Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 観光農園ブルーベリーの丘@過足ブルーベリー生産組合 | メイン | 本日は「田村高校学校祭&田村大元神社祭」のお祭り二本立て。 »

2009.07.17
15:40

町民大学講座で養老孟司さんの講演会を聞いてきました。

三春町のまほらにて養老孟司さんの講演会を聞いてきました。

到着したのが開演時間だったため、ホール内に入ることが出来ませんでした。ロビーにテレビが設置され、モニターで見ながら聞くというスタイルになりました。ロビーには約40名の観客がいたのでびっくり。数十名は役場の人だったりするのでしょう。

表題が「バカなおとなにならない「脳」のつくりかた」ということで、脳に関連した話から、眠りについて、意識について、などなどお話ししていました。

表題への答えを言ってしまうと「身体を動かすこと」だそうです。五感の感覚で入力したら、脳内で変換して、運動することで出力していく、その繰り返しが経験を生みだしていくわけです。

運動、といっても別にスポーツをしたほうがいいという直接的な意味じゃなくて、おしゃべりすることだって一つの筋肉の運動なわけです。

他にも興味深いなーと思える内容があり、楽しくお話しを聞かせていただきました。

たとえば、意識の話。

意識がなくなって、戻ってこなくなったら。その先には死あるのみと考える人が多いでしょう。でも、意識はいつもいつも、なくしているんですよね。寝ている間は意識がありません。ですが、その意識が戻らないという不安もなく、私達はいつも眠りにつくのです。ということは、意識がなくなることには不安はないし、なくなったとしても自分は一つも困らないのです。

「頭で考えていること=意識」だけが人生の全てじゃないということを知っておくといいのでしょう。今の時代は意識が根本だ!という考えが多く、ちょっとそれは困った話じゃないかと思われます。

意識が作り出したものの一つに「言葉」があります。言葉は「同じ」という考えが生み出したルール。その言葉の大事さが現代人は狂ってるんじゃないかな?というお話し。言葉を全てうのみにして、本気にしてしまい過ぎているんじゃないでしょうか。報道にしろ、インターネットにしろ、その「言葉」は現実にあった事実に対して付け加えられたモノです。本当にそこでなにが起こったかはわからないのに。

ちょっと長くなってしまいましたが、以上のことを講演でお話していました。人間てのは「同じ」というワードでなにか作りだし、なにかつながっているのかなあ、と感じる講演内容でした。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2009年07月17日 15:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「観光農園ブルーベリーの丘@過足ブルーベリー生産組合」です。

次の投稿は「本日は「田村高校学校祭&田村大元神社祭」のお祭り二本立て。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ