Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 野菜直売所 ふれあいの里 | メイン | ビストロ 龍の巣 »

2007.09.04
22:24

ふとみ銘泉 万葉の湯

お祭りという名の焼き肉大会から脱出後、臭う体のまま温泉へ行くことになりました。すっきりさっぱりするために。当初の予定では「南幌温泉」だったのですが、喋って飲んでってやっていたら、あっという間に時間が過ぎていて、遅い時間になっていたので、南幌町よりも近い当別にある温泉に行くことになりました。それが「ふとみ銘泉 万葉の湯」です。

19040101090000 02-3

しっかりと見えると思いますが、玄関には「23時間営業中」とあるように、深夜営業をしている温泉です。さすがに時間が時間なので、人気がありませんでした。

靴をロッカーに入れて、フロントへ。料金を前払いで支払って、ロッカーの鍵と浴衣とタオルセットを借ります。やっぱり、温泉は浴衣ですね。風呂上がりの過ごしやすいの何のって。ま、それはおいといて。
20070910112040 01

中に入ってから、この張り紙を見つけました。宿泊、と言うよりも仮眠が取れる場所がある、という感じなのでしょうか。それにしても、お得なお値段。温泉入って、仮眠が取れて、朝食も付いて3000円を超えないのであればいいですよね。場所が町はずれなので、ビジネスホテル代わりに、とまではいけないですが。

ロッカールームも広々しているし、温泉も内風呂が2つとサウナルームに、広い露天風呂が1つで、本当に広々。洗い場も広めに作られています。息子は温泉初体験。少し熱く設定されている内風呂には入れませんでしたが、露天風呂はちょうどよかったのか楽しそうに入ってくれました。どうなるのかな・・・と内心不安に思っていましたが、特にお風呂場で走り回ることもなくて一安心。一人ではなく、自分の母もいたのでそれも心強くて良かった、かな。

お風呂上がりにジュースを飲みながら、温泉にはつきもののマッサージ器で癒されていた、私の母。それを横目に、走り回りながら息子と追いかけっこ。広い場所で興奮しているのか、体力が尽きることもなく走り回っている息子でした。

夫も来たところで、飲食ができる休憩場へ移動。パフェを頼んで、息子に与えれば少しは落ち着くかな・・・と思ったらば、そんなこともなく、ますますパワーアップして休憩場内やエレベーターの前あたりで暴れ回っていました。いいんです、私の母と夫にゆっくりくつろいでいただければそれだけで。ずいぶんとくつろぐ二人は、焼き肉が足りなかったのか、そばとラーメンを頼んで食べていました。

色々食べ終えて、一息ついてから、帰宅。車の中で眠った息子と夫を起こさないように、慎重に運転して帰りました。なかなか、良い道ばかりで、スピードを出すとはねるんですね。周りは田畑ばかりなので、致し方ないことなんですが。慣れない道と、真っ暗だった事から、多少道に迷いながら、本当にゆっくりと帰宅しました。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2007年09月04日 22:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「野菜直売所 ふれあいの里」です。

次の投稿は「ビストロ 龍の巣」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ