Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« さわ市のはちみつ。 | メイン | 今年の夏は”天玉や”でひやむぎ。 »

2008.05.26
12:40

スティックケーキのおくりもの。

スティックケーキは15×15の大きさを2センチ幅に切った、細長いケーキ。そのかわいらしさと、食べやすさがおみやげや贈り物にちょうど良いと思うのです。

今回は初めてチーズケーキではない物に挑戦。キャラメルスティックケーキです。

キャラメルクリームが香ばしい、パウンドケーキのような生地です。作り方も簡単で、スポンジケーキのように泡立てることもなく、焼き上げ完了まで35分程度なので時間もかかりません。1時間もあれば、誰かに渡すために切り分けてラッピングも出来ちゃいます。

しかし、15センチの角型なんて、普通のおうちにあるわけがありません。普通のホームセンターにすら、おいてあるのを見たことがありません。でも、大丈夫。角型がなかったら、自分で作っちゃうのです。

20080526094000

簡単に作れるうえに、しっかりしている角型。材料は牛乳などの紙パックとクッキングシート。

20080526094001

紙パックは15×5に切ります。クッキングシートは25×25に切ります。真ん中に15×15の真四角が出来るように紙パックを置いて、ホッチキスで留めれば、完成。

型が完成したら、ケーキの生地作り。まず、キャラメルクリームを作ります。

・砂糖 30g
・水 小さじ1/2
・お湯 小さじ2
・生クリーム 大さじ2

まず小さな鍋に砂糖と水を入れます。中火にかけて、茶色になり始めたら鍋をゆすります。茶色になり始めるまでは鍋を動かさないこと。色が均等になったら火を止めます。お湯を入れて鍋をゆすります。生クリームを入れて木べらでまぜます。キャラメルクリームが完成です。

・バター 60g
・砂糖 40g
・卵 1個
・薄力粉 70g
・ベーキングパウダー 1gぐらい
・ラム酒 小さじ1

バターをゴムべらで柔らかくなるまで練ります。そこに砂糖を加えて泡立て器ですりまぜます。

よーくすり混ぜてクリーム状になったら、溶いた卵の1/3、薄力粉とベーキングパウダーを合わせたものを大さじ1、それぞれよく混ぜてから次を入れる、というかんじ。同じ事をもう1回やります。

残りの卵、ラム酒、キャラメルクリームの半量を順によく混ぜてから、残りの粉を入れて粉っぽさが無くなるまで混ぜます。

生地を型に入れて、平らにならします。ゴムべらなど、へらでやるといいかもしれません。

20080526111200

その上に残しておいたキャラメルクリームをスプーンで落として、竹串で小さな円を描くように模様を描きます。

180度にあたためたオーブンで、15〜20分焼きます。我が家のオーブン「ヘルシオ」さんは15分でちょっと焼き色強めかな?という感じでした。まあ、ちょうど良い感じ。

20080526123000

焼きすぎると焦げの色とキャラメルクリームの模様がごっちゃになって、模様も何もなくなります。キャラメルクリームの風味もなくなります。物足りない上に、ぱさぱさになります。がっかりな結果を生み出しました。(1回失敗しました。。。)

20080526120601

あとはキレイにラッピング〜♪クッキングシートや、100円ショップで売っているようなパラフィン紙を使って、2×4くらいの大きさに切ったものを包装するとかわいいです。

20080526120600

紙コップに入れるだけでもコンパクトな上に、キュート。箱に入れて、プレゼントに最適な仕様になりました。

レシピ元は、もちろん先日購入した「ちっちゃなスティックケーキの本」。今後もがしがし作っていく予定です。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2008年05月26日 12:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「さわ市のはちみつ。」です。

次の投稿は「今年の夏は”天玉や”でひやむぎ。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ