2010年01月

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010.01.03

新年明けましておめでとうございます。

3が日の3日目、明日からは世間一般は日常社会に戻る日がやってきます。年末年始と飲んで食べて寝て起きて・・・と繰り返してずいぶんとカラダがなまっていますが、昨年決めたとおりに、今年こそはしっかりと計画立ててすごそうと思います。

といっても、3が日過ぎて4日から仕事をするという、至ってシンプルな計画しか立っていないわけですが。お休み期間が終了してしまう前に計画を練ろうかと思います。

その前に、年末年始の4日間を振り返ってみましょう。

いかにんじん諸事情で、昨年もおせちづくりのお手伝いをすることができませんでした。いかにんじんなんかは、北海道では食べたことも見たこともない一品なので、作り方を教わろうと思っていたので、とても残念です。今年の年末こそは、おせちづくりのお手伝いをすると胸に誓いました。おせちをお重に詰めるのはやったんですけどね。

黒豆伊達巻き 浸し豆 しかしまあ、今年は1日から3日間、しっかりとおせちを食べさせていただきました。なます・くりきんとん・伊達巻き・いかにんじん・ごぼういり・黒豆・浸し豆・・・どれも夫の実家のおばあちゃんとおかあさんの手作りです。甘さや塩加減もちょうどよく、満腹になるまで食べてしまいました。

おせちとともに、日本酒もいつもに増してたくさんいただいたような・・・毎日、翌朝になってはのどがからからでお酒が残っているくらい。ついついおつまみになる物が多いので、お酒が進んでしまうのです。

なんやかんやとのんびり食べたり飲んだりと過ごしていた3日間でした。明日からは気を引き締めて、社会復帰する予定です。

2010.01.03

2009年ラーメン納め「丸信ラーメン」。2010年ラーメン初め「麺家くさび」。

昨年のラーメン納めは「丸信ラーメン」でした。私は塩ラーメン、夫がチャーシューメン。もちろん餃子も注文します。

sioramen091231.jpg

チャーシューメンもおいしくて好きなのですが、胡麻とニラの風味にノックアウトされたのか、塩ラーメンが大のお気に入りになってしまいました。ワンタンメンが始まっていたこともしっていたのですが、やっぱり締めくくりなのだから大好きなものを食べようと思って塩ラーメンを注文しました。

msinmenu.jpg

今年のラーメン初めは「麺家くさび」です。3日に食べに行きました。私は本当ならば「あさくさ」のラーメンが食べたかったのですが店の前を通りかかった時には開店していなかったので、通り過ぎてくさびに足を向けました。

多分食べたことがないだろうと思って注文したのが「くさび白味噌とんこつ」です。こってり濃厚なとんこつに味噌の味と、肉みそ・コーン・キャベツ・くらげなどがよく絡んでおいしかったです。夫は野菜たきだし醤油、とかいうのを食べていたようです。

くさびでは7周年記念で1月末までの期間中に2回来店すると1杯無料のサービスを行っていました。券の配布は1月15日までで無くなり次第終了です。

サブメニューに肉まきおにぎりやデミカツ丼といった商品で充実しているので、ぜひぜひ行ってみてはいかがでしょうか??

2010.01.04

バジルの花が咲きました。

skybajiruhana.jpg 実はずいぶん前から咲いていたと言われましたが、私は先日初めて気がつきました。バジルの花が咲いたのです。

花が咲いて、花が落ちたら種ができるはずなので、ここで種を採取して来年は沢山バジルを栽培したいです。沢山のバジルを栽培して、バジルペーストを作り、ジェノベーゼパスタをいただくというのが目的。その前にバジルペーストとジェノベーゼの作り方をマスターしたいところです。

輸入食材店ジュピターにて塩味をつけていないアーモンドを購入しました。本当のバジルペーストは松の実を使用するのですが、ちょっとお高いので代用できるアーモンドにしました。120gで297円です。

しかしよく考えてみると、バジルがもりもりと成長する頃にバジルペーストを作るので、今買うことはなかったかもしれません・・・。

ともかく、今年はたくさんのバジルを育てて、葉を収穫したいと思います。

2010.01.05

おくるみで牛さんに変身!(売れている出産祝いby育児な手帖)

うちの息子が1歳になるかならないかぐらいの時に、ライオンの着ぐるみパジャマを買ってよく着せていました。そんなことを思い出させてくれたブログ記事。いつも楽しく読ませていただいている「育児な手帖」さんです。

Amazonに聞いた、実際売れてる出産祝い その1 牛のおくるみー育児な手帖

牛に変身してます。かわいいです。写真は外人さんだけど、日本人だってなんだって、赤ちゃんに着せたらかわいいこと間違いなし。頭の牛さん部分もかわいくてしょうがないです。

売れている出産祝いの一つだそうです。これは、ぜひ贈ってみたいですね。送り先の相手の反応も楽しみです。

2010.01.05

お歳暮「ねんりん家のバームクーヘン」いただきました。

osb091230.jpg記事にするのに年またいじゃってますが、お歳暮のお話しです。

nry091230.jpgお友達からお歳暮が届きました。ねんりん家のバームクーヘンです。届いてから気がついたのですが、食べたことがありました。私の弟が東京住まいなのですが、北海道の実家に帰省した際におみやげとして持ってきたのでした。

外側のかりっとした部分と、内側のふんわりしっとりした生地がおいしいバームクーヘンです。甘さがくどくないのでさくさくと食べ進んでしまいます。

ホームページを見てみると、いろいろなフレイバーのバームクーヘンがあるようです。今度北海道に帰省するタイミングが合えば、弟に頼んでみようかな・・・それよりも自分が東京行って買った方が早い気がするのです。


ねんりん家

2010.01.06

今年の日課、その一「窓から朝日の写真を撮る」

今年はきちっと、一日一日を過ごしていこうと決めました。きちっと過ごすために日課を作ることにします。その一つが「窓から朝日の写真を撮る」です。今朝の朝日(10/01/06/07:30)

自宅の台所にある勝手口の上の部分が長方形の窓になっていて、そこから見える景色が一つの絵みたいできれいだなあ、と思っていました。これを毎朝写真に撮っていくのは面白いかも、と提案してくれたのは夫。アイデアが豊富な人だなー・・・と感心しきり。早速、年が明けてから実行に移すことにしました。

3が日は実家にいたので写真に納められませんでしたが、今のところ4日からは毎日撮り続けています。家にいないときは写真がとぎれちゃうなあ、と思ったのですが、家にいないときはその場所での朝日を撮ろうと考えました。これなら写真がとぎれることもないし、旅先の朝日を写真に納めることも忘れないはずです。

問題は、撮った写真をどのように公開していくかというところ。今、思いついているのはsundalsのtopページのどこかにブログパーツのように見せていくとか、毎日朝アップすることにして、topページのヘッダに掲載するとか、そんな程度です。もう少し案を練ってから、今月中には決めたいと考えています。

2010.01.07

ライフレシピ共有サイト「nanapi」

「7分であなたの生活を便利にしちゃう、ライフレシピ共有サイト」というのを発見しました。

nanapi[ナナピ]-みんなで作る暮らしのレシピー

実は、「東京ナイロンガールズ」というwebマガジンにて、nanapiのなかの人「asami81」さんのインタビューを読んだことがあったのですが、そのときはnanapiをしっかりと読んでいませんでした。

夫がtwitterでnanapi内のライフレシピ(スパゲッティをカフェっぽく盛る方法|nanapi[ナナピ] )をツイートしていて、なんだかこのサイト見覚えがある・・・あ!、と気がつくわけです。

nanapiはメンバーになるとライフレシピを投稿したり編集したり発言できるようになります。面白そうなのでメンバーになってみました。

nanapi内での貢献度によってレベルがあったり、投稿した記事には評価がつけられるようなのでそのデータもみられたり、参加して活動していくことで楽しめそう。他人の記事もいじる事が出来そうな所はwikiに似ているのかな?

カテゴリの分け方やサイトのデザインもスッキリしていて、おしゃれな感じも好感を持てます。どの程度参加できるかはわかりませんが、ちょっとした楽しみが増えました。

2010.01.07

三春いろはかるた

miharukaruta1.jpg

昭和53年の田村高校生が作った、三春いろはかるた。これは、「三春いろはかるた」の解説を三春町観光協会が再編集・再発行した保存版だそうです。1月の広報と共にやってきました。

miharukaruta2.jpg  

絵札・読み札とともに、当時の高校生が取材して作り上げた解説文が載っています。三春の名所や文化が感じられる作品です。

かるた本体がついているわけではないのが残念。読み札と絵札の全種類を、白黒でぺらぺらの紙で良いから表示してくれれば、スキャンして他の紙に印刷したり、厚紙に貼り付けてカルタを作成したりできるのになあ、と思うのでした。

2010.01.09

少しでも農業をやろうと思った理由。

htkpn.jpg

sundalsでは食や野菜について、書き続けていこうと決めたので、まずは農業の実践から始めることにしました。そのため、今年は実家から畑を借りて、実験的に農業をやろうと考えています。農業を始めようとしたきっかけはいろいろあるけど、そのひとつとしてやまけんさんのブログがあります。


やまけんの出張食い倒れ日記

やまけんさんは農産物流通業者です。出張を通して食べた物や、その土地のお話しをブログの内容にしています。初めは楽しい内容とおいしそうな写真を楽しく読んでいました。読み続けているうちに、食に対してのやまけんさんの考えや、今現在の食の事情を知りました。

家計の事情もあるし、なるべく安い物をと買い物をしている自分。夫の実家のおばあちゃんが作る野菜を無償で手に入れている自分。すこしは作物を育てたいなと思う事もあり、ベランダやプランターでちょっとしたものを作ったりもしました。

やまけんさんのブログを読み始めてから、食については色々と思うことがあって、「こういう事じゃないな、自分のやりたいことは・・・」と思っていたときに、実家で休耕している畑の話を聞きました。

タイミングはちょうどよかったのですが、自分の中で農業を始めることに何かしらの抵抗感がありました。自分の実家も農業を営んでいて、手伝ったことがあり、大変な作業ということを知っていたから。ましてや、夫の実家の畑を生半可な気持ちで使い始めるのも良くないなと思っていたからです。

やると決めたのは、結局何をやり始めるにしても困難はついてくるものだし、今ならば農業について教えてくれる人が身近にいるからです。自分の状況は、ほかの新規で農業を始めようという人よりもはるかに恵まれていると思います。だからこそ、やるならしっかり続けてみようと思うのです。

農業について話していくのなら、自分が農業を体験するのが手っ取り早いと考えています。体験、と言わず実践すればいいのです。体験する程度じゃ、農業のことなんてわかりっこない、と思ってます。実際、農家で育ってきた自分が農業をわかっていないのですから。

2010.01.11

チーズフォンデュ初体験@PETIT GREEN

先日、新年会の会場が「PETIT GREEN」というダイニングバーでした。東北書店のあった場所の向側のビルの1階です。お店の雰囲気が良さそうで、前を通りかかるたびに気になっていました。

オレンジを基調としていて、オシャレな雰囲気がすてきなお店です。ワインの種類が多く、ボトルを入れて楽しめます。貸切できるので、飲み会の会場におすすめ。

今回はチーズフォンデュ初体験しました。とはいえ、実家で一回だけチーズフォンデュしたことはあります。正式にチーズフォンデュと言えるのか怪しい内容だったので、そこはカウントしないことにしてみました。

found010901.jpgチーズはもちろん、あつあつのとろとろ。やけどしそうなところを食べると、口の中にチーズの香りが広がり、何とも言えない幸せを味わえます。「あちっ」とか言いながら、それを我慢しつつ味わうところに楽しさを覚えました。fond010902.jpgからめる具材はパン・ニンジン・ジャガイモ・・・と大根かな?(ニンジンの隣に食べた覚えのない白い物体を発見。)どれもチーズにぴったりな食材です。

レジの近くにあったケーキなどのスイーツがおいしそうだったので、次回はランチorお茶する目的で行きたいと思います。

住所:福島県郡山市駅前2-6-4 富士館ビル1F
電話:024-934-8899
休日:不定休
営業時間:月~木 11:30~(L.O 14:30)/ 17:00~(L.O 24:00)金土祝前 11:30~(L.O 翌1:00)日&祝 11:30~(L.O 23:00)
席:75席(禁煙席有り、貸切可)


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2010.01.13

揚げもちのみぞれ煮@きょうの料理プラス:NHK総合

お正月のおもちが残っているおうちもまだ多いでしょう。揚げもちにして砂糖醤油で食べるのもおいしいですが、一品料理として出すにはためらいがあります。そんなとき、揚げもちだけどもさっぱりと食べられる「揚げもちのみぞれ煮」を作ってみてはいかがでしょうか。NHK総合にて放送の「きょうの料理プラス」でみつけました。

揚げもちのみぞれ煮(NHK総合:きょうの料理プラス)

【材料(二人分)】

切りもち 4個

大根 350g

水菜 1株(25g)

ちりめんじゃこ 10〜15g

だし カップ1/2

酒 大さじ2

みりん・しょうゆ 各大さじ1

塩 小さじ1/5

酢 大さじ1/2

揚げ油

【作り方】

もちをあげる。きつね色の焦げが付くぐらいになり、ぷくっとはじけてきたら、最後は強火で1分間あげる。

だし汁を鍋であたため、調味料類を入れる。煮立ったら大根おろしとあげもちを入れて、絡めるように混ぜる。全体が沸騰したら完成。

盛りつけのトッピングは水菜とちりめんじゃこ。ちりめんじゃこは油で揚げておく。

※トッピングは他の物でも良さそうだし、無くても美味しくいただけそうです。

2010.01.14

白たいやき屋「尾長屋」

sirotaiyakongy.jpg

船引町を車で走っていたときのことです。コンビニだった場所が閉店したのは知っていましたが、たいやき屋になったのは知りませんでした。

「白たいやき」「尾長屋」と見えたので、家に帰ってから検索してみると、たいやき屋さんのチェーン店「尾長屋」というお店を発見。


株式会社尾長屋

白いたいやきの特定原材料は、「卵・小麦・乳・大豆」ということなので、もちもちだけどおもちではないらしいです。黒あん入りが130円なので、たいやきの値段にしては多少高めかな?という印象。ちなみに、「素焼き」という中身が入っていないたいやきもあるようです。ホームページを見るだけでも、ますます謎が深まります・・・

ホームページ内の店舗紹介に船引町の店舗は見あたりません。このお店の真相については、後日お店に行き次第、お伝えしたいと思います。


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2010.01.14

「となりのトトロ」の絵本?

最近、息子にトトロブームが再来中です。夫の実家にはとなりのトトログッズがあるので、行くたびにちょこちょこと見せていただきます。そのなかで息子が気に入ったのが、「となりのトトロ」の絵本。

絵本と言っても、3歳の息子には少し字が多いかな、と感じます。子供向けの映画パンフレットのような印象です。映画のワンシーンの挿絵がたくさん入っているので、息子は挿絵を見て、そのシーンのセリフを言ったり、時にはBGMを口ずさんだりして楽しんでいます。

何十回も読み聞かせているうちに、挿絵のこまかい文章を読まなくなってしまいました。それでも、セリフが言えるほど映画の内容を覚えている息子にとっては、ストーリーを追うことができるので問題がないようです。

最後の方には宮崎監督が構想中に描いたイメージボード集のページがあったり、となりのトトロの主題歌がメロディーの譜面付きで載っています。イメージボード集の中には松郷の地図があったりして、大人のトトロファンが読んでも楽しいページです。

夫の弟たちが読んできた本だからか、やぶれていたりいたずら書きしてあったりとぼろぼろになりかけています。新装版が出ているようなので、購入してもいいかな・・・?

2010.01.15

おすすめ絵本「パパはウルトラセブン」

昨年、保育所が移ってからウルトラマンが大好きになった息子。ウルトラマンの人形やおもちゃは買っても買っても増えるばかりで困りそうなので、ウルトラマンの絵本を探していました。本屋の絵本コーナーで見つけたのが「パパはウルトラセブン」。幼児向けの絵本で、主人公はお父さんになったウルトラセブンです。

ウルトラセブンの家族をとおして、教訓的なことが複数のストーリーで描かれています。読んでいると「家族愛」を感じるのが不思議なところ。パパは娘にあまいし、そこをママに叱られるけど、結局は家族のために怪獣と戦うのです。
正義のために、地球のために、家族のために戦うウルトラセブンの愛情が、子供にも伝わりやすそうな内容となっています。読みやすいし文の量も今3歳の息子にちょうど良くて気に入っています。いくつかのストーリーに別れているものの、ページ数も大量じゃないので、読んでいる方も聞いている方も飽きがこないと感じます。
大人も子供もなじみが深い、ウルトラセブン。ウルトラセブンに出てくる怪獣の説明もあるので、あぁこんな怪獣もいたな、と読んでいて発見があり楽しいです。

2010.01.15

おすすめ絵本「パパはウルトラセブン」

昨年、保育所が移ってからウルトラマンが大好きになった息子。ウルトラマンの人形やおもちゃは買っても買っても増えるばかりで困りそうなので、ウルトラマンの絵本を探していました。本屋の絵本コーナーで見つけたのが「パパはウルトラセブン」。幼児向けの絵本で、主人公はお父さんになったウルトラセブンです。

ウルトラセブンの家族をとおして、教訓的なことが複数のストーリーで描かれています。読んでいると「家族愛」を感じるのが不思議なところ。パパは娘にあまいし、そこをママに叱られるけど、結局は家族のために怪獣と戦うのです。
正義のために、地球のために、家族のために戦うウルトラセブンの愛情が、子供にも伝わりやすそうな内容となっています。読みやすいし文の量も今3歳の息子にちょうど良くて気に入っています。いくつかのストーリーに別れているものの、ページ数も大量じゃないので、読んでいる方も聞いている方も飽きがこないと感じます。
大人も子供もなじみが深い、ウルトラセブン。ウルトラセブンに出てくる怪獣の説明もあるので、あぁこんな怪獣もいたな、と読んでいて発見があり楽しいです。

2010.01.15

amazonの空き箱で郵便屋さんごっこ。

amazonの空き箱をポストにみたてて、郵便屋さんごっこ。箱のおもてはポストの口をつくり、箱の裏に中身を取り出す口をつくります。

切り抜いた部分も形を切りそろえることでハガキとして、グッズの一つになる。色をぬったり、おえかきしたり、切手を貼ったりしてはがきを書く楽しさ。ポストに投函する楽しさ。そして、投函されたポストを誰かに届ける楽しさ。3つの点で楽しめる郵便屋さんごっこ。

amzpost1151.jpg

表のポストの入口と上面のamazonマークが良い感じです。

amzpost1154.jpg

これは裏面。おおきめに口を作れば小さな子供でも取り出しやすいと思います。

amzpost1153.jpg

余ったパーツで郵便マークもつけてみました。これだけでもずいぶんとポストらしくなって、より楽しく遊べそうです。

参考サイト: amazon(アマゾン)のダンボール箱でA4ファイルケースを自作する方法: カミノデザイン【kaminodesign】

※上記ページにはamazonの空箱でいろいろと楽しめそうな情報が満載です。今後もますますamazonで本を購入したくなります。

お買い物にも贈り物にも便利なAmazonギフト券

2010.01.16

豆乳を欲する日々

無調整豆乳にはまる日々。なかでも最近のヒット商品はスジャータの「のむ大豆」です。元々、夫が豆乳好きなのですが、それに影響されてか私も豆乳が好きになりました。この「のむ大豆」を買うようになってから、減るペースが早くなって、私が飲もうとするときには900ml入っている紙パックの半分以下になっていてショックを受けます。

そんな日々の中で、読んでいて驚きを隠せない記事を発見しました。大豆についての記事なのですが、「科学的にはっきりしている脳に良い食べ物があります。それは、大豆です」という部分には驚きました。

大豆は日々優れた脳を営んでいる|育児な手帖

よく考えると、いまでも身の回りの大豆食品は加工されている物も含めて、数多く存在しています。身近な物で言うと、納豆や豆腐が代表格でしょう。枝豆も大豆を若い時に収穫した食物です。日本人が成長してきた一つの要因として、大豆のおかげかもと思ってしまいます。

大豆本体は味も素っ気もないけれど、煮豆にしたり、納豆にしたり、豆腐にしたりと工夫しておいしく味わうことができます。豆乳だって大豆の加工品のひとつなのです。

大豆一つを食べることで一朝一夕で頭が良くなる、と言うことではないにしろ、豆乳を飲み続けるのもそう悪いことではないなと思いました。

※育児な手帖さんで紹介していた本です↓

2010.01.16

明日は三春だるま市。

すっかり忘れていましたが、明日は三春だるま市です。恒例となりつつあるデコ屋敷さんによるひょっとこ踊りもあるようですし、今年こそは見たいところです。

今年は新たな催しとして、三春町の名誉町民である福聚寺の住職・玄侑宗久さんが1年の希望の一文字を書き入れた、特大だるまのお披露目があるそうです。


三春だるまの特徴|三春町

三春町のHPをみていると、三春だるまの特徴について発見しました。頭が平たく、赤みを帯びた顔つきが特徴で、胴体には「宝珠」というほしいものは全ておもいのままに出せるといわれる玉の中に、「福」の字が描かれています。

だるまは本来「にらめっこしましょ」などの言葉があるように、怖い目玉が入っているだるまを魔除けとして置いていました。縁起物としても有名なだるまですが、その中でも三春だるまは、金目→白目→黒目→目の淵→艶出し、と目玉ひとつでも非常に手の込んだだるまで、民芸品として貴重なものとなっています。

毎年、ちいさなだるまを購入するのですが、今年はどうしようかな。たまには、商売繁盛を願って大きなだるまでもどどーんと購入、するかどうかは考えておきます。だるまを購入したところで、置き場所に困るのが落ちのような気がするのですが。

なお、会場近辺は交通止めの箇所があるので、お越しの際は注意下さいませ。

過去記事:三春だるま市 (2009年)

過去記事:寒風吹きすさぶ新春だるま市 (2008年)

関連HP:三春だるま市|三春町

2010.01.19

火鉢を使ってみる

hbt01182.jpg

火鉢が二つほど発掘されたので、暖を取ってみようということになりました。

まずは、木炭と火起こしと火ばさみをダイユーエイトで購入。木炭6キロ580円、火起こし498円、火ばさみ198円、合計1276円となりました。下記の様な形の火起こしです。

まあ、こんなもんかな、と思っていたらamazonで火起こし4点セットを発見。こちらは火起こし、火起こし台、火起こし用フタ、火ばさみの4点で1659円です。

hbt01183.jpgまず、火鉢の掃除から始まりました。火鉢の中を軍手をしてまさぐり、ゴミを取り出します。火鉢の中には大量の灰とゴミ。なんでこんなものが!?といったものから、タバコの吸い殻などさまざま。灰を吸い込まないようにしつつ、作業終了。今思えばマスクをしてやるべきでした。

hbt01181.jpg

つぎに、火起こしで木炭を燃して火をつけます。これがなかなか一苦労。火起こしの使い方もよくわからないので、とりあえずガス台でぼーぼー燃やしてみました。大きな木炭をやろうとしたら全く燃えず、小さな木炭に変えてみるとぱちぱちという音と共に燃えてきました。この音と炭についた火の感じがたまりません。

大きな木炭は割って小さくしてから燃すことに。燃やした木炭を火鉢に移して、暖を取ります。これがなかなか暖かで、手をかざして暖まるのに最適。狭い場所は事故の原因になるので、広い場所や換気がしやすい場所で使用することが条件です。

使用後の炭の処理はどうするのかな・・・?と思っていたら「火消つぼ」なるものを発見。これに入れておけば、火事の心配もありません。夫がちらっと言っていた「・・・つぼがないんだよなあ」という意味がわかりました。

新規で火鉢を購入するならば、このくらい小さくて灰皿にも使えるサイズが良いかもしれません。

2010.01.19

三春だるま市

drm01173.jpg

1月17日(日)に開催された三春だるま市、もちろん今年も行ってきました。晴れていたのですが風が強く、寒さが厳しく感じました。出店の通りを一通り見てきました。

drm01172.jpg

しかし、だるま市に来たのにだるまを購入することを忘れる始末。何をしにいったんだ!とお叱りを受けても当然だと思います。本当に申し訳ないです。

drm01171.jpg購入した物は、たい焼き・たこ焼き・お好み焼き・イチゴあめ・ポテトフライといった食べ物ばかりでした。お昼時だったのでそちらにばかり気を取られていたようです。

郵便局駐車場では恒例餅つき大会があったようで、駐車場入り口にはマスコットキャラクターのポストンくんがいました。息子は例年通り近づきもせず、なんとなく遠目に見るのみ。怖いのかもしれませんね・・・

旧公民館横ではデコ屋敷の方によるひょっとこ踊り。こちらも今年も見ませんでした。強風と寒さに負けない強靱な精神力が欲しいところです。

玄侑さんの一筆が入っただるまがあったようですが、まほらの中のところまで行かなかったので、結局見ることができず、mixiのマイミクさんの日記で見ました。おそらく玄侑さんの一筆による「発」という1文字が書かれていました。なかなか力強くてだるまに合っていたと思います。

来年は寒さにくじけずにだるま市を見ることができるよう、精進したいです。だるまは・・・気が向いたらデコ屋敷さんで購入しようかな?

2010.01.20

おすすめ絵本「しろくまちゃんのホットケーキ」

これは1歳の時におばさんのこどものおさがりでいただいた、と記憶しています。何冊かあるうちにわかやまけんさんのこぐまちゃんシリーズが3冊あり、そのうち1冊が「しろくまちゃんのホットケーキ」でした。

多分、絵本の中で王道中の王道ともいえる、ミッフィーちゃんみたいな、簡素な色の使い方と描き方。カラフルで、小さな子供が親しみやすいような気がします。

1歳頃から何十回も読んでいるからか、息子はストーリーやセリフを覚えています。たまに一緒に読んだり、読んでもらったりする楽しさもあって、息子の成長を感じたり。見開き一つに対して、文章が2つ程度なのも、覚えやすいところなのでしょう。

ホットケーキを焼く行程が大のお気に入り。一緒に「しゅっ、ぺたん」といいながら読み進めます。読み終えた頃にはホットケーキが食べたくなる、食いしん坊にはちょっとつらい絵本です。

2010.01.20

玄侑宗久さんの一筆だるま

htd01201.jpg

三春だるま市の際に展示していた玄侑さんの一筆だるまがまほらで展示されています。

だるま市では見逃したこのだるま。だるま市の後はどこへ行くのかなと思っていましたが、ことのほか早く出会えました。ふらりと立ち寄ったまほらにだるまは居たのです。

htd01202.jpg

まほらの中へ入ってすぐ右手にあるだるまは、大きくて華やかで存在感たっぷり。おなか部分にはしっかりと「発」の一文字が書かれています。


htd01203.jpg

肩のあたりには「金千萬両」と書かれ、商売繁盛の縁起が担がれていそうです。

まほらにこのだるまの展示について問い合わせたところ、いつまで展示するか未定だそうですが、今月いっぱいは確実に展示するとのことでした。だるま市にいってもゆっくり眺めることができなかったという人(私のように)も、この機会、だるまに会いにまほらへ出かけてみてはいかがでしょうか。


三春交流館「まほら」

住所:福島県田村郡三春町字大町191番地


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

過去記事:三春だるま市

2010.01.21

さわ市に寄り道。


swi100120.jpg

久しぶりに野菜直売所「さわ市」におじゃましました。大きくて立派な火鉢には炭が入れられて、やかんで湯が沸いています。ほんのりとしたあたたかさが心地よいのです。外であたるとなおさらに、やさしいあたたかさを感じます。

お茶とむしぱん、それから大根の酢漬けをいただきながらお店の方とお話ししたり、その間にもお客さんのおばあちゃんがきたり、散歩途中のおじさんとわんちゃんがきたり、なんやかんやと井戸端会議のような雰囲気に。

短い時間で、たくさんのお話しを聞いた気がします。それは昔の話だったり、豆知識だったり、さまざまです。

「こんな機会も少なくなったねえ」と、目を細めていうおばあちゃんをみて、なにかぐっときました。よく考えてみれば、おばあちゃんやおじいちゃんの昔話を聞く機会なんて、一緒に住んでいないせいか少なくなったと思います。

たまには実家でのんびりと、おじいちゃん・おばあちゃんとお話しするのもいいかもしれません。とはいえ、自分の実家は北海道なのでなかなか機会に恵まれませんが・・・。


過去記事:凍み餅@さわ市


過去記事:パン作りにも使える、さわ市の地粉。


過去記事:さわ市のはちみつ。


過去記事:春のさわ市。


過去記事:雪が降り積もった、さわ市。

2010.01.21

ばあちゃんの手編み手袋。

ktam0121.jpg

私の実家のおばあちゃんから小包が届きました。あけると、毛糸で手編みされた手袋が三つ。ほかにはジンギスカンのお肉やホルモンが入っていました。

ジンギスカンのお肉を見て懐かしいな・・・と思っていたら、その下あたりにお手紙を発見。私たち家族の事を気遣う内容や、近況が書かれていました。ときたま送られてくる小包には、いつも短いながら手紙がついてきてそれを読むと、ばあちゃんが元気なんだなぁって思えるので手紙もたまには良いなと感じます。

手編みの手袋が3つ、サイズはちょっとずつ違うように見えます。きっと、3人家族のおそろい手袋と言うことなのでしょう。残念ながら、夫は親指のサイズがあわなかったので、一番大きくみえる手袋は私の分、小さめの二つは息子の成長に合わせて使おうと思います。

毛糸の手編みって、なんだか市販のものより暖かいような気がするんです。夫のおばあちゃんが編んでくれた毛糸のくつしたも、普通にスリッパを履くよりも足がぽかぽかするような気がします。実際にあったかいのもあるし、編んだ人の思いが、よりぽかぽかに感じさせる気がしてきます。今年の冬は、手編みの手袋で、手も心もぽかぽかです。

※追記

実はこの手袋、3つとも息子の分でした(苦笑)成長に合わせてはけるよう、少しずつ大きさを変えているんだよ、とブログをみたおばさんにメールで教えてもらいました。

2010.01.22

南幌ジンギスカン・ホルモン

ばあちゃんが送ってくれた小包に入っていたジンギスカンとホルモン。よーくみるとパッケージには「なんぽろジンギスカン」と書かれていました。

ジンギスカンはたれに漬けてある物と、生の物があります。なんぽろジンギスカンはたれに漬けてあります。あまじょっぱくてクセになる味付けです。

届いたその日に早速、食べてしまいました。お肉はジンギスカンにホルモン、お野菜はもやしと白菜などなど。たれの味がしみた野菜がおいしいのなんのって。

途中から、茹でた麺を入れて焼きそば風にしてみたり。これまた肉や野菜のだしがしみこみ、息子ががっつがつと食べていました。


jgk0121.jpg

2010.01.22

さわ市の日替わりうどん

ここのところ、毎日のようにさわ市に行っている気がしています。気のせい気のせい。さて、今日は日替わりうどんを食べるためにさわ市へやって来ました。

曜日ごとにうどんが違うのですが、本日金曜日はカレー・てんぷら・きつねの3種類。うどんと、おにぎり・そうざい・つけもの付きで450円です。

うどんができあがるまでは、しばしのフリートークタイム。思いがけない情報や、面白い話題がつきません。こういうところが、さわ市にきて楽しいなと思うのです。

tu01222.jpg

出てきたうどんは、手打ちで手切りの本当に手作りなうどんでした。あげたてのかきあげやかぼちゃのてんぷらがのっていて、サクサクのうちに食べられます。だし汁もちょうどよく、おいしいおうどんでした。

tu01221.jpg

おにぎりやそうざいも、うどんだけではさみしいかも、と思わせない粋な計らいに感じられます。

次はカレーうどんかな。店内がカレーの良い香りで満たされていたので、誘惑されたのですが、つい先日カレー三昧だったので、遠慮しました。

2010.01.23

米粉で作ったジュース「和素材工房 米づくり」

kmd01221.jpg

JTの「和素材工房 米づくり」という炭酸飲料です。パッケージをよく見ると、米粉のでんぷんを糖化させた素材を使用しているとのこと。しかも素材の全てが国産。気になったので購入しました。

kmd01222.jpg

コップに注ぐと、白っぽい液体にふつふつと炭酸の泡。炭酸飲料だという証拠です。おそるおそる一口飲んでみると、意外とおいしいのです。なんとなく舌触りがまろやかで、なめらかな印象がある炭酸といった感じ。米の風味はさほど感じられません。


和素材工房米づくり|JTビバレッジwebサイト

JTのサイトで見ると、日本酒の大関で有名な「大関株式会社」との共同開発した商品だそうです。

2010.01.24

ママもパパも使えるダッドギアのメッセンジャーバック

いつも楽しく読ませていただいているブログ「育児な手帖」にて、気になるバッグを見つけました。

イクメン?|育児な手帖

ダッドギアのメッセンジャーバッグ。なかに小分けポケットがついていて、哺乳瓶やこどものおもちゃなどを収納しやすそう。赤ちゃんを育児中の方なら喜んで使いたくなるバッグ。


コロラド発!ダッドギアのファザーズバッグ|AllAbout

パパ用、とAllAboutの記事で書いてありますが、私、なんでか気になっちゃいました。こういう形とデザインが好きな女性もいると思います。色違いが何種類かあるうち、赤と白のストライプのデザインがきになります。ハワイアン柄も捨てがたい。

2010.01.25

おやつにぴったりなやさしい甘さ「ナカダの桜あんぱん」

skra0122.jpg

さわ市で、お茶菓子として出ていた「桜あんぱん」は、お店の方のおみやげでした。栃木県佐野市の名物だそうです。株式会社ナカダというパン屋で作られています。

もちっとした感じのパン生地とやさしい甘さのあんこ。お茶を飲みつつ、お話ししつつ、いくらでも食べてしまいそうなおいしいあんぱんでした。

実は、この株式会社ナカダでパンを作ってる方が三春町にあるパン屋「もりのくまさん」の親類にあたるそうです。そんなパンつながりのお話しもお茶菓子から広がる、ほんわか井戸端なさわ市なのでした。


桜あんぱんと洋菓子製造販売 ナカダのパン


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2010.01.27

「おめでとう」と「ありがとう」という言葉。

niji.jpg

先日、自分の誕生日がきました。特別ななにかをするでもなく、ケーキを買うこともなく、作ることもなかった、そんな普通の1日。

それでも、こうしてインターネットや携帯電話というモノでつながる人たちから「おめでとう」の言葉を頂くことがありました。それは現実的に知り合いだったり家族だったり、ネットワーク上で知り合った人だったりといろいろです。

「言葉のチカラ」を感じる日々で、強く強くこの「言葉のチカラ」を感じたのが「おめでとう」という言葉。祝いの言葉には、元気や勇気をあげるチカラがあるような気がします。受け取った途端に、嬉しくなり、なにか頑張ろうという気持ちになりました。

そして、うみだされるのが「ありがとう」だと思うのです。「有り難い」という書き方から来ているこの言葉にも、チカラを感じます。送る方も送られる方も、不思議と幸せに満ちている気がするのです。

この気持ちを忘れずに、日々を過ごしていきたいなあと思います。この思いを起こさせてくれた「おめでとう・ありがとう」という言葉が、自分の誕生日プレゼントの一つ、かもしれません。

2010.01.28

田村大元神社はただいま工事中です。

10012801.jpg

田村大元神社にて工事が始まったようです。たまたま通りかかり、気になったのでおじゃますることに。

10012803.jpg

上記の写真のたて看板は、阿吽像のかたわらにありました。次のようなことが書かれています。

田村大元神社拝殿・随神門屋根修復御協力のお願い
本陣者は国常立命を御祭神とする旧郷社であります。
昭和三年、拝殿・随神門屋根を銅板葺きとして以来、八十年を経て、劣化が進み、雨漏りが判明しました。現在、応急措置をしながら、屋根修復事業を推進中であります。
つきましては、大切な文化財を次世代に継承していくため、御参拝の皆様のご理解をいただき、ご支援ご協力をお願い申し上げます。
募金目標:4800万円
募金受付:三千円以上
募金期間:随時
工事開始予定:平成二十一年十一月以降
問い合わせ先:田村大元神社宮司 田母神公彦
田村大元神社拝殿・随神門修復実行委員会 委員長西川良夫

10012804.jpg

工事は1月20日〜7月20日を予定しているとのことです。階段を上がる前の鳥居の付近にかいてありました。足場が組まれ、工事作業が進んでいるようなので、くれぐれも「立ち入り禁止」の表示がある場合は侵入しない方が安全かと思います。私はたまたま、「立ち入り禁止」の表示がなかったので、お邪魔した次第です。

この田村大元神社の工事を見ているとつくづく、歴史を受け継いで大事にしていくと言うことの大変さを感じます。

参考サイト:三春物語418番「田村大元神社 正月別火講中祭 どんと焼き」【昭進堂blog】

2010.01.28

「BUNDOK 白炭 BD-361」を購入しようと考え中。

kkt100128.jpg

そろそろ木炭がなくなりそうなので、白炭を購入しようと考えてます。いろいろとネットで検索した結果、「BUNDOK 白炭 BD-36 10kg 1770円」が最安の様子。

黒炭よりもニオイが少なく、燃え方が良いらしいという白炭。計算したところ、木炭は100g9.6円、白炭は100g17.7円なので、100gあたりの差額は8.1円となります。10kgにすると801円なので約千円の差になります。

約2週間で6kgを使い果たしそうな勢いなので、10kgあれば3週間は保つ計算です。白炭は赤外線量が多いらしく、そのため少量でも非常に暖かだそうです。その事を考えても、白炭を購入した方が良さそうな気がします。

参考サイト:囲炉裏・火鉢・七輪のうんちくー炭火道:白炭と黒炭の燃焼

2010.01.31

丸信ラーメンで「おにぎり」がはじまりました。

mso100130.jpg

丸信ラーメンさんに行ってきました。年末に行って以来なので約1ヶ月ぶり。お店にはいると目に飛び込んできたのが「おにぎり」。チャーシューがどどんとのっている大きめなおにぎりは、1個100円。

さっそくおにぎりを一つ、いただきました。チャーシューのうまみがおにぎりにも少し染みて、おにぎり単品だけでもおいしくいただけました。餃子やラーメンのお供に良い大きさです。丼ものやライスだとちょっと多いな、と感じる方にもオススメです。

食いしん坊な私はと言うと、チャーシューメン大盛を息子とわけあいながらたべ、おにぎりは夫とわけながら食べたものの半分以上を食べるという始末。この日も食べ過ぎたことを反省したのでした。

過去記事:2009年ラーメン納め「丸信ラーメン」。2010年ラーメン初め「麺家くさび」。

2010.01.31

「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」の包子(パオズ)を作る

ウー・ウェンの北京小麦粉料理に載っている包子をつくることに。「包子(パオズ)」とは中華まんのことです。基本的な生地が「花巻き」というもので、それにあんこや肉などの具材をつめたものが「包子(パオズ)」です。
nkm10013101.jpg
この本を読んでいてどれを作ろうか、悩みに悩んで、ふわっとした生地がおいしい「包子(パオズ)」にしました。中身はあんこがあるので、あんまんを作ることに。油を混ぜるからか、力を入れて捏ねていくと、つるっとした赤ちゃんみたいな肌になります。これが楽しくって楽しくって、はまっちゃいそうです。
nkm10013102.jpg
ひとつ、息子が作ったものが混じっています。どれでしょう?・・・わかりやすいですよね(苦笑)生地の閉じ方はまだまだ訓練が必要なようです。味はおいしいのですが・・・。きれいなかたちができるその日まで、「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」を読みつつ精進の日々です。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About 2010年01月

2010年01月にブログ「SUNDALS - 田舎暮らし & 子育て + 郡山界隈の情報」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ