Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 自作にはまる・餃子の皮編 | メイン | 大玉村の大きなスーパーセンター »

2007.12.06
13:33

干し柿の風景。

20071203100700

北海道では見たことがなかった光景があります。それは「干し柿」。軒下に干し柿をつるしている家が、ここ福島ではよく見かけられます。その光景が何とも言えずに、懐かしいような、田舎の風景のように思えるのです。

夫の実家でも干し柿を作っています。おばあちゃんが手入れをしているのですが、干した柿を柔らかくなってきたらば揉んでほぐすことで、熟し方を均一にさせているそうです。

家に入ってくる坂道の上がり口に大きな柿の木があって、いつもたわわに実るのです。その柿のみがなり、青い色がだんだんと橙色に色づくのを見ていると、秋を感じます。

そして、その柿が干される頃には冬が到来したことを感じるのです。

20071203100800

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2007年12月06日 13:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自作にはまる・餃子の皮編」です。

次の投稿は「大玉村の大きなスーパーセンター」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ