塔のへつり

会津観光といえば外せないのが塔のへつり。福島県下郷町にある奇岩群の名所です。それぞれの岩に名前がついているのは知りませんでした。

塔のへつり説明板
塔のへつりリフレクション

風も少なく、綺麗な川面に奇岩がリフレクションして映ります。静かで穏やかでのんびりできるひとときでした。

吊り橋からの眺め

帰り道、お土産屋さんを物色します。天井からつり下げられる、会津の名所に行くと必ずと言って良いほど見かける「ところてん」の文字。

季節外れのところてん
まむし
まむし酒おちょこ1杯300円

 

まむし酒は1杯300円。ちょうど観光客の方が注文していたので香りをかがせていただきました。アルコール度数がとてつもなく高そうなどぎつい焼酎の香りがします。お店の方がコップなみなみのお水をチェイサーとして用意する理由も納得。

まむしを見ると、どうしても宮城県栗原市花山を思い出します。「まむしは金になる」といって嬉々としてまむしを自慢してきたおじさんたちは、今も元気にしてるのでしょうか。きっと心配しなくても元気にしてるはず。だってまむし取るんだもの。噛まれたら死ぬ覚悟しなきゃならないのに。

落葉

紅葉はすっかり落ちてましたが、まだ色が残っていました。

すすきの穂は夕日に照らされてきらきらとひかります。秋の終わりは冬の始まり。

電車は行ってしまった

塔のへつり駅に立ち寄りました。無人駅で、会津田島までワンマンカーが往来します。ちょうど電車が行った後でした。

ワンマン