Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 激辛だけど激旨カレーの誕生。 | メイン | 行けるか行けないか・・・!? »

2008.01.14
14:31

生パスタとピザでおもてなし。

今日は夫の友人と共にお昼ご飯を食べることになり、せっかくなので生パスタとピザでおもてなし。

いつもいつも、思い悩むのはパスタのソース。最初は「トマトクリームパスタ」にしようと思ってたんだけど、なんだかんだと相談の結果、「カルボナーラ」と「ボンゴレロッソ」になりました。

カルボナーラは生パスタの作り方が載っている本を、ボンゴレロッソはオレンジページの付録になっていたパスタレシピ集から参考にしました。

カルボナーラは作ったことがあるので味を作るのに自信がありましたが、ボンゴレロッソは記憶を探っても食べた記憶が出てこないこともあり、味に多少の不安がありました。

でも、そこはあさりのしっかりとした出汁とトマト缶の酸味でカバーされているのか、おいしいパスタができあがりました。

ピザはシンプルにモッツァレラチーズとトマトとバジルをトッピング。パン生地でふかふかに・・・と思ったけどほっといた時間が長かったせいか、ふかふかとまではいかないパンピザになっていました。

20080114120701

つくりかたを、おさらい。
・カルボナーラ

20080114120601

材料(1人前)
・パスタ150g
・にんにく1片
・ベーコン1枚
・白ワイン大さじ1
・生クリーム大さじ2
・パルメザンチーズ大さじ1
(チーズはお好みのチーズで良いと思います。今回使用したのはピザ用のミックスチーズでした)
・卵黄1個
・塩胡椒適宜

油を引いたフライパンでニンニクを炒めます。香りが出てきたら2センチ幅に切ったベーコンを入れます。ほどよく炒めたら、白ワイン・生クリーム・チーズを入れて、とろとろになるくらいまで炒めたら火を止めます。茹でたパスタを入れて塩胡椒をして混ぜます。ボウルに移して卵黄を入れて混ぜます。完成。

・ボンゴレロッソ

20080114120700

材料(2人前)
・パスタ160g
・あさり160g(今回は1パック入れたから220g)
・にんにく1片
・ホールトマト缶1缶
・オリーブオイル大さじ2
・塩適宜

オリーブオイル大さじ2をあたためたフライパンににんにく・あさり・ホールトマト缶を入れて強火にかけます。煮立ったら弱火にして、あさりの口が開くまで4〜5分煮ます。塩を入れて味を調えます。茹でたパスタを入れて混ぜます。完成。

塩とか胡椒は味を見ながら調節をして入れていくべきです。・・・いつも味見を忘れがちで失敗をしてしまう私からのアドバイス。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2008年01月14日 14:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「激辛だけど激旨カレーの誕生。」です。

次の投稿は「行けるか行けないか・・・!?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ