Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 町のあちこちに咲く桜。 | メイン | 三春町文化伝承館にて桜いなり食べました。 »

2009.04.18
16:02

キャラメルポップコーンを作った

ポップコーンの種を貰ってからどうしても作りたかった一品をやっと今日作った。それはディズニーランドで食べてやみつきになったあの味「キャラメルポップコーン」。

作り方はシンプルで、キャラメルを作ってそれをポップコーンに絡めるだけ。べたべたがすぐに固まるように重曹を使っているサイトを参考にして作りました。

おいしい!!けど、キャラメルがちょっと足りなかったかな。次に作るときはポップコーンの量とキャラメルの量に注意しながら作りたいと思います。

参考サイト:キャラメルポップコーン作り方@attic

キャラメルポップコーン 作り方

材料
ポップコーンの素 1/3カップ(約2カップ~3カップのポップコーン)
砂糖 40g
バター 15g
※ハチミツ 大さじ1
※ベーキングソーダ 0.25g(重曹1gを計って1/4を使う)
※ハチミツは砂糖の糖化を防ぐ為なので、転化糖や麦芽糖、水あめなどでも良い。またはフレーバーシロップでも。
※ベーキングソーダは無くても作れますが、有るとキャラメルがべたつかずサクサクします。また、広がって作業がし易く、固まりも早くなり便利です。

作り方
1・ポップコーンを作る。出来上がったポップコーンは大きめのボウルに入れておく。

2・砂糖、バター、ハチミツをフライパンに入れ、中火で加熱し始める。

この時絶対に掻き混ぜたりしないこと。砂糖とバターの溶けるのに任せてフライパンを揺すりながら満遍なく加熱できるようにする。この時キャラメルは全体が泡立って揺すると重い感じ。

3・段々色付いてくる。揺するとさらっと動く。

4・周りに濃い茶色が見えるようになったら大丈夫。

5・ベーキングソーダを手早く入れて箸でひと混ぜして広げ

直ぐに1のポップコーンのボウルに入れ、大急ぎで掻き混ぜ始める。

バラバラになって冷めるまで、掻き混ぜ続ける。
要はキャラメルがくっついたりしないようにということと、熱々なので、蒸気でポップコーンが湿ったりしないようにするためです。
ポップコーンをトスするように上下にボウルをフリフリしても良いし、箸で掻き混ぜ続けても良し。

Sbsh0044

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2009年04月18日 16:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「町のあちこちに咲く桜。」です。

次の投稿は「三春町文化伝承館にて桜いなり食べました。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ