2007年08月

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007.08.01

会津はよいとこ

喜多方レトロ横町を見終えて、コンビニで小休憩。
高速道路のETC通勤割りで帰るには、午後5時から8時の間に入り口か出口を通過しなければならないので、それまでまだまだ時間がある、と言うことで作戦会議。
せっかく会津に来たんだから、と言うことで鶴ヶ城を見に行くことにしました。
鶴ヶ城の隣には、県立博物館があります。歴史ある物がならんであると、なんというのか、迫力があります。
三の丸の駐車場に車を置いて、テニスコートがある二の丸を通り、廊下橋をわたります。堀も、石垣も、立派で、すごくきれいに整備されているし、その姿にドキドキしてしまいました。こういう古く荘厳としている雰囲気がとても好きです。

IMG_2182
息子は砂利道を歩いて、楽しそう。
ようやく、天守閣のある場所へ辿り着きました。

_MG_2180
大きくて撮影が難しかった、そうです。
確かに、大きい。白壁と瓦と石垣が本当に、立派。かっこいいです。
天守閣と茶室麟閣の共通券もありましたが、息子が抹茶は飲まないだろ・・・ということで天守閣のみの券を買って入場。
石垣の門をくぐって、中に入ります。すうっと、涼しげな空気。塩蔵を再現した場所になっていました。
階段を上がっていくごとに、暑くなっていきます。
5層になっている城の内部は展示場となっていました。会津戊辰戦争や、江戸時代の会津の生活、城の歴代藩主など、城と時代とをよく理解できる内容となっていました。
最上階の天守閣はとても見晴らしが良く、風が気持ちよかったです。5層にもなっているので高さも結構あるみたいでした。
下りはひたすら淡々と階段を下るのみ。下り終えると、売店があり沢山のおみやげ品がありました。その奥には復元した南走長屋があります。白虎隊をイメージした舞踊が定期的に演じられているようです。
その辺は見ることもなく、ささっと退場してきました。雨が降りそうな雰囲気でしたので。
特別、どこによるでもなく、まっすぐ帰宅。サービスエリアで息子の石拾いに小1時間付き合ったぐらいです。
やっぱり、もう少ししっかり調べていけば、ちゃんと通勤割りの時間帯まで時間をつぶせたかもしれません。

2007.08.01

8月のイベント情報。

最近、外から太鼓の音が聞こえます。きっと、三春盆踊りの太鼓の練習なんだと思います。
そんな、盆踊りなどのイベント目白押しの8月。
気になる情報をまとめてみます。

・郡山うねめまつり
毎年大勢の人でにぎわう郡山のお祭りです。
日時:8月3日(金)〜5日(日)

・夏の絵ろうそく祭
日時;8月11日
場所:会津若松市(鶴が城他)

・鬼の里納涼夏まつり
日時:8月13日
場所:田村市大越町(つつじレインボーロード)

・三春盆踊り
これにあわせて、桜川沿いに、手作りの絵とうろうを並べて盆の送り火とする「絵とうろう祭」も行われます。
日時/平成19年8月15日・16日  午後7時〜午後10時
場所/大町おまつり道路

・福島県県民の日関連事業
三春町の施設無料開放
日時:8月19日(日)
対象施設:歴史民俗資料館・郷土人形館・町営体育施設
歴史民俗資料館協賛事業
展示室で次の実演を行います。
「ばあちゃんのわらぞうり編みを見よう」
名人の技を近くで見学します。
「昔語りを聞こう」
いろり端で昔話の実演を行います。
日時:8月19日(日) 午前10時〜午後3時
※参加無料・申込不要

・灯籠流しと花火大会
日時:8月19日(日)
場所:田村市船引町

まあ、随時追加更新していきますね。

2007.08.02

久々生パスタチャレンジ

久しぶりに生パスタ作成。
今まで滞っていたのは、卵を格安で手に入れられなかったためです。

配合は
江別産ハルユタカの強力粉 220g
卵 2個
オリーブオイル 小さじ1

ちょっと水分が足りなかったみたいで、ぼろぼろ状態からまとめるまで時間がかかりました。生地もかなり固い感じ。
1時間、冷蔵庫において、生地をのばしてから物干しで30分ぐらい干しました。
風がけっこうあったので、生地はちょっと硬いくらいに乾燥してました。
切っているうちに、ちょっと厚さがあるなーと気づいてしまいます。
これはうどん系パスタになりそうな予感。
ソースは、冷製トマト仕立て。トマトとシソとニンニクとハラペーニョという辛くて辛くてすごい威力の唐辛子をレモンと塩胡椒で味付け。梅雨明けしたせいか、すっごい暑いんで冷製にしました。

DSCF0509
さっぱりしていて、今日のような暑さには最適の冷製パスタ。
シソの香りが効いていて、爽やか。
が、しかし、麺がやっぱり太い。食べ応えがあるにもほどがあります。
でも、食べ終えたときには、冷製だったからかちょっと物足りない感じ。
夫はご飯も食べてました。
パスタだけ、と言うのが物足りなく感じさせちゃった、かなあ。
反省。

2007.08.03

気軽に公園代わり

近所で公園代わりに利用している場所。

・三春町保健センターの駐車場
すみません、危ないとわかっていてもすごく近くだし、全然車が来ないので、息子と歩き回ってます。
・三春町シルバー人材センター
保健センターの駐車場からこちらに突入していきます。たまに事務所の方に入っていきます。が、息子が愛想を振りまくので可愛がってもらってます。
・三春町役場の駐車場よりあがったところの広場
ここ、なんて言うんでしょうか?銅像と石碑がある場所で、小石の敷き詰められている場所です。椅子とテーブルもあります。小石を拾って遊ぶのが、息子の趣味です。
・お城山
まあ、ここはちゃんと児童公園があるので、公園と言っていいと思うのですがね。坂道がきついですが、息子はずんずんと登っていきます。
・三春の里
遊具もちゃんとあります。まあ、今の息子にできることと言えば、やっぱり小石拾いなんですけどね。

こんなところでしょうか。
思ったよりも三春は公園が少ないので手放しで遊べるような場所は限られてきます。近場の船引や郡山に足を伸ばす方が良い場所はいっぱいあります。

2007.08.05

ハバネロ水耕栽培開始

以前、ハバネロの苗と種を頂きました。水耕栽培始めよう始めよう始めよう、と思っていたらいつの間にか、8月になっていました。
ついに、見よう見まねで水耕栽培を開始しました。

PDR_0002.JPG

こちらは2005年の種。

PDR_0004.JPG

こちらは2006年の種です。

見よう見まね、というのは「いつでもレタス」さんのサイトを見て、スポンジに水を浸して、発芽させているだけなので、見よう見まね。

2日間ぐらい、夫の実家に行っていたので放置していて、帰ってきて見ると、ちょっとだけ芽が出始めていました。
とりあえずのアクションがあって、ほっと一安心しています。
PDR_0007.JPG

ちなみに、苗の方は二つ、実が大きくなっています。他は大きくなることもなく、なんだか花も枯れてきています。
したから栄養吸わせた方がよいのかな・・・?
葉っぱや茎の周りは蚊取り線香の煙によって死んだアブラムシだらけだし。

2007.08.05

夫の実家は避暑地

夫の実家の周りは田んぼや畑があって、農家の多い地域です。ちょっとした山間にある平たい場所に、田畑が広がっています。
そのせいか、三春にある自宅よりも夫の実家の方が涼しいのです。家の造りも関係していると思いますが。
そんな夫の実家に、芋掘りの手伝いをするためにお泊まりに行ってきました。
しかし、息子の長靴を忘れてしまうハプニングのせいで、私と息子はおうちでお留守番。夫とおばあちゃんの二人が芋掘りに行きました。
詳細は夫のブログでご覧下さい。Creatiblog:POTATO

芋掘りは2時間ほどで終了して、帰ってきました。成果の方を聞くと、小粒のキタアカリを4畝掘ってきたそうです。ばあちゃんは小さいなあ小さいなあと嘆いていましたが、キタアカリはもともと小さな品種なので、小さいのはしょうがないことです。小さいけれども、ゆでて食べるとほくほくと甘みの強いおいしいジャガイモです。残りの6畝には男爵やメイクインもあるようでした。
芋掘りから帰ってきても、ばあちゃんの仕事はまだまだあるようで、何度もバイクで畑に行ったり帰ってきたり行ったり・・・と繰り返していました。
今の時期は、茄子ときゅうりとトマトとささげが沢山取れるようです。いつも、山盛りもらってきます。取れたてを貰ってくるので、新鮮その物。
この日のお昼も、ジャガイモのサラダにトマトときゅうりのサラダを作りました。
トマト大好き人間な私には嬉しい季節なのです。いや、ジャガイモも大好きだな。

2007.08.08

猛暑に勝つには。

福島は、暑い日々が続いています。猛暑日とは、最高気温が35度以上の日のことを指しています。さいわい、35度以上の日が続いているわけではありませんが、真夏日が続いています。暑い日には、熱中症に気をつけなければなりません。熱中症は脱水症状などもあるので、水分補給が欠かせないです。猛暑と言われるこの夏を乗り切るため、のオススメドリンクをご紹介しましょう。
ばばーん、ドクダミ茶。うう、すいません。いま、また、猫アレルギーがひどくなってきていて、夫の実家に行くと鼻水が止まらず、くしゃみのオンパレード。ドクダミ茶で再び毒素を出している最中です。ですが、このドクダミ茶。湯で出して、冷やして飲むと、また味わいが違うのです。なんていうか、独特の匂いはするけども、冷やすとちょっと甘みが増すというか、そのほんのりとした甘さが美味しいのです。体内の毒も出てくれるし、美味しいし、体に良いし、夏には最適!
で。ドリンクつながりで、「デポ」でも、夏の必需品「ボトルドリンク」の「SPECIAL SALE」を実施しています。

オフィス・デポ ジャパン

この中で、欲しいと思う商品。うーん、生茶かな。さっぱりごくごく飲めて、美味しい緑茶というと、どうしても生茶を選びます。仕事中とか、よく飲んでたなあ。

そんなこんなで、レビューおしまい。

リンクシェア レビュー アフィリエイト

2007.08.09

我が家のプール開き

暑い夏の日が続いていますね。8月も2週目、皆さんいかがお過ごしでしょうか。うちではついに、子供用のビニールプールを購入してしまいました。100cm×35cmの小さなビニールプールです。

PDR_0026.JPG

ダンナの実家で初プール。外に引いてある水道は井戸水が出ます。かなり冷たい水なので、少し放置して水温を上げてから遊びました。

_MG_2187

これは、後日、自宅のベランダでのプール開き。ここも、外で引いてる水道が井戸水のため、少し放置してから遊びました。朝早くにためても、ちょうど良い水温になるのはお昼すぎぐらいです。

2007.08.10

生パスタチャレンジ、ようやく安定期?

暑い中でも、生パスタの生地をこねてます。ただ、暑さにはやっぱり勝てないので、最近の捏ねている時間は10分ぐらいに短縮されていますが。

PDR_0011.JPG

昨日作った生パスタ。写真はトマト系のソース。全部で、クリーム系とトマト系と名古屋系。名古屋系とは八丁味噌ドレッシングを使用したパスタなので、名古屋系。夫の話によると、八丁味噌味のパスタがあるそうです。クリーム系はだいぶ前に作ったホワイトソースが余っていて、消費するためにクリームパスタになった。

PDR_0015.JPG

今日のお昼の生パスタ。タマネギとシソとミニトマトの冷製パスタ。シソの風味と、レモンのさっぱりした味が合っています。夏に最適なお味。

どちらも、麺がぷりぷりもちもちで、成功。最近ようやく、麺の完成度が安定してきたような気がします。

2007.08.10

暑い夏はカレーで乗り切ろう!

PDR_0005.JPG

最近、3食カレーでも、1週間カレーでも大丈夫な気がしてきました。やっぱり、暑い夏は辛いカレーが一番です。

このカレーは茄子とチキンがトッピングされているトマトとタマネギすり下ろしルーカレー。おいしいです。旬の茄子を素揚げした物と、鶏もも肉をかりっと焼いた物。これが、甘めのトマトとタマネギのすりおろしたルーに合います。
カレー、万歳!

2007.08.12

今日は生パスタ披露の日。

卵が切れてないおかげで、ここ数日は生パスタチャレンジが続いています。分量はいつも通り、薄力粉100gに強力粉100gに卵2個。もちもちな食感がたまりません。ですが、物足りないところがあります。それは、風味とコシ。なんか、足りない感じがするんです。

今日は夫の実家に親戚が泊まりに来ると言うことで、仕事で帰りが遅くなる夫の母の代わりに、酒のつまみとして生パスタを作ることになりました。初めて夫と息子以外に生パスタを披露するのです。なにかしら、緊張。

人数が多くなるので、作る量も比例して多くなります。とりあえず、いつもの倍の量を作ることにしました。2回に分けて、作業します。というか、1回、いつもと同じ量を作っていたら、夫に「これじゃあたりなくなるぞ」と言われて、追加で作っただけのことです。

今日もいつもと同じ真夏日。捏ねる度にじわっと汗をかきます。比較的捏ねやすい堅さの生地ではありましたが、捏ねる作業には変わりありません。全ての行程が終える頃には、べったりと汗をかいていました。良い運動だ。

生パスタは麺として切り分けた状態を持って行き、実家でソース作りと麺を茹でることになりました。結局ソースと麺はダンナに任せてしまいました。トマトの冷製パスタとカリカリベーコンのパスタになっていました。今回の麺も、もちもちで、親戚の方や家族の皆にも好評でした。ちょっと安心。お世辞でいっているのかもしれないけど、やっぱり美味しいと言われると嬉しいです。

自宅に帰宅する車中で、生パスタ反省会。やっぱり風味とコシが物足りない、と言う話になりました。コシは、小麦粉の中のグルテンを捏ねることで引き出せば出てきます。あと、小麦粉の種類によって、タンパク質の量が違うので、選ぶ小麦粉でコシも違ってくるはずです。問題は、風味。風味って何だ!?と思ってしまいます。確かに、なんとなく足りない感じがするのは、風味なのかもしれません。それは小麦粉によって出てくるのか、他の何かを足さなければならないのか、まだまだ研究の余地がありそうです。

2007.08.15

これぞ日本の夏。

世はお盆休みに突入して、帰省ラッシュもピークを迎えています。ご多分に漏れず、我が家もいつも以上に実家を行き来している日々を過ごしていました。

親戚家族が帰省してて、ちょっとした大家族体験。総勢13名です。未成年の子どもの数は6名。大にぎわいです。

DSCF0510

蒸し暑さがやってくるのも早いです。朝8時半頃にお墓参りに出発しましたが、もう外は蒸し暑かったのです。北海道では考えることができない事態。

_MG_2297

きつい坂を登った先に、お墓があります。高いところにあって、見晴らしがよいです。この辺のお墓は高い場所に作られているところが多くて、先祖とより近い、高い場所に作っている、と言う話を聞いたことがあります。

お墓に水をかけて掃除をした後、花を飾って、線香を上げ始めます。線香を上げ終えた人から、持ってきたお供物をその場で食べきってしまいます。たいてい、団子があるのですが、今回は餅をついたので、団子はありませんでした。餅は、もちろん家で食べましたよ。お供物用のぶどうやおまんじゅうをおのおのに配って食べます。去年からお墓参りに参加していますが、この行為はこちらに来てから初めて知りました。私の実家はお墓じゃなくて納骨堂なのでお供物を食べたり持って帰ったり、と言うことはしたことがありません。母方の実家はお墓がありましたが、やはりそういう習慣はありませんでした。

IMG_2324

帰宅後、お昼ご飯の相談。暑いし夏だし流しそうめんにしよう、と決定。もちろん、流す台は竹から作ります。こだわりのある人間が多い家族なのです。まずは竹をのみととんかちで割っていきます。最初はトンカチが見つけられなかったため、のみとのみで割っている様子。

_MG_2344

割ったら、中の節を取り除いていきます。根気の要る作業。

_MG_2346 

井戸の上にビール瓶の箱で、竹を固定。先端部分にホースを持ってきて、ちょろちょろ水を流せば完成です。

_MG_2353

子ども達が群がります。井戸水が冷たいので、ほどよく麺が冷やされ、美味しい流しそうめん。きゃいきゃい言いながら麺の争奪戦。「いったいったー」といいながら。これぞ、夏の日。

食べ終えて、元気を使い果たしたのか、静かにおのおの、高校野球見たり、トランプしたり、ゲームしたり、お昼寝したり。

2007.08.15

盆踊り

私がお盆・盆踊り、というと思い出すのは「子ども盆踊り」だけだった。「ちゃちゃんこ ちゃんこちゃんこ ちゃちゃんこちゃん 手拍子あわせて ちゃちゃんこちゃん」というやつ。北海道限定の盆踊りの歌。一昨年ぐらいからはそれに「三春盆踊り」が加わった。

三春盆踊り大会は、自宅のすぐそばで行われている。音が聞こえてくるほどの近さ。行かないわけがない。息子に甚兵衛を着せて、祭らしくなったところで、出発。

_MG_2394

やぐらの赤が、鮮やかで華やかで、お祭りらしさがぷんぷん匂い立つようだ。ここ最近聞こえてきた太鼓の練習の成果が見える、太鼓の音。なめらかな手さばきと、気持ちよく響くリズム。ついつい見入ってしまう。

_MG_2402

やぐらを折り返し地点にして、踊る人々。しっかり見ていると、簡単にできそうな気もする。年季の入った踊りのおばあちゃんが印象深かった。

_MG_2412

祭と言えば、はずせないのが屋台。かき氷やクレープには長蛇の列。たこ焼き屋はぼちぼち。かき氷の列に並ぶことにして、たこ焼きを夫に買って貰う。

_MG_2426

きれいな色に、子どものように目を奪われてしまう。子どもが欲しいと騒ぎそうだったので、購入断念。サイダーは1歳児には早すぎます。

この後、購入したたこ焼きとかき氷とブドウ飴をちょっと食べてから、絵灯籠まつりを見ることに。そのお話はまた別のエントリーにて。

2007.08.16

絵灯籠まつりと三春のおよばれ・百杯宴

絵灯籠まつりは、送り火の意味を込めて、桜川沿いの道を子ども達が作った絵灯籠で幻想的に彩られていました。百杯宴が開かれている場所も絵灯籠が置かれています。

_MG_2449

三春の滝桜の近くにアトリエがある蛙文字。その蛙文字で「百杯宴」と書かれています。これは、百杯宴の石碑の前におかれていて、振る舞われたお酒を飲み終えたらば、素焼きの杯を置く場所。

_MG_2471

この石碑の内容や、百杯宴の由来をまとめた紙も頂きました。家に帰って読んでみると、この宴のことがよくわかります。時代は幕末。学者であり、有名な酒豪でもあった川前紫渓と言う人物が、色々な人から頂いた盃が100を数えたことを記念して、不動堂の前で花見の宴を催した。酒はつきることなく振る舞われ、それはそれはにぎやかな宴だったそうな。しかし、乱れる者はなく、書画を愛で、芸術談義に花を咲かせつつ、杯を重ねていった。紫渓さんはこの宴が忘れがたく、良友のひとり、安積ごん斎さんに「あの宴のことを書き残しておきたい」と手紙を書く。快く引き受けて書かれたのが、この石碑の碑文だと言います。(頂いた紙の内容を少々引用させて貰いつつまとめました)

_MG_2459

大きめの蛙文字の灯籠もありました(写真右の方)。お座敷、と言うほどでもないけど、ござを敷いて座ってお話を聞いたりお話ししたりするスペースもありました(写真左の方)。

_MG_2453

明かりがほのかに照らすぐらいの薄暗さの中で、お話し。今回の百杯宴のために地酒三春駒の蛙文字のラベルも作ったそうです。

_MG_2456

三春町郷土人形館の脇の小道にも、絵灯籠。

_MG_2469

児童館・役場の裏にある桜川。川のカーブに沿っておいてある絵灯籠が、また幻想的。

今日は二日目最終日。また、いろいろな人が集うことでしょう。

※追記
「三春の春、みぃーつけた!」さんで、このお祭りの記事を見つけました。
こちらも素敵な写真が載っていますよ。

三春の春、みぃーつけた!

2007.08.16

ミラクルビーム

ヒーロー戦隊ものの攻撃名かと思うほどの、衝撃的な名前。でも、これ、アタリヤ農園の枝先ミニひまわりの品種名なんです。実家の母が百円ショップで見つけたらしいです。

PDR_0001.JPG

実はまだ植えてません。「らくらくメガデール」らしいんで、これからでも大丈夫ですかね? 発芽適温が「20〜25度」というのが気がかりですが。栽培開始時期も「4〜7月」だし。

2007.08.19

郡山モデラーズ倶楽部 略してGUNMO。

郡山駅前の大きなビル、ビッグアイの6階でとあるサークル(?)のプラモデル展が行われていました。その名も「郡山モデラーズ倶楽部」です。略して「GUNMO(グンモ)」。がんも?と聞き違えてしまいそうなナイスネーミング。夫の友人が参加していることもあって、第1回目から覗かせていただいています。今回は、3回目。

プラモデルは、戦艦だけではなく、世間一般的によく知られるガンダムのプラモデル、戦闘機のプラモデル、車のプラモデル、フィギュアのプラモデルもありました。あきらかに、プラモデルの数が増えていました。しかも、軍艦が増えています。今回の見所は「戦艦大和」だそうです。3カ所ぐらい、動かす事ができてました。あんなに小さいのに、あんなに細かいのに、動く場所があるだなんて驚きです。

ビッグアイの上の階には、夏休み中の子どもが集うプラネタリウムや科学館の施設があり、そのせいなのか、男の子がめざとくこの会場を発見して入場していました。小学生の子から高校生ぐらい、中年のおじさんも入場。どの世代も、やっぱりプラモデルというものに興味を持つのだなあ、と感じました。

展示会は、本日の午後5時までです。ビッグアイ6階にて、開催されています。
郡山モデラーズ倶楽部

2007.08.20

つけ麺in丸信ラーメン

何回も足繁く通っている丸信ラーメンさん。今回は初めて「つけ麺」を注文してみました。普通のラーメンよりも出てくるのに時間がかかります。麺を茹でる行程で差が出る、のだと思いました。

Tukemen1

大盛りにした冷たい麺。麺のもちもち感が、冷たいとさらに引き立っているような気がします。
Tukemen2

つけ麺のスープはすごく冷たくなっているわけではなくて、少し温かいスープでした。スープの具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・わかめ・ごま。たっぷり入っているごまが香ばしいです。ほどよく冷めている麺に醤油味のスープがさっぱりとしていて、ぐいぐい箸が進みます。大盛りにして息子と分けたにもかかわらず、結構な量を食べ進めていました。夏の暑い日に疲れた方におすすめ。

つけ麺 550円 各大盛りは100円増し

丸信ラーメン
福島県田村市船引町春山字赤間田34−1
0247-82-2980
カウンター席とテーブル席とお座敷があります。

2007.08.22

東北サミット

読売新聞に折り込まれていた特集記事の新聞。その内容は「東北サミット」が22日午後1時から「ビッグパレットふくしま」で開かれるという事。東北六県の知事が「食」を通じた地域興しの可能性について意見を交わす場のようだ。サミットに先立ち、作家の五木寛之氏が「東北文化の可能性」と題して特別講演を行う。

「売り込め 東北の食」と大きく書かれた表紙からも伺えるように、最近の東北は「食」を地産地消することはもちろん、首都圏でのアンテナショップや海外への輸出などで、消費拡大のPRを活発化させている。紙面には東北六県それぞれの地域が売り出す食品の内容や、海外への輸出状況などが取り上げられていた。

確かに、各メディアを見ていても、「食育」「地産地消」などの言葉が踊っており、食の分野は注目されている。一番身近で、一番気になる人が多い分野でもあるのだろう。そんな中で、こうした催しがあることを新聞でしれたのは良かったかもしれない。新聞がなければ、全て事後にテレビで知ったり、知ることさえできなかったりするのだから。

2007.08.22

県民の日in三春町歴史民俗資料館

_MG_2637

毎年8月21日は福島県民の日。今年は制定されてから10周年になるそうです。毎年この日の前後1ヶ月の間に、県内各地で施設の無料開放やイベントが開催されているそうですが、去年のことは知りませんでした。今年は、しっかりとイベント情報をチェックしているので、三春の広報で知りました。三春町歴史民俗資料館の無料開放です。他にも郷土人形館・町営体育施設などが無料開放の対象となる施設でした。
_MG_2642

歴史民俗資料館の無料開放と併せて、協賛事業として「ばあちゃんのわらぞうり編みを見よう」と「昔語りを聞こう」がありました。館内2階「きのうの三春(民俗)」の農家のいろりばたでおばあちゃんがすわってわらぞうりをあみ、その横で昔語りをなさっていました。おばあちゃんは、本当に見るからにお年を召しているおばあちゃんなのですが、そのわらぞうりを編む手さばきが年を感じさせません。もくもくと、編み進めています。そんな中、昔語りは始まりました。午前に1部・2部とあって、大体1時間で終わるような感じで、3人語り部が居て、1人2つの話をしていました。午後からも昔語りは行われていたようです。私が見始めたのは2部。6つのお話しは「腹切り梅」「三枚のお札」「胡瓜天王」「ごぜん滝の話」「食わず女房」「大黒様の罰」。三春にゆかりのあるお話しが殆どでした。覚えているのは「腹切梅」が紫雲寺のお話し。これは夫も知っていました。このお話が書かれた石碑が紫雲寺にあるそうです。話の内容はうろ覚えだから、石碑を読みに行こうかな、と思いました。うろ覚え、よりも、方言が聞き取れないのと意味がわからないのがあったので、内容を覚えきれなかった、のかもしれません。周りのおばあちゃん達は、口々に農家のいろり端のおいてあるものを見て「これはうちにあった」とか「なつかしい」などとおっしゃっていました。お話を聞いている最中も「知っている」とおっしゃっていたので、地域で本当に受け継がれているお話しなのだなあと実感。風情も歴史も薄い北の島に住んでいたので、実際に風情あるものや歴史あるものに触れると、痛く感動してしまいます。来年の県民の日に関連した無料開放やイベントが楽しみです。その頃にはきっともっと、方言が理解できるようになっていることでしょう。

2007.08.22

味の店お食事処 ふる里

国道288号線沿いのお食事処。
SBSH0002

春のお庭がきれいです。

お食事処 ふる里
所在地:〒963-7704 福島県田村郡三春町大字熊耳字十石窪78
電話/FAX:0247-62-5747
営業時間:10:00〜20:30
定休日:不定期(月1回)
ホームページ:ふる里
ブログ:親父と女将のひとりごと


拡大地図を表示

2007.08.24

9月イベント情報

あぶくま洞秋まつり(あぶくまどうあきまつり)
開催日:2007年9月29日〜30日
開催場所:あぶくま洞

白河提灯まつり(しらかわちょうちんまつり)
開催日:2007年9月14日〜16日
※雨天決行
開催場所:福島県白河市 鹿嶋神社及び白河市街地
新潟県・弥彦灯篭まつり、愛知県・諏訪神社大提灯まつりと並ぶ日本三大提灯まつりの一つに数えられている白河提灯まつり。2年に1度(西暦奇数年)、神社神輿が町内に繰り出し、各町の神輿、提灯行列が従います。別名「儀式まつり」といわれる程武家社会の格式を導入した独特の祭りで、伝統の文化として白河の地に受け継がれています。粛々とすり足で進む行列、宵闇に揺れる数千の提灯は幻想的で、多くの見物客を魅了します。
白川提灯祭ホームページ

会津新選組まつり〜&七日町フェスタ(あいづしんせんぐみまつり〜&なぬかまちフェスタ)
開催日:2007年9月22日10:00〜16:30
開催場所:福島県会津若松市 七日町地内
七日町の阿弥陀寺にある新選組三番隊組長斎藤一の墓前祭を兼ねたイベント。同時開催の七日町フェスタは、七日町市民広場とレンガ通りで行われ、バザール(フリーマーケット)をはじめ、七日町山車(太鼓台)巡行やバンド、太鼓などみんなで楽しめる多彩なイベントが催されます。また、七日町通り界隈については、「歩いて暮らせるまちづくり(コンパクトシティ)」の社会実験を行っており、気軽に休めるオープンカフェやベンチも多く用意されています。
会津若松市行事予定表

会津まつり(あいづまつり)
開催日:2007年9月22日〜24日 23日メイン行事・会津藩公行列
開催場所:福島県会津若松市 鶴ケ城、市内各所(神明通りほか)
会津の秋の風物詩。メインイベントの「会津藩公行列」(23日)では、保科公時代と白虎隊出陣行列の松平公時代の武者姿やお殿様に扮した総勢500名が市内を練り歩きます。その他、約1万人が提灯を持ち練り歩く「提灯行列」(22日)、「日新館童子行列・鼓笛隊パレード」(24日)などが行われ、市内各所が祭り一色に染まります。
会津若松市行事予定表

白虎隊慰霊祭(びゃっこたいいれいさい)
開催日:2007年9月24日 11:00〜12:00
開催場所:福島県会津若松市 飯盛山白虎隊士墓前
幕末、旧幕府勢力の中で戦い抜いた白虎隊の霊を慰めるため、毎年4月と9月の2回飯盛山の白虎隊士墓前で行われる慰霊祭。当日は会津高校の生徒による「白虎隊剣舞」の奉納が行われます。
会津若松市行事予定表

三春大神宮祭礼(みはるだいじんぐうさいれい)

開催日:10月6日(宵祭)・7日(本祭)
開催場所:三春大神宮

2007.08.24

油を使わないポテトチップス

夫の実家ではジャガイモを作っています。今年も沢山取れたそうで、実家に行くたびに貰ってきます。このじゃがいもを、簡単にポテトチップスにできたらいいのに・・・と思っていたら、夫が見つけました。

ノンオイルノンフライポテトチップス:クックパッド

ジャガイモをスライスして、クッキングペーパーにかさならぬようにのせて、電子レンジで9分チンするだけ。油も使わないのでこってりしていない、ほどよい塩加減のポテトチップスの完成。厚さも塩加減も自分で調節できるのが手作りの良いところです。

_MG_2764

見ての通りの、かりかりさくさくは、市販のものと変わらない品質を保っています。今度作って実家に持って行こう。

2007.08.25

SUNDALSカード

昨日、丸信ラーメンさんに行ってきました。その理由というのも、先日書いた丸信ラーメンさんのご紹介を見ていただくために作った「SUNDALSカード」(勝手に名付けました)を手渡して、お店においていただくためです。

20070825160858 01

写真のカードは盆踊りの記事のカードです。こういう感じのものを、丸信ラーメンさんに持って行き、見ていただいたところ、喜んでいただけたようでした。写真や記事の内容もさることながら、QRコードで携帯電話から直接丸信ラーメンの記事にアクセスできることも、喜ばれた内容の一つ。

カードの内容は、記事の内容を少しと、SUNDALSのURLに、その記事のQRコードを載せています。携帯電話で見ることができる仕様なのです。アドレス「http://www.sundals.net」を打ち込んで携帯電話からアクセスすると、見ることができます。住んでいる近所はネット環境が整いにくい場所も多く、パソコンのネットからアクセスすることができないという人もいるための配慮です。携帯電話から気軽にアクセスできるのも、便利で良いですよね。

今後も、このカードはそれぞれの記事に合わせた写真で作っていく予定です。お店に関する記事の場合は、そのお店に置かせてもらいにお願いに行くと思います。ふと、入ったお店にこのカードが見えたらば、手にとってご覧下さいませ。

2007.08.26

油を使わないポテトチップス、その後。

油を使わないポテトチップス

上記の記事でご紹介した、電子レンジで作るポテトチップス。簡単で手軽にできて美味しいのですが、難点が一つだけあります。なぜか、電子レンジを回し始めて30秒ぐらいで止まります。うちの電子レンジだけかもしれないので、その辺はご了承願いたいのですが、止まってしまう電子レンジもあると言うことだけは、お伝えしたいと思いまして。

多分、電子レンジで芋を加熱したときに蒸発していく水分の温度が高いので、温度が高すぎるとセンサーで異常を教えてくれるんだと思います。ある程度、蒸気が出なくなると止まることはありません。途中で止まったりするので、電子レンジから9分は離れることができませんが、料理しながら、とか台所のそばにいる時にだったら、9分ぐらいは苦痛じゃないと思います。思いますが、今回、作ったときは、台所から離れることが多々だったので、結構な時間がかかりました。気がついたら止まっていた、と言う事態が多かったので。その辺を注意すれば、簡単手軽に、本当においしく、できると思います。

2007.08.27

Kitchen大改装計画

今、住んでいる家は、自分の持ち物ではありません。が、ばたばたと引っ越してきたためか、ちゃんと整理整頓しなかったためか、ものがある場所がばっらばらでして、食器棚の中もごっちゃごちゃ。夫に「あれどこ?」と聞かれてしまうことが、多々あります。そこで、企画。というか、計画することにしたのです。「kitchen大改装計画」。

All About スタイルストア

センスよく心地よく、と言うのに惹かれますね。

2007.08.27

ハバネロが色づく季節。

気がついたら、ハバネロさんは色づていました。実は2つのまま。

20070822161227 01

オレンジ色。小さい方から色づき始めました。大きい方は小さい方が色づき終えてから、色づき始めました。

20070830093153 01

気がつく頃には、両方が真っ赤になっていました。発見したのは2・3日前のことです。やはり、真っ赤になった方が檄辛になっていておいしいのでしょうか?もう少し色づくのを待ちたいと思います。

2007.08.30

スクワットと笑い。

久しぶりに夫と大爆笑しながらテレビを見ていました。NHKを見ていて、こんなに爆笑するか!?という感じ。しかもその内容がすごく真面目なので驚きです。

10min.ボックス(理科1)「身体運動の物理 スクワットと力学的エネルギー」

本当に真面目な、理系の番組。真面目に筋肉やスクワットや重心について説明しています。その、淡々と繰り返されるスクワット。笑いとはギャップの中から生まれたりするわけですが、真面目さとのギャップなのです。そして、正面を向いてスクワットしてる横で、側面を見せてスクワットをしている、その構図。もちろん、動作はシンクロ。シンクロも笑いの要素の一つです。次々と進んでいく物理的な側面で見たスクワットの説明にも、笑いがこみ上げます。夫は理系の大学を出ていることもあって、こういう事に詳しいのですが、わかるわかる、と言いながら、突如として表れる淡々としたスクワットに笑いをこらえきれない様子でした。

2007.08.30

おしゃぶりは矯正するものなのでしょうか?

いやいや、そりゃ、うちの夫の父からも冗談で言われたことはあるけれど、本当にやる人が居るとは。
そして、経験があって、効果があると思ってた、というのがすごい。

<おしゃぶり防止>0歳男児の指にからし塗る 甲府の保育園
甲府市徳行1の和成保育園(深沢久江園長)の50代の女性保育士が、園児の指しゃぶりをやめさせようと0歳の男児の指にからしを塗り、山梨県が「不適切」と同園に改善を求める行政指導をしていたことが分かった。
同園などによると、保育士は昨年秋ごろ、受け持つ0歳児クラスの男児に1度だけしたという。男児の家族から「指しゃぶりがひどい」と言われ、独断で行った。保育士は「男児は肌が弱く、指しゃぶりをすると荒れるので、矯正しようと思った。昔やったことがあり、効果があると思った」と話しているという。
同園は「不適切な対処で申し訳ない。今後は専門家に対処法を聞くなどしたい」と話している。
今年2月に県に匿名の電話があり発覚。県は今月22日、1カ月以内に改善策を提出するよう指導した。
【中村有花、小林悠太】

なんていうか、ひどい人だ。

保育士で、しかも女性で、しかもベテランで。こんなニュースが取りざたされるから、保育園が信用ならない、といって保護者が異様なまでに口出しをしてきたりするのかもしれない。
それは小学校も然り。

でも、それとは別に、男児の家族もなあ・・・指しゃぶりがひどいのを保育園のせいにしてはいけないと思う。

いや、保育園のせいにしたかどうかは明確ではないけれど、この保育士さんはそういわれて、自分が治さなくちゃいけないのだろう、と思ったのは間違いない。指しゃぶりをするのは、0歳児ならば安心したいからとか、色々理由があるはずなのだし。

指が荒れちゃうのはしょうがないけれど・・・2〜3歳児か、それ以上の年で指しゃぶりをしているとしない方が良いとは言われてるけれども・・・。

なんていうか、矯正するべきものではない、と言いたい。というよりも、そう思っていたから、衝撃を感じた。

2007.08.30

SUNDALSシール

カードに続け、手作りグッズ第二弾!ということで、シールを作成したようです。バナーにあるカエルをモチーフにした、シールが2種類。

20070830141738 02

かわいいでしょ!!!と、親ばかのようになっていますが、ほんとに素朴でかわいいです。カエルばんざい。
20070830141745 03

早速、SUNDALSカードを入れているケースに貼ってみました。うん、かわいい。ただの味気のないカードケースが、たちまちかわいらしくなりました。

2007.08.31

北海道、到着。

ANAの超割を使って、北海道に帰省しています。ちょうど超割の期間びっちり、8月31日から9月9日まで。ただ、予約したのが少し遅かったので、出発は午後の19時30分発の便になりました。当日、あいにく天候が悪く、霧が立ちこめて飛行機が上空でしばし旋回して着陸をすんなりできなかったりという不安もありましたが、無事、定刻より10分遅れて出発となりました。

090000 01

機内では、特に大きく揺れることも少なく、一安心。息子も元気に遊んでいて、泣き叫んだりわめいたりと言うこともなくて、そこでも一安心。ただ、一睡もしてくれなかったので、そのハイテンションのまま到着。迎えに来てもらった、私の父母ににこおっと愛想を振りまいたかと思ったら、そばにいこうとすると後ろに隠れて、またの間から顔を出して「この人達知ってる人、だよなあ?」と確認するように見ていました。徐々に慣れて、荷物を受け取る夫が到着するのを待つ間、私の母と遊んでいました。

夫が荷物を受け取り出てきたので、車に向かうことに。その間も上機嫌の息子。家までの車中でも、粘りに粘って、車中での半分ぐらいは起きていたはず。押すと音が鳴るサウンドドロップというおもちゃで、ガチャピンとムックが「お誕生日、おめでとうー」と言う声に反応して、爆笑してました。すごい勢いで押しまくっていて、そのせいで気負っていたからかもしれません。眠そうなのに、なぜか頑張って起きていた息子。ようやく眠ったと判ると、周りの人々はおのおの窓を開けたりなどして煙草を吸い始めました。よく考えると、私以外は喫煙者ばかり。

母とのくだらないトークも弾んだせいか、あっというまに実家に到着。寝ている息子を寝室へ。荷物運びは夫などに任せて。ぐーっすり眠った息子を置いて、迎えに来てくれた父母と起きて待っていてくれた祖母と夫と私で、晩酌。つもる話もあり、大きな大きな液晶テレビが迎えてくれたこともあり、ながながと遅い時間まで話し続けていました。

さて、明日からは農家の農作業のお手伝いとお祭りざんまい。まず、農業祭があります。地元の農産物を販売したり、演歌のステージがあったり、寿司早食いとかラムネ一気のみとかそういう大会があったり、いわゆる農協主催の秋の収穫祭のようなお祭りです。数年前から会場が移動していて、雰囲気が変わっていそうですが、楽しみです。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About 2007年08月

2007年08月にブログ「SUNDALS - 田舎暮らし & 子育て + 郡山界隈の情報」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年07月です。

次のアーカイブは2007年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ