Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« コンバインのトミカ。 | メイン | 福島県から北海道への選択肢。 »

2009.10.08
13:52

カステラを新聞紙で作った型で焼く。

新聞紙でカステラ。
新聞紙で型を作って、カステラを焼くというのはずいぶんと前から知っていました。なんとなく面倒でやることもなかったのですが、ふと思い立って作ってみることに。

これが思いのほか簡単に作れてしまうのです。

1 新聞紙を広げて6〜7枚重ねます。
2 三角形に折ったところで切り、正方形を作ります。
3 端から17センチの所に印をつけて、17センチ切っていきます。
4 17センチの半分を山折りにします。
5 箱形に組み立ててホッチキスでとめます。
6 アルミホイルをかぶせます。角からもれないように縦からと横からの2重に重ねます。

結構大きめな20×20の正方形の型が出来上がります。新聞紙を再利用するので、なにげにエコにもなるのです。

しかし、カステラってのは大量の卵を使用するんですねぇ・・・今回のレシピではMサイズ8個。すごい。うちにある一番大きなボウルではあふれんばかりの量になります。泡立てているうちにこぼれそうになったので、芋煮に使うような大きな鍋にうつして作業しました。

大量のカステラができますが、サツマイモやかぼちゃでディップを作ってぬったり、生クリームを泡立ててケーキのように仕立てたり、パフェを作ったり、いろいろと応用が利くと思います。

材料
卵 Mサイズ8個
砂糖 280g
ハチミツ 大さじ3
湯 大さじ1と1/2
強力粉 200g

作り方

卵は室温に戻しておきます。冬場は湯煎しながら泡立てても良いくらいです。ちょっと暖かい方が泡立ちが良くなるので。強力粉はふるっておきます。

卵を少しときほぐし、砂糖をすべて加えてハンドミキサーで約10分泡立てます。もったりとして線が残る程度になったらOK。

ハチミツとお湯を混ぜたものをいれます。約2分泡立てます。

この辺でオーブンを170度に予熱しておきましょう。

強力粉を3回に分けていれます。3回目は約3分くらいハンドミキサーの中速度で泡立てます。

型に流し入れます。ふちにつかないようにまんなかに生地を入れましょう。

へらで縦・横に切るように垂直に入れます。泡が浮いてきたらへらでなでて泡を消します。

オーブンの予熱が完了したら型を入れて15分焼きます。

15分経ったら、予熱なしで140度にして、1時間10分焼きます。

焼き上がったら、オーブンから取り出して新聞紙からアルミホイル部分を取り出します。

逆さになったカステラ

ラップをしいたところに上面を下にするようにしてカステラをおきます。粗熱が取れたらラップをまいて保存しましょう。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2009年10月08日 13:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「コンバインのトミカ。」です。

次の投稿は「福島県から北海道への選択肢。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ