Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« 自作生パスタ毎日チャレンジ実施中。 | メイン | 新幹線の車両基地 »

2007.07.20
16:05

自作で生パスタ・4日目

自作で生パスタ毎日チャレンジ、4日目。
今日は、夫がお昼にパスタを食べたいと言うので、急いで作業に取りかかる。
午前の時間ってのは、思いの外早くすぎてしまうんですよ。
昨日の反省を生かして、2日目の配合+オリーブオイルでやってみます。
材料
・地粉 100g
・薄力粉 100g
・卵 2個
・オリーブオイル 小さじ2

PDR_0002.JPG
粉の中に卵を割り入れ、ぼろぼろ状態にします。ぼろぼろ状態をまとめて捏ねます。やはり卵の分量が多くて、生地が手にべったべたついてくるので、粉を追加しました。そういや、追加した分量、計ってません。がっかり。多分合計で50gぐらいは足しているはず。
20分ぐらい捏ねてから、冷蔵庫で1時間おきます。
時間が無くて、1時間弱ぐらいしか寝かせられませんでした。
冷蔵庫から取り出して、打ち粉をした台の上で薄くのばします。厚さは2ミリ弱ぐらいをめざしてのばしました。
二つに分けて、一つはのばした生地を物干しで干しておき、もう一つはのばしてからすぐに切って乾かすことにしました。
物干しに生地をかけてから、もう一つを切り始めました。すると、夫が来ました。なにやら、早く昼ご飯を食べなくてはならない様子。
仕方なく、切った方を乾かすのはあきらめて、すぐにゆでることになりました。物干しにかけていた方も、15分程度しか干していなかったけれども、切ってゆでることにしました。

PDR_0004.JPG
多少分厚くも見えますが、昨日ほどではないです。
物干しに干した生地とすぐに切り始めた生地の色が違いました。
「少しでも乾燥させた方がコシが出る」と言う情報を
男は黙ってパスタを食うというサイトで見つけたので、
多分、色の違いもコシの違いにつながるのかもしれません。
今回は別々にゆでなかったので、食べてみてもよくわからなかったのです。

PDR_0006.JPG

パスタをゆでるのと同時進行で行われるソース作り。今回は2種類の味にしました。1つは私が作るトマトとズッキーニのパスタ。もう一つは、この写真のペペロンチーノです。只単に、先にトマトとズッキーニのソースを作っておいたら、夫がペペロンチーノを食べたいから作ると言い出して、作ったまでのこと。

PDR_0010.JPG

こちらが、トマトとズッキーニのパスタ。

PDR_0012.JPG

夫作の、辛くて辛くてしょうがない、ペペロンチーノ。
肝心の生パスタはと言うと、今までの中で一番のでき。もちもちぷりぷりしています。食べ応えもあるし。これは完成品と言っても過言ではないぐらいの品。
これから、この品質を保てるように作り続けるのみです。もちろん、改善の余地はあると思いますが。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2007年07月20日 16:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自作生パスタ毎日チャレンジ実施中。」です。

次の投稿は「新幹線の車両基地」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ