Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 渋柿の渋抜き。 | メイン | パンの起源、フォカッチャ。 »

2008.11.10
14:31

渋柿の渋抜き完了。

1週間が経ったので、そろそろかなと思って一つ試食してみることにしました。実は柔らかくなってなくて普通の柿の堅さ。匂いをかいでみても渋さは分かりません。ちょっとなめたら分かるかと思ってなめてみたけども渋くはありませんでした。

意を決して一口。甘すぎず、さっぱりとした柿の甘さ。普通の生の柿と同じ味です。渋みはゼロ。たった1週間で渋みがあったはずの柿から自然と甘い柿に変化するなんてちょっと感動。しかもぐじゅぐじゅに完熟している訳でもないのに渋みが抜けているのも不思議に感じます。知らぬが故の私の思いこみなのですが、完熟しないと渋みが抜けないのだろうと思ってたのです。

それにしても、3人家族の分としては大量にある柿。青っぽい物も含めてちょくちょく食べていくとしてもどうやって消費しようかなあ。

Sbsh0003-1

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2008年11月10日 14:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「渋柿の渋抜き。」です。

次の投稿は「パンの起源、フォカッチャ。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ