Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« おいしいからあげのつくりかた。 | メイン | 年賀状って、誰が始めたの? »

2009.12.16
13:35

今年の年賀状は・・・

年賀状は毎年ギリギリの時期になってから、何枚送るんだっけ?と確認して作るのですが、そろそろ今年も考える時期になってきました。

最近テレビで見かけるのが、相手の住所がわからなくても年賀状を送ることができるというサービス。さらにはQRコードを使って音や映像を年賀状として送ることができるものもあるそうです。


相手の住所がわからなくても年賀状が送れる「ウェブポ」

インターネットの使い道もいろいろあるもんだなあと感心しきり。

そんななかで、廃れてきているものもあります。「プリントゴッコ」です。1977年に発売され、2008年6月末に本体の販売を終了しました。

版を作るときに使うフラッシュランプの「ばちーん!!」という音とフラッシュは、何か本格的にモノを作っているという感じで楽しんで作業をしていた記憶があります。インクをのせる作業も楽しくてついついのせすぎてはみ出したり。金色や銀色などいろんな色を混ぜたりするのも楽しい思い出です。

パソコンを購入してからは、パソコンで年賀状を印刷するようになりプリントゴッコの出番はなくなり、押し入れのどこかで眠っているはずです。インクやフラッシュランプなどの消耗品の販売は続いているようで、インターネットの通信販売で購入することができます。

昔を懐かしんで、プリントゴッコで年賀状作りも楽しそう。子供にもできる簡単な作業なので、子供と一緒に作るのもよいかも。しかし、我が家にある訳じゃないし押し入れのどこにあるかも怪しいので、プリントゴッコで年賀状作りはなかなかできそうにありません。

プリントゴッコサポート

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2009年12月16日 13:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「おいしいからあげのつくりかた。」です。

次の投稿は「年賀状って、誰が始めたの?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ