Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« おいしいコーヒーの点て方講習会in法蔵寺 | メイン | 新鮮なコーヒーの見分け方 »

2009.05.24
15:22

おいしいコーヒーの点て方

法蔵寺で行われたおいしいコーヒーの点て方講習会でおいしいコーヒーの点て方を学んできました。

ペーパードリップで入れることになり、粉の分量や湯の入れ方など細かく教えていただきました。

最初のお湯を入れてから30秒蒸してまたお湯をまわし入れていきます。大体落ちたらまた注いでいきます。真ん中に注ぐと間違いがありません。できればのの字に注ぐと美味しく入れられるそうです。ポットの口は細いものは1~2杯入れるときに使うとよいでしょう。3~4杯入れるときは細いよりも少し太いぐらいで入れると美味しいそうです。

粉に湯を注いだときの泡の色でちゃんと抽出されているかがわかるそうです。泡の立ち方もぶくぶくと勢いがある方がしっかり活動していると言うことでよく出てることになるそうです。

お湯が完全に落ちるまで抽出しない方がよいとのことでした。完全に出してしまうと雑味が出てしまうためです。味見をして濃くなってしまったらお湯を直接入れて薄める方がおいしくいただけるということでした。

最初のお湯を入れてから30秒蒸してまたお湯をまわし入れていきます。大体落ちたらまた注いでいきます。真ん中に注ぐと間違いがありません。できればのの字に注ぐと美味しく入れられるそうです。ポットの口は細いものは1〜2杯入れるときに使うとよいでしょう。3〜4杯入れるときは細いよりも少し太いぐらいで入れると美味しいそうです。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2009年05月24日 15:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「おいしいコーヒーの点て方講習会in法蔵寺」です。

次の投稿は「新鮮なコーヒーの見分け方」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ