Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« ソーセージロールパイ(きょうの料理ビギナーズ) | メイン | 今年の年賀状は・・・ »

2009.12.15
06:32

おいしいからあげのつくりかた。

おいしいからあげのつくりかたが載っている、というwebページを教えてもらいました。

からあげというのは一見簡単そうで、実は難しいと思うのです。お店で食べるようなさくっとした衣と、ジューシーでしっかりと味が付いたからあげを作るのは、なかなか難しいもの。

油とごはん、これは目からうろこな材料でした。プラスするだけでサクサクとした感じになります。

とはいえ、15分+2時間のつけ込み時間が必要なわけで、ちょっと手間がかかる料理になっています。朝仕込んで、夕飯に揚げて食べるとちょうど良いかも知れません。


決め手はご飯!?プロ直伝「からあげ」のおいしい作り方-関西ウォーカー

材料(3〜4人前)

鶏もも肉600g

調味料

・薄口醤油25g

・料理酒10g

・塩5g

・ハチミツ10g

・生姜5g

・胡麻、一味少々

・片栗粉80g

・小麦粉10g

・卵1個

・ご飯20g

・サラダ油25g

作り方

鶏もも肉は一口大に切ります。お肉を調味料がなくなるまでもみこみます。15分ほど寝かせたら、卵・サラダ油・ご飯を混ぜます。

これによって揚げている最中にサラダ油が抜けて、細かな空洞ができてさくっとするのと、ご飯があがってかりっとなる効果があるそうです。

次に、片栗粉・小麦粉を混ぜます。よく混ぜたら2時間ほど冷蔵庫で寝かせます。

揚げ油は170度にあたため、強火の状態で鶏肉を入れ、10〜20秒後に衣が固まれば、火を弱〜中火に落とします。そして、油から揚げる直前は180度の高温で10秒ほどあげれば油抜けがよくなり、かりっとしたからあげの完成です。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2009年12月15日 06:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ソーセージロールパイ(きょうの料理ビギナーズ)」です。

次の投稿は「今年の年賀状は・・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ