Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« わらびもちね | メイン | 佐藤錦 »

2007.07.06
00:46

うどん失敗。

昨晩、
突如としてうどんを作り始める。
それとなく、クックパッドという
料理レシピサイト探して、
ホームベーカリーで作れるレシピがあったから。

とりあえず、中力粉だろうとふんで
地粉100%でやってみた。
それがいけなかったのかもしれない。
まとまるどころか、ぼろぼろ。
見かねた夫が
「手でこねた方が早い」
と言いだして手でこね出す。
汗をかきながら。
あいにく、
私の右中指が突き指でこねるのを手伝えない。
というか、
こねることができないと思ったから
ホームベーカリーでできる方法を探していたのだ。
案の定、ぼろぼろになった生地を
まとめることすらうまくできなかったし。

「捏ねれば捏ねるほど乾いてぼろぼろになる気がする」
と夫が言い出して、この辺で良いだろうと言うことに。
すでに夫は汗だく。
とりあえずラップをして様子を見る。

うーん、柔らかくなる気がしないな。

20分ほど置いてから
まあ、踏んでみよう
と言うことになる。

ジップロックの袋に入れて
かかとでふみふみ。
気持ちいいらしい。
私もやってみる。
確かに気持ちいい。
生地も柔らかくなってきた気がする。

2回ほど、
折ってたたんで袋に入れて踏んで
を繰り返す。

だんだんどうでも良くなってきた夫が
「もうこのへんで」
と言って、生地をのばし始める。
打ち粉もせずに。片栗粉目の前にあるのに。

この人があきらめると
とんでもない物が出来上がるのだが、
私もあきらめてたので余り気にしないことにした。

踏んで多少柔らかくなったものの、
生地をのばすのは難しかったらしい。
さほど薄くない状態で切る作業が始まっていた。

切り終えたので、お湯でゆでる。
30分経っても、
1時間経っても、なかなか芯がしぶとく残る。
そりゃこの分厚さじゃ火も通らないだろう。
厚さが1センチはありそうだ。

結局どの位煮たのかわからないぐらいで、
うどんとして食べることをあきらめる。
とりあえずざるで水を切り、
細切れにして、またゆでて火をしっかり通してから
かき揚げの具にすることにした。

かき揚げになったのは翌日昼、
つまり今日のお昼。
うどんの細切れとごぼうとタマネギのかき揚げ。
おいしかったですよ。かき揚げ。

次回はもっとリサーチしてから
挑戦することにしよう。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2007年07月06日 00:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「わらびもちね」です。

次の投稿は「佐藤錦」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ