2008年11月

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008.11.04

渋柿の渋抜き。

しぶがき、と聞くと某アイドルを思い出してしまうような親父ギャグな人間なのですが、それはおいといて。すっかりと寒さも深まって紅葉もきれいな季節です。うちから見える立派な銀杏もここ1週間で真っ黄色に色づいてました。

街中を歩いていると目にするのが「柿」なのですが、その柿もオレンジ色に色づいて美味しそうに見えます。でも、このあたりで目にする柿はたいていが「渋柿」というそのままでは食べることができない渋ーい柿です。

柿の渋の正体は「タンニン」という物質です。渋柿は、水溶性のタンニンが固まって不溶性に変わることで甘くなり渋みを感じなくなります。

渋柿は皮をむいて軒下につるして干す「干し柿」にするのが渋抜きの主流だと思います。それ以外にも渋抜き方法はあります。

一つはアルコールを吹き付けたりへた部分を浸す方法。渋抜き用のアルコールも販売されています。1週間ほど密封したビニール袋に入れて放置すると渋抜き完了。一緒に林檎を入れておくといいよ、とおばあちゃんが言っていました。

他にはドライアイスを入れる方法や乾燥機で乾かすプロっぽい方法もあります。色々試してみたかったけど、結局アルコールで渋抜きすることにしました。1週間後が楽しみです。

2008.11.10

渋柿の渋抜き完了。

1週間が経ったので、そろそろかなと思って一つ試食してみることにしました。実は柔らかくなってなくて普通の柿の堅さ。匂いをかいでみても渋さは分かりません。ちょっとなめたら分かるかと思ってなめてみたけども渋くはありませんでした。

意を決して一口。甘すぎず、さっぱりとした柿の甘さ。普通の生の柿と同じ味です。渋みはゼロ。たった1週間で渋みがあったはずの柿から自然と甘い柿に変化するなんてちょっと感動。しかもぐじゅぐじゅに完熟している訳でもないのに渋みが抜けているのも不思議に感じます。知らぬが故の私の思いこみなのですが、完熟しないと渋みが抜けないのだろうと思ってたのです。

それにしても、3人家族の分としては大量にある柿。青っぽい物も含めてちょくちょく食べていくとしてもどうやって消費しようかなあ。

Sbsh0003-1

2008.11.10

パンの起源、フォカッチャ。

突然食べたくなったフォカッチャ。パンやピザの起源と言われるフォカッチャの作り方は簡単そうだったのでネットで検索したレシピを元に作ってみることにしました。

1回目は失敗。一次発酵と二次発酵に時間をかけなかったのと、分厚くしてしまったことと、オーブンの温度が少し低かったかもしれないことが原因。固くてかみごたえのあるフォカッチャが完成していました。それはそれなりに美味しかったのですが。

2回目は成功。一次発酵をヘルシオの発酵機能でやったからかふっくらとしたフォカッチャが出来上がりました。少しふんわりしすぎていたかもしれませんが、前回のようながちがちの食べにくいものじゃなかっただけよかったよかった。

オリーブオイルの香りが食欲をそそる美味しいフォカッチャ。次に作るときはオリーブの実を買ってきて埋め込んで作ろうっと。

Sbsh0001-1

フォカッチャレシピ

フォカッチャ<作り方>:attic

今回は倍量の4枚分で作りました。

材料
強力粉500g
塩小さじ1と少し
インスタントイースト小さじ1と少し
ぬるま湯360cc
生地用オリーブオイル大さじ1
仕上げ用オリーブオイル少々

作り方
粉と塩をパン焼き器に投入。少し混ざってもらったらイーストを投入。ぬるま湯もイーストめがけて投入。混ざってちょっとまとまってきたらオリーブオイル投入。パン焼き器に捏ねてもらう。

捏ねあがったら生地を取り出してヘルシオに入れる。発酵機能の40℃で45分。

ふくれあがって発酵したら、生地を4等分にして厚さを1㎝ぐらいにしたら天板にのせてオリーブオイルを塗って固く絞った濡布巾をかぶせて30分おく。

生地に指で穴を開けてオリーブオイルや塩を振りかける。200℃のオーブンで20〜25分焼くと完成。

2008.11.11

果実酒の秋。

果実の採れる秋、ということはつけ込んでお酒を仕込む秋でもあるのです。

昨日渋抜き完了した柿もお酒にできちゃいます。柿はビタミンCも豊富だし利尿作用もあるので風邪の時や二日酔いの時によいそうな。普通にホワイトリカーと氷砂糖で漬けて良いみたい。

あと今年発見した花梨もお酒にできます。こちらもホワイトリカーと氷砂糖で漬けます。花梨はのどに良いので風邪を引いてて喉が痛いときなんかにいいです。ほら、のど飴に花梨配合されてる物が多いでしょ。美味しいのど飴は少ないけど。私は独特な香りと薬っぽさがする花梨のど飴大好きですがね。

どちらの果実酒も大体半年以上は漬けた方が良いでしょう。花梨酒は1年〜2年漬けた方が美味しいと思います。その辺は好みの問題だと思われますが。ちなみに、花梨は黄色に熟していない緑色の物でも漬けて良いらしいです。

2008.11.14

田村まちづくり実験2008

20071108111600

田村のまちを変えちゃおう!という企画らしいです。地元と行政と大学が協力して11月1日(土)〜2009年1月31日(土)までの期間で8つの実験を実施します。

その内の一つ、「実験5 タウントレイル」が11月15日(土)・16日(日)に開催されます。まちを楽しむ3つのコース案に沿ってまち歩きをします。まちを歩くことでまちを知り、よりいっそうまちに親しみこれからのまちづくりに活かそうと言うことなのでしょう。

受付は8時〜8時半で、スタート地のJT跡地で行います。JT跡地をスタート&ゴール地点として、船引早速ルート(約30分)・船引基本ルート(約2時間)・船引満腹ルート(約3時間)の3つのルートを選んで歩きます。

自然あふれる船引のまちをゆったりと歩いてみるのも良いのではないでしょうか。参加してみようと思います。ただ、息子がちゃんと歩くかどうか心配ですが。

UDCT 田村地域デザインセンター

2008.11.23

会津東山温泉散策。

北海道からおばあちゃんと叔母さんが観光に来ています。おもてなし、ということで会津東山温泉に一泊。せっかくなので温泉街を散策することにしました。

20081122160652-1

日も傾いてきて、寒くなる中だったけど昔ながらの温泉街を満喫。細い小径もあって風情があります。温泉巡りをする方の姿もちらほら。

20081122162242

紅葉は色づいた葉が落ちていて綺麗。神社の落ち葉の色具合には感動。息子も楽しそうに走り回り、いつものように木の棒をひろったり。晴れて暖かな日だともっと楽しめただろうなあ。

足湯もあります。

20081122160612-1

触れるだけにしましたが、あたたかでなごみます。足湯に浸かりながらの長めもよさそうです。

20081122164228-1

足湯の所にあった「なりませぬ七箇条」。温泉を満喫するための七箇条。「朝寝朝酒朝湯で浮き世を忘れにゃなりませぬ」、なんて言い言葉なんでしょう(笑)

20081122164354-1

宿に戻る頃にはすっかり暗くなっていましたが、ライトアップされたお宿の玄関も風情たっぷりでした。

2008.11.27

会津の郷土料理。

会津というと、雪深く寒い土地。そんな土地で江戸時代から伝わるという鯉料理「鯉の甘煮」を食べました。

魚の臭みも少なく、甘くてお酒やご飯が進むおかず。どういうわけか息子がえらい勢いで食べていました。魚が苦手な私もちょっと挑戦。たしかに臭みが少なくて食べ進むのも分かる気がします。

鯉は山に囲まれた会津では貴重な生きた魚。魚料理の中では位が高い魚だったそうです。しっかりと煮込んである甘煮は内臓も鱗も丸ごと食べてしまう事ができ、祝い事の席などで振る舞われたとか。

20081122175753

2008.11.29

それはヤーコンだった。

昨夜、サツマイモのサラダを作ろうと皮をむいたらびっくり。白い肌があらわれました。それはヤーコンだったのです。

たしかに土が付いていれば見分けが付きにくい、と思いたいヤーコン。夫の実家の薄暗い納屋から袋に分けていただいてきたヤーコン。そりゃ間違えることもありますよ。

で。ヤーコンの食べ方を覚えていなかったのでお義母さんに電話。漬け物がおすすめとのこと。電話中に前の職場できんぴらにしてたのを思い出したので、半分漬け物にして残りはきんぴらにしてみました。

きんぴらは息子に大好評。甘辛い味付けとしゃきしゃきした食感がおいしいきんぴらになりました。漬け物は漬けてから時間が経っていなかったのでちょっと薄味。醤油漬けにしてみたのですがしゃきしゃきしてておいしい感じ。もうちょっとつかればもっとおいしいだろうな、なんて想像したりしてみたり。

ちなみに、ヤーコンは便通がよくなったり健康に良い食品だそうです。

wiki「ヤーコン」

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About 2008年11月

2008年11月にブログ「SUNDALS - 田舎暮らし & 子育て + 郡山界隈の情報」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ