2007年11月

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007.11.02

ウォーターオーブンでゆで卵

ウォーターオーブン「ヘルシオ」では、ゆで卵を作ることができます。どのような方法なの?本当にゆで卵が作れちゃうのか?と、気になって気になって仕方がない日々が続いていましたが、ここでようやく出番が来ました。おでんです。おでんを作るとき、ゆで卵は先に下ゆでをしておかなければなりません。大根も下ゆでしなくてはならないので、ガスコンロは手一杯。そこで、ヘルシオの登場。ゆで卵をヘルシオで作っている間に、大根も下ゆでできるし、他の練り物などの油抜きなんかもできちゃいます。

Image018

ゆで卵の作り方は至って簡単。水を入れる場所に水を入れて、角皿の上に調理網をのせて、その上に卵をのせます。卵の量は2~8個まで加減ができるようでした。今回は3個です。卵がのった皿を上段にセットして、自動メニューから「ゆで卵・レトルトカレー」を選択。およそ13分ぐらいでゆで卵が完成しました。

Image023

殻をむくと、しっかりとゆであがった白身が出現。弾力を確かめても、しっかりと中まで火が通っているようでした。びば!へるしお!

ウォーターオーブン 20L ヘルシオ icon iconicon

2007.11.02

秋祭り

11月に入り、寒さも一段と深まる今日この頃ですが、そのおかげで三春町内の紅葉も見頃となっているようです。町役場の駐車場のそばのおおきな銀杏の木が真黄色に綺麗に染まっていて素敵ですよ。そんな紅葉も見頃の三春町内で、秋祭りが開催されます。フリーマーケットやスタンプラリー、マグロ解体ショーなど見所満載。私も、明日の午前中は機種変更したばかりのデジカメ携帯片手に楽しみたいと思います。尚、当日は交通規制もありますのでご注意下さいませ。

11月3・4日
三春秋祭り2007
場所:三春交流館まほら周辺、おまつり道路など
駐車場:役場東側、三春小学校校庭

三春町ホームページ・三春秋祭り2007

2007.11.07

ウォーターオーブンでスポンジケーキ。

なぜか、以前札幌に住んでいた時代に作ったスポンジケーキは、クッキーのような、膨らみのない、何とも言えないケーキしか作れませんでした。いや、ケーキと言ってはいけないような代物です。それを「このオーブンが200度まで温度があるというが実はそうじゃないに違いない!!」とか、オーブンのせいにしていたわけです。実際にはそうじゃないことは明白なのですが。

あれから何年経ったのでしょう。ケーキを焼くことはありませんでした。「焼く」と言ってもクッキーやらビスケットやらスコーンやら、固いものしか焼いてきませんでした。いや、たまに蒸しパンとか天然酵母パンみたいなものも焼いていたけれど。それはおいといて。とにかく、ふわっとするようなものに挑んでいくことはなかったわけです。そんな私が、このたび、挑戦することに相成りました。もちろん、高級「ウォーターオーブン」の「ヘルシオ」さんで。しかも、いつもいつも涙をのんでいたスポンジケーキに挑戦です。ドキドキです。ふわふわのふくらんだケーキなんて言うのは、ケーキ職人にしかできないんだ、そうなんだ、とか思い込んでみたこともありました。しかし、スポンジケーキを素敵にふわふわにお店で売っているように焼き上げるという夢は女の子としては捨てきれずにあったわけです。高級な上に、高機能なしっかりとしているオーブンを使えば、もしかしたら成功しちゃうかもしれない、いや成功できる!という期待と不安と色々を胸に、スポンジケーキ作成に取りかかりました。

ケーキ作り、特にスポンジケーキなんて言うふわふわしたものには、「泡立てる」がキーワードです。体力も使うし、泡立て具合によって膨らみが左右されるので、気を抜くことができません。持久力の全然無い私にはちょっぴり過酷。しかし。文明というものはそんな怠惰な私に機械を与えてくださいました。「ハンドミキサー」です。私が楽をするためだけにあると言っても過言ではありません。泡立てるって言うのは、本当に大変な作業なんです。「お菓子作り」なんていう、かわいらしい女の子がきゃいきゃい言いながらするような言葉のイメージは吹っ飛びます。寡黙に、真剣に、泡立て具合に気を配りながら、一心不乱に泡立て続ける作業なんて言うのは、本当に職人仕事。忍耐力です。持久力です。そういう世界なんです。・・・多分。しかし、そんな世界に挑むにはひ弱すぎる私なので、ちゃっかりと機械に頼ります。頼りますが、それでも泡立て時間は永遠のごとく感じられます。しかも、成功したことがないのでどこまで泡立てて良いのやら・・・という感じ。色々と参考にしながら泡立てましたが、途中で、「このくらいでいいよもう」と私のいけない癖が出てしまいました。中途半端な泡立ちのまま、粉と溶かしバターを投入。何となく嫌な予感がする生地を型に流し入れてから、予熱を始めました。

続く。

2007.11.07

ウォーターオーブンでスポンジケーキ2

ウォーターオーブンでスポンジケーキの続きです。

予熱時間は6分程度。もうちょっと早くにその時間を知るべきでした。すぐにオーブンに入れることができずに、生地を放置する羽目に。勉強不足としか言いようがありません。

もう一つ気がついた勉強不足な失敗。ウォーターオーブンの説明本を見ていると、料理レシピがあり、そこにはもちろん「スポンジケーキ」のレシピ。その本には別立て法が載っていました。

スポンジケーキには作成方法が「共立て法」と「別立て法」の二つあります。私が参考にした本に載っていたのは共立て法だったのです。どこからどう読んでも、そのウォーターオーブンの説明本に載っている「別立て法」の方が簡単に完成度高く作成できることが書いてありました。

卵白と卵黄を分けて泡立てるのが別立て法なのですが、その方が卵白の泡立ちが良く、かつ泡立てやすいのです。全卵を湯煎をしながら泡立てて、途中で湯煎をはずして、さらにしっかりと泡立てていくという、それこそ職人技な「共立て法」よりも。

焼いて、失敗しても次に活かそう!次こそは別立て法で作ればいいじゃないか!と思い直して、気持ちを入れ替えて焼き始めることにしました。

Image038

待つこと30分ばかり。オーブンから出てきたスポンジケーキは、多少の膨らみのなさ、きめの荒さが気になったりしましたが、それなりに膨らんでいました。真ん中から二つに切り分けると、中はしっかりと火が通っていて、美味しそうな匂い。

Image042

ホイップクリームを泡立てて、缶詰のフルーツを切り、飾り付け。時期が時期なので、高級果物を買うこともできず、缶詰フルーツで乗り切りました。かわいらしく出来上がったと思います。ただ、夫の誕生日と言うことで作ったケーキにもかかわらず、その飾り付けによって出来上がった顔は息子にしか見えない・・・。

とにもかくにも、出来上がったお誕生日ケーキ。お味はと言うと・・・なかなか、良い具合。強烈にぱさぱさとしているとか、みっちりしていて重たいというわけでもないスポンジ生地と、少しだけ泡立てすぎて固い生クリーム。間に挟んだフルーツが良い味を出していました。

100点満点とは言えない代物でしたが、食べられないほどのものではありません。想像よりも成功はしているのではないかと思います。色々と難点はありますが、次回への反省点として活かしていきたいものです。

それでもやっぱり、本を読んで勉強すると言うことも必要かもしれません・・・参考までに検索した中で気になる本をピックアップ。

2007.11.07

三春秋祭り2007 食生活改善推進協議会

三春交流館まほら内では様々なブースが展示を展開していた。毎月2回の保健センターの開放日に「食改さんのおやつやさん」というおやつを食べられるときがあり、そのおやつを作っている会が「食生活改善推進協議会」と言うことを初めて知った。

20071103131700

食生活改善推進協議会は、地域の食生活改善を効果的に促進し、実践を通じて地域の食改善に寄与することを目的に協議会を設置して活動しているらしい。

主な活動としては、
・毎月1回の定例会で、食の勉強会
・保健センター開放日に来られた親子に手作りおやつの提供
・学校において、食育事業の実施
・高齢者学級において、調理実習会
等があげられていた。

20071107092922

ブースには手作りおやつのレシピも置いてあり、そのレシピはしっかりと栄養表示や、おやつについてのちょっとしたおはなしが書かれていた。

レシピの他にも、試供品や血管健康学の冊子や体脂肪に関して書かれている冊子など色々と置いてあった。「食生活」を考える人たちの活動が見えてくるようだった。

2007.11.08

三春秋祭り2007 スタンプラリー

今回も三春交流館まほらを中心として、秋祭り会場ではスタンプラリーが開催。秋晴れの気持ちいい天気の中、三春の秋の紅葉も楽しみつつ、町の雰囲気を満喫。

20071103114800

旧公民館前にあるチェックポイントの脇では、三春おやこ劇場によるバザー。段ボールで作った様々な遊び道具で子ども達が遊んでいました。

三春おやこ劇場は旧公民館内の2階にあって、わらべうたのサークル「ぼちぼちいこ会」や、読み聞かせなど、色々と活動をしています。

20071103133800

次のチェックポイントは三春郷土人形館。昔ながらの蔵の中で郷土民芸の人形等を展示したりしています。この日は祭のため無料開放されていました。

20071103133201

三春町文化伝承館もチェックポイント。

20071103133300

中に入っていくと、趣深い石畳と清め水に風情を感じます。

スタンプラリーのチェックポイントを回るだけで、三春の文化に触れることができたり、紅葉を楽しめたりと、秋の三春を満喫できるイベントの一つとなっていました。

2007.11.08

三春秋祭り2007 マグロ解体ショー

「マグロの解体」と聞くと、本当にどこか特別な場所でしか見られないような、それこそテレビでしか見たこと無いような感じのイベント性を感じるし、見る機会なんてめぐってこないだろうと思っちゃう。
そんな現実味がないことだけれども、見る機会が巡ってきた。それは、三春秋祭りに関連して開催されることになった。

20071103150903

沢山の人だかり。老若男女問わず、集まる。

大町商店街のお店で500円以上の買い物をするとスタンプを押してもらって、それを二つ集めるとマグロ解体ショーで解体されたマグロを無料でもらえる。それ目当ての人も結構な数で居たはず。

20071103150301

のこぎりのように見える大きな包丁で、豪快に切り開いていく。これぞまさに男の仕事。

20071103150500

綺麗に二つに分かれた赤身を切り分けていく。

20071103151100

大量。大きなマグロから、配るための赤身部分を切り分ける。

20071103170232

頂いた赤身はパックに詰められていた。

20071103181601

半分は刺身に。

20071103182700

もう半分はフライ。

諸事情により、私はフライのみ試食。しかも一口。久しぶりに火の通ったマグロを口にする。懐かしい味。だけど、フライは初めて食べた。しかも、ヘルシオで作ったマグロフライ。中が少しだけ赤身が残っているところが憎らしい演出のように見えるなあ。

刺身もフライも、一番食べていたのは我が息子。おいしそうにぱくぱく食べていましたよ。

2007.11.10

門鹿秋祭礼

20071104110228

秋も深まり、紅葉も綺麗な季節。秋祭りの時期がやってきた。

20071104110526

門鹿地区の秋祭り。午前中は子ども御輿が町内を練り歩き、御神酒とお花を配っていく。

20071104154259

午後は王子神社にて、その年に産まれた子供と家族がお払いをしてもらい餅をまく。

焼き鳥があったり、ポップコーンを配っていたり、おもちゃを売っていたりとお祭りの屋台と言い切れないなりの販売もあり。

20071104153428

舞台では神楽。雅な衣装で身を包み、笛と太鼓が鳴り響く。

20071104153808

神社への参道も、何か神秘的に感じる。

去年は、息子が生まれた年でお払いをして餅をまく側だったけれど、今年は餅をとりに行く側。

20071104154404

例年は2〜3組の家族が餅をまいているけれど、今年は9組もいた。餅取り合戦もヒートアップ。

20071104154740

子ども達の「ちょうだいちょうだい」コールが騒がしく響く。こうして福が配られ、活気がついていくのだなあ。

20071104155107

うちももれなく10個ゲット。

2007.11.11

保健センター開放日 おはなし会

実は何度も何度も行く機会があったにもかかわらず、行ったことがなかった「おはなし会」の日。初参加なのです。

わらべ唄の手遊びと、それに関連しているような図書館にある絵本を3冊、読んでました。

この日は「いちじくにんじんさんしょにしいたけ・・・」と続いていく手遊び歌。「おさかながはねて・・」とかいう歌もあったなあ。

「いちじくにんじん・・」は絵本があったようで、それぞれの絵が描かれています。10番目が冬瓜なのですが、実は始めて冬瓜をみました。

その名の通り、うりなのです。「冬」と名前に付いていますが、れっきとした夏野菜で、冬まで保存しておくことができることから「冬瓜」という名前が付いたそうです。煮物やあんかけにして食べるとおいしいそうです。

息子は、と言うと一人でボールプール遊びをしていたり、隅っこにある体重計のあたりで数人の子どもと遊んでいたり、おはなしを聞いていられるような様子はありませんでした。

もうちょっと早くからおはなし聞かせてあげていれば良かったのかな?

福音館書店 こどものとも0.1.2.2007年10月号内容(いちじくにんじんがのっています。

2007.11.13

波のささやきプレミアム(試供品)

試供品を頂いたので早速試してみました。

海泥石鹸 ミロッサ
無香料と言うことで、泥っぽいような独特の匂いがします。「くさい!」と某CMのようになるようなことはありませんが、ちょっとだけ気になります。使い続けていると気にならなくなる程度です。気にするのは「泡立ち」。普通に手で泡立てると、それなりに細かい泡が完成。もっちり、とまでは行きませんがふんわりとした泡立ちです。洗い上がりはぴきーんと突っ張ることもなく、優しさを感じます。すべっとした肌になったような感覚。

波のささやき 海泥ヘアシャンプー
こちらも無香料。当然のことながらちょっとした匂いが気になります。3回分ぐらいの分量だったので、効果はよくわかりませんでした。つややはりがでてくる、とのことなのですが・・・。洗い上がりはちょっときしきし感が残っているような感じ。自然派シャンプーらしいところなのかなあ、と思ったりしました。泡立ちはきっちり使うときっちり泡立ちます。普通の分量よりも少なくて良い、と言うことはなかったと思います。

波のささやき 海泥ヘアパック
こちらも無香料ですが、こちらの匂いは気にならなかった・・かな。髪に塗って少し置いてから流すと、なんだかつやつやさらさらな感覚。これはちゃんと効果がありそうな感じがしました。乾かしてからも、さらさらーとしていて良い感じ。シャンプー後に自分では気づかない匂いに夫が気がついていたようですが。いつものとは違う、独特な匂いがしたそうです。やっぱり少しは匂いが残ってしまうのかもしれません。

2007.11.14

ふんわりふわふわ中華まん

寒い季節になると食べたくなるのがほかほかふわふわの中華まん。市販の中華まんも、ヘルシオさんでふわふわにあっためることができちゃうのです。

Image068

ヘルシオには蒸し器のような機能があるのです。その機能で蒸してしまえば、ほかほかふわふわの中華まんの出来上がり。自動メニューの「しっとりあたため」の中の「中華まん」を選択すれば、約18分でできあがります。

本当に、しっかりと蒸されたできたての中華まんの味。コンビニの中華まんよりも美味しい?かも??

2007.11.14

即席ハウスカレー

Image058

「限定」とかいう言葉に弱い人間は多いモノです。そして、話題の映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に関連している、昭和的な匂いのするカレーと来れば期待度も高くなります。

Image060

中をあけると粉のルーが入っていました。シチューの粉をカレーにした感じ。ふんわりとスパイスが香ってきます。

Image063

早速料理開始。ぐつぐつ煮込んで柔らかくなった肉と野菜の中に、粉のルーを少しずつ振り入れて溶かしていきます。なんだか見たことのないカレーの色・・・

Image065

いつものカレーの色よりもマイルドな感じの、黄色いカレー。お味はと言うと、もちろんおいしい。というか、いつも使っている普通のルーのカレーよりもスパイシー、だけれども辛すぎないという感じ。いつもよりもご飯の減りが早いライスカレーな夜でした。

2007.11.15

小さく手軽な携帯食

マクドナルドやロッテリアやモスバーガーなんかで売ってる、ジャンクフードってやつは、携帯食になるんだと思う。久しぶりに食べてそう感じた。

最近発売されたマクドナルドの「マックラップ」なるものは、本当に小さい。

200711141D0013

チキンシーザー。

200711141D0014

えびサウザン。

味は、チキンシーザーの方が少し胡椒が効いててぴりっとしている感じ。えびサウザンは甘めのソースとタルタルソースのつぶつぶのようなモノがおいしさを感じさせた。

口の大きな人なら3口ぐらいで食べれちゃうんじゃないかと思ってしまう大きさ。

本当に、小腹が空いたときの穴埋め的存在感。しかも、冷めてくると具をまいている皮の部分が、やたら口にくっついてくるような感じ。多分、暖かいうちにさくっと食べてしまうから冷めたときのことなんて関係ないかもしれないけれど。

半分まで食べたときの、残りの部分を引き出すのも面倒というか、食べづらいというか。やっぱりマックはバーガーか。

2007.11.16

まんじゅう大作戦

20071116090100-1

投稿がだいぶご無沙汰なダンナの方です。

ちょこっと良いアイディアで、ちょこっと面白いアイディアで、ちょこっと人を幸せにするアイディアが思いついたので、嫁に頼んで「まんじゅう」をマスターしてもらうつもりです。

マスターした「まんじゅう」がどんな形になるのかは・・・お楽しみです。

こっそりひっそり系でゴール目指すんで、都度更新ではないですがお楽しみに〜。

2007.11.16

エコちゃん

20071104181000

空き缶とペットボトルを回収する「デポジットエコロジーマシーン エコちゃん」という機械を発見。缶やペットボトルを入れると、1缶1円もらえる仕組み。

20071104181001

よくよく見ると「エコちゃんカードを入れてください」と書いてある。「エコちゃんカード」は、店又は市町の担当窓口で配付しているらしい。このカード、レジ袋を貰わない代わりにスタンプを押してもらうというものらしい。

参照: グリーンコンシューマー協働事業

この機械が設置されていたのは、福島県田村市船引町内のスーパー。持ってくるためにゴミ袋は必要だろ、と思ったけど、その持ってきたゴミ袋は持ち帰ることができるから、やっぱり「エコ」なのかも。

普通に資源ごみの日に出す事との違いは、報酬があると言うことぐらい。1缶1円だけれども、3人家族の私の家で1週間にレジ袋に一つは缶・ペットボトルがたまるのだから、ちりも積もれば何とやら。

お金の問題じゃないのは判るけれども、みんな何かきっかけがないと働かないのだから、きっかけの一つとしてはいいのだと思う。

ちなみに、同じような感じの機械がヨーロッパにあって、これはapbankのサイト内のダイアローグ第13の中で紹介されてました。

ヨーロッパではリバースベンディングマシーンといって、空のペットボトルや空き缶を入れればチケットが出てきて、そこのスーパーマーケットでお金に替えられる制度があるんです。
デポジット制という法律で、一本のジュースが100円だとしたらそこに10円を乗せて販売し、空いたペットを戻してくれれば10円を返しますよというものなんですね。

日本もここまで追いついてくれたらば、「エコ」というモノが世間一般にもっともっと浸透するんだろうなあ。

2007.11.16

skipはタッチ!で搭乗。

全国のANA国内線で新しい搭乗スタイルが始まりました。その名も「skip」。

「タッチ!で搭乗」とサイトに書いてあるとおり、anaの会員の方はedy機能付きのanaカードかおサイフ携帯を、一般の方は2次元バーコードを、チェックインはスキップして保安検査場に行ってしまうことができちゃうわけです。手荷物がある際も大丈夫。手荷物カウンターにてリーダーにタッチして手荷物を預けることができます。

領収証が必要な場合も大丈夫。マイル登録などで利用する「ana sky kiosk」にて領収書の発行ができます。「ana sky kiosk」は各搭乗口付近に設置されているので、保安検査場通過後に利用することができます。

説明だけを見ていると、ほんとにそのまま保安検査場の所に行って大丈夫なの・・・?とか思ってしまうけど、大丈夫なんです。チェックインしてないー、とか、並ばなくちゃならないー、とかそういう時間的な不安も解消できるし、なによりタッチするだけなのが楽ちんで、早く試してみたいサービスですね。我が福島空港は12月上旬から導入予定。全ての空港で導入されるのは12月いっぱいまでかかる見通しだそうです。

ANA SKY WEB 新スキップサービス

てなわけで、寒い冬こそウィンタースポーツ王国「北海道」にでかけませんか?私もスキーしたい!!けど、息子がいるからスキー場に行くとしても一緒にソリすべり程度だな・・・

【ANA SKY WEB TOUR】スキー&スノーボード北海道

2007.11.17

寒い秋の嬉しい収穫市

今日は磐州収穫市。会場はまほら交流広場で、午前11時から午後1時まで行われる様子。大町町内のお店が出店していたり、個人の方の手作りのお総菜や漬け物、新鮮野菜などが販売されています。うちから近い「ライスレイクの家」も出店するようで、気になります。

食を扱うお店だけではなく、お花屋さんや、呉服店も出店しています。

今年は磐州収穫市も10周年。お客様に感謝を込めて、記念イベントを開催。12時より「振る舞い豚汁・つきたておもち」とチラシにありました。「なくなり次第終了」ということなので、お昼間近にはまほらに人だかりができちゃうかも。

でもでも、今日は格別寒いからどうなることやら・・・寒くてちゃんちゃんこを着始めた私です。

磐州収穫市
11月17日(土)午前11時〜午後1時
会場:まほら交流広場

2007.11.17

まんじゅう模索中

美味しい手作りまんじゅうを作るため、試作中なのです。

初回は、手始めにクックパッドのレシピから作ってみよう、と思って引用。

クックパッド:本格豚まん。byじゅん13

生地をこねるのは、パン生地よりもピザ生地よりも柔らかで捏ねやすいかな。パンを捏ねている感覚とは似ているような気もするけれど。

捏ねたら30〜40分、発酵の時間。だけど、その時に居た場所の温度が低かったせいか、時間になっても膨らまない。時間を延長して、こたつの電源が入って暖かなこたつの中へ。20分位して、様子を見るも、膨らまない。しびれを切らして、次の行程に進むことに。

6等分して、10分おいてから成型するのだけれども、諸事情により10分以上置いてしまった。なんだか生地と生地がくっついて、でろーんとなっているような・・・とにかく成型する。のばして、あんをつつんで。生地が破けそうになりながらも、へたくそながらも、包み終える。

あとは、ヘルシオの蒸し器機能で12分蒸す。

20071116142800

出来上がりの見栄えも香りも、肉まんその物。成功か!?とおもったら・・・

肉まんをつかんだ時点で気づく。なんだか皮の下の部分が水でぶよぶよになっている。クッキングペーパーを敷くのを忘れていたみたい。がっかり。

20071116143000

割って、中を見る。ちゃんと火が通っていて、肉汁がしたたる。美味しそうな香りにつられて、ぱくり。あんの味がじんわりと口に広がる。けど。皮がなんだか固い・・・?生って言う訳じゃないけれども、火は通っているけれども、固い感じがする。発酵具合の問題なのかも。

次回はきっちり時間を計って、きっちり時間を守って、挑戦しよう。生地をこねる環境も考えて。捏ねているときの台所はすんごく寒かったからなあ。

2007.11.17

さすがウォーターオーブン・ヘルシオ。

最近は活用しまくりのウォーターオーブン・ヘルシオさん。今回は、初心に立ち返るようなお菓子の基本「クッキー」を焼いてみることにしました。

生地の材料・レシピもヘルシオに付いてきた取扱説明本の中にあるクッキングレシピを忠実に守って、作成。

どんな感じで焼けるのかなあ・・・とわくわくしながら、オーブンをあけてみる。

焦げるでもなく、ちょうど良い加減についた焼き色に、嬉しくなる。食べてみると、その歯ごたえというのか、ざっくりとした食感がしっかりとした温度で焼かれているお店のクッキーみたい。わーい。素直に嬉しい。さっすがヘルシオさん。

20071115092301

2007.11.18

アサヒビール福島工場クリスマスフェア

さぁ、工場見学へ!
特別な日、
特別な「うまい!」が待っている。

11月22日(木)〜12月25日(火)
9:30〜15:00
※12月16日(日)・17日(月)は休業します。
ご予約・お問い合わせ先:定員制です。お電話にてご予約下さい。
TEL:0243-34-1170

工場できたて「うまい!」が、待っている。
クリスマスフェア期間中は「アサヒスーパードライ+プレミアム生ビール熟撰+アサヒ黒生」のご試飲を、「合鴨&チーズ」などのおつまみと共にお楽しみいただけます。

所要時間70分。「映画→工場見学→試飲(20分)」

試飲会場では、案内係がサンタの衣装でお出迎えします。クリスマスのテーブルコーディネートやお料理レシピなどをご紹介します。

と言う内容のチラシを見ましたよ。

ふむふむー、試飲のビールはタンブラーに3杯までらしいですよ。てことは3種類のをすべて飲むこともできるし、好きなのを続けて3杯もいけるのかー。20分で3杯って・・飲めるっけ?と、なんだか自分のピッチを確認してみたり。でも、子供連れて飲みに行ってもいいのかしら・・・?おつまみを子供に分けることもできますがね。

アサヒビールクリスマスフェア

2007.11.19

冬が始まるよ

昨日の朝、バイト先で店長との会話中にも出てきた「雪」。雪が降るってお客さんが言っていたらしくて、そんな天気予報見ていないから驚いた、という店長。確かに、東北最南端の福島県はまだまだ雪の気配がない。霜が降りて真っ白になるのは見ていても、雪が降ると言うことには実感がなかった。

けど。今朝。窓から見えた屋根にはうっすらと雪。

本当に、本当に、うっすらと。朝日がふりそそいで、陽もしっかり空にあがった頃には消えてしまうような、そんな雪。冬の到来を感じた朝でした。

20071119072100

2007.11.19

ないものは、ない。

「重曹」と「ベーキングパウダー」の成分を、大まかに説明すると、
・重曹=炭酸水素ナトリウム
・ベーキングパウダー=重曹+助剤(複数の酸性剤)+分散剤
となっています。

濃い色調の菓子や仕上がりの色を濃くしたい場合は「重曹」を、比較的重い生地をふっくら仕上げる場合は、「ベーキングパウダー」を使うとよいでしょう。

「重曹」は加熱しないと反応しません。そのため粉などを混ぜ合わせた後、生地を休ませておくことができます。「ベーキングパウダー」は常温で粉や水に反応します。混ぜ合わせたらすぐに焼くことが大切です。

「ベーキングパウダー」は、市販品は数種類しかありませんが、業務用としては“焼きもの”“蒸しもの”“揚げもの”用など、用途により数百種類あるといわれています。

そんなこんなで、ベーキングパウダーを使用する肉まんレシピがあったんだけど、ベーキングパウダーがないので重曹を代わりに使用してみることに。

色々検索したらば、「苦い」「色が変わる」「匂いが・・」など、ちょっとおかしくなりそうな予感があったものの、其れを中和させるための手段を探して、乗り切ってみようと決意。

ベーキングパウダー→重曹
水→牛乳
プラス酢

という材料にして、このサイトを参考に肉まんの皮部分を作成。

肉まん

材料
薄力粉…140g
強力粉…140g
(薄力粉だけでも作れますが、強力粉をブレンドすることで餡から染み出る旨みを逃がさない生地になります。)
ドライイースト…5g
ベーキングパウダー…10g
(生地を膨らませる役割を果たします。)
砂糖…15g
塩…5g
水…160cc
サラダ油…大さじ1(ラードなどでもかまいません。)

ほんとに、ドキドキしながら作成。蒸すときまでドキドキ。

20071119114600

蒸し上がったものはというと、見事に変色。なんとなく、温泉饅頭のような匂いもする。

20071119114700

皮が何となくしょっぱい。そして、独特の味。饅頭の皮みたいな味。あんこだったら美味しくいただけたのかも。甘いとしょっぱいで中和される、おまんじゅうのようにすれば、きっと「中華まん」とはいえないにしても、おまんじゅうとしては成功と言えたかもしれない。

しかし、先日つくった皮の方が美味しかったことにかわりない。もちっと感とふわっと感のバランスがうまくいかないなあ。まだまだ研究が必要そう。

2007.11.20

辛旨はやみつきになりそう。

ずうーっと、気になっていた「暴君ハバネロの旨スープ」を購入しました。

20071118131900

サントリーと東ハトの共同開発らしいですね。今、写真を見て気づいちゃう私。遅いって。

20071118131901

ああ、確かに「スナック&スープでW暴君もありじゃ!」ですね。飲んでみてそう思いました。辛いトマトコンソメスープのお味。後味も、「辛〜」となる感じ。飲み終えると、少しからだが暖かくなる。少し経つと、辛さは残っていないような感じ。辛旨ですが、もちょっと飲みたくなるような。量の問題なのか、味の問題なのか、どちらだろ。スナックと合わせて飲んだとなると、満たされそうな予感。

2007.11.20

郡山で5,000円からメガネを作れるお店

以前、ネットで探したけれど見つけられなかった「郡山で5,000円からメガネを作れるお店」をようやく見つけた。

春先に、ネットでは見つけられなかったので、仕方なく近所で2万円ちょっと払って作った。
もちろん2万円ちょっとでも安いんだけど、子どもが暴れん坊ざかりなもんで・・・高いのを買っても壊されちゃうからねぇ。

そんなメガネも、秋に入ってから立て続けにメガネをふたつ壊した(ひとつは壊された・・・)。
ひとつは春先に作ったもの。

ガッカリ。
ガッカリだけど、この間の週末、ようやく5,000円からメガネを作れるお店を発見。
しかも、意外な場所で発見。

郡山駅東口からしばらく歩いたイオンタウン・おしゃれ館(しかしすごいネーミングだな)。
ケンタッキーフライドチキンなんかが入っている方にあるので、安いメガネ屋さんをご所望の方はどうぞ。

ぼくも近々行きます(笑)。


拡大地図を表示

2007.11.21

ラーメン 日の出家

こんにちは、最近活発に書いているだんなの方です。

この間の週末は、子どもとふたりでお出かけ。
仕事の用事で買い物があったのと、子どもが手で押すガラガラ(今度、写真撮っておきます)に座って遊ぶので、壊される前に「自動車」の方をと思ったので、それを買いに郡山へ。

ふたりでふらふら駅前を探索していたら、丸井のそばでアティの向かいにあった「味噌屋Petit(だったかな?)」というラーメン屋が無くなって、インドカレー屋になっていた。
気になっていたラーメン屋なんだけど、結局行かなかったなぁ。

子ども連れだから、狭い店はまずいんですよ・・・で、結局行けなかった。
インドカレー屋は1,000円バイキングと書いてあったので、そのうち行ってみます。

そして、買い物をすませたらすでに昼飯時。
家に帰ると、昼飯より遅い時間になってしまう。

それに子どももお腹がすいてるっぽいので、以前入ろうと思って結局まだ行ってなかった「日の出家」に入ってみた。

20071118123100

うちの子どもは、ラーメンとか麺類になるとガツガツ食べる習性があるので「半チャーハン」とセットになった「日の出家セット」を注文。
おまけなのか、浅漬けっぽいのが付属してきた。

麺は細めで、スープは少ししょっぱい程度だが後味に残るような魚介出汁は無く、後味さっぱり。
見た目はスープが濃く見えるが、見た目ほどはしょっぱくない。

子どもはこのラーメンを気に入ったらしく、だいぶガツガツ食べていた。

半チャーハンはというとよくあるラーメン屋さんのチャーハンという感じなので、嫌いではない。
しかし、もう少しご飯がパラパラしていたほうが好み。

20071118122400

メニューはこんな感じ。
生姜ソバと黒酢そばが興味深い。


拡大地図を表示

2007.11.21

アレルギー体質改善対策会議

またまた、だんなの実家にて、猫ちゃんの毛に過剰反応を示して気管支炎喘息の発作を起こしていました。以前から話し合いは何度かもたれていたものの、決定的な行動を起こすことなく今に至った罰です。多分。

そんなわけで、対策会議。
基本的に、体力が低下しているのは明らか。喘息には呼吸器系を強くする運動が効果的です。以下のサイトに記述してある通り。

私の予防法:ぜんそく110

となると、もちろん運動の内容は「ウォーキング」が選択されます。息子を背負ってランニングはきついし、息子をベビーカーに乗せてランニングもきつい。だんなに朝の数時間だけ任せるのも、一緒に運動をしたいだんなを置いていくのは悪いかなあ、と。ウォーキングならば、息子を背負ってでも、ベビーカーに乗せてでも、だんなと一緒でも、実行できる運動なのです。ついでに、タダだし。

そして、アレルゲンに近寄らないと言うのも重要。アレルゲンに過剰反応して発作が起き、発作が起きる状態が続いていくことで、気管支の炎症が慢性化して、喘息が起きやすくなるということなので、なるべく近寄らず、反応させず、発作を起こさずに過ごすのは重要だそうです。かかっているお医者さんの話でも、そうでした。

だんなとの話で持ち上がった「口呼吸」も、防いでいく必要があるみたい。鼻が詰まることが多い幼少期を過ごしていたせいなのか、
気がつくと口がぽかーんと開いているちょっとまぬけな私。「鼻にはなぜ鼻毛があるのか?」と。赤ちゃんは鼻でしか呼吸はできないし。ようは、呼吸時に異物を混入しないようにしている、のだろうという話。

口呼吸に関しては、気になる本もあります。口呼吸を改善する方法も載っていそう。

結論として、
・朝、ウォーキングをする
・なるべくならば実家に長期滞在しない
・猫に近づかない
・口呼吸禁止
を、実行していこうと言うことになったんだと思います。

2007.11.21

なか市デー

20071120103500

今日も秋晴れ。空が一段と高く見えます。紅葉も見頃を過ぎて、だいぶ散り始めました。残っている紅葉の色が少し褪せてきたように思えます。

20071121102401

久しぶりに水曜日に徒歩で外出していたので、「なか市」という、毎週水曜日の9時から12時まで開いている野菜直売所に行きました。

20071121102400

入り口。バス停があるからか、ベンチが二つ三つ、設置されています。

20071121103700

新鮮野菜が盛りだくさん。そんな中で、葉っぱが付いたにんじんを発見。すごく久しぶりに葉っぱが付いているニンジンを見たような気がするなあ。にんじん自体もこぶりでかわいらしいです。

他に、ついたお餅や・・・

20071121103701

きんぴらごぼうにしやすくカットされたごぼうとにんじんなどもありました。

20071121103702

今回でなすが最後だったり、大根やネギが多く出荷されていたり、秋の終わりを感じずにはいられません。11月も半分過ぎたしねぇ・・・

なか市は三春まちづくり公社さんが運営をしているそうで、通りでシールに名前が記入されているわけでした。なか市をやっている場所と公社のある場所は目と鼻の先ですし。下の地図のピンクの印が公社、緑の印がなか市の場所です。


拡大地図を表示

2007.11.23

おおはたや3周年感謝フェア

風が少々強くて寒い中、おおはたやに行ってきました。というのも、おおはたやでは1周年感謝フェアを開催中。できたて豆腐の食べ放題や、500円以上お買い上げで味付き三春三角油揚げがついてきたりするわけです。もちろん、豆腐大好き息子さんを引き連れて、できたて豆腐を頂いちゃおう、と言う魂胆。

三春ダムの近く、三春の里のお向かいさんにおおはたやはあります。白くて、それこそ豆腐のようなイメージの建物。
建物に「TO-FU cafe」とあるように、カフェコーナーも併設されています。11時から開店とのことで、到着時にはcloseしていました。

20071123102902

入り口は行ってすぐには手書きのボード。cafeの今日のプレートランチが書かれていました。「豆腐のコロッケ〜デミソース」ふむふむ、おいしそう。

直販店コーナーでは、お豆腐その物から、いろいろと加工された物まで幅広い種類の商品が並んでいます。

20071123103453-1

お総菜もあります。おいなりさん、おいしそう・・・。

20071123102929-1

店内を見ていたときに出来上がってきた「お豆腐の酢豚似」は、香りと見た目にそそられてお買い上げ。お肉の代わりにお豆腐が入っていました。食べたらうまみがじゅわーで、豆腐とは思えませんでした。

20071123103351-1

スイーツコーナーも充実。豆乳寒天が気になった夫を差し置いて、ラッピングに惹かれた「野菜の豆乳クッキー」を購入。卵を使用していない、アレルギーとカロリーを配慮されたクッキー。

20071123113400-1

長くなりそうなのでこの辺で。つづきは、お外での出来事です。

おおはたや3周年感謝フェア
11月23日・24日・25日9:00〜17:00

2007.11.26

カラフル自動車

雪が少し積もっていてびっくりした朝。風も強くて寒いので、外出もせず。

20071121143500-1

息子の家の中での遊びというと、「車」です。手押しができたり、ハンドルが付いていたり、乗っかって足でこいでいけるタイプ。

世の中、道路眺めてると色んな色の車があるけれども、とんでもないと思える色の車もあるけれども、それよりなにより、目をひく車。

子供用のものってカラフルで楽しいねぇ。それ以上にこの車、音がすごい。鍵盤が付いてるのですよ。音色も一応5つ。鍵盤の奥には音に合わせてうごめくキャラクターが4つ。このキャラが動く音がまたすごい。「ヴィヴィ〜ン」と、とんでもない機械音。鍵盤の音と機械音とで、なんだか迫力があります。ははは。

ピアノファンファン ライドオン

2007.11.26

名刺をもつべき?、と。

最近、sundalsで紹介しているお店や場所などに行った際に、自己紹介等ってことでSUNDALSカードを手渡していますが、自分の紹介はしていないのだなあ、とふと思うことがあったり。ちょびっと、名刺にあこがれを抱くようになったわけです。

とあるお方からのおすすめ。格安で名刺が作れちゃう、と言うことです。このバナーから行くと、75%OFF。どんなもんか作ってみようかしら・・・と考え中。

サイト見ると、自分で作ったデザインでもいいみたい。もちろん、テンプレートもあり。その場でデザインを簡単に組み上げちゃうこともできる、と。あ、これはsafariでは対応してませんでしたが、firefoxならばできます。画像を追加できたりなんだり、というやつ。

海外発注らしいので届くまでに時間がかかるみたい。その辺気がかりだけれども、まあ、急いでいなけりゃ問題なしでしょう。

2007.11.26

予防する、ということ。

とある日の、読売新聞の1面。下の部分に雑誌や本の広告があるんだけど、たまぁに気になる広告をみつけることがあるのです。それが「ぬれマスク先生の免疫革命」という本。

「免疫バランスを整えて、風邪を引きにくい体を作る」というコピーが広告には書かれていた。風邪だけじゃなく「アトピー、喘息、花粉症にも効果的」というところにすごくすごく、興味を惹かれて、本屋で立ち読み。最近気になる「口呼吸」についてまで書かれていた。これはしっかり読みたい!と思ったけれども購入まではいたらず。

というのも、まあ、こういうたぐいの本は図書館でも取り扱っているかもしれないし、頼んだら仕入れてくれるかもしれないので、町の図書館で聞いてからにしよう、と思ったから。

図書館で検索をすると「ぬれマスク」で一冊の本に辿り着く。「こんなに効くぞぬれマスク―風邪の減らない「予防学」を科学する」と言う本。「ぬれマスク先生の免疫革命」の著者の臼田篤伸さんが書いている本だった。早速こちらを借りて読んでみる。まだ10ページほどしか読んでいないけれども、こちらにも「口呼吸」のことが書かれているらしい。

この著者は風邪の予防について、色々と研究しているらしいが、実は歯科医さん。自分自身が風邪を引いて休むことができるような立場じゃないことから、予防について熱心になるうちに色々と気がついてしまったらしい。そんな、風邪医学のこと、最近話題のタミフルのこと、ワクチンのこと等々、どこがどこまで本当なの・・・?と思えるような内容が載っている。不安な思いも抱えるけれど、やっぱり自分の身は自分で守るべきなのかもしれないと思えた。そういう点で、「予防」というキーワードは今後も注目していく事になりそう。

2007.11.26

ファミたんカードの続報。

以前にも紹介した「ファミたんカード」ですが、夕方、テレビを見ていたら紹介されていました。12月1日からサービス開始となるためでしょうねぇ。

郡山市役所にて交付されている模様が放送されていました。インターネットで、協賛店を検索できると言うことも紹介していました。以前に見たときには協賛店を検索はできなかったのですが、サービス開始が近づいて、サイトも充実してきているみたいですね。

で。ひょんなことから、協賛店のガイドブックを入手しまして、ぱらぱらとどんなお店があって、どんなサービスが受けられるのかな、と見ていましたが・・・テレビのインタビューに答えてた人がいっていたような「紙おむつの割引」みたいな、直接育児に結びつく物は少なかったように思えます。「いずみ保育園」の入園料2割引というのはかなり育児に結びついているけれども。

まあ、このファミたんカードを利用できるのは「18歳未満の子供と同居されている親族」という、結構幅の広い年齢層なので、直接育児に結びつく物が多くなくとも良いのかもしれませんが。

協賛店も随時増えていく、と言うことらしいので、今後にますます期待させていただきたいと思います。

そして、早く自分も申請用紙の提出しなくちゃな・・・と。あっという間に12月になりそうです。

子育て応援パスポート対象施設検索

2007.11.27

ぬれマスク日記。

昨日の夜、ぬれマスクをつけて寝た。

ぬるま湯に浸して、絞ってつけたものの、適度な暖かさと水蒸気はすぐに消えて、冷たいぬれマスクだけが残った。

その冷たさが、ちょっとだけ睡眠妨害。

冷たいなー、なんだか居心地悪いなー

と思いつつ、我慢しながら就寝。

翌朝、いつもならば乾いていて咳が出そうな喉が、乾燥することなく普通の状態だった。ぬれマスクは、もちろんからからに乾燥して普通のマスクになっている。多少は効果がありそうな、予感。

今後も継続して日記を書いていこうかなー、と思う。

2007.11.28

ウォーターオーブンでコロッケ

またもや登場のウォーターオーブン・ヘルシオさん。はまっております。その、完璧な焼き具合に。

今回は「コロッケ」。揚げ物です。水蒸気で揚げれらるのか!?と、やっぱり半信半疑なわけです。

衣はあらかじめ、サラダ油を適量絡ませた物を電子レンジで20秒を3回ほど。区切ってあるのには訳がありまして、均等に焼き入れるために混ぜるのです。そうすることによって、こんがりきれいなきつね色に調節できます。

さて、普通にコロッケの種部分を作って、小麦粉と卵をからませ、衣をまぶします。そして、ウォーターオーブンに入れて待つこと15分程度。

20071121181700

衣の色がまばらで申し訳ございません。私の技量のなさ故。それを勘定しなければ、まあ、いたって普通のコロッケ。

早速試食。衣がさっくりしてますが、もうちょっと衣つけても良いかもしれない・・・と反省。そして、若干柔らかめ。コロッケを自分の皿に移動しようとしたときに、崩れやすいです。色々ケチったせいなのかな・・・?もう一回試してみる必要がありそうです。

2007.11.28

ウォーターオーブンでからあげ

またまたまた、ウォーターオーブン・ヘルシオさんの登場。今度は何を作るかというと、揚げ物の定番「唐揚げ」です。はたして、ちゃんと火が通って揚げ物らしくなるのかどうか。気になるところ。

まずはお肉を適当な大きさに切って、味付きの方が好きな人は味付けしましょう。今回は味付きでと言うリクエストがあったので、しょうが・にんにく・しょうゆ・オレンジジュース・砂糖・塩で味付け。15分程度漬けておきます。

漬けておいた物を取り出して、汁気を切ってから粉をまぶしていきます。多分、しっかり汁気を取った方が良いです。私は個々で少し失敗。汁気が多かったために、粉をまぶす、と言うよりもなんだか粉と汁が混ざり合ってぐちょぐちょした感じに・・・

粉をまぶした物を網の上にのせて、オーブンの中へ。待つこと20分。と、結構待ったような感じもありつつ、オーブンをあけます。

20071123181600

なんか、色が薄い?ような気がします。火がちゃんと通っているのか不安だったので、試食してみることに。

20071123181500

しっかりと火は通っていました。そして、なんだか普通に揚げるよりも柔らかくて、ジューシーで、おいしい!!ちょっと感動。サッパリしているし、ヘルシーな唐揚げになりました。

2007.11.28

イルミネーション

もう早12月に突入しました。12月と言えばクリスマス。クリスマスというとイルミネーションと思ってしまいます。北海道では大通公園というまちの真ん中の大きな公園や、その近辺でイルミネーションの飾りがきらびやかだったから、そのイメージが色濃く残っているせいかも。

郡山でもイルミネーションはあるようです。11月30日から始まっている「ビッグツリーページェントフェスタ」は郡山駅西口広場を華やかでいて幻想的なイルミネーションの光で彩っています。本格的に寒くならないうちにゆっくりと眺めに行きたいものです。

ビッグツリーページェントフェスタinKORIYAMA
11月30日(金)〜1月14日(月) ビッグツリーページェントフェスタ

2007.11.30

鍾乳洞でコンサート

地元の観光場所として有名なのが「あぶくま洞」という、鍾乳洞です。そのあぶくま洞の滝根御殿という洞内の高さ約30mのホールになっている場所で、年末から年始にかけて1日2回、予約なしで入洞料のみで鑑賞することができます。

地元のアマチュア演奏家によるコンサートで、色々な種類の人々が出演するコンサート。鍾乳洞と言う神秘的な場所で、どんな音の響きが聴けるのか楽しみです。

12月2日(日)の出演者は「ブラスアンサンブル 輝響」さんです。

あぶくま洞滝根御殿コンサート
12/2(日)・9(日)・16(日)、1/13(日)・20(日)・27(日)、2/3(日)
11時と13時30分から各30分程度

会場:あぶくま洞
駐車場あり
入洞料(大人1200円、中学生800円、小学生600円)
問い合わせ先:0247-78-2125(あぶくま洞管理事務所)

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About 2007年11月

2007年11月にブログ「SUNDALS - 田舎暮らし & 子育て + 郡山界隈の情報」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ