[本]はじめて考えるときのようにー「わかる」ための哲学的道案内

私はよく考えることを面倒になって放棄する時がある。「考える」ってどういうことなのか、考えすぎてよくわからなくなる時がある。そんな時にふと目に入ったのが「はじめて考えるときのようにー「わかる」ための哲学的道案内」だった。

本のタイトルからすると、何やら哲学とか言い始めてて小難しい本なんじゃないの?と思ってしまうけど、開くと読みやすくわかりやすく伝わる内容。挿絵もいい感じに力が抜けてて、読んでいる途中にほっと一息つかせてくれる。考えることを考えるなんて、堂々巡りみたいなことをしてしまいがちだけど、やることは単純で、わかりやすくて、考えやすいことだと伝えてくれるようだ。筋道が立った文章を読んで理解した時のすっきり感があり、すっきりしてるのに、また読み返したくなる本だった。

 

Leave a Reply