福島県喜多方市新宮熊野神社大銀杏

 

 

ずっと行きたいと思っていた場所に行きました。喜多方市にある熊野神社の大銀杏です。紅葉シーズンですが、小雨の平日ということでそれほど混雑していない様子でした。

熊野神社は拝殿の長床とその傍らにそびえたつ大銀杏が有名な事で知られています。紅葉を迎える11月にはライトアップもされるので沢山の観光客で賑わう場所です。

一応平日といえど人がいっぱいいたら即座に帰ろうという気持ちを抱いて挑んだ長床。ライトアップは17時からと聞いていたので早い時間に行けたのもよかったのかもしれません。

長床から眺める銀杏
長床から眺める銀杏

見事に黄葉した大きな銀杏とその下に広がる落葉した黄色の絨毯が印象的でした。雨が降った後なのか濡れていて多少すべるので気をつけながら歩きます。

銅鐘も文化財のひとつ。長床も文化財だし、本殿も文化財だし、文化財だらけです。立派なわけだ。

献句
献句

献句、と書かれたものを発見。この傍らにそびえ立つ杉も立派。

枝垂れ桜と長床
枝垂れ桜と長床

枝垂れ桜もきっと古い木なのでしょう。なんて感慨深く見ていたら、奥の長床に新郎新婦が前撮りできていたようです。

本殿三棟
本殿三棟

本殿三棟も立派。お参りして、息子の受験成功祈願。帰りしなに撮った紅葉も綺麗にたまぼけして満足でした。