Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 生パスタ | メイン | 鶏ハムその後 »

2007.07.18
14:21

生パスタ毎日チャレンジ開始

今日も生パスタ。とりあえず毎日作ってみれば、成功したパスタを作り続けられるだろうというもくろみです。
今回の配合は、地粉50gと薄力粉50gと卵1個とオリーブオイル少々。
生地をはしで混ぜて、ぼろぼろ状態になったところで手でまとめます。
手でまとめていると、手に生地がべたべたとくっつきました。思った以上に卵の量が多いみたいです。少しだけ地粉を足して、手にはくっつかない程度の生地に仕上げます。
前回よりも柔らかく、扱いやすい生地にはなりましたが、柔らかすぎるような気もします。固い方が捏ねりがいがあるというか、パスタの生地っぽく感じるのです。
こねた生地は冷蔵庫で1時間以上寝かすことにしました。今回は3時間ぐらい。
冷蔵庫から取り出します。生地の感触はと言うと、特に変わった様子もなく、柔らかめの生地。
打ち粉をして薄くのばします。
前回は厚く感じたので、今回はとにかく薄く、手にのせて手のひらが透けて見えるぐらいに薄くのばしました。
三つ折りにして5ミリ程度の太めの幅に切ります。前回の半分の量なのですが、薄くのばしたことによって、全体量は前と変わらないように見えました。
まな板の上で、1時間程度、乾燥させます。本当は、物干しにかけて乾燥させようと思ったのですが、生地が薄くなってしまったのか、生地自体が柔らかいのか、かけるとのびていくので、その行程で麺が切れてしまいそうなので止めました。
1時間ほどしてから、麺の様子を見てみると、まぁ、特に変わった様子が見受けられませんでした。

DSCF0484

ゆでて、食べてみます。今回のソースはお昼の残りのハヤシライスのルーと鶏ひき肉のソースです。麺が思った以上に薄くて、きしめんみたいです。もしくは、稲庭うどんみたいです。でも、こしがありません。食べ応えもありません。厚さを薄くしすぎたみたいです。もちもちはしているのに、つるつるっと食べると、食べ応えが無く、食べている気がしないのです。
次回はもうちょっと厚めに、そして粉の量も多めにして作ろうと思います。地粉と薄力粉と卵とオリーブオイル、という配合はかえずに。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2007年07月18日 14:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「生パスタ」です。

次の投稿は「鶏ハムその後」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ