Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

« ドラリオン仙台公演 | メイン | さんどまめとはさやいんげんのこと。 »

2007.06.25
17:16

スパイス

最近、
カレーの記事ばっかり見ていたら
カレーが食べたくなった。
ていうか自分でカレーの記事書いてるし。

とりあえず
うちにはタマネギが沢山ある。
某スーパーで10キロ700円ぐらいで購入したのと
実家に帰った際にもらった新タマネギだ。

6月22日の読売新聞に「食べる」というコラムがある。
そこで市販のカレールーを使わない
スパイスで作るカレーを紹介している。
一つは具材がシンプルでマイルドな味わいの卵カレー。
もう一つは鶏肉が主役のチキンカレー。

鶏肉が主役のチキンカレーは
お店でもだしているところがあるだろう。
具材がトマトとタマネギと卵だけっていう
シンプルなのは見たことがない。
しかも美味しそう。

浅めの鍋かフライパンで作るカレー
というものは私も作ったことがある。
すり下ろし野菜のルーカレー。
すり下ろし野菜とトマトのペーストを
炒めて、というかぐつぐつ炒め煮にする。
と、
野菜の甘みがうまい具合に引き出される。
甘めのマイルドなカレーが出来上がる。

この卵カレーは
すりおろすまでは行かないけど
タマネギは薄切りにし、しんなりするまで炒める。
甘みを出すのだ。
トマトの水煮と塩と
カレーらしさの根源ともいえるスパイス
ガラムマサラを投入して沸々させたら
粉末ココナッツミルクと水とゆで卵を入れて煮込む。
粉末じゃなくとも、液体のココナッツミルクでも良い。
液体の方が探しやすいかな。

書いてるだけでおなかがすいてきた。。。

約20分ほどで仕上がるらしいので
普通のルーカレーよりもお手軽だ。
ジャガイモ・ニンジンなどの
固い野菜を煮込んで柔らかくする必要がないからだろう。
あーやっぱりカレーが食べたくなってきた。

しかし、
今、うちにはターメリックとガラムマサラ
という主要な二つのスパイスが無いような気がする。
あ、あとマスタードシードかカレー粉が必要らしい。
多分無いと風味豊かじゃないカレーが出来上がるのだろう。
そんなの、がっかりだ。

食にこだわりたいのなら、
スパイスをそろえるべき、かも。

コメントを投稿

投稿の前に入力してください(大文字と小文字を区別してください)。

RSSの購読

RSSを購読すると、SUNDALSの更新をいち早く知ることができます。ぜひRSSを購読してください。

About

2007年06月25日 17:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ドラリオン仙台公演」です。

次の投稿は「さんどまめとはさやいんげんのこと。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

All About スタイルストア

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ