2009年08月

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009.08.01

三春町の芥川賞作家玄侑宗久さんの著書「アブラクサスの祭」が映画化。

玄侑宗久さんの著書「アブラクサスの祭」が映画化されるそうです。原作の舞台である三春町などでロケが行われるとのこと。

映画の制作発表記者会見が「まほら」で行われるそうです。原作者の玄侑宗久さんはもちろん、監督・脚本・主演・共演者も一同にそろいます。

主演がなんとスネオヘアー。原作の主人公が昔ロックバンドをしていた僧侶で、そのバンド熱が再熱してライブをするぞ!というような内容らしく、そのためキャストに選ばれたのかなー・・・と推測。

なんにしても、一時期スネオヘアーファンだった私としては、時間をさいて記者会見に行きたい気分。

共演者に小林薫さん、ともさかりえさんといった渋い俳優陣をそろえているので、どんな映画に仕上がるかもすごく楽しみ。

しかし、原作読んだことないのです・・・紹介文を読むと、これは玄侑さんご自身のこと??と思ったりしないでもないし、興味が湧くので、図書館にでも行って借りてこようかな・・・

amazonでチェックしたら、帯の文句がすごい。「ロックで六道輪廻を突き抜けろ!」ですって。

2009.08.02

三春ハーブ花ガーデンのガーデンカフェでくつろぎのひととき。

gardencafe

三春ハーブ花ガーデンの中にあるガーデンカフェは2008年8月にオープンしたそうです。

ハーブコーディアルソーダ

店員さんのおすすめ「クランベリー&ハイビスカスのハーブコーディアルソーダ」をいただきました。甘酸っぱくてさっぱりとしたソーダが夏にぴったり。

ハーブコーディアルとは天然のハーブから抽出したエキスを使ったハーブ飲料です。身体にも良さそうな雰囲気。クランベリー&ハイビスカスの飲料はポリフェノールやビタミンがたっぷりで美容に良いとのことでした。

土日限定のシフォンケーキは、お隣のレストランにあるパン工房の方が作っているもので、焼きたてをいただくことが出来ます。

三春ハーブガーデンは11月3日まで無休で営業とのことです。この夏休み、ぜひぜひお出かけしてみてはいかがでしょう?

三春ハーブガーデン ガーデンカフェ(URL
住所:福島県田村郡三春町大字斎藤字仁井道126
営業時間:AM10:00〜PM5:00

2009.08.03

冷夏の恐れ・・・だそうで。

東北地方は梅雨明けしないまま8月を迎えた。仙台管区気象台によると、8月も曇天の日が多い見込みで冷夏となる可能性があり、農業や観光面への影響が懸念される。気象台によると、過去5年間の東北地方の梅雨明けの時期は表の通り。8月の梅雨明けは、今年も入れて5年連続となる。

河北新報社の8月1日付け記事によると、梅雨明けはまだ先のことのようです。8月1週目の梅雨明けも期待できないのだから一体全体どうしたことやら。

先日、テレビを見ていたら冷夏の年と似た天気図になっているという話をしていました。この記事でも、冷夏のおそれがあるという内容がありました。8月の日照時間は平年よりも少ないそうです。

野菜の値段も上がりつつあるのに、冷夏のおそれがあるだなんて話を聞いたら、もっと野菜は値上がりするかもしれないという不安に陥ります。

最近はベランダ菜園、なんてのも流行ってるくらいだし、やっぱり自給自足していくのがいいのかもしれません。

河北新報/冷夏の恐れ8月梅雨明け5年連続

2009.08.03

ゆらめく日常 アートの交差展〜新進アーティストの視点〜(郡山市立美術館)

郡山市立美術館にて、企画展「ゆらめく日常 アートの交差展〜新進アーティストの視点〜」が開催されています。

期間中に様々な企画展に関連したワークショップやギャラリートークも開催されるようです。

私が見に行った8月2日(日)は、庭に氷がおかれていて、そのとける様を様々な角度で観察するという展示が行われていました。

あいにくの曇り空、そしてぽつりぽつりと降り出した雨の中でしたが、展示を見る人は来ていました。

気温が高くならなかったせいか、氷の溶ける速度が遅くなっていたそうです。氷の中にはセンサーのようなものがあったり、周りにカメラが設置されていたりと、しっかり観察する雰囲気。

息子が走り回っていて、どんな観察をしていたのかが見られなかったのが残念でした。

美術館内での展示も興味深く、さらっとですが楽しむことが出来ました。最後の、真っ暗な中での展示が一番面白かったです。

8月30日まで開催しているので、ぜひぜひおでかけしてみてください。

ゆらめく日常 アートの交差展〜新進アーティストの視点〜
場所:郡山市立美術館
開館時間:9:30〜17:00(最終入館は16:00まで)
会期中の毎週土曜日は夜間開館のため、20:00まで開館。
チケットのお求めは19:30まで。
休館日:毎週月曜日
観覧料:一般500円、高・大学生300円
中学生以下、65歳以上、障害者手帖をお持ちの方は無料

2009.08.04

あおやぎの酒蒸し

あおやぎさん

「あおやぎの初出しです〜」と店内で言っていたのでどんな貝なのかなと思ったら、バカガイのことでした。

バカガイという名の由来は蛤(ハマグリ)に似ていて殻が薄く壊れやすいことからきたそうです。また、貝からオレンジ色の足が下のようにだらりと殻の外に出る様から、馬鹿にみえると言うことで「馬鹿貝」という説もあります。アオヤギという別名は千葉県市原市の青柳という地区でよく取れたことから付いたそうです。

試食コーナーで食べた酒蒸しがおいしかったので、夕飯にすることに。100グラム98円という安値でお買い得だったのです。

これが、思った以上においしいのです。身はぷりぷりで汁も味がしっかりとしています。

あおやぎの酒蒸し

あおやぎの酒蒸し

材料
あおやぎ

しょうゆ
ねぎ

作り方
あおやぎを砂抜きしておきます。

約30%の塩水(水1リットルに塩30g)を作り、ざるに青柳を入れて、塩水に沈めます。室温に置き、1〜2時間砂抜きをします。新聞紙などをかぶせて暗所にするとより効果的。

砂抜きした青柳をよく洗います。

フライパンに青柳を並べ、全ての貝のそこが浸るくらいの酒を注ぎ、火にかけます。

貝の口が開き始めたら醤油を少し入れ、切ったネギをチラシ、貝の口が開いたら完成です。

※おこのみでにんにくや生姜を加えても美味しいとのこと。

汁ぶっかけゴハン

食べ終えて、汁が残ったらば暖め直してネギを散らしたゴハンの上にかけて食べるとこれまたおいしいのです。ゆず胡椒があるとぴりりと来る中に爽やかさが混じり、また違ったお味で楽しめます。

2009.08.05

zazi風ミートスパ

zazi風ミートスパ

夫が作成した「zazi風ミートスパ」。zaziというのは札幌にあるスパゲティがおいしいお店。そこのミートスパがおいしいのですよ。

すでに味を盗み済みだったらしく、いつもどおりに適当な材料を適当に味付けした様子。

材料はトマト缶、玉ねぎ、ひき肉、半熟卵、バジル、砂糖、みりん、しょうゆ、日本酒、コンソメ、ガラムマサラ、塩胡椒。

切って炒めて煮て味付けて、最後に半熟卵とバジルをのせて胡椒をぱらり。

このあまーい感じがzaziっぽくて、私好みの味付けです。

※zaziはこういう雰囲気のお店↓
http://maruko.jp/omise/zazi/index.htm

ちなみに、ナポリタンが想い出の味の品にあたるみたい。甘くて不思議なお味ですが、おすすめです。

2009.08.08

ついに作った「黒糖のスティックチーズケーキ」

黒糖スティックチーズケーキ。途中。

作ろう作ろうと言って早数週間。ついに作りました。やりました。黒糖のスティックチーズケーキです。香ばしい黒糖の匂いが食欲をそそります。(写真は作ってる途中です。この上に白いの乗せてもう一回焼いた。)

作りたい病になっていた頃の記事:黒糖のスティックチーズケーキ

そう言えば、結局サワークリームは購入せずに生クリーム+レモン汁で作った偽サワークリームで代用しました。まだ味見してないので成功してるかどうかが何とも言えません・・・・。

サワークリーム買うと高いんだよなーと悩んでいた記事:サワークリームの代用品

Kokuto2

チーズケーキやたいていの焼き系ケーキは一晩寝かした方がおいしいのです。食べたいときにすぐ作って食べる、なんていう忙しい食べ方では楽しめないのです。ティータイムは優雅にゆるりと楽しむものですから。

2009.08.10

まじめなお菓子「ミレービスケット」

ミレービスケット

最近なにかと話題(?)なtwitterにて知ったブログで見かけた「ミレービスケット」。かわいいなーたべたいなー、と思っていたら意外に身近なコンビニで発見。

パッケージの青い色とか、ロゴのフォントとか、なんでかかわいらしくて心くすぐられます。左下のかわいい何者かも良い味だしてるし。

ビスケットにまぶされた塩味がなんだか懐かしいおやつという感覚。ざくざくというしっかりした食感も懐かしいと感じるものの、そういうものを昔食べてたのかはあやしいところですが。

普通に美味しいビスケット。息子もばくばくと食べていました。もちろん私も(笑)。

※参考サイト
製作工程も写真で見られるミレービスケット通販サイト(土佐うまいもの100選)

まじめなおかし「ミレービスケット」はパッケージがキュートだし、ビスケットが美味しい。(RouxRilMom)

2009.08.10

白石温麺の中華そばタイプ「白石中華うーめん」を発見。

白石中華うーめんパッケージ

仙台の白石温麺(うーめん)という有名な短いそうめんのような麺があるのですが、その温麺の中華そばなるものを発見。その名も「白石中華うーめん」です。パッケージのロゴみると「うーめん」が「らーめん」に見えなくもないというにくい演出っぷり。

普通のそうめんは作るときに油をつなぎにして作るのですが、うーめんは油をつなぎに使わないのでそうめんに比べてさっぱりとしているということです。

白石中華うーめん

うーめんの長さで中華そばを作ってみたのがこの「白石中華うーめん」。従来のうーめんよりも少し太い麺で中華そばらしさがでています。中華そばよりもさっぱりしているのと、その短さが食をぐんぐん進めてくれます。

中華うーめんしょうゆ味(きちみ製麺)

2009.08.12

岩手と言えば前沢牛「肉料理おがた」

前沢牛

岩手県といえば有名なのは前沢牛です。地元の方にも愛されているお店「肉料理おがた」を紹介していただき、行ってきました。玄関横では牛さんがお出迎えしてくれます。

「肉料理のおがた」は、小形牧場が経営しているお店で、隣に精肉の直売店があります。食べ終わってから見に行こうとしたら閉まってしまい、ちょっと残念。

牛刺し

焼肉Bセットを注文すると、牛刺しがついてました。初めて食べた牛刺し、とってもおいしくいただきました。

前沢牛霜降り肉

前沢牛の霜降り。いうまでもなく、とろけるとろける。あぶらの旨みもしっかりと味わいました。

小形牧場直営レストラン 肉料理おがた
住所:岩手県奥州市前沢区向田1-22
電話:0197-56-7729
営業時間:平日11時~14時、17時~21時
土日祝11時~15時、17時~21時
定休日:水曜日

2009.08.13

今週末は三春盆踊り

世間は大体が今日からお盆休みに入ったと思われます。息子が通う保育所も今日・明日とおやすみです。

それもそのはずだなあ、と感じるのが町のいたるところに貼られた
「三春盆踊り」のポスターと、通行止めを指示する看板。8月14・15日は三春盆踊りのため、大町のおまつり道路周辺が通行止めとなります。

迎えるための盆踊り、送るための盆踊りも各地で行われる模様。ここ数日間はいろんなところで盆踊りのお囃子と踊る人々で賑わうことでしょう。(参照過去記事:盆踊り

そうそう、今年も「百杯宴」が開催されるようです。絵灯籠でいろどられ風情たっぷりの百杯宴、三春盆踊りついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。(参照過去記事:絵灯籠まつりと三春のおよばれ・百杯宴

2009.08.15

本日は盆踊り。

今日と明日は三春盆踊り。それにあわせて絵灯籠まつりも開催中です。天気が良くてお祭り日和の今日は、三春のまちなかはちょっとしたにぎわいを見せています。大きなやぐらも見応えたっぷり。絵灯籠が並ぶまちなかは風情たっぷり。

私は明日、楽しんでこようかな。

参考サイト

sundals過去記事:今週末は三春

三春盆踊り/三春町HP

2009.08.17

出店でお面。

昨日の三春盆踊りの出店にてウルトラマンのお面を購入したわけですが。お面の種類がこれまたたーっくさんあるわけで、息子は目移りしつつもウルトラマンを選択。隣にセブンとかタロウとか名前が分からないヤツとか色々あったんですけどね。

戦隊物もあれば、プリキュア的なものもあり、一番驚いたのは機関車トーマスのお面かなあ。周りを見渡すと4〜5歳の子がシンケンジャーのお面してました。

お面を購入したことがなかったので、いくらなんだろ?とドキドキ。その価格は、ナント800円。うわー結構高いんだなー。焼き鳥何串食べられるんだろー・・・型抜き何回できるんだろー・・・

息子は購入後、のりのりで「しゅわっち!」と決めポーズ。おうちに帰ってからもウルトラマン気分でスペシウム光線出してる姿を見てたら、まぁ良しとしよう。と思えたのでした。

ネットで検索すると、12枚で3024円というのが卸価格だそうで。1枚252円かあ・・・そんなもんですよね。おもちゃなんて。

2009.08.17

アブラクサスの祭、出演者オーディション

オーディションちらし。

玄侑宗久氏原作の映画「アブラクサスの祭」出演者オーディションin福島が開催されます。

9月5日(土)は三春町のまほらでオーディションが行われるようです。募集する出演者は4〜8歳の男の子(主人公の息子役・幼稚園のお友達役)、16〜20歳の高校生の男女、20代後半〜70歳の男女(町の人・警官・高校の先生・商店街の店主・多恵が働くスーパーの買い物客など)です。

撮影期間は11月中の25〜30日間を予定。平日撮影の時もあるそうな。

高校生や高校の先生が出てくると言うことは、学校で撮影とかもあるのかな・・・とにもかくにも興味のある方はお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、翌日9月6日は国見町にてオーディションが行われるそうな。

問い合わせ先:三春町・映画「アブラクサスの祭」の制作を支援する会
0247-62-3690(三春町観光協会内)

2009.08.18

ご当地バーガー静岡編「まぐろカツバーガー」

まぐろバーガー
静岡県の牧ノ原PAで見つけたのが「まぐろカツバーガー」でした。

焼津産のマグロをカツにして、ご飯でサンドしたライスバーガーです。マグロというのは魚くさいといった臭みが少なく、火を通すと鶏肉のような食感になるのですが、そんな素材をカツに仕上げ、ご飯ではさんじゃうとは素敵な発想。まさにご当地バーガーといった感。

残念ながら購入には至らなかったのですが、また来ることがあったらおなかを空かせておきたいなあと思います。だって、おいしそうだったんだもん。

2009.08.18

讃岐うどん専門店「丸亀製麺郡山店」

丸亀製麺郡山店

すっかりわすれていましたが、讃岐うどん専門店が郡山に8月17日にオープンしました。2週間ほど前に近くを通りかかって発見。店内はオープン準備に大忙しの様子でした。

先月、名古屋でぶっかけうどんを食べてから、うどんが食べたいなぁと思っていただけに嬉しいお知らせでした。讃岐うどん専門店というからには、期待せずにいられません。

丸亀製麺のホームページを見るとおいしそうなメニューの数々。各店舗に製麺機を設置し、打ちたて・できたてが味わえるようです。

ただ、「郡山市並木」というと用事がないとなかなか行かない場所なのが残念。うどんのために執念で行ってしまおうかな??

丸亀製麺 郡山店(URL
住所:福島県郡山市並木4-6-2
電話:024-925-6065
営業時間:月〜日 11:00〜22:00(21:30ラストオーダー)


より大きな地図で ブログ用地図@SUNDALS を表示

2009.08.19

日食観察会になすびが来ていた@児童館

部分日食観察会

児童館の前を通りかかると、掲示板にはりものが。よーくみると、部分日食観察会の写真でした。時の人「なすび」が出演している番組「もったいなすびのエコひいき」も取材に来ていたとか。

なすびを覚えている人はどのぐらいいるんだろう。そして、この日食観察会でなすびを認知している人はどのくらい居たんだろう。ローカル的な番組をここ数年持ち続けてるから、顔は知れているのかなあ。

それにしても、なすびは顔が長いね。となりがこどもだから余計に長く見えるって話もあり。

なすびさん。

2009.08.19

夏野菜のトマトときゅうりを塩で保存。

塩には防腐効果があり、水分を引き出すことで素材のおいしさをぎゅっと凝縮させることもできます。ミネラルが多く味もおいしい自然塩でやると、なお美味しい塩保存。今回は夏野菜の代表格「きゅうりとトマト」です。

塩トマト

トマトは大2個を1センチ角に切り、塩大さじ1でまぶします。

塩きゅうり

きゅうりは4〜5本を塩大さじ2まぶして、まな板でこすりつけるように転がしたあと、半分に切り容器に入れてきゅうり半分もつからない程度に水を入れます。

どちらも冷蔵庫で約5日保つとのこと。

きゅうりは大量にもらってもこの暑さですぐにしなしなのだめだめになっちゃうので、ぱりっとした食感が残るのは嬉しいですね。

参考本
サルビア給食室の週末ストックと毎日のごはん/ワタナベマキ

2009.08.20

船引町の灯籠流し・花火大会

灯籠流し

今年もお盆が終わり、灯籠流しの時期がやってきました。今年は60周年ということで、記念イベントも開催されます。

暗闇につつまれた川面を、ゆらゆらと沢山の灯籠が流れ幻想的です。企業などで作った大きな灯籠には流すための人も居て「がんばれー!!」と声援を送ってしまいたくなります。一般の方の灯籠参加も受け付けているそうです。

灯籠流しが終わると、花火大会が始まります。華やかな花火が夏の夜空を彩ります。毎年、親戚のおうちで見ていますが、打ち上げ場所から近い場所で迫力があるんですよねぇ。

週末はお天気も良さそうなので、ぜひぜひおでかけしてみてはいかがでしょうか。

灯籠流しと花火大会(詳細URL:田村市
日時:平成21年8月23日(日)
60周年記念イベント12:30〜、灯籠流し18:30〜、花火大会20:00〜
場所:記念イベントは旧JT跡地、灯籠流しは大滝根川河畔、花火大会はJR船引駅前・旧JT跡地周辺

2009.08.21

本日は福島県、県民の日です。

明治9年8月21日、若松県・旧福島県・磐前県の3県が合併してほぼ現在のかたちとなった福島県。合併した日を記念して県民の日と制定されました。

福島県内のいたるところで施設の無料開放や、割引が行われます。私が住む三春町近辺で気になるのは以下の通り。

田村市の船引総合福祉センターが無料。銭湯があるんですよ。9:00〜18:00まで。

三春町の町民体育館、貝山プール、運動場、ボート場が無料。ボート場って、ボートに乗れるのかなあ・・・?

8月22日土曜日に無料開放が行われる、三春町歴史民俗資料館、三春郷土人形館。歴史民俗資料館では水引のストラップづくり・たたき初めでエコバックづくりといった体験や、昔話を聞くことが出来ます。体験は申し込み不要ですが、お金が必要になります。(詳細はこちらから

参考サイト福島県ホームページ

2009.08.24

赤と紫のジャガイモをいただきました。

いろんなじゃがいも。

北海道のばあちゃんからジャガイモが届きました。赤と紫と普通の黄色、3種類のジャガイモです。

赤いジャガイモはノーザンルビーという品種。紫のジャガイモはシャドークイーンという品種。この色つきジャガイモは普通のジャガイモよりも粘りけがあるような気がします。

しかしまあ、いろんな色のじゃがいもがあるもんだなあと感心。暖色系に傾くのは、きっとそういう系統の方が美味しそうに見えるからなのかなあ・・・。紫色にはどきっとしますが。

2009.08.28

手作りジンジャーエール

私が愛して止まないウィルキンソンの辛いジンジャーエールは、酒屋で注文したり、郡山のうすい百貨店のデパ地下で売っていたりする。売っているのは知っていても、なかなか買いに行かないし、注文するとなると一ケースごとになるので注文もしにくいわけです。

そんなこんなで、新生姜も安くなってきたのでジンジャーエールを作ってみました。生姜は鮮度が命です。新鮮で香り高い国産の新生姜がおすすめ。風味の出方が違います。正直言って、子供にはお勧めできないぐらいの辛さが出ます。

ジンジャーシロップ煮込み中。

作り方は、生姜150gを千切りにして氷砂糖30g・水500mlで30分弱火でことこと煮ます。ただそれだけなのです。

ジンジャーエール

2種類の瓶がある理由は、最初に前からあったお古の生姜で作ったらあまあまのパンチのない出来上がりだったため、新生姜でリトライしたのです。ま、甘いのと辛いの混ぜればちょうど良くなる、と言う話もあります。

出来上がったジンジャーシロップを炭酸水で1:1ぐらいでわるとちょうど良いかな。この辺はお好みで。ウィスキー・ジンジャーシロップ・炭酸水の組み合わせもおすすめです。

ちなみに、うすい百貨店などで購入できるジンジャービアも美味しいです。ジンジャー好きにはたまらない生姜のパンチが効いている飲み物。

参考にしたモノ:フリーペーパー

気になるサイト:ジンジャーエールの作り方(男の趣肴)

飲みたいモノ:ジンジャービア

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About 2009年08月

2009年08月にブログ「SUNDALS - 田舎暮らし & 子育て + 郡山界隈の情報」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年07月です。

次のアーカイブは2009年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ