Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« パンの起源、フォカッチャ。 | メイン | 田村まちづくり実験2008 »

2008.11.11
14:30

果実酒の秋。

果実の採れる秋、ということはつけ込んでお酒を仕込む秋でもあるのです。

昨日渋抜き完了した柿もお酒にできちゃいます。柿はビタミンCも豊富だし利尿作用もあるので風邪の時や二日酔いの時によいそうな。普通にホワイトリカーと氷砂糖で漬けて良いみたい。

あと今年発見した花梨もお酒にできます。こちらもホワイトリカーと氷砂糖で漬けます。花梨はのどに良いので風邪を引いてて喉が痛いときなんかにいいです。ほら、のど飴に花梨配合されてる物が多いでしょ。美味しいのど飴は少ないけど。私は独特な香りと薬っぽさがする花梨のど飴大好きですがね。

どちらの果実酒も大体半年以上は漬けた方が良いでしょう。花梨酒は1年〜2年漬けた方が美味しいと思います。その辺は好みの問題だと思われますが。ちなみに、花梨は黄色に熟していない緑色の物でも漬けて良いらしいです。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2008年11月11日 14:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「パンの起源、フォカッチャ。」です。

次の投稿は「田村まちづくり実験2008」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ