造さんの日本酒が振る舞われたり、28箇所が出店するオーガニックマルシェや、熱燗が楽しめるもっきりバー、音楽ライブなどが行われました。

20151004094501.jpg

マコモダケの天ぷらが試食できました。郡山市三穂田の農家さんです。マコモダケはイネ科の植物で、休耕田で栽培されたりと一時期注目された作物です。やわらかい筍のような食感で、甘みがある味わいです。衣に塩を入れて揚げるのがポイント。

20151004100711.jpg

須賀川市のあぴすの家さんのハチミツ。展示された蜂の巣は「なめてもいいよ」とお店の方から言って頂き、息子が何度も通っては指をさしてなめていました。

20151004101419.jpg

郡山駅前の居酒屋安兵衛さんと仁井田本家さんがコラボした酒粕コロッケ。酒粕の甘みがくせになるおいしさでした。

20151004103007.jpg

振る舞い酒はそこかしこでビンを持つ蔵の人に頂きました。

20151004103441.jpg

樽からも!

20151004110344.jpg

もっきりBarでは様々な種類の熱燗も楽しめます。

20151004121018.jpg

熱燗をつくる背中が美しかったです。


パート2に続きます!

10/4 仁井田本家 蔵・収穫祭2015秋part2

この記事は「2015年10月4日(日)仁井田本家蔵収穫祭2015秋」の続きです。

福島県郡山市の酒造「仁井田本家」さんの「蔵・収穫祭2015秋」に行ってきました。とてもとても1ページにはおさまらない数々の内容を写真と共にご紹介します。

20151004103240.jpg

音楽ライブステージ。懐かしのベンチャーズが聞こえてきます。

20151004145538.jpg

名前を聞きそびれてしまいましたが、ステキな歌声でした。

20151004111117.jpg

郡山市西田町のパイナップル独りウェイさんが出演。やっと聞けた「三春ダム」は日中から聞くにはとまどうけど、お酒が入ってればなんのその。でも子どもの耳はふさぎましょう(苦笑)

20151004113229.jpg

売店の二階にギャラリーがオープン。石井直人さんの土鍋展でした。土鍋でご飯も炊かれていて美味しい香りが漂います。

20151004113257.jpg

二階の窓からの眺め。沢山の人で賑わっていました。

20151004115906.jpg

なんだかステージ前が騒がしい・・・と思ったら、サプライズゲストに日本エレキテル連合さんがきていました。

20151004122429.jpg

子供達も大喜び。各お店を見てまわるエレキテルさんに群がります。

20151004140945.jpg

朱美ちゃんと細貝さんはお色直しをして、お笑いライブも繰り広げられました。いやぁエレキテルさん面白かったです。10年後も生き延びているでしょう!(ご本人様からの指示によるまわしもの感たっぷり)それにしてもホントに朱美ちゃんは白くて、お天気が良かったのでさらに白く見えました。

20151004122523.jpg

ガラポン抽選会、残念な結果でしたが商品券200円ゲット!

20151004123546.jpg

20151004123241.jpg

蔵見学も開催されていました。この時の案内人の吉田さんは、田んぼの担当をされているとのこと。農家みたいなものです!とおっしゃっておりました。お米作りからこだわる仁井田本家さんの真髄を見た気がします。

20151004150126.jpg

最後に蔵元からの挨拶、そして専務の一本締めで幕を閉じた仁井田本家さんの蔵収穫祭。おいしいものを食べ、おいしいお酒を飲み、楽しい音楽とお笑いで身も心も満たされました。来年4月の感謝祭も楽しみです!

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About イベントレポート

ブログ「SUNDALS - 田舎暮らし & 子育て + 郡山界隈の情報」のカテゴリ「イベントレポート」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはイベントカレンダーです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ