2008年06月

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008.06.03

分厚さ一番、舞木ドライブインの特製焼肉定食。

舞木ドライブインの定食やらなんやら、メニューの殆どがすごい量だというのは聞いたことがあったので、チャレンジすることに。なかでも、一押しなのは「特製焼肉定食」なのだとか。(326氏談)

その「特製焼肉定食」と「味噌タンメン」を頼むことに。その間、店を見回して気がついた事。

このお店、ファミタンカードをみせると定食や丼物は100円、麺ものは50円の割引をしてくれるらしい。張り紙がしてあったので、会計時にカードを見せると本当に150円値引きをしてくれた。思いがけず、お得な気分。

20080601115802

ついにやってきた、「特製焼肉定食」。ポークソテーに特製のたれがかけられているようで、照り焼きチックな良い香りがする。ポークソテーの分厚さはごらんの通り。すんごい分厚い。そして、すんごいジューシー。これを食べているとご飯がすごく進む。けれども、私は食べきることは不可能だと思った。ちょっと脂身がすごくてもたれちゃいそうなのです。

20080601115800

「味噌タンメン」もボリュームがしっかりあるラーメン。野菜の量もすごいけど、麺の量も結構あるような気がしました。久々に食べた味噌タンメン、美味しかったです。野菜の甘みが生きているかんじで。

326と息子と3人で分け合いながら、交換し合いながら食べていたんですが、なかなか素敵なボリュームでした。本当におなかいっぱい。でも、美味しいからこそ食べきれる、といった二品でした。

舞木ドライブイン
住所:福島県郡山市舞木町字宮ノ前42-1
電話:024-956-2127
特製焼肉定食1000円、味噌タンメン650円
ファミたんカードを見せると定食・丼物100円、麺類50円引き。
座敷にテーブル席が4つあります。テーブル大きめ。
うまく座れば6人座れる、かも。
子供用取り皿・フォークなど、出してもらえます。

2008.06.05

アボカド?アボガド?

正式には「アボカド」だそうです。私はいつも間違えて「アボガド」と発音してしまいます。

間違えちゃうけれども、お気に入りの食材の一つ「アボカド」を美味しく食べたい!と思って参考にしたのがエッセ6月号の付録「人気ブログ料理家のベストレシピBook」です。いつも夕飯に困った時にお世話になっている「YOMEちゃん」のレシピが載ってます。(そろそろ本を購入したいのですがね・・・)

9位にある「アボカドのゆず胡椒炒め」に決定。ゆず胡椒の味に最近はまっているのもあり、即決でした。

材料(4人分)
アボカド 1個
レモンの絞り汁 大さじ1
ミニトマト 12個
パプリカ(黄) 1個
ベーコン 5枚(40g)
にんにく 1かけ
しょうゆ 大さじ1と1/2
ゆず胡椒 小さじ1/2
イタリアンパセリ 適量

アボカドは縦半分に切って種をはずし、皮を取る。大きめのくし形に切って皿に半分に切り、レモン汁をかけて色止めをする。

ミニトマトは縦半分、パプリカはへたと種を除き1センチ幅の細切りに、ベーコンは3cmの長さのざく切り、ニンニクはみじん切りにする。

フライパンにベーコン、ニンニクを入れて火にかけ、ベーコンに焼き色が付きニンニクの香りが立ってきたら、パプリカ、ミニトマトを炒め合わせ、アボカドを加えてさっと焼き付ける。形が崩れやすいのでささっと焼き色を付ける程度にするのがポイント。

とき合わせた醤油、ゆず胡椒を鍋肌から加え、さっと混ぜて器に盛り、イタリアンパセリを飾る。

と言うのが内容なのですが、我が家で作ったときは色々と材料が足りませんで、なんだか少量のアボカド炒めが出来上がってました。パプリカの代わりにピーマンを使い、ニンニクはないから見なかったことにして、ミニトマトも9個ぐらいだったかな?ま、そんなんでも美味しい味にはかわりありませんでした。

20080528184500

2008.06.06

石筵ふれあい牧場といえば、ソフトクリーム。

息子の保育所の遠足で石筵ふれあい牧場に行ってきました。

20080604102341

バスに乗って下道を1時間程度走ってついたところは、牛や馬やうさぎなんかの動物たちとふれあえるという牧場。

20080604104233

親子で乗れる自転車があったり、ひろーい野原があったり、小さな子でも年長ぐらいの子でも楽しめそうな場所。年長さんにはちょっと物足りないぐらいかもしれないけど。

20080604105903

馬やウサギや羊たちにあげるようにえさが売っています。えさはニンジン。ニンジン大好きな息子なので、購入すると息子が食べてしまいそうだと思って買うのをやめてしまいました。息子はお友達からえさもらってたけどね。

えさを売っている場所では、烏骨鶏やチャボの卵も販売されていました。その日の朝、取れた物だそうで新鮮。かつ栄養満点で美味しいんですよね。高級だけれども。

動物たちにえさをあげるまで大人にはなってなかったようで、すぐ近くまでウサギが来ると、ニンジンを持っていた手を引っ込めてしまうと言うこわがりな息子。えさはあげられませんでしたが、ウサギに触ることは出来たみたい。こういうふれあいも良い経験のひとつ、ですよね。

乗馬のコーナーもあって、楽しそうでした。息子が小さいので乗ることはありませんでしたが。

20080604104356-1

ソフトクリームが美味しい!との情報があったので、購入。駐車場までの間に見える牛の牛乳を加工しているソフトクリームだそうです。なるほど、新鮮で美味しいわけだ。ソフトクリームは300円。

20080604104040

売店ではおでんやらやきそばやらおにぎりやら、結構しっかりと食べられそうなものが売ってました。バーベキューコーナーもあって、ジンギスカンセットは1100円から食べられます。牧場産のラム肉なんかも食べられるそうです。

10時頃に到着してから13時までいたのですが、動物とのふれあいや広い野原でののびのびとしたひとときを思いっきり満喫することが出来ました。小さなお子さん連れのお客さんもいたり、保育園の遠足で選べる、低年齢児から年長さんまで楽しめる場所というのも納得。

20080604115430

河原があるので、夏場に河原で遊ぶのも気持ちよさそうに思えました。

郡山石筵ふれあい牧場
住所:福島県郡山市熱海町石筵字萩岡2-2
電話:024-984-1000

2008.06.06

広大な大地、北海道。

とある事情で私の実家、北海道に来ています。

お天気は良いのですが、なぜだかとっても風が強いのです。吹き飛ばされてしまいそうなほど。

20080605154058

息子と共に3人で近所をお散歩。見渡す限りの田んぼ・田んぼ・田んぼ。さらに、何もない広大な大地に風が強く吹くわけです。

前日までの雨で川は増水してるし、用水路にも水がたっぷり。そんなところに風が強く吹くわけでして、なんだかすごいよ。北海道。

風にあおられるのか、ただ眠たいだけか、すぐに地べたに座り込む息子を途中からは抱っこしながらのお散歩になりました。

20080605153450

しかし、堤防からのながめは本当に気持ちの良いぐらいの田んぼが広がっています。先週ぐらいに田植えが終了している田んぼなので、まだまだ若くて小さな苗が風に揺れています。

20080605143900

畑でばあちゃんの邪魔をする息子、の図。

2008.06.07

アスパラガスとジャガイモのバジリコ炒め。

北海道はアスパラガスの時期です。私の実家は農家で、主に米を作ってますが野菜も作っています。今、旬な野菜の一つが「アスパラガス」です。

アスパラ食べたーい、と言ったら取ってきてくれたんだけど、その大量さにびっくり。前日にはアスパラのホイル焼きで、そのまんまのアスパラを堪能しました。本日は、炒め物。ジューシーでしゃきしゃきしてる感じを活かせたらなー、と思いながら作りました。

20080606184300

材料
アスパラガス 5本ぐらい
ジャガイモ 中1個

アスパラガスは5センチくらいの長さに切る。ジャガイモはアスパラよりも細めの5センチの長さに切って、片栗粉をまぶす。

ジャガイモから炒め始める。ほどよくカリカリになってきたと思ったら、アスパラガスを投入。火が通るまで炒める。塩・黒胡椒・バジリコを振りかけて、炒める。味の調整はしっかり味見をしてくださいな。黒胡椒は強めに振るとおいしい。

ジャガイモのしゃきっと感とかりかり感が同居してて、さらにアスパラもしゃきっとしてて美味しい炒め物。強めに振った黒胡椒でぴりっとしている味がビールのおつまみやおかずにぴったり。

2008.06.10

イタリア料理・オリゾンテ

326の大学時代の先生と札幌でランチしました。もちろん息子付き。街中のホテルの目の前で、おしゃれそうな入り口の黒板が目につくイタリア料理のお店。

ピザもパスタもお勧めだし、サラダもしゃっきりしていて新鮮。メニューには北海道の新鮮で美味しい食材を使っていることが判る、地名がついた料理がいくつもありました。

フォカッチャもお勧めの一つ。息子が上に乗っているオリーブを私の口に運び、オリーブが乗っていないフォカッチャを真剣に食べてました。とてもお気に召した様子。

お店の雰囲気も良く、子連れでも気配りをしてくれるその心遣いが嬉しかったです。

イタリア料理・オリゾンテ
住所:北海道札幌市中央区南2条西5丁目 南2西5ビル1F
電話:011−222−0021
営業時間:ランチ 11:30〜14:30(土日祝 11:30〜15:00)、ディナー17:00〜23:00


大きな地図で見る

2008.06.11

中国の野菜「エイ菜」

北海道の実家で栽培している野菜で、珍しい物を見つけました。中国の菜っ葉だそうでその名も「エイ菜」。炒め物やおひたしにすると美味しいらしく、中国ではパンダのえさになっているとか。パンダのえさにしているけど、高級中華料理でエイ菜の炒め物があったりするとばあちゃんが話していました。

20080607175200

せっかくなので、夕飯のおかずに食べようと言うことになり収穫してもらいました。ニラのように根を残して葉の部分を切り取ります。こうしておくだけでどんどんのびてくるらしく、何度も収穫できるそうです。

Eisai

おひたしも美味しい、と言うことでしたが中華といえばやっぱり炒め物。エイ菜と豚肉の炒め物にしました。ごま油とサラダ油を混ぜて、その油で炒めて塩胡椒と醤油で味付け。

エイ菜は炒めると半分以下の質量になります。大量に炒めても3人前ぐらいの量になりました。

気になるお味は、炒め物にとっても良くあっていて、茎の部分も美味しかったです。収穫時、見た目が雑草にしか見えなくてパンダのえさって言うのも納得してたんですが、炒めるとしっかりと野菜の味。中国ってすごいなー。

2008.06.11

「はいさい」は敬語だそうで。

・はいさい、使う時に注意を。

「はいさい、と言う言葉は平民の言葉で士族に使うととても無礼になる。今でも首里にはたくさんの士族の子孫が住んでいらっしゃるから言葉は気をつけた方が良い」と。

驚きだった。

そうか、うちなぁぐちは身分制度の影がまだ色濃く残っているんだなとその時初めて悟った。

でもそう言われても「はいさい」と言う言葉は確かに挨拶言葉として使っているのは事実だ。じゃあどこの地域だろうと思い、まずは身近な南風原の喜屋武で80代の方に聞いてみた。

そこでは「はいさい」とは使わず目上に対しても「はい」としかあいさつしないそうだ。男姓は「さい」、女性は「たい」と言う敬語は喜屋武ではほとんど使わないとのこと。

それではと思い今度は那覇の大正5年生まれの方に聞いた。

「はいさいは目上にあいさつする時に使いなさい」と言う。

うーん、悩むが、つまり、首里では使えない。しかし那覇では使え、さらに喜屋武では使っていないということか。

以上、内容を抜粋して引用。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-132354-storytopic-129.html

「はいさい」というのは敬語だったんだなあ、というのにまずびっくり。そして、琉球王国での身分制度っていうのはなかなか厳しい物があったのじゃ無かろうか、と想像。

おだやかでゆっくりとした時が流れ、青い空とおじい・おばあのすがすがしいほどの笑顔が印象的な沖縄だけれども、色々なことがあった島なんだよなあ。と改めて思った。

沖縄いきたーい、という欲求に加速がついてしまったなあ。

2008.06.13

マイクロトマトやら、トマトベリーやら。

20080518123400

先日、北海道から帰ってくる日にトマトをおみやげにもらいました。まだ1個だけ残ってます。大きな大きな実家のトマト。やっと赤くなって、帰る日に食べることが出来る赤さになったトマト。

息子さんはトマトが大好きで、サラダにトマトがあろうものならトマトばかり食べる始末。パスタに絡められたトマトの破片でさえもめざとく見つけてスプーンでぱくり。

私自身もトマトが大好きで、小さな頃にはハウスからトマトを持ってきてかぶりついていたものです。

今朝のNHKで気になるトマトが紹介されていました。その名も「トマトベリー」。苺のような形をしているミニトマトです。甘みも強く、トマト臭さや癖のある味が少ないことから、トマト嫌いの子どもでも喜んで食べられるとか。

トキタ種苗株式会社という所で作られたトマトベリー。取り扱い店舗が少なく、うちの近所では見たことがありません。ネットで苗を取り扱うところがあったりするのですが悩み中。

で、我が実家にトマト苗を栽培する人が居るので聞いてみたけれども、トマトベリーのこと知らなかったんですよ。

代わりに面白い話を教えてくれました。「マイクロトマト」というすんごい小さなミニトマトがあるというのです。ネットで調べてみると、確かに小さい。普通のトマトと比較した写真があるのですが、本当に小さい。親指の爪の大きさぐらいしかないんじゃないかって言うぐらい、小さい。そのマイクロトマトも甘みが強い品種だそうです。

フルーツトマトのような甘い品種が流行っているんだろうなあ。今の子は甘いの好きだし、甘いと食べやすいですしね。

トマトベリー
マイクロトマトの記事

2008.06.14

たけのこ族ならぬ、いんげん族。

筍が好きです。ばあちゃんの作る筍と鰹節の煮物が大好き。今年は忙しかったのか気持ちに余裕がなかったのか、筍の季節に実家に行くことがなかったので筍の煮物にありつけなかったのが悔しいところ。

三春の里にある直売所では筍が置いてありました。ちょっと細長くて、育ち過ぎちゃったかなあ、と思えるような筍。もう6月も中頃なので時期が終わりなのでしょう。

筍にはありつけなかったけれど、いんげんにはありつけました。毎年これでもかっていうぐらいのいんげんを実家から頂きます。そして、毎日のように茹でたり炒めたりして食べるのです。いんげんは新鮮さが第一。冷凍保存もできるけれども、やはり味が落ちます。

私が一番好きな食べ方は、茹でてマヨネーズをつけるというシンプルな物。あとはささっと茹でてしゃきっとした食感が残るうちにおみそ汁の具とするのも好き。いんげんの青々とした香りをいただくのが、一番いんげんらしさを味わえるのではないかと思うのです

20080614154600

2008.06.15

ラベンダー・ブルーベリー摘み取り

20080614113100

三春ハーブ花ガーデンのそばで、ラベンダーとブルーベリーの摘み取りが出来る場所があるそうです。昔はハーブガーデンで苺摘み取りできたとかっていう話を聞いたことがありますが、ラベンダーとブルーベリーは初耳。

ラベンダーの方は7日から開始しているそうで、多分行ったら摘み取りが出来ると思います。

ブルーベリーは7月5日からということで、まだもう少し先の話ですね。

私は果実の摘み取りとか、食べ放題とか行ったことがないので興味津々。ブルーベリーの摘み取りってどんな感じなんだろう・・と想像するだけで楽しくなっていたりして。

こんな近くで摘み取りが出来る場所があるとは知らなかったです。お天気の良い日に家族でのんびり摘み取り、なんてのも楽しそう。息子は取ったそばから食べてしまいそうだけど。ラベンダーもむしり取り放題、というのをやってしまいそうだけど。

入園無料と言うところも良心的ですね。ネットで調べる限り、入園料を取るところが多いみたいなので。

三春ハーブ・むなかた農園
開催場所:田村郡三春町斉藤字長久保
営業時間:10:00〜16:00
定休日:毎週火曜日
入園料:無料
ラベンダー摘み取り:期間は6月7日〜7月中旬、1パック500円
ブルーベリー摘み取り:期間は7月5日〜8月中旬、100g200円
連絡先住所:田村郡三春町斉藤字斉藤98
連絡先電話:024ー944ー7026


大きな地図で見る

2008.06.16

父の日のプレゼントに悩む。

昨日は父の日だったわけですが、世の中の人々はどの位の人が贈り物をしているのでしょう。

なんて気になりながらも、昨日はプレゼント探しをしていました。

昨年は皮のあしらわれた携帯灰皿。一昨年はお酒を送りました。

毎年毎年同じ物を送るのは気が引けるというか、それじゃあいけないだろう、ってことで頭を抱えるのですが、今回もご多分にもれず悩みました。

雑貨屋さんに行って、あーでもない、こーでもないと探してみたけれどピンと来る物、無し。

しちりんとか、お酌セットとか、いいんだけれどもきっと持ってるんだよなあ・・・と思ったり、これはないだろうなあ、でも面白いと思えるメタボ向けの補整下着などなど。

お店には色々ある物で、悩みはつきないわけです。

行き着いた先は「無印良品」。シンプルな商品が多く、誰にでも受け入れられる感じのする品揃えがお気に入りの店。

発見した品物は「南部鉄器風鈴」でした。純和風で素朴な風鈴なのですが、音がきれいで夏を演出するのにぴったり。渋い見た目もお父さんへの贈り物として最適だと判断して、購入。

まだプレゼントの反応は見てないけれども、喜んでくれると嬉しいなあと思うのでした。

無印良品

2008.06.17

ふわふわオムレツに挑戦。

オムレツはふんわり作りたい。そう思うのは当たり前のことなんだけれど、いざ作ってみるとふんわりにはほど遠くみっちりとしたオムレツが出来上がっていたりするのです。

ある日、テレビで見かけたオムレツ。とんでもなく理想的なふわふわ具合。しっかりみて、しっかりと実践した326さん。

オムレツには卵だけを使います。塩とか砂糖とか牛乳とか加えていません。ふんわり重視のためです。卵を白身と黄身に分けて、白身でメレンゲを作ります。メレンゲを黄身と混ぜて、多めのバターをしいたフライパンで焼き上げます。この時、火加減に注意。ふつふつさせると空気が抜けてしぼんでしまうので、弱火でじっくりとふたをして焼きます。

20080617070002

出来上がったオムレツにトマトとアスパラとニンジンを炒めた具を挟んで、完成。

20080617070300

ふんわりふわふわ、素敵なオムレツ。挟んだ具材も絶妙。ケチャップをかけて食べれば、幸せ倍増。

2008.06.17

アメリカの味、ドクターペッパー。

暑い日に、輸入食料品店で見つけた一本。すごく久しぶりに見ました。その名も「ドクターペッパー」。胡椒のお医者さんですよ。って、そのまんまだ。

飲んだことがある人はみんな口を揃えて「薬くさい」といいます。その薬臭さが私は好きです。ガラナに通じる物があると思うのです。ちなみにガラナも大好き。そういやジンジャーエールもしょうがの香りが強いと薬くさいような独特な香りがしますね。独特な香りって良いですよ。なんか身体に良いような悪いような複雑な気持ちになります。

Drpepper

2008.06.17

しびれる刺激、GINGER BEER。

200806171527

ジンジャーのからーいあの味が大好きです。ウィルキンソンのジンジャーエールだって辛い方じゃなくちゃ飲む気がしないって言うぐらい。

326に教えて貰ったのが「GINGER BEER」。その名の通り、ジンジャーがたっぷり入ったノンアルコールビールです。

20080617153100

「英国で90年以上も前から守られてきたレシピ」というとおり、原材料名を見るとなんだか身体に良さそうな感じがします。

ネットで調べてみると西洋ノコギリ草は別名ヤローフラワーとも呼ばれる、ビタミン、ミネラルを豊富に含む植物だそうな。

別名ヤローフラワーとも呼ばれる、ビタミン、ミネラルを豊富に含む植物です。昔、兵士の傷薬と呼ばれ、生の葉は傷の治療薬として用いられていました。発刊作用を促して、毒素を体外へ出す働きがあるので風邪をひいたときに飲むと効果的です。血行をよくして血圧を下げたり、冷え性、自律神経失調症、更年期障害、痔、無月経症状の改善にもよいとされます。妊娠中はご使用を避けて下さい。

以上引用。
https://www.mimaki-family.com/item/list3_5-93-861.html

これはいま風邪引きの私にぴったり。たしかに、飲むとぴりりとからいジンジャーが喉を刺激してくれたりして良い感じなのです。殺菌してるよー風邪菌退治してるよー、というかんじ。

しかし、想像していた色とは違ってびっくり。ウィルキンソンのジンジャーエールのように黄金色なのかと思ったら、無色透明。けれどもしっかりとジンジャーの香り。まあ、ジンジャーエールとはカラメルで着色した飲料なので色が付いてるのは当たり前。

参考にしたページ
http://dealco.racco.mikeneko.jp/OTHERS/ginger.html

ジンジャービアとジンジャーエールについて書かれています。モスコミュールは本当はジンジャービアで作るらしい。初めて知りました。

そんなこんなであっというまに飲み干してしまったジンジャービア。我が家にしては高級品(1本400円近くだった)なので、早々お目にかかれないとは思いますが、また飲みたいなと思える美味しい飲み物でした。

※実はアルコール度数のあるジンジャービアもあるらしく、奥が深いみたいです。
http://www.charsbar.com/japanese/index.cgi/update/20030226/

2008.06.18

めがたまご。

20080618130600

マクドナルドの「メガタマゴ」がお昼ご飯でした。すごい厚み。でも、予想とは裏腹に卵は1枚。肉は3枚、ベーコン1枚でした。チーズも挟まってます。

とっても食べづらいです。少し押しつぶしても、食べるそばから具が外にはみ出ていきます。かみ切れなかったベーコンが1枚まるまんま、口に飛び込んできたりもします。

Mサイズのセットだったので、ポテトもあり。全て完食する頃にはいつになくたらふく食べた感じの満腹感。

やっぱり、「めが」の意力はすごいなあ、と感心しきりなのでした。

蛇足ではありますが、「めがたまご」は「目が卵」に変換されやすいです。まあ、目玉は卵なのかもしれないし、当たっているのかなあ。

2008.06.19

パン作りにも使える、さわ市の地粉。

さわ市で売っている三春の地粉。さわ市で出しているうどんを打つときに使用しているらしいので中力粉ぐらいなんだと思います。

中力粉でもパンは焼けるだろう、と思い立って食パン用のパン生地に使用してみました。

出来上がったパンは外かりかりの中ふわふわで、なんだかリッチなパン。耳部分のカリカリ加減が何とも言えません。お菓子のようなかりかりサクサク感。いつものパンよりも美味しい気がするのです。

1kg450円(多分)で販売中。ちょっとお高くつくけれども、美味しいパンが作れちゃいますよ。

雪が降り積もった、さわ市。

春のさわ市。

さわ市のはちみつ。

2008.06.19

夏はやっぱりカレーです。

風邪を引いてるときも新陳代謝が良くなるからおすすめしたいのがカレー。辛いカレーをモリモリ食べていっぱい汗をかくのが良いんです。カレーはスポーツ!!

326が思いつきで作ったカレーは多くのヒットを生み出します。美味しい確率は結構高いのです。今回もその仲間入りを果たしそうな一品。

20080619125100

適当カレー
材料
・玉ねぎ
・ピーマン
・トマト
・鶏肉
・鷹の爪
・スパイス(カルダモン・ナツメグ・シナモン・クローブ・キャラウェイシードパウダー)
・しょうが

玉ねぎはフードプロセッサーでみじん切り状態。ピーマンは細切り。トマトはサイコロの大きさに切る。鶏肉は一口ぐらいの大きさに切ります。鷹の爪は輪切り。

スパイスしか使用してません。カレーのルーとか、カレー粉も使っていません。カルダモン・ナツメグ・シナモン・ウコン・クローブ・キャラウェイシードパウダー、と言ったようなものを入れたようです。あ、あとしょうがも。

玉ねぎを炒めます。火が通ったらスパイスを入れます。大体です。順番とか関係なく、とっても適当。足りないと感じたら、感じたときにスパイスを足していたそうです。

ピーマン、トマト、鶏肉、鷹の爪を炒めます。火が通ってからだし汁を入れます。分量も適当です。作りたい分だけ、入れましょう。今回使用したのは鳥ハムを作る際にとれただし汁です。

ひたすら煮立てます。スパイス加減を味を見ながら調整したら完成。

辛いです。それでもうまみがあるのはだし汁のおかげだと思います。あと、みじん切りの玉ねぎの炒め方もポイント。しっかりと炒めておきましょう。焦がさないように気をつけてください。

2008.06.25

きのみきのまま、はっぱそのまま。

近所で見かける実。気になる木の実は何のなのだかよくわからない。多分花梨のような気がするんだけれども。

まだまだ小さい木の実。今後の成長が楽しみ。

さてさて、我が家ではベランダで栽培している野菜がある。その名もサラダ水菜。最初は水菜とは思えない、ただの双葉だったのがみるみるうちに水菜っぽい葉に変化していった。

20080625143700

葉っぱが5センチ程度にのびたんだけど、何時食べたらいいのかサッパリ。もうちょっと大きくなるのを待つべきなのかな。

と思って検索してみたところ、写真を見るに20センチぐらいまでのびたら食べてもよさそう。うちの子はまだまだみたいです。

2008.06.26

読売新聞と共にやってくるレシピ。

新聞屋さんに集金をお願いしているので、集金に来たときには何かしらの冊子をいただきます。フリーペーパーってやつですね。

中には作ってみたい!と思えるレシピが載っているものもあるのです。朝日新聞の出している「朝日クッキングサークル」の冊子はなかなか良いレシピがあります。

月ごとにテーマが変わり、テーマに沿ったレシピが9つ程度載っています。料理研究家で管理栄養士の検美崎聡美さんが考えた栄養バランスのとれた、カロリーもしっかり表示してあるレシピは参考になります。

今回の7月号できになったレシピは「とうがんと鶏手羽先のスープ」です。

とうがん、と言う名前を私は福島に来てから初めて聞いたのですが、「冬瓜」と書く瓜科の野菜で煮物にするとおいしいと聞いたことがあります。

そんな冬瓜をあっさりとした鶏手羽先のスープで煮たスープ。しょうがが入ってるのでさっぱりとして夏にもぴったりなんじゃないでしょうか。

とうがんと鶏手羽先のスープ
1人分287kcal
塩分2.1g
調理時間50分

材料(4人分)
とうがん1/4個
鶏手羽先8本
しょうが(薄切り)1片分
酒1/4カップ
塩適量
粗挽き黒胡椒適量

作り方
とうがんは種とわたをスプーンで取り、皮を薄くむき、食べやすい大きさに切る。

鶏手羽先は先を切り落とし、関節から二つに切る。

鍋に水4カップと酒を入れ強火で煮立て、鶏手羽先としょうがを入れる。再び煮立ったらアクと余分な油をとり、弱火で約30分煮る。

とうがんを加え10〜15分煮て、塩で味を調える。

器に盛り、粗挽き黒胡椒を振る。

2008.06.28

インドネシアな組み合わせ。

カレーとバナナヨーグルトなのですが、何とも夏のインドネシアの料理屋さんで食べれそうな組み合わせ。

カレーにはもりだくさんの玉ねぎとさやいんげんとアスパラ。緑と黄色の色合いもばっちり。にんにく、しょうが、とりにくも忘れずに。ルーは使わずに、ガラムマサラやスパイスでカレー味を調合。

口に運ぶと野菜達の甘みが広がって、そのおいしさをかみしめているとカレーの辛さがじわじわじわじわやってきます。

いつのまにか口の中はヒリヒリ。それでもうまくてやめられない止まらない、という不思議なおいしさ。

辛さに我慢できなくなったらバナナとヨーグルトをフードプロセッサーで混ぜたドリンクで一呼吸置いて、また辛さにめげずに食べ進めるのです。

20080627125800

2008.06.28

CSS Nite in FUKUSHIMAに参加しました(1)

20080628140000

何ともベタなタイトル・・・は、さておき。

CSS Nite in FUKUSHIMA

というwebのイベントが行われるということで、これは参加しないわけにはいかないなあって事で参加してきました。

アップルストア銀座で行われているCSS Niteの地方版です。CSSって言っても何がなにやらが多いと思われますが、ようはwebのお勉強会みたいなことです。多分。

内容としては(以下敬称略。)

・これから求められるCSSデザイン(株式会社サイバーガーデン 益子 貴寛)
・Adobe Creative Suite 3 Web Premiumで行こう!+Adobe AIRでいよいよデスクトップに上陸(アドビシステムズ 西村 真里子・轟 啓介)
・マイクロソフトのWebへの取り組み(マイクロソフト株式会社 春日井 良隆)
・制作者と発注者にやさしいWebディレクション(フリーランス みどりかわ えみこ)
・デスマーチ vs ハッピークリエイティブ(株式会社ロフトワークス 林 千晶)

と言う5つのセッションでして、これが時間が長いこと。一つのセッションが約40分で(みどりかわさんのセッションは約20分)、でもそんな時間も気にすることなくあっという間に過ぎていった気がします。それだけ面白くて興味深い内容だったと言うことでしょう。

余り下調べをせずに行ったもので、ちんぷんかんぷんになりそうな場面もありつつ、それでも興味深い話を聞けた、と言う充実感でいっぱいです。

長いので、(2)に続きます。

20080628135100

ちなみに、始まる前のプロジェクター画面。右手にはセッティング中の1番手、株式会社サイバーガーデン益子さんの図。

2008.06.28

CSS Nite in FUKUSHIMAに参加しました(2)

各セッションについては後日書き上げます。長くなるのは間違いない事実ですから。

20080628185300

各セッションが終了し、残った短い時間でパネルディスカッション。参加者から質問を受け付けたり、パネラーから質問をしたりする時間でした。

メモを見る限り、これは!!と思った質問は

・苦手な人とうまくやっていくには?

という参加者からの質問。旨いこと聞くなあ・・・と感心したのは事実。

やはり内容的にみどりかわさんが答えるところでしょう、てな雰囲気でみどりかわさんからお答えになっていました。

「仕事として。そつなくこなすように。」

とメモに残っていまして、要するに

苦手だから駄目だから、っていう事じゃなくて一緒に良い仕事をしていこうって言う気持ちさえその仕事の相手と見いだせれば、苦手も何も関係ない

というようなことなんだろうなあ、と勝手に解釈。なんだかんだ言っても人と人が仕事をするのだからコミュニケーションというのは大事なわけです。プロジェクトマネージメントでも、きっとコミュニケーションや情報の共有なんかが肝なんだろう、と今ちょっと林さんのセッションでのお話しを思い出しながらつながりを見いだしたりしていました。後日、林さんのセッション内容についても書きたいと思うので割愛させていただきます。

そんな(どんなだ?)林さんのお答えは実体験からのお話。苦手な人が居たけれども、どこかしらのとっかかりをみつけて相手に近づいて飛び込んでみれば、うまくいくよ。と言うような内容でした。

「コミュニケーションが大事だ」ということから、益子さんが

「大きな声で挨拶」

という発言。確かにこれは重要ですよ。・・身に染みているのでよーくわかります。続けての発言で、

「目を見て挨拶をするのも重要」

というみどりかわさん。たしかにコミュニケーションするにしても、ただ言葉を発するだけじゃ足りないわけです。モニター越しに挨拶なんて、言語道断。

まとめるようにして(?)今回は司会役の鷹野さんが

・何かをきっかけにつながる
・何かの糸口を見つける

という2点がどこかのだれか(さいとうたかしといっていたような・・・)の本で読んで、とかっておっしゃっていたような。

20080628190500

終了後は、こういう事が逢ったって事で記念撮影タイム。参加者側の携帯電話のカメラが一斉にステージに向けられ、異様な雰囲気。これには笑ってしまいました。

ちょっと長くなりましたが、色々と勉強となったセミナーでした。ちゃっかりと抽選会で本もゲットしました。dreamweaverの本です。ありがたいです。若干「最近触ってないだろ!ちょっとちゃんと使えるようになった方が良いんじゃないの?」的な、神の思し召しかと思える巡り合わせでどっきりしました。MOVABLETYPEをいじっていた時代にdreamweaverを触っていたのですが、最近はとんとご無沙汰で宝の持ち腐れ状態。これを機にお勉強を再開しようかなと思い始めました。

セッション内での「これは!!」と思った部分、この後の抽選会・交流会の模様等々、書きたいことは盛りだくさんです。随時書き上げたらアップします。

少々sundalsの路線からはずれ気味ですが、webに関わる人として福島県でのweb実情みたいなものにいろんなひとが触れられれば、と思って書き残したいと思います。

*追記
CSS Nite in FUKUSHIMA 公式サイトにて写真がアップされています。私の写真よりもはっきりくっきりでわかりやすいです(苦笑)

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About 2008年06月

2008年06月にブログ「SUNDALS - 田舎暮らし & 子育て + 郡山界隈の情報」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年05月です。

次のアーカイブは2008年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ