Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« パン作りにも使える、さわ市の地粉。 | メイン | きのみきのまま、はっぱそのまま。 »

2008.06.19
16:01

夏はやっぱりカレーです。

風邪を引いてるときも新陳代謝が良くなるからおすすめしたいのがカレー。辛いカレーをモリモリ食べていっぱい汗をかくのが良いんです。カレーはスポーツ!!

326が思いつきで作ったカレーは多くのヒットを生み出します。美味しい確率は結構高いのです。今回もその仲間入りを果たしそうな一品。

20080619125100

適当カレー
材料
・玉ねぎ
・ピーマン
・トマト
・鶏肉
・鷹の爪
・スパイス(カルダモン・ナツメグ・シナモン・クローブ・キャラウェイシードパウダー)
・しょうが

玉ねぎはフードプロセッサーでみじん切り状態。ピーマンは細切り。トマトはサイコロの大きさに切る。鶏肉は一口ぐらいの大きさに切ります。鷹の爪は輪切り。

スパイスしか使用してません。カレーのルーとか、カレー粉も使っていません。カルダモン・ナツメグ・シナモン・ウコン・クローブ・キャラウェイシードパウダー、と言ったようなものを入れたようです。あ、あとしょうがも。

玉ねぎを炒めます。火が通ったらスパイスを入れます。大体です。順番とか関係なく、とっても適当。足りないと感じたら、感じたときにスパイスを足していたそうです。

ピーマン、トマト、鶏肉、鷹の爪を炒めます。火が通ってからだし汁を入れます。分量も適当です。作りたい分だけ、入れましょう。今回使用したのは鳥ハムを作る際にとれただし汁です。

ひたすら煮立てます。スパイス加減を味を見ながら調整したら完成。

辛いです。それでもうまみがあるのはだし汁のおかげだと思います。あと、みじん切りの玉ねぎの炒め方もポイント。しっかりと炒めておきましょう。焦がさないように気をつけてください。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2008年06月19日 16:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「パン作りにも使える、さわ市の地粉。」です。

次の投稿は「きのみきのまま、はっぱそのまま。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ