Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« カステラを新聞紙で作った型で焼く。 | メイン | 国産大豆で作った本宮納豆 »

2009.10.09
11:25

福島県から北海道への選択肢。

北海道旅行からずいぶんと経ってしまいましたが、ちょこっと振り返りたいことがあります。

今回の旅ではぎりぎりになってから行き方を決めました。フェリーで行くしかない、しかも取れる便が少なく大変な事態になり、大迷惑をかけてしまったわけです。

反省をふまえて、福島県から北海道へ行く交通選択肢をメモしておこうと思います。

・飛行機→ANA(AIRDO)

・フェリー→太平洋フェリー、新日本海フェリー、シルバーフェリー、青函フェリー、津軽海峡フェリー

飛行機は11月からAIRDOとのコードシェア便に変わります。AIRDOが運行するだけで、予約はANAからもできるようです。ちょっとほっとした。AIRDOのホームページ見てると値段が高いんだもの。

フェリーは5つの会社がありますが、港は以下のとおり。()内は時間。

太平洋フェリー 仙台ー苫小牧(16)
新日本海フェリー 新潟ー苫小牧(18)・新潟ー小樽(19)
シルバーフェリー 八戸ー苫小牧(9)
青函フェリー 青森ー函館(4)
津軽海峡フェリー 青森ー函館(4)・大間ー函館(2)

快適な旅No.1は太平洋フェリーだと思います。仙台までは高速道路を約2時間走ると着くし、苫小牧から実家までも約2時間。

フェリー代が一番高いこと(息子がいるので一等個室を取ると片道約5万円)に目をつぶれば、レストランのごはんもおいしいし、キッズルームでは子供が遊べるし、言うこと無し。

特に、今回乗った「きそ」は新しいしきれいだし、お風呂も大きいし、レストランのゴハンもおいしいし、3階建てで眺めも良くて最高でした。バスタオル・フェイスタオルがついてくるのも嬉しい限り。

新潟ー苫小牧を行く新日本海フェリーもまぁまぁかなあ・・・天候が悪いときに乗っていたため、良い印象が少ないのですが。新潟ー小樽は乗ったことがありませんが、小樽に着けば実家までの距離も短くなるから運転は楽になる、のかもしれません。

シルバーフェリー・青函フェリー・津軽海峡フェリーは本州の最北端である青森県まで走ることを考えると、おすすめしにくいです・・・。疲れます。ETC1000円均一により、土日祝日は事故渋滞が発生しやすいです。今回は事故渋滞に苦しめられました。ほんと。それがなければそこそこ快適、かな。時間に余裕を持って行動できればちょっとした観光もできるし楽しめるでしょう。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2009年10月09日 11:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カステラを新聞紙で作った型で焼く。」です。

次の投稿は「国産大豆で作った本宮納豆」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ